株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

選択肢のない幸せ

ワカレミチ1

↑ どこなんですかね、これ 



しかし・・・・・・




突然ですが人生も齢40にもなりますと、色々な事を悟ります 





思えば自分の人生というもの。





他人様からみてどうあれ、自分にとっては悩み多きものであったような気がします。



今までの人生、一つ一つの恨みつらみを書き連ねる気はありませんが、

人生の どの場面・局面にも共通して・・・・・自分を悩ませまたもの。

考えてみると それは選択肢が多かった事があるのではないかと思います。



右にも行ける、左にも行ける。

乗り物を使ってもいいし、今すぐ行かなくてもまだ余裕がある。

武器をもってもいいし、同行を頼める仲間もいる。


人生の局面、局面において、それだけ選択肢があったという事は

言い換えれば恵まれていた事なのかも知れません。








逆に言うとそれだけの選択肢の中から

考えて、考えて・・・・・ベストをだす必要があったともいえるわけで。



以前は選択肢があるほど、それは「強さ」であるとも思っていました。

戦い方に幅があるというか、こっちでダメならこっちの手段をもって立ち向かう。

それができるのは選択肢が豊富な故でしょう。



学歴、年齢、家庭環境、肉体的な強さ、経済状態・・・・・


その全てに恵まれていれば、選択肢はより増え、より強くなれる。

どこかでそう思っていたのだと思います。




でも年齢も40となり、まず若さ、肉体的な衰えとも無関係でなくなってきた今

少し考えた方もかわってきた気がします。

経済状態は昔と大差ありませんけどね 





「持たざる者は幸いなり」 




たしか聖書の一節であったと思いますが、

何も持っていないからこそ無垢であるという事、

持っていない故に貪る事もなく純粋であり続けられるという幸せ。



他に選択肢もなく、自分にはもうこれしかない、っていう腹をくくれるという事。

それこそ本当の強さである、っていう事を最近は思います。



考えてみれば自分はフラフラとしていました。




自営業が嫌ならまたサラリーマンになればいいとも思っていましたし、

これからの将来、

独身でも結婚しても それは成り行きでどっちでもいいって思ってもいました。





でも40になって、結婚をして、子供が生まれ・・・・・

ふと気付けば今の仕事も大好きにもなっていました。




もう・・・・・

選択肢なんてないのかも知れません。



この仕事を辞める事もできませんし、家庭を捨てるなんていう選択肢もあるべきでない。



なら もう考えてもしょうがいないんですよね。

やるしかないんですもん 



それがうまくいくか、どうかなんて それこそ神のみぞ知る領域でしょう。

どんな結論になれ、自分が決めた道でコケたんなら笑って死ぬこともできるでしょう。



男なら 





そう思えた時

ちょっと人生が楽になったような気がしたんです。






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社の副業

フクギョウ

↑ 読んだことないですけど・・・・・

なかなか刺激的なタイトルですね 







さて、副業 






わが創造社の本業といえば、

言わずと知れた建設会社であり リフォーム会社であります 


忙しい時はタコの足でも借りたい程ではありますが、

それでも今の現場と次の現場の間のスキマですとか、

やっぱり時間が空くって事がままあります。




ぶっちゃけ仕事が少なくて暇な時もありますよ 



その昔 そんな空き時間を有効に使える・・・・・・

何か副業をはじめられないかな?

って考えた事があります。




とはいっても、全くちがう畑の 全然知らないジャンルの仕事を

いきなり始めるのは現実的ではありませんし

考えたのは あくまでも本業で培ったノウハウなり、人・モノ・・・・・・

それらをうまく応用できる、っていう原則ではありましたけどね。



今の創造社にあるもの・・・・・・もっているもの。





まあ健康な男手がおりますし、こいつら体力には自信があります 

普段、リフォームで使う電動工具も一通りそろっている訳で

トラックも持っています。

あとは

創造社

自社所有、防音設備付きの30坪近い作業場がある・・・・か。






これらを応用して出来る事。

ま、考えてみればいっぱいありますよね。



トラックと体力メインで考えるのなら

引っ越し屋さんとか運送屋さんなんていう選択肢もあるでしょう。

もちろん一朝一夕でできるものではありませんが、方向性としてですね。


作業場の一部を間仕切って 倉庫として貸し出す、なんて事も不可能ではありません。


っていうか、せっかくの防音仕様のスペースですから

ライブハウスなり 社長の趣味を活かしたジャズ喫茶っていうのもなくはないか・・・・

港区は働くお母さんも多いので、保育所ってのも悪くないですね 



来年あたりからここら一帯はさらに再開発がすすんで

タワーマンション群の真っ只中みたいな立地ですから スター○ックスとかもいいなあ・・・




本業できなくなっちゃいますけどね 




いつも景気が悪い時期なんかには そんな妄想するんですけど

行きつくところ まずは本業に更なる精をだすのが先決、て結論にいたります。

ま そりゃそうですよね・・・・




いつか自分らの体も動かなくなる位の年をとった時には

この事務所を丸ごと賃貸にだしてしまう、っていう選択肢もあるのでしょう。

つーか、そっちの方が金を稼ぐだけなら手っ取り早いのかも知れません。

家賃山分けして、コンビニでバイトでもした方が実入りはいいですよ、多分 




港区 麻布十番のこの場所で儲からないリフォーム会社を続けている。



好きな事でもあるんですけど、楽して儲けようとしない・・・・

男のロマンみたいな面が大きいのかも知れません。



やれるだけやって・・・・・










いつかここがコンビニになっていたら 笑ってください 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

施工不良マンション 報道をみて

マンション

今さら説明の要もないとは思いますが

連日のように 例の施工不良マンションのニュースが紙面を賑わせています 



同じ建設業界でも 僕らは「リフォーム」がメインですので

正直、あまり「建築」や「構造」っていう方には明るくないです。



杭打ちの強度データの偽装・改ざんが行われた、というのが

今回の施工不良の原因と聞いていますが 

専門はちがえど同じ建設業界ではありますから・・・・





トップである社長の謝罪云々より

現場レベルでの実態が どういうものであったのか?

その点にまで真実解明のメスがはいるのか、っていう点に注目はしています。



杭打ちの強度計算を担当した担当者の存在がクローズアップされていますが

同じ建設業界ですから、まあ わかりますよ。







まさか彼一人で図面をひいて、

彼自身が杭をうってコンクリートを流し込んだ訳であるはずもなく 

設計段階で携わった人間が他にいるのでしょう。


実際の施工を行った会社、現場レベルの施工担当、ベテランの職人さん。

絶対に・・・・・・





絶対に誰か本当は この矛盾に気づいていてはずなんだと思います。



その誰もが数年間、何十という建設工事実績をあげる中でも声をあげなかった・・・

恐らく それを「言えない」空気、脅迫にも似た沈黙の強制が

現場レベルにまで蔓延していたのでは、ないかと。

同じ業界の人間としては そう推測できます。



無理ですよ・・・・・・



僕ら規模の会社が行う現場、リフォーム工事の中でも

そりゃあ手を抜こうと思えばいくらも そんなことはできるかも知れません。

でも、それが建築基準法に抵触するような違法行為なんだとすれば

誰かしらが気づきます。


お客様との営業から、設計・積算、材料の調達に現場の施工。


それを全て一人でやる人間がいるのだとすれば、気づかれない事も可能で

あるかも知れませんが、普通ならどこかの段階で誰かが気づきます。

施工者がそんな違法な事をしていれば、実際お客様との折衝を受け持つ営業が

指摘をするかも知れません。

この規模の工事で、こんなコストで工事をやろうとしているとなれば

積算の人間がその矛盾に気づくでしょう。

監督からの指示があったとしても、実際作業をする職人さんが長年の経験から

そこに違和感をもつはずですよね。



全てを一人で・・・・・・会社全体として「ぐるみ」であるとすれば

説明もつくかも知れませんが・・・

実際、あれだけの建築工事であれば、ひとつの会社で全てを請け負う訳でもなく

複数の会社が関与、その中には何十人という人間が携わっているはず。

その全員が全員、はかったように声をあげなかった・・・・・



その裏には現場全体に蔓延するフェアでない空気があったであろう事は

想像に難くないような気がします。



しかし



いつかの耐震偽装の問題もそうでしたけど

単純に思うのは、

どうして こんな大々的な違法行為がバレないなんて思うんでしょうね?



運よく役所の検査を今回はくぐり抜けたとしても、それを2回、3回・・・・

数年間にもわたって繰り返せば いつかバレるに決まっています。


あまりに多忙だったのかも知れない、上から言われたコスト内に収める事ができず

時間的にもしょうがなかったのも知れない・・・・



でも、そんなちっぽけなリスクと

発覚してしまっって自社を揺るがす程のリスク、何より犯罪者になるっていうリスクを

考えた時、どう考えたって割があわないと思うんですけどね。

ま そんな問題より良識の問題ではありますけど・・・・



ぶっちゃけ 規模はちがえど同じ現場監督業ですから

何となくあの施工担当者の気持ち、わからないでもないんです。



監督ったって所詮は雇われですし、安月給でいくつもの現場を管理させられて

無理な工期を押し付けられて、実際 時間がなかったのもあったんでしょう。

それでいてコストを抑えろ、という指示もあったのだと思います。

時間もコストも無い中で、数億円単位の責任だけは負わされて

自分が仕事を滞らせれば、会社に迷惑がかかる。

クビになれば家族も食わしていけない・・・・



そんな中での苦渋の選択ではあったのかも知れません。



もっといえば、自分を大事に考えてくれない会社への愛着なんて

なかったのかも知れない。

だから発覚に至った時、多大な迷惑を会社にかける結果にもなる

最悪の選択をしてしまったのかも知れません。




会社を好きなら、やらなかっただろうな・・・・・・





そんなことを考えさせられたニュースでした。

既にマンションをご購入された被害者の方々も多くいらっしゃるようですし、

今後も進捗を注視していきたいと思います。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

キャバクラが苦手です (;一_一)

キャバクラ

おお・・・・・


まばゆくネオン。





その帳を華やかに羽ばたく 夜の蝶たち 



いや、いや・・・・・・








若かりし頃の悪行が脳裏に浮かぶようです 





自分がはじめて そういうお姉様のいらっしゃるようなお店に行ったのは・・・・・

以前にサラリーマンをやっていた時代の時ですね。

上司に銀座のクラブに連れて行ってもらったのが最初だと思います。



まあ、今思えば そんなに高級なクラブってわけでもなかったんだと思いますが

当時の自分の目には




ゴージャスに着飾ったお姉さま方 




キンキラキンの内装 



いや、いや まだ20歳そこそこの自分でしたから

そこは とっても華やかな世界にみえましたね・・・・・・




実際 そこでお話ししたお姉さまも自分よりは御年上ばかりでしたし

社会を知らない自分には 彼女たちがとても大人のようにみえたもんです。



でも、楽しかった?




っていわれると あんまりそうでもなかったですかね 





当時は特にそうだったんですが、自分はお酒をいただく時は

どっちかというと ほっといてほしいというか・・・・・・

あの煙草をくわえるたびに横からライターがにゅっっと出てくるアレだけは

本当に困っちゃいましたね 




自分は普段が気配り君なもんですから、

そういう事されるとかえって気を使ってしまうというか・・・

かえって恐縮してしまって煙草吸ったら悪いのかな、て 




それに、まあ創造社に入社してからの自分は

作業もそうですが、どちらかといえば営業がメインで 

言い換えれば喋るのが仕事みたいなもんでした。


なんで、あんまり仕事終わってまで喋りたくない、っていうのもありましたね。


ある程度の年齢になれば、ホステスさんも自分より年下になってきますし

プロと言ったって話せば、普通の女の子ですよ。

一昔前の知性・教養すべて兼ね備えてらっしゃるような

銀座の高級クラブなんかなら別なのかも知れませんが・・・・




何がイヤって・・・・・・・

まあ ぶっちゃけ そんなにイヤな訳ではないんですけど

自分がそういうお店に行くと、

何故かホステスさんから人生相談をされるんですよね 




こっちも喋るのが仕事なプロみたいなもんですし、

それに自分は楽しくやりたいだけで、変な話 口説くとか下心とか全然ありません。

それどころか かまってほしくないんです 


んで、ケチケチするのはみっともないと思っていましたし

おまけに彼女たちより年上ですからね・・・・・





ま、相談しやすいタイプなんでしょう 





彼女たちの彼氏の愚痴を聞かされたり

ある時なんか、

その場で電話を頼まれて 喧嘩中の彼氏との仲をとりもったりしましたよ 




これだと、わざわざお金払って疲れに行ってるようなもんで・・・・






かといって、その優しさにほだされて電話番号を教えてもらった 












ことは一度もありません 




今思えば、それもプロたる彼女たちの接客であったのかも知れませんが

とにかくあんまりいい思い出ないですね・・・・





そういや もう10年位行った事ないんじゃないかなあ・・・・






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社は元請さん

リーダー

世に数多あるリフォーム会社 


同じ業種ではあっても、その中身、というか成り立ちで分ければ

恐らく何十種類ものジャンルにわかれると思います。






まず専門分野のちがい 





大工出身の社長が経営する会社であれば、当然 大工色が強いですし

大手建設会社あがりの社長さんであれば、

やっぱり作業というよりは営業色が強いですよね。



作業メインであるのか、営業会社であるのか?





その中でも水道工事が得意、電気工事に強い、内装が専門・・・・・

さらに、ここで何十種類もに分岐されます。




次に大きくわかれるのが、いわゆる野帳場メインであるのか、町場の仕事が

メインであるのかという点 


野丁場イコール大手ゼネコンさんなどが行うビル新築などの現場であり

町場というのは一般的な街中での仕事です。



この点でも、大きく2つにわかれる訳なんですけど

言い換えれば「元請」として現場のトップとして仕事をしている会社であるのか。


あるいは


ゼネコンさんなどの「下請け」としての業務がメインであるのか。



この点でも大きくわかれる訳です。



別にどっちがいいとか、悪いとか そんな話ではないですし

どっちも必要ですよ。




ただ わが創造社、の話でいえば「元請」としての業務が大半です。


と、いうか・・・・・

どっかの会社さんの下請け仕事をしたのが 今年一度もありません 





考えてみると、その点は昔と変わりましたねえ・・・・




こんな僕らでも以前は「下請けさん」として、仕事する事が多かったですよ。

中堅ゼネコンさんのお得意さんもいらっしゃいましたし、某大手不動産会社さんとは

ずいぶんと長い付き合いをしていました。

みんな倒産しましたけど 




今も元気な某ハウスメーカーさんからは、専属の下請け業者として契約を

結ばないか? ってな お話をいただいた事もあります。



でも






向かないんですよね・・・・・



別に他人様の下にはいるのがイヤ、とかではないんですよ 

いや、イヤなんですけどね 


それ以上に創造社の特色として、向かないんですよ。



下請けさん、っていうのは言ってみれば元請さんの忠実な手足であれば

いいと思うんですけど、言い換えれば意思をもたない手足でしかない訳で・・・




じゃあ安く作業さえやってくれれば、どこの会社だって同じなんじゃないの?




って思った時

創造社独自のカラーを打ち出す、っていうのが 下請けさん業では

すごく難しいと気づいた時期があったんです。



創造社は作業ばかりの会社ではありませんし、お客様とのコミュニケーションも

僕らでしかできない提案も、そういった事を大事にしていきたいんです。

それには、どうしてもお客様と直接お話しせねばなりませんし、

そういう意味でも下請け業は向いていない気がするんですよね・・・・



いや、だから上から指示されるのが 実は嫌いなのはありますよ。

わかってます 






そんな意味でも、つくづく創造社は珍しい会社です。

僕ら規模の会社で、元請業しかやっていないって ちょっと珍しいんですよ。

仕事の絶対量の確保とか、安定、って考えたらやっぱり大手さんから仕事を

もらった方がいいですもん。


まあ・・・・・





こういう事を言っているから

いつまでたっても儲からないんですけどね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします














Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 アンテナ線延長工事

アンテナ9

今回はクロス工事でお邪魔しているマンションにて。



もし創造社さんで できるならば、と現場で頼まれた仕事で

テレビアンテナ線の延長をご依頼いただきました。




できますとも 





全然、難しくはないんですけど・・・・・

ちょっとやっかいだったのは、こちらのマンション。

4LDKの間取りで、寝室が横並びに3つあります。

アンテナ

右から主寝室、真ん中が第2寝室、そして左端が第3寝室。




このように

アンテナ1

アンテナ線のジャックがあるのは右端の主寝室の壁のみ 

今回は左端の第3寝室でテレビをみたいというご要望ですので

主寝室から第3寝室まで、第2寝室を飛び越えて線を延長しなければなりません。

距離がある分、ちょっと手間でした。




アンテナ線といっても・・・・・

アンテナ3

延長に使う電線(ケーブル)がちがうだけで、理屈はコンセントの移設と変わりません。



そのまま移設してしまうと、今度は主寝室でテレビみれなくなってしまうので

アンテナ4

このように2又に分岐する部品を使い、一つは従来通り主寝室。

もう一方を第3寝室まで延長をします。




主寝室の壁に穴をあけ・・・・・

アンテナ5

まずは第2寝室に貫通。



そのまま第2寝室を通過して

アンテナ6




第3寝室に こんにちは 

アンテナ7






あとは

アンテナ8

テレビにつなげば ミッション完了です 

簡単な工事なんですけど、10m近く線を延長しましたし

壁に穴開けたりでしたからお客様が自身でやられるのはちょっと難しいかも知れませんね。




現在、ご高齢で介護を必要とされているお客様でしたので

ベットでテレビ見れないのは痛いですもんね・・・・・・

ご入居以来、ずっとご不自由であったそうなんですが、これからは大丈夫です。



クロス工事のほんのついで、でしたけど・・・・・・






なぜかクロス工事以上に感謝をされてしまいました 




でも、こうやって僕らの仕事が介護の一助になるというのは

うれしいもんですね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 商業施設 内装工事 残り2つ

キュウカンビ

先週の工事 残り2つ。

こちらは施設内の階段室 壁面の塗装工事の模様です。



写真だとパッと見 きれいなんですけど

キュウカンビ1

アップにするとけっこう・・・・・・不特定多数のお客様がご通行される場所ですからね。






アフター

キュウカンビ2

出入口の建具も含めて塗装を行い、綺麗になりました。

印象が明るくなりますよね・・・・・・・

足場が階段なので高いところを塗るのが大変でした。







こちらは・・・・

キュウカンビ3

ショップエリアの中央にあるイベントスペースの舞台。

土日の休日などにはピアノの伴奏や、バンド演奏などが行われるスペースなんですが

5年ほど前に 僕らで舞台をつくったんです。

今回はそのお色直しでした。





従前はグリーン系のパンチカーペットの仕上げでしたが

キュウカンビ4

今回はより落ち着きのあるダークブラウンに。

写真はないのですが、

舞台の立ち上がり部分は同色系のダイノックフィルムで仕上げました。




ありゃ?






これは・・・・・・

ついで仕事の数々ですね。

キュウカンビ6

お伝えしたように こちらの施設の年1回の休館日でしたから

ここぞとばかりに、ついでに こっちもやって攻撃を各所で受けていました 


キュウカンビ5

職人さんの余った時間に あっちこっちまわってもらいました。





文章にするとあっという間なんですが、13・14日の2日間はバタバタでした・・・・

こうして記事にしてみると、文章力もありますが

全然 大変さが伝わらない感じがしますね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 電話ボックス 大工修理をしました

電話ボックス1

先週の渋谷区 大型商業施設での工事4連発 

13.14日のわずか2日間で同敷地内4か所 同時に工事を行うという・・・・・

ある種 初体験のミラクルでしたね 



先日のレストラン内装工事に続き、こちらが2ヵ所めとなる工事。

電話ボックスの補修工事です。







過日も同じ工事・・・・・・

電話ボックス4

同じ形の電話ボックスの一部が破損しての補修工事をご紹介しましたが

実はこの電話ボックスは同敷地内に2つあり、今回は前回とは別の もう1か所のほう。





以前の時と比べて、受けているダメージでいいますと・・・・・

デンワボックス1






こちらの方が

デンワボックス

より強敵です 

破損というよりは、腐食で下半分がほとんど ガラスごと無くなってしまっています・・・・




ここまで逝ってますと、本来ならもう全交換レベルではあるんですが

実はこちらの電話ボックス、最寄り駅の拡張計画に伴って来春ごろには

あるいは撤去されてしまう予定があるんです。


しばらくは管理センターの方で、板を貼って隠していたようなんですが

オーナー様より、

例え短い期間であろうと お客様に印象悪くないように補修をするべき。

とのご指示いただきまして 最低限の補修を実施する事になりました。




ここまで腐食がすすんでしまっていては

デンワボックス2

パテや埋め木ごときの補修では、間に合いませんので 

ダメになっている下半分と無事な部分を電動ノコで切り離します。



簡単にいえば新たに工場で作ってきた同様の形状のものを

はめこむ、っていう話なんですが なかなか大変でしたね・・・・・

いや、この電話ボックス よくできているんです。

デンワボックス4

ガラスをはめこむ格子状になっているんですが、

1枚物の板をくりぬいてるのではなく

40角の角材の組み合わせで できているんです。


40角というのは既定の材木のサイズではありませんので、要は全部を

材木屋さんでオーダーして指定の寸法に切り出してもらっているんです。

おまけにガラスの小窓部分には ご丁寧に一か所ずつ飾り装飾が施された

枠がついています 




ガラスは全部面取りがしてあるし いや、なかなか制作には苦労しましたよ・・・・・・



その甲斐あってか

デンワボックス3

少々、調整は必要でしたが現場合わせでの寸法もバッチリでしたね 




とりあえずの塗装をして完成です






ビフォー

デンワボックス









アフター

デンワボックス5

この日はとりあえずの塗装で、まだ継ぎ目を完全に埋めていはおらず

仕上げの塗装はまた後日に行います。

でもこの時点でなかなか うまくいったと思いません?


これで継ぎ目をパテ処理して、上下を改めて同色に塗ってしまえば

もう大丈夫だと思います 



さて、これにて4連発中の2発目までが完成です。

残りは2つ・・・・・・




またご紹介をしたいと思います




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

職人さん同士の相性

トリアワセ

犬と猿と・・・・・・・キジ。



言わずと知れた最強のカルテットですが

このメンバーで鬼をやっつけたのは遠い昔のお話 



考えてみると 犬猿の仲の御二方の 

これまた おやつにされちゃいそうなキジさんですから・・・・

よくうまいコンビネーションを発揮できたものですよ 

いや、いや・・・・・・






わが建設業界の職人さん達に爪の垢 飲ませてやりたい位ですね 




現場では、今風に言えば職人さん同士の「コラボ」が実現する事がままあり・・・・・

と、いうか嫌でもそうならざるを得ない状況が往々にしておこります。

大体が時間が足りない、工期がない、って時なんですが




それが異業種 


例えばクロス屋さんと塗装屋さんが一緒に現場に入るのはまだいいんです。

お互い、畑がちがうんですから あまり言う文句もないといいますか・・・・



やっかいなのは同じ業種の、顔見知りでもない職人さん同士が現場で

コラボをしてしまった時ですね 

これは現場監督としても難しいところなんです・・・・・



例えばそれがクロス屋さんで、見知らぬ者同士が同じ現場に入る。

いや、もちろん僕は両方の職人さんを知っていますよ。


でも職人さんからすれば、相手は仲間というか・・・・・

一種ライバルみたいな意識に駆られるんでしょうかね。





えてして仲が悪くなります 



基本的にはどこの部屋をどっちが貼る、とか 何時の時点でここまで終わらせて

どっちかが次の部屋に移動する。

じゃあ片方は荷物の移動をやってもらう、とか。

概ねの1日のスケジュールは 双方の意見は聞きますが

朝の打合せの時点で現場監督たる私が決めています 





実際に作業する職人さんが段取りを決める方がいいのは、あるんですが

考えてみると、職人さんにはそれぞれのペースもありますし

細かい部分では仕事のすすめ方だってちがいます。

それを まともに同じ部屋の右と左から、せ~の、で双方が貼り始めたって

やっぱり早く終わるほう、遅い方もでてきますよ。




早く終わった方からすれば、遅い方をうとましく思うでしょうし

バタバタと早く終わらせるだけをヨシとしない職人さんからみれば 逆もまたしかり・・・・

この辺が難しいところです 





別に、この㎡だったら何分間で貼らなきゃいけない、なんてルールはありませんし

現場監督の身からすれば、

時間がかかろうと丁寧にやってくれれば それで問題ありません。



でも、時間がない現場だった場合、時間はあるけど仕上がりには厳しい現場である場合・・・・

それはもうどっちのクロス屋さんが正解だともいえない事なんです。



難しいですよね・・・・・



いわゆる人工計算や㎡単価で仕事をやってもらう場合でも話は違ってきます。

職人さんからすれば どうせ1日の人工がもらえるのであれば、

少ない㎡数しか貼らないで1日が終わった方が楽な訳ですし、

㎡単価で請け負ってもらう場合には、

㎡数を貼れば貼るほど 職人さんの1日の実入りは大きい訳です。


だから同じクロス屋さんでも現場の条件によって、向き不向きがあるんです。



ぶっちゃけ人間同士ですから、気が合う、合わないもあります。



現場の状況、条件。

職人さん同士のペース、進め方。





あと性格 






それがぶつからないように うまく人員の特性も見極めた配置を心掛ける。


それも現場監督には必要なスキルですね 



だから、創造社の仕事をしてくれる職人さんの事でしたら・・・・・




たいがいの事はプライベートを含めて 日々情報を収集しています 







げははははははは 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします







Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 レストラン タイルカーペット工事

広尾レストラン

先日、お伝えもしましたが

先週に実施した渋谷区にある大型商業施設内での工事4連発 



まずは施設内にある同オーナー様経営のフレンチレストラン内装工事の模様です。


きっかけはささいな事であったというか・・・・・

別件の仕事で、ほら 先日けっこう大雨が続いたじゃないですか 


その時、このレストランでちょっとした水漏れ騒ぎがあって 修理にお伺いしたんです。

仕事自体はちゃちゃっと終わって、お茶なんぞをご馳走になっていたんですが・・・・

そんな時に相談をいただいたんです。


その相談っていうのが、まあ要するに床のカーペットが大分痛んできたので

貼り換えたい、っていう事だったんですが

問題なのはその内容が、



どっか工事をしてくれる会社を知らないか?




っていうものだったんですよ 






・・・・・・・・・・創造社さん どっか知らない?






死にます? 





内装も得意とする わが創造社に内装会社を紹介してもらおうなんていうのは



何でしょう?



例えていうなら これは・・・・・

マツコデラッスクに いいダイエットモニターを斡旋してもらうに等しい所業 





目の前にいるでしょ、って感じですよね 




でも、無理ないというか・・・・・・

こちらの商業施設はレストラン、ショップ街、マンション、オフィスが同時に混在すrる

複合型の大型施設なので、僕らもお取引はもう10年以上にもなりますが

大型だけに各施設でご担当者がセクションごとに違うんです。


僕自身はご担当者を一通り知ってはいるんですが、向こうにしてみれば

数いる業者の ワン オブ ゼムなわけで・・・・・・

ちなみにこちらのレストランのご担当者には 

僕らって塗装屋さんと思われていたんです 

同じ敷地内のマンション、オフィス、ショップ街では

いくらでも内装仕事もやっているんですが

そういえば、こちらのレストランでは塗装しかやった事ありませんでした。



正確には内装をやった事もあるんですけど、もうずいぶんと前で

それは先代の店長さん時代の事で、現店長さんとは なぜか塗装しか・・・・・






で、話はマッハに決まりまして

広尾レストラン1

まずはハガシ。

痛んではいたんですが、お庭の緑と同系のブルーで 落ち着いた感じのカーペットでした。




お伝えした通り、今回は4工事を同時に行っていたので

バタバタと時間なかったですね・・・・・・・・この写真が象徴的です

広尾レストラン2

一人がハガシ、一人が糊を塗り、一人が貼り始めるという工程を同時にやっています 

あんまりハガシと同時にやるとゴミが付着したりすることがあるので

いいことはないんですが、そのあたりは細心の注意をはらってすすめました。





今回お客様がチョイスしたカーペット

広尾レストラン3

最後まで色味は悩んでおられたんですが、

決定の品番を聞いた時は 正直ちょっと驚きました。

前は緑がかったブルーだったのに赤て・・・・・・





聞けば、オーナー様のご判断で決められた色で

ボルドーのような色 

が、テーマとお聞きしました、





なるほど

広尾レストラン4

悪くないですね 

ゴージャス感の中にも落ち着きある色というか・・・・・


毛足の長いタイルカーペットなので1枚モノのカーペットのようにもみえる商品です。

かつ1枚、1枚取り換えられるタイルカーペットですから

今後のメンテナンスも容易でありますしね。





これにて4連発仕事の1つめが完了。


残るは3つ・・・・・





また写真の準備ができましたら ご紹介をしていきたいと思います。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

クレーム

このブログから僕ら創造社にご興味をいただき

お問い合わせをいただくお客様 


やはりお互い完全に新規のお取引になるわけで

そりゃあ中には色々なタイプの方がいらっしゃいますよ。


ブログ開設からこっち、もう100を越えるお客様と

お会いしましたが、今でも印象に残るインパクトを

残された方が数名いらっしゃいます 



まだブログも初期の頃の話で、もう時効な話なんですが……



お問い合わせを頂いたのは千葉県でマンション経営を

されているオーナ様。






ちょっと距離はあるんですが、

マンションのなかなか埋まらぬ空室を

この際、いっそ大胆に改装して人気ある部屋へと

変えていきたい。

おおまかには、そんなお問い合わせでした。





単に「綺麗」にするリフォームではなく

より付加価値を高める「リノベーション」という類の工事ですね。




それはいいんですが、問題はその契約条件にあったんです






今回、工事の対象となっていた部屋は……

たしか2DKでしたからキッチンやバスを含めた工事となれば

まあ、百万円ではどう考えてもすみません。

一般的な坪単価に照らしても、そんなもんでしょう。


もちろん、よりグレードのある材料なり商品を使っていけば

それ以上の金額にはなると思ってはいました。



その旨伝えて、お客様から提示された条件……







まず百万円を現金で先払いします、と。


そこまではいいんですが、

もし仮に工事代金が150万であった場合

残金の50万を月々の分割払いにしてほしい、と。



えーと……

月々いくらの分割がご希望でしょうか?



当然の質問をしたんですが、わからない、と 




そのお客様が言うには、今回リノベーションをしたいのは本当なんだけど

ぶっちゃけ現時点で出せる費用は100万しかないんです。

残りはテナントが決まったら、その家賃から支払います……と。



はあ……

テナントさんって いつ決まる予定なんですか?




それはわかりません、と 



できる限りは譲歩したかったんですけど

さすがにそれはちょっと……

テナントさん決まらなかったら

代金は永遠に支払われない訳ですよね 



ならばリース会社のリフォームローンなどを

ご利用するとか、ご案内もしたんですけど  

結局 折り合わずに終わってしまいました。



うーむ……




あの条件で工事を請け負う

チャレンジャーな業者さんはその後見つかったのでしょうか?



その点は少しだけ気になります 


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

大人になったね (^^)/

セイチョウ

昨日まで いやはや・・・・・・バタバタな3日間でした 

写真など整理でき次第、随時 ご紹介をしていきたいと思っています。



ところで そんな今回の現場であったんですが、懐かしい出会いがありました。

かれこれ5年ぶりにもなる 職人さんと一緒になったんです。


彼・・・・・・内装の職人さんで金田君というのですが

出会い自体はもう15年以上前です。

とある内装会社の社員さんなんですが、創造社の下請けさんとして

彼は専属の担当として ずっと仕事をしてくれていたんです。

仕事はまあまま真面目だし、同世代とあって気もあっていました。



見た目は・・・・・・・・出会ったころから少しヤンチャでしたね 

金髪ロン毛で、腕にはタトウ―。

見た目に負けず私生活も無茶苦茶だったと聞いていました。


若くして結婚はしていたんですが、離婚、

また再婚しては離婚・・・・・・・といった感じで

まだ独身だった私を尻目に 3回も結婚をしてやがりました  



僕らの業界、見た目がどうあれ 私生活がどうあれ・・・

きっちり仕事をしてくれれば それでいいんです。




いいんですが・・・・・・彼の場合、まあ まだ若かったんでしょうね。

遊びたい盛りで、徐々に仕事にも身がはいらなくなっていったようでした 


ある時の現場で、僕は彼の会社の社長さんと現場の約束をして

金田君をよこしてくれる話になっていたんです。




当日・・・・・・・彼は来ませんでした。



後に聞いてみれば、女性と旅行にいってしまって現場の約束を

忘れてしまっていたらしいんです、

数日前から会社とも連絡がつかなくなり、当日は結局 職人上がりでもある

社長さんが代わりに現場にきてくれたんです。



その時、しみじみと社長さんとも話したんですが

自分は知らなかっただけで 

金田君 けっこう他でも同様のトラブルをおこしていたらしいんです。

社長はもう今回の事をもって・・・・・・・・彼を解雇する判断であると言っていました。


その後 ほどなく その通りに彼は会社を解雇され

やむなく会社から離れ 一人親方として独立をしたと聞いていました。


何も私自身に非があったわけではなかったんですけど、

直接の引き金は創造社がらみでしたし どうにも後味が悪かったですね・・・・

それが6年位前の出来事でした。


独立したての頃に、何度か会ったんですが

まあ 大分 まいっていました。

今まで会社の庇護をうけてこそ仕事も まわしてもらえていたのでしょうが、

独立して一人となった今 周りから全然 仕事がもらえないと・・・・


前妻さんへの養育費も支払わねばなりませんでしたし

今の奥さんとの生活もあり、本当に精神的にまいっていたような時期でした。


相談を受けたりもしたんですが、とりあえず会社を解雇されたこと自体は

お前の責任意外の何物でもないだろ、て。


やっちまったもんを無かった事にはできないんだから

これから2度と同じ過ち繰り返さないって周囲がわかってくれるまで

5年、10年と頑張るしかないよ、と、



当時、家賃も払えずに引っ越しをせざるを得なかった彼には酷なアドバイスで

あったかも知れませんが、本当にそれしかないんですもん・・・・



ただね 



本当にそれが貫ければ、絶対に周囲はわかってくれるよ。

お前の見た目がどうであろうと、私生活が無茶苦茶であろうと、仕事さえ真面目に

やっていればいいの。

つーか、お前に出来るのはそれくらいしかないだろ 




なんて相談を受けたのが6年前。

今回 久しぶりに会ったんですけど あれから5年以上 一人親方として

仕事を頑張っているようでした。


今回の食事時。


「あの時・・・・・・・矢野さんが言っていたことは本当でした」



何が?



「頑張っていれば・・・・・

真面目にやっていれば周囲はわかってくれる、て話です」



ああ・・・・




「そういうのって・・・・・」




ん?





「本当にありがたいもんですね」






今のお前のその気持ちを・・・・・

20年前のお前に言ってやれ 



高い授業料でしたけど、本当にいい勉強をしたと今は実感しているそうです。

よかった、よかった 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

只今、寝不足中 (  ̄▽ ̄)

ヤバイです。







眠いです 


結局、昨夜の帰宅は深夜一時。

そこから晩酌をして寝たのが……3時すぎ。

現在時刻、七時半ですから眠いのも当然です 



まあ晩酌やめろ、て話なんですがね 



本日は昨日もお話しした通り、

ここ渋谷区は大型商業の休館日 最終デー。

各メンテナンス業者さんも、

朝からバタバタですね。


総勢……五十名くらいの業者が館内を

走り回っており

館内に殺気が漂ってます 



わが創造社に残されたミッションはあと2つ。

日付変更線まで、頑張ります 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

やってきました、この季節 (  ̄▽ ̄)

10月も半ばなこの季節。


昨年もご紹介しましたが、

この時期は長年のお取引先である渋谷区の

大型商業施設 年にただ一度しかない休館日 


もう出入りの設備業者さん、清掃業者さん。

NTTさんから害虫駆除の会社さんまで

今日、明日の二日間に大挙してメンテナンス業務を行います。


昨年、メイン玄関の大規模塗装工事を請け負った

わが創造社に下された今年のミッションは……



1、施設内のレストラン カーペット敷替工事

2、同じくスポーツクラブ階段室の塗装工事

3、イベントスペースのステージ改装工事

4、同敷地内にあるマンションの内装工事





はっはっはっは




泣きそうです 





個別に決まったのなら、馴染みもある現場ですし

何という事もないんですが、これを全て2日間でやれて……



ちょっと無理がありませんかね 




本日から総勢十名体制にて、奮闘してはいますが……


さて、どうなる事やら



とりあえず今日は全館の停電メンテナンスの深夜0時まで

頑張ります


ては、また明日 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

痛い授業料・・・・工事代金が支払われない (;一_一)

トウソウ

この業界で・・・・・・

まあ、少なくとも10年や20年 会社をやっている業者さんであれば

1度や2度は経験をすることなんですが。



稀に工事完了後に契約の代金を支払ってくれないお客さんがいらっしゃいます 



それが工事の不具合があったからであるとか 


事前の見積もりと著しく異なる料金を僕らが請求したとか 



ないですけど、そんな理由であればまあ 

こちらも譲歩をしなければなりませんが

本当にレアではありますが、こちらに何の落ち度もないのに・・・・・・・支払いをしない。

そんな不届き者と遭遇する事があります 



けっこう多いんですよ、この手の話。



無茶な難癖を付けて払わない、元請の建設会社が倒産をした。

予定していた借り入れができず支払いができない・・・・



周囲の同業者さんから聞く その理由も様々ですけど

まあ、みなさん1回や2回 必ず経験があります。



わが創造社でも・・・・・・

やっぱり自分の知る限り1回ありました。



きっかけは・・・・・今考えても しょうがなかったかも知れません 

自分が以前に勤めていた会社・・・・・・・

そこに出入りをしていた建設屋さんだったんです。

自分が退社をして、創造社に勤め出して間もなくの頃

前の会社の先輩から連絡があり、その建設屋さん・・・・・Kさんといいましたが。

Kさんが人手不足で困っているから、お前の会社で助けてやってくれないか、て。



自分もKさんは前の会社にいた時は面識がありましたし

先輩の口添えもありましたから、じゃあやりましょう、と。


もう工期も余裕のない現場の話で、結局 徹夜、徹夜の連続で何とか

終わらせたんです。




細かい経緯はすっ飛ばしますが、

そのKさんが工事終了後にトンズラしたんです 




Kさんの会社に乗り込んだり、

工事を発注した大阪のデザイン会社さんにまで怒鳴り込んだり・・・

弁護士さんに相談したり、先輩に連絡をとったり大騒ぎをしましたが

結局Kさんは会社を潰して行方をくらましてしまったんです。

当時で・・・・・・・500万近い負債をかかえる結果となってしましました 



もちろん笑える額でもありませんでしたし、悔し涙の1つや2つも流しました。

知らない人ならともかく

今回は信頼していた人に裏切られた、っていう事実がきつかったですね。

自分がもってきた話で創造社に迷惑をかけた事もブルーに拍車をかけました。




いや、本当に・・・・・・




痛い授業料でありましたけど、それだけ強く心に刻みつけられましたら・・・・

それがもう15年以上前の話なんですけど、

それ以来 同様のトラブルは一回もありません。

それはあの時 さんざんバタバタとやった経験則が大きいです。



逃げるような業者さん、お客さんって大体決まった共通項があるんですよ。



まずやたらと景気のいい話をしてくる点。

仕事が途切れず 忙しすぎてこまっているだの、

こんな大手のお客さんがいる、だの。

それでこちらの気持ちを見透かしたように、

とにかく支払いに関しては心配ない、っていうのを強調してくるんです。

今回の場合も支払いは

大手の材木問屋さんが名義上 間に入るから大丈夫だという事でした。

間に入っていたってその下のKさんがトンズラしましたから、

どうしようもなかったんですけど・・・




で、仕事の段取りが異常に悪い。

結局

仕事を完璧にこなそうなんて思っておらず金さえもらえりゃいいという人達ですから、

細かい現場の段取りなんて2の次なんですよ、そういう業者って。




やたらと話を急ぐ業者も危ない証拠です。

見積もりは後でいいとか、追加の材料も間に合わないから 

こちらで用意をしてくれ、とか。

口約束や時間が差し迫ったその場の窮地を盾に 

こちらに考えるスキを与えないようかのように急がせるんです。





他にもいくらでもあるんですけど、そういうのってほぼ共通した原則ですね。

だからそれ以来、逆にそういう話には どんなうまい話であろうと乗りません 



今じゃ、仲間の業者さんから相談をうけるくらい

そういった輩の対処にはプロになってしまいましたよ 




ちょうど・・・・・・15年前の今ごろの季節だったと思います、その事件があったのは。




あの経験、500万でも決して高い授業料ではなかったと・・・・・

今では思えます。




泣きましたけどね 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします







Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

恐怖! カタログの切り替え時期

カタログ

↑ 僕らリフォーム業界で用いるカタログ 


特に仕上げの内装(壁紙・カーペット・CFシート等々)をお客様にを決定いただく際

活躍する大切な営業ツールです。

内装だけに限ってはいませんけど・・・・・・




毎年、サンゲツさんなど主要なメーカーさんから発行されるものなんですが

さすがは MADE IN JAPAN 


前頁フルカラーで実物のカットサンプルまでもが張り付けてあり

一冊当たりの原価もそこそこするものなんだと思います 

それを無料で配布しているんですから、感謝・感謝の雨あられですね・・・・。



雨あられで、文句もないですが あえていうなら、何というか その・・・・・


先程、毎年 発行されているといいましたが

正確には・・・・・大体、2年ないし3年に1度です。

2013-2015年版とか、

その期間のみカタログに掲載の材料は販売をしていますよ、ていう感じですね 



実はここに落とし穴があって、新カタログが発行される2013年はまあいいんですよ。

2014年も問題はありません。

問題なのは2015年・・・・・・・の後半。



考えてみてください 



2015年の年の瀬を迎えれば

メーカーさんは当然、次の最新カタログ2016年ー2018年版を制作をする訳なんですが

そこに掲載される2016年発売の新商品は

当たり前なんですが2015年中に工場で準備をすすめねばなりません。




そうなんです。



要は2015年の年の瀬には、

旧カタログの商品は製造が中止され、工場は来年度版の新商品の製造に追われます。

2016年1月1日に「新商品」は出揃うとしても、2015末~2016頭のこの時期は

旧カタログに掲載されている商品は

もう新たには製造されず在庫分のみの販売になるんです。




これが恐怖のカタログ切り替え時期のからくりです・・・・。




2015年のこの時期。

こちらとしては現存する最新カタログ2015年度版で

お客様とお話をすすめざるを得ない訳なんですが、実はそこに載っている商品は

激がつくほどに品薄だったりするんです。










人気のない商品は在庫が豊富ですよ 




全てがすべて、そうな訳じゃなく旧→新カタログをまたいで継続する商品も

ありますので そういうのはいいんですけど・・・・・

とにかく、この時期はカタログに載っているからって手放しで安心は出来ないんですよ。

お客様に選んでもらったら、すぐにメーカーへの在庫確認が必須です。


たちが悪いのは、このカタログ切り替え時期って

各メーカーさんで時期がちがったりするんですよ 




今回もカーペット敷替えの工事があったんですが、サンゲツさんの切り替え時期で

お客様が選んでくれた商品が のきなみ在庫切れ。

なので2015-2018年度版をすでに配布している東リさんで選び直すという

バタバタがありました。




だからこの年のこの時期に気をつけなければならない、っていうのがないんです。




カタログを無料配布してくださるメーカーさんには感謝なんですが・・・・・





このへん 何とかなりませんかね? 

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

とりあえず・・・・・復活 (^^)/

ネットワーク

いやはや・・・・・



昨日お伝えしたPCネットワークのダウン障害。

とりあえずは解決を致しました 


もともともの原因は、自分が使っているPCの調子が最近よくなく・・・・

最低限のバックアップをとってWindowsのリフレッシュ機能をぶちかましたんですよ。

PCを初期状態に近い状態にまで戻す事で

まあ・・・・・・・余計なものとか危ないウイルスを退治するって感じなんですかね。



それでPCの調子はすこぶる良くなったんですが、

なぜかバックアップをとったはずのデーターまで・・・・・・






一緒に退治された、と 




その中にはPCとネットワークを接続するセットアップのデータが含まれていて

普通ならもう一回セットアップすれば いいんですけど

ログインのIDわからないわ、パスワード書いた紙がどっかいったわ・・・・・

あげくに何だか知りませんが、このタイミングでWIFIのルーターがぶっ壊れました 



最近、女性を泣かした覚えはありませんが

これは何かの呪いか、といわんばかりの大パニックでしたね 



結局、六本木のドンキに走ってWIFIルーターを買ってきて

プロバイダに連絡してパスワードを再発行したりで、そりゃもう大騒ぎ。



奥さんは風邪ひくわ、弁当に箸はないわ・・・・・



仕事でもないのに大変な1日でした。




とりあえず今日からはすべて元通りですので、ま 一安心ですね。




昨日メールでお問い合わせをくださった世田谷の○○さん。

本日ご返信の方お送りしますので、随時お待ちの程を 

あの値段で大丈夫そうですよ~



と業務連絡も決まったところで





また明日 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ネットワーク ダウン……

いのる

何という事でしょう……







事務所のPCネットワークがダウンしました 


ブログの更新、メールのチェック、インターネットでの調べもの・・・・

何もできません 




急遽、kimihiko -yano.net社長として多忙を極め、

PC専門家である兄貴を実家より召喚しましたが、

17時現在 いまだ奮闘中です 




はあ~


これだけPCに頼り切っているって事なんですねえ・・・・

と、スマホから現在 窮地におちいっている創造社からお送りしました。


明日には必ず復旧させます
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

臨機応変のアレンジ ~ウオシュレット取り付け~

ウオシュレット1

「ウオシュレット」 


現在では様々なメーカーさんが、類似の商品をだしていますが

正確には「ウオシュレット」はTOTOさんでだしている商品の登録名。




LIXIL(リクシル)さんなどの商品は「シャワートイレ」と呼ぶのが本当なのですが

洗浄便座=ウオシュレット

っていう位に そのブランドは大きいですよね


元々の開発は米国なんですが、その基本性能を日本の企業が飛躍的に発展させ

今では世界機械遺産に登録されるほどの世界的大ヒット商品となっています。



現在では様々な改良がなされ、同時にその取付けもお客様自身で十分に可能です。

なんですが、商品は一つでもそれを取り付ける現場の状況は様々ですからね・・・・・



先日もこんな現場が。

ウオシュレット6

ウシュレットは簡単にいうと現在の配管部分に付属の部品を取り付け

そこに これまた付属の給水ホースをカチッと差し込めばいいんです。

この鉛筆でさしているのが、その部分 

本来の配管に・・・・・・10cmくらいの付属部分横につく事になります。

ま それくらいなら別に邪魔じゃないですよね 




取り付けの難易度でいえばモンキー級なんですが

先日の現場の場合は状況が・・・・・・





わかりますかね?

ウオシュレット2

便器の右横に給水管などを隠している柱型のボックスがあるのが。

これだと柱にぶつかってしまって

ホース部品を取り付けるスペースが10cmないんです 


さすがにメーカーさんもこういう場面は想定していませんので

こういう時の為の対応部品なんてありません。

これはお客様も困ったちゃんですよね 





こういった場合、要は全体の仕組みがわかっていればいいというか・・・・

ウオシュレットの説明書をみただけであれば、この部品をここにつけて

そこにホースを差し込んで・・・・ってなりますけど

要はウオシュレット本体に水を供給するホースが取り付けられればいい訳ですから

現在、水があるところであればホースを取り付けるのはどこでもいいんです。

この時も・・・・・・・・・・む? 

ウオシュレット3

便器横にある洗面の流し台。





下の収納を開ければ

ウオシュレット4

上の流しに水を供給している配管が ここには絶対にありますので

ここから水をもらって便器側の左に向かって配管を延長して・・・・・




ほい

ウオシュレット5

便器横下、流しの横に新たにウオシュレット用の給水口を新設。

あとはここにウオシュレットのホースを差し込めば大丈夫です。




今回はまだウオシュレットの製品が届く前でしたので

取り付け後の写真がないのですが、無問題でした。




杓子定規のマニュアル、説明書だけに頼らない。


全体の仕組み、成り立ちがわかっていれば出来る事で

これも僕らプロに問われるスキルですね 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

僕が書き続ける訳

リピート

先日、このブログのアクセス数も ようやく10万を超えました。

本当にありがとうございます 



ブログを書き始めて 年数にすれば、3年とちょっと。

記事数はもうすぐ1000に届こうかというところですね。

休日以外は基本 毎日の更新を心掛けてやってきましたけど

過ぎてしまえば、あっという間でした。



書き続けて3か月・・・・・・半年弱位からでしたでしょうか

ポツポツとお問い合わせのメールなりお電話を頂戴するようになったのは。

あれから三年……

今では毎月数件、もちろん大小はありますが、

多い時で十数件のお問い合わせをいただけるようにまでなりました。


本当にありがたい事です 



しかし3年続けて・・・・・・・・・1周りっていう印象がありますね。



この3年でお問い合わせいただいた総数って、数えたことはありませんが

おそらくは100を超えているでしょう。

その中で成約にいたったお客様、とりあえず保留となったお客様・・・・・・


もちろん残念ながらご縁にいたらなかったお客様もいらっしゃいます 




一旦、保留となっていてから 数か月後にあらためて成約にいたったパターン、

一度はお断りのご連絡をいただきながら、他社さんとの比較で

やっぱりお願いします、という嬉しいご連絡をくださったお客様 



3年続けて 様々なお客様との出会いがありましたが、

最近ぼちぼちとリピートでお問い合わせいただく事も

増えてきました。



あの三年前のスタートの頃、声をかけてくださったお客様から

もう一度ご連絡をいただける。


そういう意味では、

もしかしてとりあえず一周したのかな?

なんて思います。



三年が一周期であるのなら、六年、九年……






十二年 



それは無理かな 



もともと人と話すのが、好きな自分なんで

楽しいんです。

新たなお客様との出会えるのは



だから今日もブログを書き続けるのです 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

親になって思う事・・

1404783782125.jpg

千晴3

早いもので、私が長き独身生活を経て結婚して・・・・もう2年になります。

一人娘の千晴(ちはる)がもう1歳と7か月ですから、



つくづく早いもんですね 



何というか、独身期間が長かった分 なかなか独身気分がぬけなかった私ですけど

寝たきりの人形みたいだった千晴もハイハイをして、歩き出して・・・・・

カタコトの言葉をしゃべるようになり、モリモリと食事をするようになりました。



そんな千晴を見ていると、

最近は こんな私もずいぶんと「親」の気分になれてきたような気がします。



そうなったら、そうなったで また色々と心境も変わりますね・・・・


川島なお美さんの若すぎる死去でありますとか、北斗晶さんの乳がん闘病のニュース。

安保法案の成立から、野菜の値上げまで。

独身時代には さほど興味もわかなかったようなニュースが

最近ではすごく身近に思えるようになった今日この頃です。



自分自身の健康、千晴が成長する世代の世界平和。

おかしな殺人事件などのニュースもひっきりなしにあるような気がしますし

親の心境になってみると 政治や世情といったものが気になって仕方ありません。



これが・・・・・・大人になるという事なのかも知れませんね。




政治や世情が他人事でなく、自分自身の意見・一票をもって

世に「参加」する意識というか、なんというか・・・・・


独身時代にはなかなか持てなかったものであったんだと思います。


涙もろくもなりましたし、仕事にも責任感が出てきた分 胃が痛い事もあります 



今更、政治家になろうとも思いませんし、自分は目の前の事を

自分のやれる限り頑張るだけ、と思っていますが

親になるというのは 色々と心境の変化があるもんなんですね・・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。