株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

倒産するリフォーム業者の傾向

倒産

森羅万象 全ての物事には終わりがあります。



個人の人生であれば「死」というものは絶対的なゴールであるわけで

それが企業・法人であれば「倒産」・「閉鎖」っていうものもまた、

いつかは迎える その「終わり」であるのかも知れません 
















倒・産 








いや~・・・・・・・ 




恐ろしい 












できれば一生お目にかかりたくない言葉です 







今のところの創造社は、近々 倒産する予定はありませんが

考えてみると、自分もこの業界に20年近く携わってきたわけで。


その間に倒産した仲間の業者、

それほどの知り合いではなかったけど閉鎖をした面識のあった業者さん。



「終わり」を迎えたリフォーム業者さんを数々みてきました。




倒産をしてしまう業者さん



閉鎖をしてしまった会社さん





みなさん理由はそれぞれであったでしょうし、そんな他人様の台所事情の詳細も

わかりませんけど・・・・・





自分らの直接の仲間関係でいえば、圧倒的に多いのは「後継者問題」です。

跡取りの子供がいらっしゃらない社長さん、


一緒にやってきた専務さんも同様に引退の年齢を迎え 

後を任せる人間がいなかったという会社さん。


そんな「終わり」であったリフォーム業者さんを何社か知っています。



急なご病気で亡くなってしまった社長さんなども数人いらっしゃいました。




そういった いわば内部的な問題を抱えて閉鎖を余儀なくされた場合もありますが

対外的な負債を抱えて倒産をされた業者さんも もちろん数多く知っています。




何でしょうね・・・・・




そういった業者さんの共通項っていうと

面白いもので、みなさん「忙しい」業者さんだった気がします。




忙しくて売り上げが上がっているのに、っていう意味では

「倒産」や「閉鎖」とは相反するようにも思えるんですが

本当にその共通項はあるような気がしますね。



そういう業者さんって、ホントにある「一時期」 鬼のように仕事を回してるんですよ。

結果 景気もいいから社長さんがベンツに乗ってみたり、豪邸建てちゃったり・・・・・

品のないブランド物のセカンドバックを持ち出したら もう末期です 




そういう生き急いだよな会社さんって、

何故だか、何かのきっかけで 激流みたいだった仕事の流れがピタッと止まるんです。

そうなった時にはもう手遅れというか・・・・・

膨らむだけ膨らんだ維持費用なり、借入金の返済がままならなくなり・・・・・・・

っていう会社さんが多い気がします。



もちろん 

そんな中でも堅実というか 欲におぼれずに固い経営をされている会社さんも

いらっしゃいますし、一概に「忙しい」会社がダメなんて言えません。


実際 僕ら創造社も猫の手レベルに忙しい事はしょっ中ありますよ。



そんな中でも堅実であれ、謙虚であれ・・・・・・・・臆病であれ、ですかね。




余談ですけど

ホントにこの業界で景気のいい社長さんって、すぐ高級車に乗る人がいるんですよ。






その車で現場に打ち合わせにくるようなオッサンがマジでおります 

アレ、わからないっすよねえ・・・・・







んなもん、あんた達からのお仕事でがっつり利益挙げてまっせ~ 





ってお客様に宣言してるようなもんだと思うんですけどね 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 広尾マンション 床クッションフロアー工事

クッションフロアー1

以前にも同じ工事をご紹介しましたが、

もう十数年もお取引いただいている 港区は広尾のマンション。


外国人様向けの大型高級賃貸マンションの現場なのですが

床カーペットをクッションフロアーに交換する工事を実施してまいりました。



こちらのマンション。

もともとのオリジナル仕様としてはカーペットなんですが

最近、アトピーを持つお子さんの親御さんなどから 抗菌のCF(クッションフロアー)に

交換したいというご依頼が多いんです。




集合住宅での床工事ですから・・・・何といっても階下への音の問題は重要ですよね。

クッションフロアー2

CF自体にも防音性はあるのですが、



さらに下地に一枚 防音生の遮音シートをまずは貼っていきます。

クッションフロアー3

以前にもご紹介した工事で、特に目新しい事もないんですけど・・・・・

↑ この状態。

接着剤を塗布した後のいわゆるオープンタイムをとっているところです。




オープンタイム 



色々な意味はあるのですが、

一般的に接着剤というのは塗った直後よりも ある程度時間を置いて

乾き始めた瞬間の方がより強い接着力を発揮します。

なので、接着剤を塗ったあと 少し乾燥まで待機する・・・・・

これが第一のオープンタイムになります。

クッションフロアー4




なんか この写真 面白い 

足だけ星人でなく、職人さんですね。

一生懸命、下地のシートを貼っているところです。





さらに今回は その下地シートの上に仕上げの木目CFを貼る訳なんですが

クッションフロアー5

下地のシートを貼るために塗布した接着剤。

上述のように第一のオープンタイムをおいた後に下地シートを貼っていきますが

接着剤のもう一つの特性として、乾燥の瞬間に微量なガスが発生をします。


もし下地のシートを貼ってから、「すぐに」その上にCFを貼った場合。

厳密には下地シートの下にある接着剤からガスが発生し その上に貼ったCFを

ガスが浮かせてしまう事があるんです。

ポコポコっと「ふくれ」のようなものが発生する場合があります。



これを防ぐために、下地のシートが完全に乾燥する1日後に上張りのCFを施工します。

ガスが完全に消えている1日を置いて工事する。

これが第2のオープンタイムになる理屈です。





あとは

クッションフロアー6

木目フローリング調のCFを仕上げます。



このオープンタイムという概念。

変な話、とってもとらなくてもパッと見は全然わかりません。


でも、1年後・2年後の耐久性には大きく影響がある事で

しっかりと確保することが重要です。

よくオープンタイムもとらずに工事をしてしまう業者さんもいるので

ちょっと気を付けておきたいチェックポイントですね。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

相見積も・・・・善し悪しあります (-_-)

競争

どんなリフォーム工事のサイトをみても 


たいてい工事を検討する時は1社ではなく、2社、3社同時に御見積もりをとって

比較検討をする・・・・・・・


いわゆる相見積を推奨する事が多いと思います 





競争原理が働き、よりよい結果を導き出すために それは確かに一つの手段では

あるとは思うのですが、このブログでも再三 記事にした通り

それもまた一長一短、善し悪しがあるのも事実なんです。



例えば よくあるパターンで・・・・・・






こんなの

競争1

相見積もり相手の会社さんが既にお客様に提出ししている見積書。

その金額部分のみをかくして、僕らにその部分だけを書き入れてください、っていう

お願いをされる事があります。




これが物品の売買とかなら、そう話は複雑ではないんでしょうけど

こと「工事」となると なかなか実は これって難しいんです・・・・




今回送られてきた 相手さんの資料では

競争2

工事費用に関しては「施工費」・「取り付け費」っていう風に記述されているんですが

まず この意味がわかりません。



実はこれって マンションの室内の遮光カーテンの御見積なんですよ。



カーテンを交換するのに

「施工」と「取り付け」があるのって意味がわからないじゃないですか 



じゃあ、この業者さんはカーテンだけでなくカーテンレールごと交換する気なのかな?

それは直止めをするのか天付けのブラケットを用いる気なのか・・・

カーテンなら倍ヒダ、3倍ヒダ、1.5倍ヒダだってあります。


それで値段も全然変わってくる訳で、この資料からはそれが一切わからないんですよ。


相見積もりであるならば、前提条件は統一せねば意味がありませんし

いわば各業者を同じ土俵にのぼらせねばなりません。

金額がはいっていれば 何となくの推測はつくんですどど

それもカットされた資料ですからね・・・・・





だから、僕はよく言うんですよ 




相見積もりは構わないんですが、差支えなければ金額もみせてください 






その値で無理なら そう言いますから 





結果的にその方がシンプルだと思うんですけどね・・・・

金額を隠されちゃうから、妙に推理もしなきゃいけませんし、

どうしても仕事がほしけりゃ とにかく見積もりだけは安くして、

実際の工事で手を抜く、っていう事にもつながりかねません。

その仕事の赤字分岐点のラインと相見積での競争ラインが

不透明な場合、そういう乱暴な事をする業者さんがいるのは 

悲しいかな 事実なんです。




もちろん僕らはそんな事しませんけど、



ぶっちゃけ、実際 僕らが相見積もりで負けた業者さんが 

ひどい手抜き工事をしたっていう ご相談をお客様から受ける事もあります。

だから手直しをしてくれ・・・・・・っていう。






相見積もりっていう事になると「値段」だけに目がいきがちになりますが

総合的に判断する事もよいリフォーム工事成功には大切なことなのだと思います。




アクセスありがとうざいます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

アクセス数 10万突破 ( `ー´)ノ

acces.jpg

創造社のHPを開設して はや 3年強・・・・・

ついにアクセス数も10万ヒットを超える運びとなりました 








いやはや・・・・・











では恒例の 








創造社のHPにご訪問いただいた皆様方・・・・・・・














ありがとう

本当にありがとうございます(創造社一同)

※ 画像はイメージです。

  実物にちょっと似ています 






しかし、10万アクセスかあ・・・・




このブログをはじめた当初 まずは1000、いつかは10,000なんて思っていましたから

継続は力なり 

ですね。



3年以上かけて この数字ですから

とりたてて すごい事でもないのでしょうけど やっぱり一つの区切りとして嬉しいもんです。




なかなか・・・・・

ブログランキングなどで 他社さんのブログを拝見しても

3年、4年と連日の更新を続けてらっしゃる会社さんも少ないように思います。

そういう意味では 創造社のこのブログもいつまで続くのでしょうか・・・・





別に有意義な内容ばかり書いている訳でもないですからね、このブログ。

ふざけた記事込みでやっていますから、

書く事がなくなる、っていうのはないと思うんですよね。



商売っ気なしとは言いませんけど、

作家さんみたいにアクセス少なければ打ち切り、っていう訳でもありませんし・・・・






けっこう まだまだ続くんじゃないでしょうか 




とりあえず11万超えを目標に頑張ります。



これからも創造社のHPをよろしくお願いします 





アクセスありがとうざいます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

営業再開のお知らせ

お礼

本日、9月24日より連休明けの通常営業を再開しています。

連休中にメールでのお問い合わせをいただきましたお客様

本日より随時、返信等の対応をさせていただきすので

今少しのお時間いただけますよう宜しくお願いいたします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

シルバーウィーク中の営業について

工事ちゅう

創造社のHPをご訪問いただき、ありがとうございます。



来週のシルバーウィークは原則カレンダー通りの

営業日とさせていただいております。



メールでのお問い合わせは随時承っておりますが

返信は連休明け24日以降の対応となります。

何卒ご理解の程いただけますよう

宜しくお願いいたします。


よい連休を 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建設業界に向かない人 (-_-)

ケンセツ

「建設業界に向く人、向かない人」 




と、いっても その中には 設計業務をする人間やインテリアコーディネーターさん。

大手になれば積算部ですとか、営業に従事する人間もいらっしゃる訳で・・・

経理のおばちゃんだって建設業界の人間といえば人間ですよね。




だから、業界ったってその特色は様々な訳で、

その中で、どんな人間なら この業界に向いている、っていうのは一概にはいえません 


















こと現場作業に従事する人間、っていう意味でいうならば 

重要な素質が一つある気がします。

建築業界現場で生き抜くための・・・・・・・大切な才能 




それは




あ~






そこの君 













押忍!
オオゴエ

声の大きい人です 







声が大きい、なんて言い方すると 単に声量の問題みたいですけど、

そうでなく、言い換えれば意思をはっきりと伝えられる人間でなければならない。

そんな意味ですかね。





実際、建設現場というのは 時に大きな騒音の中で

お客様なり仲間とコミュニケーションをおる事が必要となり、

よく通る声、大きな声で意思を伝えるというのは 想像以上に大切な事なんです。



あとは はっきりとした言葉で はっきりと趣旨を伝える事。



よく自衛隊のテレビなどで 作戦開始の時刻が午後6時30分であった場合。

それをトランシーバーなどで伝える時に








作戦開始時刻・・・・・・・1830(いちはち、さんまる)! 了解 




あれと一緒ですね。



午後と午前を間違えたり 「六時」を「九時」などと聞き間違いないように

明瞭な言葉で確実に意思を伝達するという意味では全く一緒です。




さすがに建設業界で 明日の待ち合わせを






明朝 きゅー、まる、まる ・・・・・・・現地集合 願います 






そこまではやりませんけどね 





ご他聞にもれず、わが建設業界でも今時の若い人っていうのは

ちょっとこの点が苦手な子が多いですね。



なんか こちらから コミュニケーションをとろうとしても・・・・





「・・・・・・っす。  ? ・・・・・・かもです」







みたいな 





何を伝えたいのか、質問なのか主張なのかも 現場だとわからない時があります。











声を張れ 








まだ現場に慣れない、自信のなさや年長の先輩方への遠慮もあるんでしょうけど

元気は若者の特権ですから、もうちょっとガンガンいってほしいもんです。



ほんと





失敗も無礼も今だけの特権なんだからね・・・・・










10年後 同じ事やってたら許さないよ 





アクセスありがとうざいます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングペーjに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

大雨による浸水補修

レストラン

先週の台風による大雨。


お住いの浸水被害のお問い合わせを多くいただきましたが

これはその中の一つ。


港区にあるレストランオーナー様からのお問い合わせでした。

レストラン1

お店の「売り」でもある 客席から庭園をのぞめる大きなサッシ。

外壁からみたサッシ廻りの防水が劣化していて、内部まで雨水が侵入した、というもので

お食事にいらっしゃるお客様にも影響あるトラブルです。


雨水侵入の場所を特定した後、防水のコーキング処理を施し水をブロック   




続いて 水で濡れてシミになってしまった内壁の塗装工事を行いました。

レストラン2

作業自体は さほど難しいものではありませんでしたが

作業できるのはお店の営業後のみ、という事で

スタートが夜10時だったのは、ちょっと参りました 




結局、下地の補修・その乾燥時間も考えると1日では難しかったので

2夜かかってしましましたね。



いや、眠かった・・・






その甲斐あって、といっていいものか。



来月にこちらのレストランの床カーペットの貼り替え工事のご依頼を

いただいちゃいました。










いえい  




アクセスありがとうざいます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リピートしてくださるお客様

リピート

リピートのお客様 


何かのきっかけで創造社を知ってくださり、お仕事をさせていただき・・・・

また次回の機会にも声をかけていただける。




ありがたい事です。 





こんな言い方も乱暴かも知れませんが、新規で初めてのお客様というのは

まあ、何というか・・・・・

当たり前ですけど、お互いをよく知らないままでのお仕事になる訳ですよね。



いや、もちろんある程度の信頼関係のないまま仕事はできませんよ 




そういう意味ではリピートで声をかけてくださるお客様というのは

僕ら創造社を「よく」知ってもらった上でお仕事を任せていただいている訳で・・・・



それは1回目のお仕事の高評価なしには あり得ない事なんだと思います。



つくづく、ありがたい事です 






だからリピートのお客様の割合というのは、そのままその会社の信頼度を図る

バロメーターになり得るのかもしれない訳で・・・・・






そう考えると創造社って・・・・・・・









ふ~む 









よくわかりません 








いや、そんな無責任発言な意味じゃなくて・・・・・

だって、それを言ったら ある意味リピート率100%ですよ、今の創造社のお得意様って。

繰り返し、それこそ10年以上 お声をかけてくださっているお客様は何人もいらっしゃいます。

と、いうか じゃなければ お得意様と呼べません 




だから考えるべきは、従来からの固定のお客様というよりは

このブログ経由なりでお問い合わせをくださる新規のお客様ですよね。


もう3年以上、ブログを続けてお問い合わせも それこそ100件以上いただけたと思います。

その中でリピートして、お仕事をさせていただいたお客様・・・・・







まだ・・・・




2,3割じゃないでしょうか 





自分で信頼度のバロメーターなんぞと言っておきながら、

しょぼい%といえば そうなんですけど、まだ たがが3年ですからね  





商業施設や、大型マンションのオーナー様からのお問い合わせであれば

仕事の絶対量も多いですからリピートもあります。


でも、普通の一般のお住いのお客様で 1年にそう何回もリフォームなんかやりませんよね。

そんなに度々、お住いのトラブルもおきないでしょう。




もし、何かあった時・・・・・




創造社のお名前を思い出していただければ、本望ですよね。

これから、4年、5年と新規のお問い合わせをいただいていく中で

真価も試されていくのかも知れません。




何しろ しつこい営業とかは一切やっていないんで、

あとはもう・・・・・

いい仕事をしてくれた、おもろい担当者だったなあ、て。






思い出してくれたら嬉しいですね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 地元のお祭りでした

神輿

毎年この季節。

わが創造社の地元 港区三田一丁目町会のイベントである

元神明宮神幸祭が催されます。


御神輿が出るので、年に一度・・・・・・・・

近隣住民の皆様との地元交流の場でもあるようです。



ようです・・・・・




なんか他人事みたいな言い方なんですが、











その通り 






わが創造社。







3年に2回は欠席をしています 




いや、避けてるわけじゃないんですけど、毎年恒例のこの日。

なぜか ことごとく仕事と重なるんですよ・・・・





今年は仕事もなく、久しぶりに顔をだしてきました。


御神輿も担いできましたよ 








ふふふ 












肩 痛いです 





このお祭り。

避けるもなにも 御神輿発着の集合場所は ほぼ創造社の真ん前ですからね・・・・

もはや逃げようがないんです。



毎年は現場に出ちゃってて不在だった訳ですけど、

この日に事務所でデスクワークをしていようもんなら 



そりゃもう・・・・






確実に地元を敵にまわしますね 




今回は3年ぶりの御神輿というか、お祭りへの参加でした、


疲れましたけど、楽しかったです。




普段の、創造社のお得意様である地元の大使館にもご協力いただいて

休憩場所などを提供していただくお祭りなんですが

仕事では 恐れ多くてお会いする機会もない大使と今日 会っちゃいまして・・・・






2ショットで写真撮っちゃいました 




「この前、大使のお部屋の空調の修理したの僕なんです」






そう言いたかったですけど、言えませんでした 




ブログには載せられませんけど・・・・・・・


2ショット写真は今日から待ち受け画面になってます。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

台風一過・・・・・その後

台風1

本日は晴天なり 


いやはや、今回はすごい雨でした。

鬼怒川が決壊したというニュースもあり、被害を受けられた周辺住民の方も

これからがまた大変なご苦労をされることと思います。


謹んでお見舞いを申し上げます。






さて

わが東京都港区は日中 発令されていた「避難準備警報」も夕方には解除され

雨も夜半には小降りになっていました。



昨日は僕らも雨の中、雨漏りなど数件のスクランブル発進をしていましたが

今後しばらく 台風対応はつづきそうです。


生まれも育ちも港区育ちの自分なんですが、

これだけ連打で雨が降ったのって ちょっと記憶にない位でしたからね・・・



お得意様のマンションでも数件、サッシからの漏水があったと聞いていますし

メールでのお問い合わせもいただいています。




それと雨で中断していた現場も再開せねばなりません 






今度の連休まで

お~し





全力で・・・・・やったるでえ ( `ー´)ノ






これで連休 休めなかったら笑いますけど 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 避難準備警報中 ('◇')ゞ

台風1

いやはや・・・・・

すごい雨ですね 


今朝の時点で、

栃木県の方では避難指示まで発令されたというニュースをみましたが

港区でも河川の水位が上がるなど、区からの警報放送が頻繁にあります。


こんな時は、お住いのトラブルも多く

屋根からの漏水や排水管のオーバーフローといった緊急を要するお問い合わせを

数多くいただいています。



今日もこれから出動し、港区にあるレストラン店内、

そして渋谷区マンションに侵入した雨水をやっつけてまいります ('◇')ゞ



他にも同様のトラブルでお困りのお客様いらっしゃいましたら

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。







では 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

経営なんて・・・・・風まかせです ( `ー´)ノ

深呼吸

このブログを執筆している私こと矢野。

齢40を迎え、色々な意味でもう・・・・・子供ではない感じがする今日この頃です 



齢40。

考えてみるとうこのリフォーム業界に身を置いて もう20年にもなろうという訳で 

ちゅーことは、同時に経営者のはしくれとしても同様の年月が経過したことになります。




笑っちゃいますね 





この歳になると それなりに後輩もできますし、

また後進の指導の真似事くらいはする事もあります。



今、20代後半・・・・・30代?



若くして親方から独立し、

今は自分と同じように自営業の経営者として頑張る後輩から

よく言われるのは



「今後、どうやっていけばいいでしょうか?」


っていう質問です。



どうやって・・・・・・・・っていうのも幅の広い意味合いがありますし

「どうすれば」 今後、会社を維持? 発展? させていけるのか・・・・

一概に言えるこっちゃありませんけど

自分が経営者のはしくれとして、まがりなりにも20年以上やってこれた秘訣。



ないわけじゃありません・・・・





それは 









当たり前の事をやりなさい、って事です 





当たり前の事って これまた幅が広いですけど

それはちょっと勉強すればわかりますよ。


俗に会社をやっていく上で やらねばならない事。

勉強なんかしなくたって わかるだろ? て。



まずは 何をおいても丁寧な仕事。

それと面倒くさがらずに お客様には迅速な対応する事を心掛けなさい 

作業服とか髪型とかを身ぎれいにする事も当たり前だし、それ位はわかるだろ・・・・


友達を大切にしなさい。

いずれみんなも会社で決裁権をもつような立場になって、仕事をくれるから 





ビラでもブログでも何でもいいけど、

自分を知ってもらう宣伝というものも並行して根気よく続けなさい。

いきなり効果なんて出やしませんけど、続けていればそれでいいのです 




自分が会社を経営するうえで心掛けている事なんか そんなもんですよ。



自分ができる限り、知っている限りで経営をする上で 必要な事をやっているだけです。


自分は自分以上の事なんかできません。

もちろん日々アンテナを張って、自身のスキルアップを図ることは重要です。

でも、そこまでですよ。

それ以上の事なんて、もうあとは運です 




日本古来の伝統にあるように

お天道さまに恥じる事をしなければ、いいの 





一生懸命やればいいの。






それで運なり、時代に見捨てられて会社がダメになったって

男なら笑って死ねる 





家族とかの生活はどうなるんですか?





お前、それは・・・・・・・










それは笑ってごまかすしかないだろ 


そういう嫁をもらえ 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム工事 ~お住いと店舗のちがい~

ハープ1

僕ら創造社が 日々扱う「リフォーム」という仕事 


リフォームというカテゴリは一つでも……

その中身は数えきれないほど多岐にわたります 



その中で あえて大別すると



一般住宅やマンションなどの「お住い」。



飲食店や物販店などの「店舗」。




壁紙を貼り換える、水回りを綺麗にする・・・・・・

二者には共通項もたくさんあるんですけど、

僕らの意識としては ほとんどもう 「違うもの」です。



いや、本当に共通項は多いんです。



店舗でいえば

お客様が店内を通る動線、

店員さんが給仕を効率よくできるようなレイアウト。

そんな要素を重要視しますけど

それは一般のお住いで 奥様が日々の家事をやりやすいようにリフォームプランを

考えるのと何ら変わりはありません。



不特定多数のお客様の目に触れるのが店舗ですけど

一般のお住いであっても 頻度はちがえ お客様がいらっしゃることはありますし

そこは軽んじてもいいポイントっていう訳でもありません。



決定的な違い、っていう意味からいえば

当たり前なんですけど「業務用」かどうか、っていう点がまずあります。


店舗というのは不特定多数のお客様が継続的に出入りを繰り返すもの。

その分、痛みも早い訳で一般住宅より単純に「耐久性」が求められます。

店舗での通行は土足がほとんどなのも関係します。


ご家庭の冷蔵庫と飲食店のそれでは容量も能力も桁違いな訳で

その為の電力供給、床の防水処理、全ての考え方が

店舗の場合は変わってきます。



一般住宅でお部屋の中にまで、役所の検査がはいるのは

稀でしょうけど……

店舗の場合、開業には消防法、衛生法と一通りの検査が

義務付けられているのも二者の性格を異なるものに

していると思います。


日々24時間の生活に関わる「お住まい」、言ってみれば

一時のレジャーでもある店舗という空間。



法規、デザイン面、メンテナンス性、償却性。


同じリフォームでも、似て非なる代表であると思いますし

またその意識なくして優良な店舗リフォームは

できないと思います
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

人類滅亡の日? ~2045年問題~

2045.jpg

以前から耳にしたことはあったのですが、「2045年問題」 


簡単にいえば{A.I]と呼ばれるコンピューターの開発なのですが

このコンピューター「A・I]は自らを進化させることが理論上可能で

「A.I]を超える「A.I]に自ら進化し、その「A.I]を超える{A・I]に自らを進化させる。



その無限の進化は いずれ全人類の知能を超える可能性があるという

コンピューター開発技術の ある意味 特異点(限界)といいますか。

このままの技術スピードですすんでいけば

2045年には その特異点に到達してしまうのでは、と懸念されている問題です。



現在でもWEB上に溢れる情報は30兆ページに及ぶといわれる膨大なものですが

10年後には単純に その何倍にも膨れ上がる事は ほぼ確実です。



その全てのデータを記憶したコンピューター。



人類が1万年かけて習得したデータ、進化をわずか1秒で成し遂げる

コンピューターの完成が2045年、あるいはもっと近未来に達成できるという

学説が真面目にあるようです。




ふ~ん 




って感じでしたけど、2045年ってあと30年しかないんですよね 




それだけの能力をもつコンピューターですから、

今 僕ら人類が従事する仕事。

弁護士さんからお医者さん、コンビニのレジ打ちなどは言うに及ばず

もう ありとあらゆる仕事がコンピューターにとって代わられると言われています。

20451.jpg

本当だとすれば、恐ろしい話です 



まあ、僕らの年代であれば 2045年っていうと 仕事もリタイヤした後でしょうし

関係ないっちゃ、関係ないんですけど・・・・・・自分の子の世代。



自分も1歳児の娘の父親ですけど、彼女が大人になった時の世界っていうのは

もう今の自分には想像もできないような世界であるのかも知れません。


2045年から、せ~の でガラッと変わる訳ではなく 

その前から徐々に変わっていくのか、

もう知識の蓄積となる勉強は必要がない時代になっているのか。


今現在でもハリウッドでは「ドラマティカ」と呼ばれる編集ソフトが重宝され、

さらに今後10年で芥川賞をとれるクオリティの小説を執筆できるソフトも開発されると

いわれています。



もはや単なる知識の蓄積だけでなく 人類特有の能力と思われた

「創造」という面すらコンピューターに凌駕される時代になっていくのでしょうか・・・・




長々と書きましたが、ほとんど聞きかじりなんで

細かい真偽のほどはわからないんですけど・・・・・





映画みたい話ですよね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

現場監督として気をつけるべき事 ~臭いについて~

工事ちゅう

現場監督として心掛けている事 


これまた説明の要もない事なんですが、


その2は・・・・・・・・・・・「臭い」です 





リフォーム工事中の「臭い」っていうと、

オフィス塗装5

代表的なのは塗装工事の時ですかね。

塗料そのものの臭いもありますが、それを希釈するシンナーの臭いもあります。

ウレタン系、シリコン系、フタル酸系・・・・・・etsと種類も様々ですし

それぞれ鼻にツンっときたり、目にしみたり・・・

敏感なお客様ですと気分を悪くされる方もいらっしゃるので、要注意です。







意外と見落としがちなのは

CF工事1

こうした床材を貼り換える時などに用いる「接着剤」の臭い。

これもシンナー系のものがあり、要注意な一品です。





じゃあ。接着剤のいらない内装材・・・・・・







裏面がシール状になっているダイノックシート

EVダイノック15







これも

EVダイノック8

貼る前に その接着性を高める「プライマー」を塗るんですが

この臭いも なかなか強烈なものがあるんです 






「塗料」、「接着剤」に・・・・・・「プライマー」。


実はみんなそれぞれ「水性」のものがあるにはあるんです。

シンナー系を用いない、水で希釈も可能なものですから、臭いも最低限です。





が 




やはり一長一短、水性よりシンナー系の油性の方が

断然 耐久力は高いんです。


塗料でも外部で吹きさらしにあるような扉を塗る場合ですとか、

床材でもより強い接着性を求められる固い床材を用いる場合ですとか。

ダイノックでも貼る対象に曲面などが多い場合、やはりラッカーシンナー系のプライマーの

方が望ましい、いや それでないと もはや張れない、という場合もあるんです。



よく「臭い」のクレームが嫌で、何でもかんでも水性で済ませようとする現場監督さんが

いらっしゃるんですけど、それもちょっと短絡的なんですよね 



「臭い」の問題もなかなか奥が深く、雨が降っていて湿気ているような室内ですと

いつもより臭いが強烈になります。


あとは いかに換気をしっかりできるか、に尽きるんですけど

最悪、窓がない、なんて場合には、もう入口の扉をガムテープで封印ですね。



ドアを閉めているなら、

工事ちゅう2

もはや「臭い」が漏れるのは、このスキマからしかない訳ですから

ここをテープでふさいでしまえば理論上、外部への臭い流出は防げるはず 

創造社の現場においては よく使われる必殺技ではあるんですが






問題は中にいる職人さんの健康。

その点は一切 考慮されていないところでしょうか 






でも「臭い」は本当に 感じる個人差がありますからね・・・・・

僕ら的には何も臭わないって思っていたのに、3軒先の近隣様からクレームが、

な~んて事もありますから、



悪気はないんですけど・・・・・・




僕ら、建築業界の人間。

えてして もう臭いに慣れすぎで 

鼻がバカになっている事が多いんですよ 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

現場監督として気をつけるべき事 ~騒音について~

工事ちゅう

僕ら創造社が生業とするリフォーム業。

その工事期間中、最も気をつけなければならない事・・・・・・



ま それは企業秘密も含めていくつもあるんですけど

代表的なものがあります。

逆にいうと現場監督として最も心がけねばならない事ともいえるんですが

そんなお話をシリーズでお届けしたいと思います。



第1回となる今回は・・・・







・・・・・・・・・「騒音」 








これは説明の要もない基本のキなんですが

悩ましいところでは、どこからどこまでを「騒音」と呼ぶか、という事 



そりゃあ コンクリートをハンマードリルで

工事ちゅう1

これもんで作業するなら立派な「騒音」でしょう 





でも「通常作業音」というか、脚立からの上り下りであったり

現場の清掃をするのだって、厳密には音は発生する訳で・・・・・

どこからが「作業音」で どこからが「騒音」であるのか?




ビル丸ごとの新築工事で用いるような機器を使っての工事でしたら

自治体が定める「騒音防止条例」みたいなものが

あったと思うんですけど、小規模なリフォーム工事まで取り締まるような

法整備もなかなかすすんでいないのが現状のようです。




集合住宅のマンションなどですと、管理規約である程度 定めている事も

ありますが、それとて 「近隣に迷惑とならない程度の騒音」みたいな文言ですし、



何デシペル以上は禁止します 



ってとこまで定めてらっしゃるマンションにはお目にかかった事がありません 






だからもう ぶっちゃけ 「うまく」やるしかないんですよ。


近隣にご挨拶に行った際に、下の階に小さなお子様がいらっしゃるのであれば

お昼寝の時間は作業を中断する。


夜勤帰りのテナントさんが近くにいるとわかれば、お休みの午前中は音出しは控える。


オフィスとして使用されてるテナントさんなら、毎日、音出しは何時から何時までと決めて

集中的に終わらせる。


特にマンションでのリフォームを行う際は、このように臨機応変に考えないといけません。

正直、それで工事の予定も段取りも変わってくるので

これは現場監督のアレンジ力が問われるところです。



結局、お客様とお約束したリフォームは工事しなければならない訳で

その為のご確認と近隣様への説明、ご挨拶。

管理組合へのお届けも済ませている以上、

正直 僕らとしてこれ以上やれる事もありません。




でも近隣のテナント様にも生活があり、その為のリズムもある以上

それを無視していい、なんて理屈なんかありません。




「うまく」やるしかないですよね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

暇なもんは暇なのです (-_-;)

データ1

武士は食わねど高楊枝 


サムライたる者、例え空腹であろうとも・・・・・

そんな姿も泣き言も見せず、お腹いっぱいのごとくふるまいなさい 



男のやせ我慢の美学、とでもいいますか

どっちかというと 

そんな武士の姿を皮肉った町方の川柳か何かが元ネタらしいですね。




私の好きな言葉の一つです 







会社経営でも同じで、仕事が仕事を呼ぶ、とでもいいますか 

忙しい会社が忙しくしていると、更に忙しくなるべく仕事が舞い込んできますし、

暇な会社が暇に任せて、暇にしていると もっと暇になる。


これは確かに共感できる面も大きいです・・・・・・・自分の経験上も。



忙しい時は、もうこれ以上やめて~ 

って感じに仕事が舞い込むことが多いですね。

そんなの昔は、偶然の「重なり」、としか思っていませんでしたけど

確かに天の配剤というか、なんというか・・・・





忙しい、繁盛しているっていう空気のある会社には

自然とお問い合わせも増えていくのかも知れませんね。




逆にいえば、とにかく動いていればいいと思うんです。



仕事がなくとも、道具の整理であったり 事務所の掃除であったり・・・・

カタログで新製品のお勉強をしたり、ホームセンターをぶらぶらしてみたり。

PC関係だっていくらでも覚えなきゃいけない事もありますし

ブログだって書きたい事をまとめてアップする事だってできますよね。



第一波の忙しさの谷間に、そんな事でバタバタしていると

第2波がやってきて、また忙しくなる・・・・・・

考えてみると そんな繰り返しで1年を過ごしているような気がしますし




そう心掛けてもいます 






でも、あんまり年がら年中 



忙しい、忙しい 

なんていうのも 何というか人間味ないといいますか。

何かピリピリして、近寄りがたい雰囲気に繋がるような気もするんですよね・・・・・





武士だったらそんな事言わないんでしょうけど






暇な時は暇ですよ 









ちょうど今日、明日の私のように 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 お好み焼き屋さん 塗装工事

渋谷塗装1

先月は中旬の事。

「創造社のHPを見て 


と 渋谷区センター街にあるお好み焼きさんの塗装工事をご依頼いただきました。

本当にありがとうございます 





一見すると 

渋谷塗装1

そんなには汚れてはいないように見えません?

アイボリー調の 和風で落ち着いた色合いに見えなくもないんですが・・・





はい

渋谷塗装2

全部、油汚れなんですね 




渋谷でも昔ながらの お好み焼き屋さんとして人気のお店 

ほとんど無休で連日じゅ~じゅ~と お好み焼きですから、

しょうがないっちゃ、しょうがないんですが・・・・



これも宿命とばかり 




2年・3年に一度は塗り替えのメンテナンスをなさっているそうなんです。

前回、塗装を実施された塗装屋さんとはお値段の面で折り合いがつかず

今回僕らに声をかけてくださったのが、経緯という事でした。




いやいや・・・・・・




はじめてみれば、確かに大変でした

渋谷塗装7

店内と言っても客席ホールばかりでなく、厨房の中。



さらには

渋谷塗装3

店員さんたちが使うバックヤードまで。




もちろん壁だけでなく天井も含めた塗り替えだったんですが

渋谷塗装6

これもんのスポットライトや、ペンダントライト、おまけにダウンライトがあり

全部を養生するだけで1日かかってしまいました・・・・





ほぼ無休の店舗なんですが、今回はメンテナンスの為に

3日間お店をお休みいただき 

僕らのために わざわざお時間をつくってもらったんです 





まあ、逆にいえば

3日以内に終わらせないとエライ事になるって意味なんですけどね 




連日の残業の甲斐あってか・・・・・





ビフォー

渋谷塗装1








アフター 

渋谷塗装4

こんなに美しくなりました 




オーナー様のご確認もいただき、特に何のダメ出しもなく無事に完了いたしました。





いやはや・・・・




しかし、残業続きの3日間だったんですが 深夜の渋谷にいるなんて学生以来でした。

夜中でもこうこうと明るくて、若者が楽しそうにしていて・・・・・・






自分が年をとったのを実感しますね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。