株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

年末年始の営業日のお知らせ

お知らせ

本日28日より年度末休業とさせていただいております。

メールでのお問い合わせは随時承っておりますが

返信は年明けの営業日1月4日以降になりますことご了承ください。


本年度は皆様のご愛顧を賜り、無事に過ごせました。

来年もより一層の精進をし、皆様のお役にたてる会社であり続けていきたいと

社員一同 強く思っております。


もうわずかとなりましたが、皆様方におかれましてもよいお年を。



今年一年ありがとうございました。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

2015年度 ラスト記事

いのる

創造社のHPをご訪問いただき、ありがとうございます。

これで最後の投稿になります。





あ 本年度は ですよ 

来週月曜日28日から、年末休業とさせていただいております。



いや、いや・・・・・

今年も何とか休日以外のブログ連日更新を達成できました。

2012年1月からの事なので もう・・・・・

間もなく4年間になろうとしています。



4年前から始めた このブログ。

営業的な意味合いもありましたしけど ふと気付くとライフワークじゃありませんが

日々 創造社が歩んできた道のりそのものの記録にもなっています。


もちろん、ここの記事にあるのはブログ担当たる私自身の範疇にあるもので

兄貴、社長・・・・

創造社の全てを網羅しているわけではありません。


でも、少なくとも私自身が歩んだ1年の貴重な記録です。

もう4年分も溜まりましたから

お正月には1度、全部読み返してみましょうかね・・・・




来年は5年目となるブログの更新ではありますが

また年末にこうして総括ができているのか、どうか・・・・・

挫折していたら大笑いですね 




いつまにかライフワーク化している ブログ更新ですが

まだまだ続けていきたいと思います。



残り少なくもなってまいりましたが

皆様もよいお年を。




来年度も創造社をよろしくお願いします。







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

公約通り・・・・・・・発表です!

名刺

昨年の末。


今年を新たな気持ちで迎えるべく、名刺を新調しました 

500枚つくったんですが、しっかりブログにその事を書いていたんですね・・・・


過去記事はこちら






さて 




過去記事で 今年1年で何枚の名刺をお客様に配れるか?





500枚つくり、仮に100枚以上残っていた場合は・・・・・

責任をとって頭をマルガリータするという公約をしていました。

一体、何の責任かわかりませんが・・・



さて、どうだったでしょうかね?








え~と




10、・・・・・30、40に50・・・・・・60・・・・・・





あれ? 










むむむ 

名刺1

残数79枚!


セーフですね 





残数79枚・・・・・・・今年1年で421枚をお客様に渡したという結果です。

こういう言い方すると実感ないですね・・・・。


421枚っていうと少なくとも 毎日1枚は誰かに渡していた、っていう事ですけど

そんな事もなかった気もしますけど・・・・。


ま 新規のお客様だけでなく業者さんに渡したり

身分証代わりに現場の管理人さんに提出したりもありましたから。




メモ用紙に変身もしますし 






でも、まあ話半分の半分としても 

新規のお客様に100枚位はお渡ししたんでしょう・・・・多分 




今年1年で何件くらいのお問い合わせをいただき、

実際にお会いするまでにいたったお客様がどれほどいらっしゃったか?



ちょっと資料まとめないとわからないんですが、平均で週2くらいは

お電話なりメールをいただけていたような気がします。


月8人×12か月ですから、やっぱり100名位のお客様とお会いしましたかね・・・・




他のリフォーム会社さんと比べて

これがいい数字であるのか、全然なってない結果であるのか わかりませんが

自分にとっては「ありがたい」の一言に尽きます 


スケジュールがなかなかとれず、お待たせしてしまったお客様などもいらっしゃいまして

そのへんはご迷惑となった事もありましたが

全体としてはさしたるトラブルもなく、1年を終えられそうです。


いや、本当に・・・・・



新規、新規と続けてばかりいれば いずれ金銭的なトラブルも避けられない、っていう

予測も当初はしていたんですが、ありがたい事に

このブログを開設して4年・・・・・・・

そういったトラブルに見舞われたことは1回も・・・・・・・・あ 1回だけありましたね 



お客様の事情で 支払いを1か月のばしてくれ、っていう程度のものですが。



そんな例外もありますが、本当にいいお客様ばかりで ありがたいですね。

来年もより一層 いい出会いの機会に恵まれれば幸せです 




さて

来年のこの時期。

今度は何を公約しましょうかね?


丸刈りを超えたペナルティで・・・・・

スキンヘッドでも賭けますか 






う~ん・・・・・・










ちょっと内容は考えさせてください 







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

いよいよ年も差し迫り・・・・

ゲート1

年の瀬ですね・・・・・


え~と

本日が12月22日(火) 





明日23日が休日で、翌週には材料メーカーさん・仕入れ問屋さんが

一斉に年末休業になりますので、今年の仕事も いよいよおしまいですね。



創造社も公式営業カレンダーは 28日とさせていただいていますが

実は30日まで働いています 


もう先月から決まっていたお仕事で、年末29日・30日にも動いてはいるのですが

前述のようにメーカーさんがお休みなので

今から新規のお仕事・・・・・・・は難しいかも知れません。

手持ちの材料で可能な工事なら、対応も可能ですので

もし緊急でお困りのお客様いらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



よろしくお願いします 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ふと気付けば清原

ビックリ

わが創造社が所在する東京都 港区 


港区といってもお台場、新橋、六本木・・・・・

色々な顔があって それぞれに特徴もありますが

道を歩いていると とにかくまあ、有名人・芸能人さんによく出会います。




先日も・・・・・

広尾の交差点の横断歩道にて信号待ちをする私 



青になるのを待っていたんですが、

横断歩道の向こう側にいる男性がなんとなく目に入ったんです。


白いジャージに・・・・・短く刈りこんだ坊主頭。



ご丁寧に肌まで浅黒く焼いて、




おまけに白髪まじりの無精ひげときた・・・・・・



け 








清原かぶれが・・・・・・




人まねばっかして、そんなのがカッコいいとでも思っとんのか 




な~んて苦々しく思っていたら、











わお 

ビックリ1

ご本人 




かぶれではありませんでしたね 






そういえば昨日も同じく 赤坂の横断歩道で

まったく同じシチエ―ションの信号待ちだったんですが

向こう側の男性がどっかで見た事ある顔だったんですよ・・・・・





誰だったっけかな・・・・・





芸能人・・・・・







なんて思ってて、青になったら ずんずん距離が近くなりまして・・・・

どんどん大きくなっていくんですよ。



え?





え?











でか 

ビックリ2

小錦さんでした 

いや、遠近法を狂わせるくらいデカかったですよ・・・







叶姉妹さんも近所のパン屋さんで よくお見かけしますし


志村けんさんもよく麻布十番でお酒を飲んでいらっしゃいます。

先日は

ツーショットで岩盤浴サロンに消えていかれましたね~

プライベートでしょうから、野暮は言いっこなしですが

お相手は・・・・・・さすがプレイボーイの志村さんです 

いやはやお若い 





この仕事をはじめてからは、芸能人さんのお宅にお伺いするというのも

珍しい事ではないんですけど

生まれが港区ですから、そういう意味では耐性があってよかったと思います。



いちいち緊張してたら、仕事になりませんし

やっぱりリフォームというプライベートな部分なわけですから・・・・

芸能人さんだって そんな好奇な目で見てほしくもないと思うんです。



芸能人さんであろうと、有名人さんであろうと 

プライベートなお宅にお邪魔したら平常心、平常心 





ぶっちゃけ心の中では すごくドキドキしてますけどね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

一瞬 考えさせられた注意書きとは?

選択2

現場で便器に座る私。





・・・・・・ふう 

と、一息ついて。








ふと横を見る 








ふ~む・・・・・

チュウイ

ペーパー以外のもの?


これは・・・・・

どう思います?





可能性としてもしや

大量のウ○コを流すな、と? 






ふ~む





ふと便器内の

完成した作品に目をやる私 









勝負!









セーフ!





ふ~む・・・・・・

この張り紙の真意がわかる方は、ご連絡ください 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

amazon創業者に学ぶこと

ジェフ

最近、通販会社の・・・・・・

っていうか もう この呼び名が似つかわしくない程の多角経営をされている会社に

amazonnがあります。



即日の配送や音楽部門・映像部門 はてはリフォーム業界にまで幅を広げつつある

その姿には尊敬の念もありますが、よくここまでまあ、急速な発展?

というか生き急いでいるかのような急激な事業展開を繰り返すのは

何故なんだろう・・・・・・という疑問をもちました。



amazon創業者である ジェフ べゾズ氏。


流通業界での革命児ともいわれる社長さんですが

さすが言葉にも重みがあり、

ちょっと感銘をうけたインタビューをご紹介したいと思います。



IT、流通・・・・

今後様々な変化が経済界への影響を与えると思いますが

ジェフ社長は10.20年後の世界がどう変化しているとお考えでしょう?



よく受ける質問です。

ただし、私にとって重要なのは10年後 世界がどう変わっているかではなく

「変わっていないもの」は何か、という点を常に考えています。

私の会社amazonも例外ではなく、常に一般ユーザーの声を集めていますが

仮に10年後、ユーザーが

「アマゾンの価格をもっと高くしてほしい」

「品ぞろえをもっと少なくしてほしい」


などという要望が生まれてくるとは考えられません。

安く、品ぞろえがあり、対応が迅速で丁寧である、という点は

いつの世でもユーザーにとっては不変の魅力であるはずです。


新しいもの、変化あるものに振り回されるのではなく

その不変なるものの中にこそ、真のビジネスチャンスはあるはずで

私は常にそう考えるようにしています。







なるほど 



人間はえてして新しいものや、流行、時代というものに目が行きがちで

その流れに遅れないように必死になるものかも知れません。

どんな変化、流れ、流行が生まれようとも

いつの世にも不変なるニーズがあるものです・・・・・・・・・と。



いや、いや目が覚めるようなお言葉ですね。


ご他聞にもれず、わが建設業界もIT化やWEB上での展開というものが

他人事ではなくなってきている事はたしかだと思います。


でも、たしかに 僕ら創造社が40年蓄積してきたノウハウやサービスには

いつの世のお客様にだってご評価いただける部分は必ずあるはずで・・・


そうした部分をのばしていく、徹底していく、っていうことこそ

大切なものであるのかも知れません。


当たり前の事のようですけど、なかなか普段 意識していない事ですから

いいお話を聞けた、と思います。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

謹んで・・・・


15日午後5時10分ごろ、東京都港区白金の店舗にトラックが突っ込んだ。東京消防庁によると、近くを歩いていた70代の男性が巻き込まれ、病院に搬送されたが意識不明の重体。警視庁高輪署などが詳しい状況などを調べている。

 現場は、白金高輪駅から北に約500メートルの住宅街。




自分は今日になって知ったニュースだったのですが・・・・

そのトラックというのが 

創造社、というか社長である親父とは

もう40年以上のお付き合いのあった資材屋さんの車両であったらしいです。


フルネームは知らなかったんですが、自分もよく知っている・・・・社員の方です。

30年も昔、親父が資材を仕入れに行くたび、

一緒にくっついていった子供時分の私によくお菓子をくれていたような方で・・・・

かえすがえすも残念なニュースです。



もちろん被害にあわれた方がいるわけで、今回は加害者という立場。

今日のニュース続報で・・・・・・被害者の方はお亡くなりになったとの事です。


被害にあわれたご遺族のお気持ちを思えば

軽はずみな事など軽々にはいえませんが、本当にやりきれない気持ちです。


事故は夕方5時近くだったと聞いています。

たしかお酒を嗜む人ではなかったと記憶していますが

会社のすぐ近くでの事故ですから、仕事終わりで気が緩んでいたのか・・・・

いずれにしろ取り返しのつかない事となってしまいました。




残念です。




やろうと思ってやった事ではないでしょうし、

お酒も飲んでいなかったのかも知れない。


不注意・・・・・・・それだけであったのかも知れません。


やりきれない気持ちはありますが、いずれにしろ罪は罪として償って・・・・、

新たな人生をスタートさせてほしいと思っています。




被害にあわれた方、またご遺族の方々に謹んでお悔やみを申し上げます。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

一番身近なDIY ~塗装を考える~

ベストキッド

「DIY」 

日本語でいえば日曜大工って意味になりますが


アメリカなど欧米諸国では このDIYがすごく盛んで・・・・・・

盛んというか、もう自分の住いの簡単なメンテナンスは当たり前のように

みなさんご自身の手でやられます。



以前もご紹介しましたが、第2次大戦後のロンドンなどで

廃墟となった町並みの復旧に

軍人さんや市民が各々、手を取り合って掲げたスローガン




DIY= Do It Yourself  やれることは自分自身でやっていこう!



が起源であったと聞いています。



今は日本でもホームセンターの普及に代表されるように

DIYも盛んになっていますが、その最たるものって

やっぱり「塗装」ではないでしょうか?


壁紙の貼り替え、床材やタイルの貼り替えっていうのも

DIYで不可能ではないでしょうけど、誰でも

「これなら自分でやってみようかな・・・・」

って考えるのはペンキ塗りであると思います。




どなたでも小学校時代に絵の具を使った事はあるでしょうし

ハケと塗料で可能な塗装工事っていうのは 

ある意味 一番身近なリフォームっていえると思います。




しかしまあ、卵料理ではないですけど



単純ゆえ奥が深い 



まんま塗装工事にあてはまる格言ですね。

極端にいうと仕上げ工事の中でも、一番プロと素人の差がでるのが

塗装工事であるのかも知れません。


どなたでも塗る前に 汚したくない部分にテープで養生をする。

これ位の認識はあるでしょうけど、実はそのテープにたくさんの種類があるんです。

粘着の強いもの、



粘着が弱く下地を痛めないもの、



厚いもの、薄いもの・・・・・




テープとビニールが一体化している

マスか―

「マスカー」という便利な養生材もあります。

このマスカーの中でも厚手のもの、ロングのものっていうように種類はわかれますし

足で踏んでも強い、床に用いる専用の養生ビニールや・・・・・








養生

こんなテープもあります 





テープやビニールでの養生が済めば、いよいよ塗装・・・・・




でなく、基本的にはパテ処理を行わねばなりません

大使館24

凹凸のある下地を平滑にするためのものですが、

これも相手が鉄部の場合、木部の場合。

一回目にやるパテは粗目の下パテ、その上に更に仕上げに行うパテは

キメの滑らかな上パテという風にわかれます。


ベランダの柵などの鉄部にはポリパテを用いる事がありますし、

外壁のクラックなど耐久性を問われる箇所には

2液混合のエポキシパテを使用することが多いです。




俗に内装仕上げ工事は「下地・養生が7割 仕上げが3割」なんて格言もあり

ここまでの過程を充分熟知してこそ 次の塗装にすすめます。




長くなるのでざっくりですが

塗装をする前には基本的に下塗りが必要になります。

錆止め塗料、煙草のヤニ止めシーラー・・・・・これも数えればキリがありません。


仕上げの塗料にしても、それが屋根に塗る遮熱塗料であるのか。

床に塗る防水、防滑塗料であるのか、

外壁に用いるのはシリコン、ウレタン、アクリル、フッ素。

最近では自浄作用のある光触媒塗料などもメジャーです。



これに水性、溶剤という概念で選択肢が更に倍に増え、

塗る道具にしてもハケ、ローラー、吹き付け塗装。

それぞれ用いる道具 例えばローラーでも

毛足の長い長毛ローラー、短毛ローラー、砂骨ローラ―、ダメ込ローラー・・・・



このように下地、現場の状況で

養生材、下地のパテ、下塗り、塗料、工具を使い分ける必要があるんです。



お客様のご要望の色をつくる「調色」の技術も必須です。




なかなか・・・・・




たがが塗装 されど塗装。



奥が深いんですよ 





よくメールでのご質問で、適正な塗料などはどれを?

っていうお問い合わせもいただきます。


お問い合わせは無料ですので、お気軽にご連絡ください 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

会社としてHPがあるか、どうか。

ネコ1

わが創造社もHPを作成して・・・・・・はや 4年近く 

このブログを通じてご縁をいただいたお客様からも

よく言われるのは


「今時、ホームページもない会社って実体もわかなりし・・・・・怪しいですよね  」


っていうご意見です。





う~ん 



まあ、たまたま創造社はHPの真似事みたいな事はしていますし、

その重要性も実感はしています。

でも・・・・・



正直、周囲の同業他社さん、仲間内でもHPを作っている会社さんって

あんまりいらっしゃいませんね 



じゃあ、僕らの仲間は怪しいのか、っていえば

それは絶対にそうではないと胸をはっていえます。


たしかにお客様からみれば、電話帳なりで近所の業者さんを見つけたとして 

その業者さんがどんな業者さんであるのか?



何人くらいの社員さんがいて、実績は何年位あるのか?



専門の資格はもっているのか、他でどんな工事実績をもっている会社さんであるのか?



それを知る術が何もないというのは ご不安にもなるのは無理ありません。

電話帳とかだと いいとこ業種と住所と社名くらいですもんね・・・・・

今のネット全盛の時代に、営業的にそれはいかがなもんかとは、

僕自身もそう思います 





でもですね・・・・・・





面倒くさいんですって 




会社さん、っていいましたけど 実際の作業をする職人さんって

大体、個人の方ですし 社長さんっていえば50~60代の方が多いです。

なかなかPCやWEBっていうのに馴染みのない世代ですし

やっぱり業界も義理人情を重んじる風潮がありますからね・・・・・


あんまり知らない人と仕事をしたくない、っていうご意見も多いですし

仕事が増えたら面倒くさいでしょ、なんていう不届き者もいます。

大体、新規のお客さんと話す顔をもっていないという人が大多数です 



ま よく言えば硬派なんですけど・・・・・



難しいですね。


職人さんとしては そういう硬派な方の方が「僕らは」信用が置けます。

本業の精進そっちのけで、集客にいそしんでいる職人さんはちょっと引きますね 



僕ら自身も作業会社ではあるんですけど、

そういう硬派一徹とまではいきませんかね・・・・・



考えてみると、僕らのそれも役割なんですよ。

実作業とセールスマンの中間が創造社なんです。


職人さんたちのマネージャー代わりといいますか・・・・・



自分らで作業をするから職人さんたちの気持ちもわかりますし

HPなどでお客様と直に接しているから、お客様の不安もわかります。

その右への顔、左への顔。

その両方をもっている・・・・・・・






阿修羅マンのような会社でありたい。

それも創造社の一面なんです 



例えちょっと おかしいですかね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

簡単な事を難しく伝えるということ

モクヒョウ

自分がまだサラリーマンだった20代そこそこの頃。


右も左もわからぬ社会人であった自分は

よく いわゆる「ビジネス本」を読んだものでした 


CSだ、SPだ、POPだ、CIだ、と・・・・・


俗にビジネス界で用いられる用語を とにかく頭に詰め込むことで

早く社会・ビジネスの成り立ちを覚えようとしていたのかも知れません。



若かったですね 



社会人となって20年以上ともなった現在。

過去に仕入れた それらの知識が無駄であった、とは思いませんが

その深みを知らぬままに詰め込んだ知識でしたから、

やっぱり畳水練というか・・・・・





その用語が生まれた背景、成り立ち。

なぜ、そういった概念やシステムが生まれ 




なぜそれが現在重要視されるものとなり、





どういう段階・歴史を経て現在の形にいきついていったのか?




そういったものを理解した上でこそ活きる知識であるのだと

今は思います。




経験に勝る知識なし 





かいつまんで言えば、そういう事なんでしょうけど

逆にいえば そういった小難しい用語って小難しく言っているだけで

案外、仕事をしている人間であれば誰でも知っているものだったりもするんです。



CSっていうのは「Cusutomere Satisfaction」 

そのまんま顧客満足度、っていう意味であったと思います。

お客様が自社の製品に対して得ている満足度を数値で表すもので

リピートを生むために時に生産性や効率性を

多少、犠牲にしてでも重視した方がよいものとされています。






また、小難しく言ってくれますけど 

そんなもん誰でも知っているじゃないですか 



日本古来の言い方でいうなら「損して得とれ」ってなるでしょう。

時に損を覚悟でよいものを提供すれば、またお仕事をご依頼いただけて

結果的には特になる。

商売をしていれば、誰にだって覚えある事ですよね。


まあ、その目に見えない満足度というものを体系立てて数値化する、っていうのが

この概念のミソでより深く追求する事に意味があるのはわかります。





だから政治の世界でも同じですよね。

集団自衛権、グローバルスタンダード、G7だの、TPPだの・・・・・

その単語だけみたら理解は難しいですけど

中身をかみ砕いて聞いてみれば、誰にだってそれないの理解はできるでしょうし

下手すれば似たことは自分の身にも覚えのある事であるのかも知れません。



自分が仕事で逆に気を付けている事です。



リフォーム業界、建設業界も 一般のお客様には難解な用語が多いです。

でもそんな用語を使わないで かみ砕いてご説明すれば

お客様にだってご理解いただける事ばかりですよ。


クロスのリピートがあるのでロスが多い?



この壁紙は無地でないので、柄をぴったりあわせる為に

1枚目と2枚目を重ねて貼っていくので 少々無駄がでます。

そこに・・・・・カタログのここに記載されているリピート○○cmというのが

その説明になります。



こうご説明すればご理解はいただけますし、リピートだ、ロスだ、って

言うから小難しく聞こえるんです 




養生の手間かかる分、人工は増えます?



床などを汚さぬようビニールをかけますので、

そのお時間分も工事金額に含まれるのをご了解ください。


で、いいですよね。




小難しいものを簡単にお伝えして、お客様が不安にならぬよう努める。

これも営業マンたる自分の大切な役目だと思っています。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします







Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

壁紙(クロス)を貼り替えないで直します

ホシュウ1

以前も紹介しましたが、お住いの壁紙(クロス)は年数と共に劣化し

ハガレや浮き、また継ぎ目が目立ってくるという事がよくあります。


基本的には貼り替え、って事にはなるのですが

費用や日数の問題などで やむを得ない場合 補修でリペアする事も可能です。


ハガレ・浮き・継ぎ目 



そのどれも 基本的には専用の接着剤をいれて くっつけるという理屈。




これなんか・・・・・

ホシュウ7

まあ、パターンAですかね。

壁紙同士の継ぎ目(ジョイント)から ハガれかかっています。




破れぬように壁紙をめくり・・・・

ホシュウ8

すきまから接着剤を充分にいれていきます。




あとは

ホシュウ9

転圧ローラーで余分な空気を抜きつつ、壁紙をくっつけていきます。

ふむ

まあ、いいでしょう。






続きまして…・・

ホシュウ2

わかりますかね・・・・・

今度はジョイントではなく写真の指でつまんでいる部分、

ボコッとミミズ腫れのように壁紙が浮いています

パターンBですね。




このような場合

ホシュウ3

そのミミズ腫れが触ってみて「固い」ような時は、

下地の裏ごとハガれかかっている事が多く、やはり破れぬようにめくっていきます。





これ

ホシュウ4

単に表面の壁紙だけでなく、下地の石膏ボードの紙ごとハガれています。





充分に接着剤を下地にまで充填し・・・・

ホシュウ5

壁紙を復旧します。




ふむ

ホシュウ6

いいでしょう。

このようなミミズ腫れ、僕らでは「浮き」とも表現しますが

その部分に針を刺し、注射器で接着剤を注入する方法もあります。


今回はコーナー部分で壁紙をめくるのが容易でしたが

壁のど真ん中部分の「浮き」などで そのまま充分にめくるのが困難な場合

注射器を用いる事もあります。







さて

ホシュウ14

これなどはパターンCですかね。

逆に壁紙自体はハガれてはいなんですが、壁紙同士が年数で収縮した為

ジョイントが目立ってしまった場合。




ハガれている訳ではないので

ホシュウ11

壁紙と同色の接着剤を黒いスジとなっているジョイント部分に充填します。




はみ出した接着剤をさっと水で拭いて・・・・・

ホシュウ12

どうでしょう?

パッと見は充分わからないですよね。






クロス補修は まあ大体この3つのパターンで直すことが可能です。

ジョイントのハガれ、裏紙からの浮き、収縮によるジョイントの「開き」。


今回も部屋のあちこちに

ホシュウ15

気になる部分はありましたが




そのどれも

ホシュウ13

パターンA・B・Cのいずれかでした。




言うは易しではあるんですが、なかなか破れぬようにクロスをめくる事や

同色の接着剤(コークボンド)を選択する事。

固くなってしまってくっつきづらい壁紙は水でふやかして柔らくする事や

注射器を用いてみる事。


たがが補修ではあるんですが、クロスの特性をよく理解した上でないと

なかなか難しいかも知れません。

慣れてしまえば、なんですけどね・・・・・





お部屋全体を貼り換えるのは忍びなく

あっちは貼り換えるとしても、こっちは補修で。

なんてオーダーは意外と多いんです。



全体を補修のみで、っていうのはなかなかありませんが

不可能ではありません。

お気軽にお問い合わせ下さい。



ただ、やっぱり補修は補修ですから・・・・

貼り換えるよりはグレードは落ちる事はご了承くださいね。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 ホームページについて 35

ネコ1

創造社のHPを開設して はや・・・・・・・3年と11か月 

ふと気付けば来月で丸4年がたとうとしています。


書いた記事の総数も 今回で986記事という事になり

当初、目標としていた1000も もう目前ですね。




早いものです 





HPの効果といいますか、経過という意味で考えると

とにかく今年はリピートのお客様が多かったっていう事に尽きます。


池袋のT様、青山のT様、三田の大使館様、元麻布のH様 

高輪のH様、六本木のO様、白金のK様、三田のY様・・・・・・・ets


思いつくままですが、みなさんこのHPからお問い合わせをいただき

その後、また新たにお仕事をご依頼くださったお客様です。








どう思うか?




そりゃあ、やっぱり嬉しいですよ 




1回目のお問い合わせっていうのは、ある意味 偶然もあるでしょう。

世に数多あるリフォーム会社のHPから、たまたま創造社を見つけた、

話をしてみて、一か八か工事を依頼してみた。

それが多少なりともお客様の本音ではあると思います。



でも2回目以降のご依頼っていうのは もう偶然ではないですよね。

1回目のお仕事に評価をいただき、リピートする価値があると思えたからこそ

ご連絡をいただけたのだと思います。



それがお値段的に、であったのかフィーリング的に、であったのか

はたまた対応の迅速さであったのか 

工事のクオリティを評価して下すったのか・・・・・・・


それはお客様それぞれでしょうけど、そのどれもが「創造社」ですから。

やっぱり嬉しいですよ。



別に

初回のお客様が嬉しくない訳ではないですよ 





ここまで4年かかりましたけど、4年1周期ってとこなんでしょうかね。

ならば8年、12年、16年、20年・・・・

ブログはストック情報ですから、

書けば書くほどお客様の検索にひっかかるキーワードは蓄積されていくわけで

これからもっとお客様との出会いは増えていく。



そう信じて毎日を更新を楽しんでいます 




よく毎日続くね~・・・・とか。



書く記事はいつ考えているんですか?




という質問をされる事がありますが、基本的に事前に記事を考えたりはしていません。

大体、朝 現場に行く前に事務所のデスクに座って、PCひらいて・・・・

その場で思いついた事を書いているだけですね。


時々

あ これはブログで書こう、っていうのに出会った時はメモをしていますけど

あとは大体、その場のアドリブですね・・・・

狙って書いていませんから、あまりネタ切れって感じた事がありません。





いつまで、毎日更新できるのか・・・・・・逆に自分でも興味があるんです。

それが出来なくなった時は、

また今の自分とはちがう状況なり心境になっている時なんでしょうね。



読者がいようと、いるまいと 








まだまだ続きます 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム取引販売士 ~新資格の登場~

カンテイシ

「リフォーム取引販売士」 

あまり・・・・・一般に知られてはいない資格ではないでしょうか。









私も知りませんでした 





僕らリフォーム業界、というか建設業界には様々な資格があります。

電気、水道、ガスといった専門分野を工事する為の「工事士」の資格や

会社として取得する自治体の建設業許可もその一つです。


設計士やインテリアコーディネーターもあてはまりますし

現場の管理などを行う施工管理士なんていう資格も存在します。



ただ、今挙げた資格はどちらかというと、あくまでも「実務」にかかわるもの。

今回ご紹介する「リフォーム取引販売士」というのは、

実務以前の「契約」や「取引」に関する知識の

プロフェッショナルという意味合いが強いようです。


個人情報保護法、消費者契約法・・・・・

特定商取引法や住宅の品質保持に関する促進法。

また介護保険や用途に応じた内装制限などに関する出題がメインのようですね。


主眼としては年々増えるトラブル相談・・・・・

ある統計によればリフォーム工事に関する自治体などへの相談件数は

年に3万件を超すともいわれ、その大半は事前の説明不足や

法などへのコンプライアンスに関する事であるといわれています。



そういったトラブルに対し、契約を提供する業者側の意識を高める事、

またその資格の提示がお客様の信頼感につながり

業界全体への信頼回復につながれば、という事であるのだと思います。



ふ~む 





その存在を否定する訳では、もちろんありませんが

正直、自分はあまり資格っていうものに肯定的ではないといいますか・・・・

正確にはその肩書きだけに「溺れてしまう」っていう事に対しての疑問をもっています。


一般のお客様からみれば

「1級建築士」の肩書はそれなりに「プロ」と見えるかも知れません。

「インテリアコーディネーター」をもっている人間と聞けば

その担当者はさぞセンスがいいのだと思われる事もあるでしょう。




でも、自分らからいわせれば・・・・

釘の一本もうてない建築士さんもいますし、教科書では知ってたけど

ベニヤ板の実物をはじめて見た、っていう設計の先生もいます 




インテリアセンスの悪いコーディネーターだっていますよ 




結局、資格なんて机上の理論でしかありませんし、

ましてコーディネートなんて年々 その流行だって移り変わってもいくもの。

材料だって工法だって どんどん進化していくものですから・・・・・



その「資格」をもってさえいれば安心、っていうのは妄信であると思うんです。



もちろん勉強の為、知識を高めるため、っていう意味で

資格取得の勉強をすることは素晴らしい事と思います。


でも取得をすればいい、していればプロ、っていう風潮に対しては

正直クエスチョンではあります。





経験に勝る知識なし 




実務集団たる わが創造社としては

あまり資格偏向主義にはなりたくないですかね・・・・・




一通りはもっているんですけど 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 シャッターボックス 塗装工事

深夜

渋谷区にある商業施設。

このブログでも度々 登場する創造社のお得意様なのですが

今回のミッションは防火シャッターボックスの塗装工事 



なんだか、最近こちらのお客様からのご依頼は高所作業ばっかりです 



このようにシャッターの枠部分なんですが・・・・

深夜1



足元をみると・・・・・

深夜2

けっこう怖いです 

最低限の命綱はしていますが、怖いもんは怖いですね・・・・・




エスカレーターに隣接したシャッターなので

地上にまともに脚立がたてられず

深夜4

こんな感じに。




地上から手をのばして塗れる部分は上から。




中腹は脚立にのって

深夜3





そして下の方は・・・・・・

深夜5






これもんです 

深夜6



もう養生しようにも、まともに手がはいらない狭い部分もあり

ハケ一本で、手先感覚の勝負でしたね。





手がはいる部分もまた細かくて・・・・・

深夜7

こういうテープ養生も大変でした。





隣接の防火扉も

深夜8

ついでに綺麗にしておきました 




いやはや、こちらは日中はお客さが頻繁にご通行される場所ですので

今回の実施も夜10時から。

結局夜中の・・・・・・・・4時くらいまでかかりました 




う~・・・・・・・











眠いです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よけれ
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建築現場のセキュリティ

セキュリティ1

僕ら創造社のような いわゆる「町場」の現場がメインの場合は

あまり縁がない話なのですが


大手ゼネコンさんのビル一棟の新築工事などの現場・・・・・・

いわゆる「野丁場」において

近年 防犯に対する意識がすごく高まっていると聞きますね。




ここ5年間の警視庁のデータをみても

建築現場への夜間の侵入、盗難、放火・・・・・といった犯罪件数は

毎年10万件近くにも及ぶとの事で、単純に全国で1日200件近い被害が

でているという発表もあります



夜間は無人になるのが原則の建築現場。


昔のようにフェンスで囲っているだけの

セキュリティでは とうてい追いつかない状況が現実あるようですね。




以前にもとりあげましたが、マンションの外壁工事などの際にかける

仮設足場も 考えてみると怖いものです。

セキュリティ2

日中は作業員さんが登って作業する足場ではありますが、

夜間に不審者がこの足場を上って・・・・・・・

実際、一人暮らしの女性を狙って侵入をした事例もあるんです。


最近では侵入防止の警報システムなどをとりいれる会社さんも多いですね

セキュリティ




建築現場にあるプレハブの現場事務所っていうのは、

日中ものすごい数の人間が出入りをします。

作業関係者もそうですし、外部の関係業者、材料屋さん、

それこそお弁当の納入業者さんまで。


現実これだけの人間を

1人ずつ身体検査するなんていうのも無理がある話で

事務所内で現場監督が使うPCから

個人データを盗用する、なんていう事件もあるようです。


なので最近では事務所内の間取りに、1室だけ関係者以外立ち入り不可の

エリアを設けるのは必須であるそうな。



夜間を通して警備員さんを雇ってセキュリティを図る、というのもありますが

このコストだって馬鹿にはならず、結局お客様へのご予算に跳ね返る話。




不特定多数の人間の出入り。

システムの出来上がってない未完成の建物内のセキュリティという

一種 矛盾をはらんだ問題ですから・・・・・



なかなか難しいテーマですね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

喧嘩に強くなる、という事。

ライオン

少々バイオレンスなタイトルですが・・・・・

男なら若い頃に、1度や2度 考えるテーマであると思います 






かくいう私も やっぱり高校生位の時に このテーマにぶち当たり

とりあえず髪の毛を茶色にしました 




言い換えれば強さへの憧れ、ってやつなんだと思いますが

あの頃の発想だと それはイコール「ツッパリ」ってやつになる事でしたし

やっぱり不良に憧れる時機であったんだと思います。


高校から空手を始めたのも

単純に喧嘩イコール暴力的な強さ、っていう発想がきっかけでした。


空手をやっていて・・・・・・髪はその頃 ほとんど金色でした。

煙草をくわえて、ダボダボの学生服を着て・・・・・

昼間から授業をサボって渋谷を闊歩している私。







見た目だけはどう見ても不良であったんだと思います 



学校もあまりガラのいいところではありませんでしたから、

喧嘩沙汰もよくあったような気がします。


そんな中で・・・・・・



やっぱり段階があるんですよ、強さって 


不良になりたての頃って、まあ腕っぷしが強ければそれでいいんです。

でも相手が大人数になったり、

他の学校の不良に目をつけられる、って段階になってくれば

今度はいかに仲間が多いかの勝負になってくるんじゃないですかね。

組織力というか・・・・



その中で更に高みを目指すんであれば、これはもう・・・・・

プロデュース能力です 


みんなが見てるような場所で 注目される中で派手に暴れるとか、

勝手な伝説をつくって 自分で言いふらすとかですね 


いましたよね・・・・あいつのバックには○○組がついている、とか

その昔 一人で30人を相手して負けなかったとか・・・・

もはや確認しようのない伝説がくっついている不良たちが 




でも面白いもんで、そっから先ってなると

これはもう人格次第なんです。

ある意味、弱肉強食の下剋上の世界ですから どんなに有名になっても

有名になればなる程 敵は増えていくわけで いつ寝首をかかれるかわからない。



これは自分の空手の先生が仰っていたんですが

まあ、この先生もたいがいの暴れん坊だったらしいですが・・・・

やっぱり少年院だ、鑑別所っていう中でリーダーになれるやつっていうのは

どこか温かみのある奴だった、て。

どんな強い人間でも24時間 気を張ってはいられないし

寝ている間に襲われたらどうしようもなかった・・・・


結局、自分を守ってくれる仲間なり 普段から自分が卑怯な手口を使わない、っていう

人間でなければ絶対にしっぺ返しをくらう。


そう仰っていました。


まあ、先生自身が鑑別所でボスをやっていたらしくて

先生が出所する時は、仲間がみんな泣いて見送ってくれたと言っていました・・・・

なんかいい話なんだか なんだかよくわからないですけどね 




でも仕事でも何でも一緒ですかね・・・・



一人から仲間。

その組織の中でうまく自分のアピールができて、評価をもらえて・・・・

上にいくほどに人格が問われる。



結局、究極の強さっていうのは「できた人間」であるんだと思います。

大人になれば暴力とは無縁の世界になりますし

また、そうならなければいけませんよね。


一時期、そういうものに憧れを抱くのはしょうがない事ですし

ある意味 必要であるのかも知れません。

でもその先にあるのは・・・・・・・・




いつか自分の娘にも そう教えてあげたいと思います。






まだ1歳ですが、

絶対に不良の道に走る素質があるような気がするんで 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 六本木 左官工事 ~アルバムから~

サカン

懐かしいですね・・・・・


六本木にあるマンションなんですが、

写真のようにエントランス屋根の鼻先に貼ってあった

大理石が脱落した、というご依頼をいただいた時の模様です。



もう・・・・・・15年位前でしょうか。




当時はデジカメもスマホも もちろん一般的でない時代で

懐かしの「写ルンです」なんかで、現場も写真を撮ったものでした 


スマホとかとちがって いつも持ち歩いている訳ではありませんでしたし

そのつど コンビニに写ルンですを買いに行ったりだったんで

あんまり写真って残ってないんですけどね 



まずは、脱落した大理石を下地ごと削り落としていく。

サカン1

いわゆるハツリ工事です。

おお・・・・・・・・まだ20代の私だ 






若い 






で、下地に鉄筋を溶接していきます。

サカン2




鉄筋工事完了後

サカン3

今回は新たに石を貼る訳でなく、左官工事での仕上げでしたので

コンクリートの食いつきを強固にするために 鉄筋をいれています。



一回目の粗目のコンクリート塗り込み

サカン4





その後 綺麗にコテでならし・・・・・

サカン5




ここからが面白いんですが

サカン6

塗りこめたコンクリートの上に、あえて白い目地をいれ

さらに表面を石っぽくコテで荒らしていきます。

で、色を塗っていくと・・・・・






ビフォー

サカン







アフター 

サカン7

ちょっと本当の石を貼ったようにみえませんか?




ズームアップ 

サカン8

あんまり・・・・・・・わかりませんかね 

昔の写真を、さらにスマホで撮った画像なんで、わかりづらいですが

けっこううまく石っぽく見えたんですよ。


現物は今でも六本木にあります。


先日も通りがかったんですけど、まだまだしっかりしてましたよ 






いや、いや、懐かしいですね。



今後も写真が発掘されたら随時ご紹介をしていきたいと思います。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

身近になっていく「リフォーム」

カベガミ1

昨日の記事で このほど大阪にオープンした壁紙の博物館について書きました。


今日、WEBで見つけた調査機関によるアンケートは

リアルタイムに その傾向をあらわすもののようで ご紹介したいと思います。






いわく

カベガミ5

過去3年以内にご自分のお住いをリフォームした経験がある、

あるいは将来的には検討したい。

およそ7割がお住いのリフォームに積極的なお考えをお持ちという結果です。









過去にリフォーム・リニューアルを実施された経験がある中で

カベガミ6

ふ~む 


まあ、僕らの経験と照らし合わせても これ位の数字でしょうね。





アンケートは更に掘り下げていて、家具やインテリアの入れ替えばかりでなく

壁紙などの内装もその一部と考えて リフォームをするのが最近のトレンドであるという

分析をしています。



今後、リフォームを検討されたいというお客様の内


「部屋のインテリアにあわせた壁紙を選びたい。」 

という回答が89%





[家具を替えるように壁紙もインテリアの一部として楽しみたい」

という回答が74%にもなるそうです。




ちょうど昨日の記事でとりあげた内容そのままで、驚きましたね・・・・




新築よりは自分好みにアレンジができて かつ安価な中古マンション需要の高まり。、

建て替えるよりはライフタイルにあわせたリフォームをして 長年住み続けたい・・・

そんな世情も反映してお住いへの意識がこれまでとは変わりつつあるのだと思います。



「リフォーム」というものの役割、存在意義は

今後ますます高まっていくのかも知れませんね 


そしてその傾向も機能的であり、スタイリッシュであり、かつお手軽である。

お客様が僕らリフォーム業者に求める条件も、ますます多様化し

かつ厳しくなっていくのだと思います。




これは大変だ 







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします