株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

塗装業界の展望 ~関西ペイント 石野社長~

関西ペイント

昨晩のTV番組「カンブリア宮殿」。

僕らリフォーム業界とは縁の深い塗料メーカーであり

国内No,1のシェアを誇る関西ペイントの石野社長が出演をされていました。



就任以来、数々の画期的な改革を行い 海外での販売シェアの拡大。

従来2割に満たなかった僕ら建築業界への売り上げを

数々の新商品の開発で飛躍的に向上させた等々・・・・

自分もリフォーム業界に携わる人間として、とても興味深い内容でした。


たしかに僕ら規模のリフォーム会社の立場からも実感しますが

「塗装」の仕事というのは今後、ますます厳しい状況になっていくと思います。


僕らでも・・・・・例えばマンション室内のリフォームを行うといった場合。

最近の築浅のマンションだと ほとんど塗装部分ってないですね・・・。


扉や巾木にしろ 大部分は木目などのプリント合板になってきていますし

壁も大半はクロス(壁紙)仕上げとなってきています。

お住いの外壁にしろ貼り付けのサイデイング材やタイルが多いですし

そういった新たな建築材の開発に伴って、どんどん従来は塗装仕上げであった部分が

減少しているのは実感しています 



塗装には塗装のいいところは もちろんあるんですけど

はっきりいってクロスやタイルの方が仕上がりとしては綺麗ですよ。

塗装の仕事は「下地8割」なんて格言があるように

塗っていく事以上に塗る前の下地処理が重要なんです。

逆にいえばそれだけ手間もかかるし、

他の・・・・・

たとえばクロスを貼るのでしたら画鋲の穴くらいは貼ってしまえば隠れてしまいますが、

塗装だとモロにわかってしまいます。

塗装は臭気もありますし、大規模なビニール養生が必要になる事もあります。


それでいて正直、塗装はクロスより高い単価をいただけるって訳でもないんです 


まあ、現在築15~20年を超えるような建物ですと 

まだまだ塗装仕上げのものが多いですし

実際 わが創造社でも現在は塗装の仕事って多いんです。

でも現在の築浅物件がリフォームの必要な年数になっていった時・・・・

次世代においては塗装の仕事って確実に少なくなっていると思います。



塗装のよいところ、その特性。

他の建築材料にはない機能・・・・・そういったところに着目して展開をされているのが

昨日の石野社長のお話しでした。



こちら

関西ペイント1

漆喰塗料 





漆喰というと日本古来からある建築材なんですが

関西ペイント2

従来はこのようにコテを用いた左官職人さんしかやれなかった工事。

それをDIYでお客様ご自身でもローラーで仕上げらるように開発された塗料です。

漆喰には石灰が含まれており 石灰には温度調節機能がありますし

また消臭効果にも優れた材料。

そういったエコの観点からも面白い材料ですし

石灰にはインフルエンザなどのウイルスを吸着し、増殖を防ぐ効果もあるんです。

最近では国内の保育園や小学校などでも用いられるヒット商品ですね。





国内では?マークがつく商品で「蚊除け塗料」というものもあるようです。

これはもともとアフリカなど蚊を媒介とする

マラリア対策に開発されたものらしいのですが

かの地だとコスト的に折り合わず あまり売れなかったらしいです・・・・・

それが昨今のデング熱流行の猛威をうけ、改めて蚊除けの重要性が見直され

今では世界各国でその効果も認められている優れものです。

実験映像なども見ましたが 本当に蚊がいなくなるほどの効果があうようです。

日本でも来春に関西ペイントから販売が開始されるようで、非常に可能性のある

商品であると思います。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします












関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

エレベーター シート貼り工事 続き

EV.jpg

一昨日より 夜間工事続行中のシート貼工事 

順調は順調にすすんでいたんですが

何しろ量が多かったんで 



昨日の夜・・・・・・・・というか今日の朝 ようやっと終わりました 



先日お伝えした棟とは別の建物のエレベーター

EV3

ここも昨年、エレベータホールの塗装を行ったばかりで





そうなると 

EV1

こういうエレベーター本体の枠についた細かい傷・・・・・





けっこう気になってくるんですよね

EV2

このブログでも再三、とりあげているんですが

廻りがきれいになると、以前は気にならなかった部分の傷や汚れが気になる・・・・

これは本当に思ったより 強烈に気になり始めます 




だから半端に一部を残さず 全部を工事して きれいにしましょう 





では、あるんですけど やっぱり一部を残した場合と

全部を工事するのでは工事金額も変わってきます。

僕らの立場であんまり、それをしつこくお勧めするのも商売っ気まるだしみたいで

気がひけちゃうんですよね・・・・・・




だって現時点では気になっていないんですから 

こればかりはやってみて、実際に目で見ていただかない事には難しいですね。








EV4

はじまってしまえば 前回と同様の手順です。

傷の部分の凹凸にパテ処理をおこない・・・・・





事前に使うシートを大まかな寸法にカットしておきます

EV5

プレカットいうやつですね 




余談なんですが・・・・・

EV6

シート裏面にはこのようにマス目が印刷されており

これが、このプレカット時点での作業の目安になるんです。



いちいち寸法を測らずとも 目見当で このマス目の4つ分って感じで、

EVダイノック10

線に定規をあててカットすればまっすぐなラインも確保できるんです。





さて

EV7

貼り込みの開始です。





ここの現場は港区の商業ビル。

EV8

作業上、どうしてもエレベーターを停止させねばならなかったのですが

店舗のテナントさんが数多くいらっしゃる建物なので

作業自体はどうしても営業終了後・・・・・・・夜10時以降くらいからになっていました。





完了

EV9

さすがに3日間、連続の夜間作業は少々 つかれました・・・・




作業自体は順調だったんですけど

EV10

肉体的なコンディションはだんだんと順調でなくなりまして・・・・

2日目→3日目と 目に見えて作業スピードが落ちていきましたね 

ま 人間ですから。





そんな苦労のかいあってか、お客様にもご確認いただきご好評をいただけました。



前回も書いたんですが、こういった商業施設やマンションのエレベータの場合

リフォームではこのシート貼りが一般的です。


塗装での対応もできなくはないんですが、臭気の問題や工期を考えても

なかなか集合施設では実現が難しく

その点でもシート貼りでの工事がおすすめです。


もしご検討されたいお客様いらっしゃいましたら お気軽にお問い合わせください 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

今年の目標 ~新名刺の完成~

名刺

僕らのような現場メインの仕事ですと・・・・・

あんまり名刺って減りません 



特に従来の創造社は

決まったお客様と、いつもの協力業者さんとの仕事ばかりでしたから

下手すると年間で20枚は使わなかったですね 

他所の業者さんと現場でからむ時とか、いいとこメモ用紙代わりとか・・・・・







大体、ほとんど持ち歩いてなかったですから 







このブログ経由で新規のお問い合わせをいただくようになってからは

さすがに常時 持ち歩くようにしているんですが

ありがたい事に最近は 従来の十倍以上のスピードで名刺がなくなっていきます 



今まで何やってんだろう という感じですね 



肩書は一応「営業企画」と、念の為「取締役」の2バージョンがあったんですが

今では「営業~」の方しか使いません。

正式には「取締役」なんですから、何かの時にはこう・・・・・・

使う事もあるかな~、と思っていたんですが

この20年 ほぼ使う機会ありませんでしたね 




いや~、お恥ずかしい 





若気の至りで「取締役」ぶりたかったんですよ・・・






あ でも

役所関係の届け出なんかで 責任者として名刺出す時とかはありましたかね・・・・





「営業企画」という肩書 

深い意味はないんですけど、

以前サラリーマンをしていた時に企画開発事業部というセクションにいて

「企画」の文字に愛着があった事。

それに当時 対外的な仕事が多くなってきたので

「営業」の文字はあった方がいいかな・・・・・と。




う~ん 





「営業企画」




手っ取り早くくっつけてみました 




でも名は体を表すといいますか

いい得て妙なナイス肩書であったと思います。

「企画営業」っていうと営業メインな感じですし 

今の仕事はお客様との出会いも担当していますが、

それ以上にそれから仕事をどう組み立ててお客様にご満足いただけるかがメインです。


新しい方法を考えねばならない事もありますし、順番をいれかえたり

その為の情報収集にいそしむ事もしょっ中です。

それは以前にやっていた企画開発の仕事とオーバーラップする事は

本当に多い感じがしています。




立派な志ですよね・・・・・





まあ、ぶっちゃけ ちょっとカッコよさげな肩書にしたかったのも

あるんですけどね 





さて

今回発注した名刺は500枚。

今年1年でどれだけ減りますかね・・・・・

それは新たなご縁があった証にもなるわけで 平成27年12月末には

残数の発表をしてみたいと思います。



もし100枚以上残っていた場合は・・・・・・・










己を戒める意味でも 














バリカン

剃らせていただきます 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

エレベーター シート貼り工事

EVダイノック1

昨日より長年のお得意様からのお仕事をさせていただいています。

今回はEV(エレベーター)のシート貼り工事ですね 





一見きれいにみえるんですが・・・・

EVダイノック2

けっこう傷がついてしまっています 




出入りの際にちょうど こすってしまうところなので・・・・

EVダイノック3

当初、塗装で補修をするという案もでたのですが

原則的にEVの枠や扉は、工場での焼付塗装がなされており

現場で塗装というのは原則できない・・・・・・

できなくはないんですが、強溶剤と呼ばれる要はすごく強いシンナー系の塗料を

2、3回吹き付けるなどをせねば耐久性が確保できません。


大型の商業施設の中のエレベーターですので、

さすがに臭気出しまくりの作業もできませんし、

休館日は年1回しかないんですよ ここ 




よってシート貼りでの対応になったのですが・・・・

こちらの現場、そもそも昨年の末にエレベーターホールの壁や建具の塗装を実施しまして

EVダイノック4

他がきれいになったら、やっていない部分が目立つ 

と、いう皮肉な結果を生んでしまったんです。

内装業界ではありがちなんですよね・・・・・・・




さて

EVダイノック5

工事中にエレベーターが動いてしまうと危険ですので、

まずはカギをお借りして電源をオフ 

実施は深夜なんで 人はいないはずなんですが まあ念のため。





下地の清掃

EVダイノック6

シート自体に強力な粘着性があるものなんですが、

下地に汚れや油の付着があるとハガレにもつながりますので・・・・・




ここは徹底的に 

EVダイノック7

雑巾が3枚ダメになりました 





凹凸部分のパテ処理

EVダイノック9

車両などにも用いられる固いパテを2回にわけて、盛っていきます。




プライマーの塗布

EVダイノック8

シートの接着性を高める大切な工程です。




まあ、ここまでやってしまえば あとはひたすら・・・・

EVダイノック10

と、その前に材料のプレカットですね。

全部を1枚のシートでは貼れませんので、パーツごとの大まかな寸法に

事前にカットをしておきます。

こうする事で材料の無駄も省けますし、結果的に効率がいいんです、





では

EVダイノック11

シート貼りの開始 




今回は現状と同色をチョイスしたんですが

EVダイノック12

指さしているのが今回貼っているシート。

現状が塗装ですので厳密には同じ色にはなりませんけど、いい色でしたね。




夜8時からはじめて・・・・・

EVダイノック15

この時点で深夜12時くらいでした。




ん?

EVダイノック13

ああ・・・・・・

これが大変だったんですよ 







階数表示ってあるじゃないですか。

EVダイノック14

こういうの 

はずれないんで、シートを貼ったあとで 全部文字をくりぬいんたです 

これはなかなかテクがいりましたね・・・・・・






EVダイノック16

1台め完成 




今回は2基あるEVの地下1階と地下2階。

すなわち4か所分の工事なんで・・・・・



まだまだ長い夜は続きます 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

平成26年度 決算報告 ('◇')ゞ

帳面

わが創造社も 



一応、法人組織でございますので毎年の12月末。

うれし恥ずかし決算報告の季節がやってまいります。



その年の・・・・・

まあ、学校でいえば通信簿みたいなもんで 

基本的にはあんまり直面したくない現実と向き合う季節ですね 





創造社ものんびりしてますからね・・・・・

あんまり毎月、毎月 赤字だ、黒字だ、っていう意識ってなくて

年度末に1年分の売り上げがまとまって






ふ~ん 






ってくらいしか思っていません 





経営者としてあるまじき姿勢かも知れませんけど

ま やる事はやってるんだし・・・・・

親子で営んでる個人商店みたいなもんですからね。





借り入れもなければ、家賃もありません。




いまさら安月給に驚くほど鈍感でもありません 




なので、まあ淡々と・・・




っていっても実は最近の多忙にかまけて まだ集計中であるんですけど、

まあ儲かってない事だけはたしかです 











自信があります 







儲かっている、っていうのも定義づけはそれぞれでしょうし

創造社でいえば、こうしてご飯が食べられて借金する羽目にもなりませんでしたし。





いいんじゃないですかね 




いや 本当に・・・・・・




もし自分が欲深い性格だったら、やってません、って こんな商売 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ある昼下がりの日 ~棚の制作~

棚1

雨ですねえ・・・・・

このブログを執筆している22日、港区はシトシトと冬の雨





ふう




来週は月曜日から 夜仕事3連発が決定している私。







忙しいんです 







が 









なぜか今日はヒマです 



昨日まで新規のお問い合わせや打合せがあったんですけど

な~んだか今日はな~んにも予定がありません 

一人、事務所でたたずむ私・・・





かといってここで家に帰ってしまうようでは自営業はつとまりません。

ヒマな時間をどう活かすかです 






ふ~む。






む~~~~~~ふ。







・・・・・・・・・・む? 







むむむむ? 

棚2

汚ねーな、おい 



私の机の右斜め後方。

スチール棚の上にあるカタログ置き場なんですけど、

散らかったとるなあ・・・・




看板も何もだしていない創造社なんで、

通りを歩く方へガラス越しのアイキャッチになれば、と

カタログを並べているんですけど

棚3

これは余計に信用なくしますね 




まったく・・・・・

棚10

あ この扉の向こうは作業場です。






ふ~む

棚4







このへんの板でいいか・・・






よ!

棚5

シャ~ ♫





補強もいれとくか・・・・

棚6











完成 

棚7

所要時間15分ですね





本当は背板をつけた方が強いんですけど

今回は表からもカタログが見えるように、ですので・・・・

棚8




棚3

少しはマシになりましたかね 




今回は急ごしらえで

棚9

切り口の処理や仕上げとか何にもしてないんですけど、

これに塗装なりダイノックを貼ると、パッと見ちゃんとした家具に見えます。

お金をいただいて作るような代物ではないですけどね 

なんちゃってニ○リくらいのグレードですかね・・・・・



作業場には切り落とした後の半端な材料とかもいっぱいあるんで

道具もそろっていますし、まあ お手のものです。




この程度のグレードなら 



兄貴や社長ならもうちょっと時間をかければ、立派なものも出来るんですけどね・・・・

今はハンドメイド家具とかを扱うサイトもあるんで

今度、時間ある時に出品してみようかなあ、なんて考えています 


せっかく工場も道具もあって、やれる人間もいるんだし

案外、本当にいいアイデアかも知れませんね。




ヒマな時 限定ですけど 








アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

成功の法則 ~マネーの虎を考える~

マネーの虎1


もう・・・・・・何年前になるんでしょうか?



「マネーの虎」。



深夜放送からはじまったTV番組がありました。

ゴールデンに進出したんでしたっけかね・・・・・・



これから新規事業をはじめたいという出演者が、

毎回その事業プランのプレゼンテーションをカメラの前で行い、

そのジャッジを行うのは既に各業界で成功を収めた錚々たる社長さんたち。


そのプレゼンによって、

新しく始めようとする事業コンセプトに同意した社長さんたちから

挑戦者が希望の投資金額を集める事ができれば成功 





社長さん達からの投資金額が希望額に届かなければ

マネーの虎

司会の吉田栄作さんの この一言で挑戦は失敗 






当然、その新たな事業に対する挑戦者の姿勢やコンセプトには

各社長さんから鬼のような指摘、叱責が飛ぶという・・・・・







マネーの虎2

そこまで言わんでも・・・・・・

って気にさせられる あの時代ならではのハードな番組でしたね。

みすぼらしい身なりの挑戦者に対して、

社長さん達がそれぞれ高級外車で登場するシーンなんかもあって

まあ、今考えるとちょっと品のない番組ではありましたよね 




でも、それなりにノンフィクションな番組であったようで

その回で希望額の投資をうけた挑戦者さんの中には、

その後大きく成功を収めた社長さんになったという方もいるようです。



自分も経営者のはしくれでしたから、

当時 番組で各社長さんが挑戦者に飛ばす叱責や

事業に対するその考えの厳しさ、というものを興味深く観ていたものでした。

単純にその中には成功の法則があるものだと思っていましたし

既に成功をおさめた社長さんたちの言葉には

そういう真実があるものとも思っていました。




でも、皮肉な結果というか・・・・・・

その当時 挑戦者の面接官として出演されていた社長さんの大半が

今では事業での負債を抱え、中には倒産にまでいたった会社も多いようです。



ホームレスから大型リサイクルショップを立ち上げた社長さん


有名なラーメン店のチェーン展開で成功をおさめていた社長さん。


挑戦者への厳しい叱責で恐れられていた大手不動産会社の社長さん。


時代の寵児とまでうたわれた飲食業界のカリスマ社長さん。


華やかな交友関係で一躍脚光をあびていたアパレル業界の女社長さん。


みな、当時 展開していた事業を現在も継続している方はいないそうです。

中には一文無しとなりホームレス同様までの没落を経験された社長さんも

いるとか・・・・。




語弊のないように強調したいのですが

それを決して揶揄する意味でないというか・・・・・

少なくとも一度は大きな成功を収めた社長さんたちですから

その後も別の形で再起を図っている方も多いようです。


でも没落をしたんだから

あの時、そんな社長さんたちが挑戦者に浴びせた叱責や理念は間違っていたのか?

それは、そうでないと思います。



どんな正しい理念、事業に対する厳しい姿勢を持とうとも

成功ってそれだけではないんだと・・・・

ネットの普及がもたらした急激な業態の変化ですとか、時代の潮流もあったでしょう。

人々の価値観そのものが変化していったという事もあるのだと思います。



自分が正しいと信じていて成功も収めていたことが 時の流れと共に

評価をうけなくなっていく・・・・・


つくづく経営というものは厳しいものなのだと思います 




でも・・・・・・・




自分なんかはそういう意味で開き直っているというか・・・・

逆ギレでもあるんですけど、これでダメならしょうがない、ってトコですね 

絶対的な成功の法則なんてないんですし、

どんなに自分が正しいと思っていることだって、それを嫌う人もいるでしょう。



自分は創造社が好きです。



自分が好きなものをこれからも大切にしていきたい、ってだけです 




ダメになっていったらどうしよう・・・・・





そもそも今 成功を収めていないから無用な心配なんですけどね 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社ホームページについて 29 

ネコ

創造社のホームページを開設して はや・・・・・・・・36か月 

2012年の今日、1月21日の記事が一発目ですので

今日の記事で ちょうど3年になります。



あっという間でもありましたし、長かったという気もしますね。




ブログ開設前の創造社は なんというか、箱入りといいますか・・・・

言い方が正しいかわかりませんが 

とにかくあまり外部との接触をもたない会社でした。

従来からのお得意様やご紹介の仕事がメインで、

新規のお客様との関わりが極端に少なかったのだと思います。

営業とよべる事なんか何一つやってませんでしたから・・・・・




つくづく、こんなご時世の中で いい度胸の会社でした  




WEB上への進出。



そのきっかけは色々でしたけど、ひとつには前年におきた未曽有の大災害・・・・

東日本大震災の存在も大きかったです。

震災の直後から お住いの損傷修理などで仲間からの応援要請が増え

自分らでも近隣でお困りのお客様に何かできる事があれば・・・・・

と、いうのもきっかけの一つでした。


いざ はじめてみれば震災関連のご相談ばかりでなく

この3年間、本当に数多くのお問い合わせをこいただいてまいりました。

本当にありがとうございます 



3年前には新規のお客様とお会いすること自体が珍しい僕らでしたけど

今ではその多くを・・・・・

時にはそちらがメインとなっているような月もあります。


こんな自分らでも世間にでてみれば、こんなにも需要をいただけるのか・・・・


お問い合わせの80%以上は港区近隣のお客様で

地元の業者に仕事をお願いしたい、というニーズはこんなにも強いものなんだ・・・・



創業40年目にして気づかされた事も本当に数多かったです  





こうしてブログを書いている今日も一件 新規にお問い合わせいただいた

お客様とお会いしてきます。

今年にはいってからだけでも もう5件のご相談をいただいています。






本当に・・・・・・





自分が松坂牛であれば、ステーキになりますんで食べていただきたい位です 





ありがとうございます 




ちょっと今はサシが多いんで・・・・・



ダイエット成功してからステーキになります 


そんな・・・・・





そんな創造社を








これからもよろしくお願いします ( `ー´)ノ






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

プロが教える よい業者さんの見つけ方。

出会い

よいリフォーム業者さんの見つけ方 


このブログでも幾度かとりあげてきたテーマで、

リフォームという決して少なくないお金を託すに足るパートナー・・・・・

その間違いのない出会い、っていう事は ある意味 究極のテーマですよね 



「プロが教える」


なんて、もっともらしい事をタイトルにしましたが

実はつい先日、リアルにそんな事があったというか・・・・・


いつも力を貸していただく下請けの業者さんがいるんですが

多忙も多忙で都合がつけられず、もう1社さんの業者さんも同様。

ちょっと特殊な業態になる業者さんなんで、お付き合いのあるのって

僕らはこの2社さんしかなかったんです。


そんな状態の中で

お客様からご発注をいただき工事を急ぎでやってほしいと・・・・









さ~て、困った 



前述のようにちょっと特殊な業態なんで、知り合いのつてを頼ってもアテがなく・・・・

こうなりゃ、しょうがない、って感じでネットで業者さんを探したんですよ。




その仕事自体、類似する現場は経験をしているので流れはわかっていますし


仮にも私 プロのリフォーム屋 


それなりに知識も 経験もありますし、ぶっちゃけ大体、値段の見当もつきます。



そんな自分が新たに業者さんを探すにあたって注意していた事って

もしかして今後、リフォームをご検討なさっているお客様に参考になるのかなあ、て。





ふむ 











その1 

これは説明しなくともご理解いただけると思うんですが、やっぱり近隣の業者さんですね。

対応も早いでしょうし、土地勘がある分 話も早い。

万一の手直しがあっても近隣であれば手間でもないですし、少なくと隣区にある

業者さんというのが第一条件でした。









その2 

今回、お願いしたいのは具体的な「作業」ですから・・・・

ぶっちゃけ あんまりキンキラキン  なHPの会社さんはパス 

いくら謳い文句が自社施工っていってても、職人集団のような会社さんが

そんな立派なHPつくりませんよ 

そりゃあプロの制作会社に依頼してつくっているパターンもあるでしょうけど

それならそれだけ広告にお金かけてるっていう事ですし、

お値段的にあまり期待できない気がするんですよね・・・・・

あと住所が○ー○ー○ー204とかマンションの一室で事務所かまえてらっしゃる

とこもちょっと・・・・・・それは絶対に営業メインの会社ですからね。





その3 

やっぱり会社の歴史というか沿革がきちんと書いてあるところです。

これも いくら専門です、経験がありますって謳っていても

よく見たら創立が2年前、っていうようなトコありますからね 

建築業許可の番号を見ると、その許可を取得した年月日ってわかるんですよ。


あと絶対条件ではなかったですけど、できれば親子2代にわたってお仕事を

されているような業者さんが理想でした。







その4 

上の事とかぶるかもしれませんが、やっぱり少数精鋭で

細かい仕事にも対応をしてくれるような業者さんです。

そういった細かい施工実績をのせているような会社さんがよかったです。

大きな仕事ばかりの実績をのせているような場合ですと

小回りもきかないでしょうし、そういう業者さんはクレームの対応が

悪いって印象があるんです。

地域に密着して細かい仕事も嫌がらずに・・・・・・っていう業者さんが

やっぱりいいですよ。





その5 

これも絶対ではなかったですけど、できれば年齢層が若い集団がよろしいですね。

10,20代ばっかじゃ困りますけど、30~40代が一番馬力ありますし

頭も柔軟ですよね。

頑固で熟練した・・・・・・って職人さんもいいんですけど

僕らのように日々 新しいお客様と条件が同じでない現場仕事が多いような場合

あまり固定概念にとらわれないで、柔軟な対応が求められる事もあります。






そんな状態で・・・・・・作業ができるか、べらんめい 


昔っからな こうと決まっているんだ!






てやんでい ( `ー´)ノ




お前の母ちゃん、出~べそ 









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 








こういう業者さんだと、面倒くさいですからね 




もちろん年齢だけで判断できる事じゃないですけど、

若い方でないと、PCとかもあまり得意じゃない職人さんも多いですからね。




あとはまあ、お値段的な事もありましたけど

大体、上のような条件を満たす業者さんなら高い値段なはずありません。

具体的に1社 お仕事をお願いしたんですけど

作業も丁寧でしたし、対応もジェントルマンで とてもいい業者さんでした。

今後もよいお付き合いできればと思っています。




まあ・・・・・・・






僕が書いているんだから当たり前なんですけど









上の条件って、要するに全部 創造社の事ですね 






・・・・・・・・恥ずかしい 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

問い合わせのくるHP

アクセス

創造社のこのHPを開設して はや・・・・・・・3年近く 



とにかく更新をつづける事 



っていう以外に特に気を付けている事もないんですが



巷には まあ   

「よいHPの作り方」



ですとか



「売り上げにつながるHP]





ですとか・・・・

そんな情報がまことしやかに闊歩しています 




まゆつばもんな気もするんスけどね・・・・





が 




何気にけっこう目を通しています 




見ると大体、基本的なポイントって決まりきっているんですけどね・・・・



目をひくキャッチコピーを心掛けましょう 



とか



お客様があなたの会社に・・・・・・具体的に何を望んでいるのかを考えましょう 




とかで、参考になる部分もありますね。


でも、これは賛否というか、議論もわかれるところなんですが

よくいわれるのに 

プライベートな事を書く必要はない。

お客様はリフォームの情報を得たくてHPを見ているのであって

あなたの日記をみたいわけではない、と・・・・・・。




ま、そりゃそうなんでしょうけどね 





でも、リフォームというのはそれなりに大金のからむお仕事になる訳ですし

ご自分が不在で カギを託して部屋にはいってもらうのも僕らリフォーム業者。

お客様はお値段もさることながら、そういう事だって気にされているんでないですね・・



特に一人暮らしの女性なんかの場合、それは強くあると思うんです 



そんな不安を感じた時、

ああ、創造社の担当者は こういうプライベートを過ごしているんだ・・・・・


結婚して、子供がいるのか・・・・・



ダイエットに悩んでいるのか 



そんな情報を見ることでお客様が 僕なり創造社を身近に感じていただける事だって

あるんじゃないかなあ、て。



けっこうこのブログで全国にプライベートをさらけだしている私は

精神的にある意味・・・・・・・・・・







井出らっきょさんより全裸です 






信頼できる会社だ、よさげにみえる業者だ、っていったって

やっぱり最後は担当者とお客様。

いってみれば人間と人間の付き合いになるんですから。

プライベートのさわりでも知ることは決して無駄ではないと思うんですけどね・・・・・





私はこれからも脱ぎ続けます 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

壁紙屋本舗 ご紹介

クロス工事中1

先日、業界紙でとりあげられていたサイトなのですが ↓


「壁紙屋本舗」


要は一般的に僕らリフォーム会社に依頼する内装の工事、

特に壁紙に特化してのようですが お客様自らで工事できるよう・・・・・

いわゆるDIYサイトの1種ですね。



僕もサイトをのぞかせてもらったのですが、壁紙の品揃えはすごいですね。

壁紙の貼り方なども職人さんあがりの社長さん自らが実演するような

紹介つきで 面白かったです。



僕らリフォーム会社の立場からすれば 

お客様自らで壁紙を貼り換えるようになるのは、非常にけしからんのですが

何というか・・・・・

サイトを見てみて思ったのは、ちょっと普段の僕らが行うリフォームとは

意味合いがちがうというか。



正直、こんな風に


壁紙は方法さえ覚えれば誰でも貼れます 



な~んて、いわれちゃうのもいい気はしません

専門の職人さんがいるような分野の仕事を誰でもできる・・・・・ですからね。

少なくとも一人前の仕事ができるようになるのに数年間の修行が必要ですよ。



でも、何ていうんですかね・・・・・


それが こと ご自分のお住いで 



少々仕上がりが悪くても、プロが貼るほど耐久性がなくとも・・・・・気にしないよ 



本当に揶揄する意味でなくて。

それだったら季節ごとに装いを変えるような洋服と同じように、

手軽で気軽にリフォームを楽しむ 

それは本当にいい事なんじゃないかなあ、て思うんです。


それでリフォームというものに、もっと多くの方が興味をもってくれて

より身近なものに感じていただけるのであれば、僕らリフォーム業界としても

それは歓迎すべき事なんじゃないか、と思います。


サイトでは賃貸住宅でリフォームをあきらめているような方にも

壁を傷つけない貼り方、はがし方なんかも紹介されています。

商品レビューなんかも充実していて、サイトを利用した方の完成度を競う

コンテストなども開催されていて、とても面白いサイトであると思いました。

実際、月間のアクセスは200万を超えて、年商も3億円をたたき出している、とか 




僕らの立場って・・・・・・

お金をいただいて仕上がりにも耐久性にも責任をもたねばならない立場です。


DIYで紹介される内容とは、その点が決定的にちがうんですが

同じリフォームですからね。




思わず、時を忘れてこのサイトを端から端まで見てしまいましたよ 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

5年ごとの人生・・・・

専門

このブログを執筆している私こと・・・・・・・・矢野 


ふざけた文章を書いていますが、

これでも齢40を迎えようという男です 




不惑の年、人生80年の中間・・・・・・



最近、思うんですが

人生っていうのは考えてみると

「5年」で変わっていったなあ、っていう事 




生まれたての乳児と5歳っていえば、これは立ち上がる、しゃべる、自我もでてくる。



5歳と10歳っていえば幼稚園児と小学校高学年のちがいな訳で。



15歳になれば小学生が、中学も卒業かという思春期真っ只中になる。



20歳で少しは大人の仲間入りをしますけど、

25歳ともなれば周囲で結婚をする友達もいました。


30歳になれば親となる年齢でもおかしくないわけですし、35っていえば・・・・・・






まあ、立派なおっさんですよね 




35歳なら許される事も40を超えてからでは、

半端者扱いという世間の目も現実 あると思いますし

まさか45歳を若者扱いもしてくれないですよね。




でも逆に・・・・




だからこそ思うんですけど、40を超えてからって・・・・・


その5年という区切りが

今までほど 大きな変化ではないのかもしれませんよね。



50歳と55歳。


45歳と50歳。


60歳と65歳。



体力、気力もそんなに差がでる年齢ではないと思いますし

そのステージっていうか、他人と自分と置かれている状況も

まあ大差はなくなっていますよね。



みな結婚もしていますし、子供がいて・・・・・

仕事も「任される」年齢で大黒柱として頑張っている、て状況はほぼ同じです。



これが10代であればフリーターも大学生もいましたし、彼女がいる奴、いない奴。

スポーツに打ち込む友達もいれば、正社員として働く友達もいました。

その友達、みんな今は上述した「同じ状況」にいます。



人生80年の折り返し。



なんかここにきて、みんな同じスタートラインに改めてついた。

なんて気がするんです。



自分も40を迎えましたが、廻りの職人さんとか見ても

まあ65すぎるまでは元気なもんです 


70をすぎて、ちょっと疲れてきますかね・・・・・

でも現役の職人さんもいっぱいいるんですよ 



これからの10年、20年っていうのは

大きな変化っていうのとはちがう、何というか・・・・・・





あ 






そうか・・・・・・





これが「落ち着く」って事なんだ・・・・






自分で書いてて今 気づきました 





さあ、これからの人生どうなることやら・・・・・






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建設業界の発展 ~江戸時代を考える~

タイムマシン

リフォーム。

と、いうか建設業界っていうくくりで考えると・・・・・

その歴史は非常~に長いです 













多分 







自分も建設業界に従事はしていますけど、

歴史て・・・・・・・・



そりゃあピラミッドを建設したのだって その一つともいえるんでしょうし

歴史っていっても どこからが業界のはじまりだったか、っていうのは

ちょっと定義の難しい話なのかもしれません。



先日 テレビで 

もしもタイムスリップしたら?

な~んて番組をやっていたんですけど、

いつの時代・・・・・

まあ、それが江戸時代だとして、私がタイムスリップしてリフォーム業をする 







う~ん 













まあ・・・・・・・











ネブソク

無理っすね 







平成の知識や技術を持ち込もう、ても

大体、材料がありませんよね 

さすがに江戸時代にサンゲツないだろうし・・・・・・



電動工具もないですし、あってもコンセントないしなあ・・・・



部材や道具に頼らない・・・・・・・なんというか 「発想」なら?



う~ん

今の建設の概念というか、基礎的な考え方は江戸時代には

もう完成していたんじゃないですかね・・・・

豊臣秀吉さんが一夜城を建てた概念は 今でいう建売の家というか・・

要は材木を工場でプレカットして現場で組み立てのみを行うことでの効率化。

その大量生産が現代のハウスメーカーさんの手法ともいえます。


粋な黒塀~ みこしの松に~♪


みたいに塀を「塗装」するっていう概念もとっくにありましたし

左官屋さんも大工さんもいたわけだし・・・・・

まあ、現代のように細かく業種が細分化はされていなかったようですが。




う~ん・・・・


システムキッチンの概念とか?



いろいろなオプションの組み合わせで、

さあ、奥様の理想のキッチンに 










絶対、注文こないですよね 

第一、水道も電気もないんだもんなあ・・・・




結局、まあ薄学の私の言うことなんであまり信用はできないかもしれませんが

建設業界の発展といっても、要は便利な部材や重機、道具の開発に付与するところが

大きいんじゃないですかね。



基本的な概念自体というのは、江戸の昔から変わっていないのかもしれません。

効率化や便利の陰で失われていった技術というものも多いですし

何の業界でも同じかもしれませんが、これも善し悪しですよね・・・・





結論 







私自身でいえば、江戸時代に行ったら廃業です 

情けないような、何というか・・・・


持ち込めるものがない、っていうのも面白い話ですよね。

何かあるんだろうけどなあ・・・・・





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 某国大使館 フェンス塗装工事 3

大使館26

さて

これからは色付けの塗装工事開始です。


今回の仕様は まずフェンス・ゲートのスチール部 

いわゆる鉄部に関しては

錆止めの下塗り×1回 そしてシリコン系の2液塗料の×2回塗り。

門柱やフェンス台座のコンクリート部には専用の下塗りフィーラー材×1回の上

同じくシリコン系の2回塗り。


鉄部・コンクリートともに合計3回塗りの条件で塗装を行っています。

この辺は外壁の塗装などと全く同じ工程になりますね。



ちょっと数が多いんで、ダイジェスト版にて 





鉄部の錆止めの開始

大使館27




これは・・・・

大使館28

4番ゲートから3番ゲート間のフェンスですね。

先は長い 




これなんかは

大使館29

3番ゲートの錆止めが ほぼ完了している様子なんですが

通行人の方が、いぶかしげにチラ見していくんですよね・・・・

これから大使館のゲートは真っ赤になるのか、と思ってらっしゃるようで 






ない、ない 




下塗りですから・・・・・・でも、ある時 通ったお婆ちゃんには




あら 素敵な色になったわねえ 




言われました 

下塗りなんですけどね・・・・




いや、しかし 

塗装中

終わらないっす・・・・・・なにしろ400mですからねえ・・・・・





今回は

大使館30

自分もいれて連日 5,6人体制で臨んでいるんですけど・・




工期終盤の頃にはもう

大使館33

各人がちがう事している、というか

あっちは錆止めやっているし、こっちではパテをやっている・・・・

ちなみにこれは・・・・・・コンクリート壁のフィーラー材を塗ってる様子ですね。




こちらでは仕上げ塗装の1回目

大使館34



フェンス台座の仕上げ

大使館37



大使館36

ゲートの仕上げ塗装の2回目・・・・・・かな 

同じ色の重ね塗りなんで、写真だとわかりづらいですね・・・・




ん?

大使館40

なんだっけ、これ・・・・




ああ

大使館38

「車両進入注意」、みたいなスチールの切り文字があったんですけど

高圧洗浄の圧力で落っこっちゃったんです 

あとでちゃんと直しておきました。




何しろ外部でしたから、天候には逆らえず

この間、雨で作業中止となる事4回 

押した工程の分はお願いして日曜日にも工事をさせてもらったりもしました。




おしまい 






って、あっけないようですけど全工程1か月ちょっとで完了でした。

セキュリティ上、あまり詳細な完成写真を載せるのははばかられるので

ご興味のある方はぜひ足を運んでご覧になってみてください。


創造社の近くの・・・・・・・・

かわいらしい動物がシンボルの大使館です 




完成後はご担当者のご確認もいただき、ご好評をいただいたんです。


と、いっても工事中から随時終わった部分のご確認をいただいていたので

最終日にはノーチェックでした 



今回の工事をご縁に次は地下の設備室の溶接工事のお話をいただきました。

ありがとうございます。


今後ともお引き立てのほど 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 某国大使館 フェンス塗装工事 2

大使館8

さて 



まあ、規模は大きくとも やる手順は普通のものと変わりません。




・・・・・・・・・・・・・・・より面倒になっただけです 



まずは下準備から

大使館12

各ゲートには、このように格子からの侵入を防ぐべくの金網があり




金網は今回、塗装をしないため

大使館13

事前に外してしまわねばなりません。

これがまた、防犯上 よくできた金網でして・・・・・・・・



普通だとこんな感じのボルトで固定してあるんですが、

yjimage.jpg


こちらの場合、スパナやペンチ持参の泥棒さんが来ても大丈夫なよう

特殊なナットで固定してありました。 

かつ、2人で外と中から手をいれないと外れないような造りになっているんです。

苦労しました・・・


セキュリティ上で必要な金網ですから、外しっぱなしで帰る訳にはいかず

毎日の作業後には、当然 金網を元通りに復旧をしてかねばなりません。

作業終了は夕方5時厳守だったんで、4時半には作業をやめて この復旧に・・・・

それがほぼ毎日の事だったんで、意外なところで時間のロスがありましたね。




つづきまして

フェンス塗装5

高圧の水流による洗浄




パッと見 きれいに見えるようで・・・・・





フェンス塗装3

コケなどの付着もひどく





シャ~と

フェンス塗装4

高圧洗浄により汚れを落としていきます。

付着したコケや細かい埃は、塗装の耐久性にもかかわってきますので

地味ながら大切な作業ですね。




はずした金網にも

大使館15

長年の汚れが落ちて、けっこうこれだけで綺麗になってましたね・・・





この高圧洗浄。

その名のごとく高圧の水流をかけていくんですが

けっこうその破壊力って馬鹿にならず、悪ふざけで人にあてたら悲鳴もんです 




歩道に隣接したフェンスですから、通行人さんが通るたびに

大使館16

洗浄を中断して、再開して、また中断して・・・・・・でしたから

これまた、意外な時間のロスでした。

しかし、まさか通行人に大量の水をぶっかけるわけにもいきませんしね 






一通りの洗浄が終わると

大使館17

高圧のせいで脆弱な塗膜部分がはがれる箇所がでてきます。





こういうのを放置すると錆の再発生につながりますので・・・

大使館18

鉄のワイヤーブラシで ご~し、ごし ♫




しつこいところにゃ

大使館19

電動仕掛けで ご~し ごし ♫




洗浄を真面目にやりすぎたのか・・・・・

大使館20

けっこう あちこちの塗膜がふっ飛んでしまっていましたね 


単純作業ですから、あまり誌面をさかないですけど

この作業だけでも通算4,5日はやりましたかね・・・・。




あとはもう・・・・・

大使館24

ひたすらにパテ







もいっちょ

大使館23

パテ







大使館22

パテ 







大使館21

パテ 




やっても、やっても終わらなかったというか・・・・

もう1年分のパテ仕事な位 盛りまくってました。




さて


まあ、ここまでが塗装前の下準備ですかね。



正確には全部のエリアを洗浄した後、パテ・・・・・・っていう訳ではなく

総メータ数400mを何ブロックかにわけて すすめていました。

いっぺんにやってしまうと、各出入口を同時に封鎖する必要がでてくるので

それでは通行に支障がでるだろうと、ご担当者と打ち合わせていたんです。

封鎖するゲートは1つずつ。

それも、、またちょっと手間かかりましたね。

やっぱり いっぺんにガ~っとやっていった方が楽は楽ですし。




次回より塗装工事の開始。

文章だとあっという間なんですけね・・・・・



ここまで2週間くらいかかってるんですよ 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 某国大使館 フェンス塗装工事 1

大使館6

昨年の夏。




創造社のHPを見て 




と、いうお客様からお問い合わせをいただきました。

本当にありがとうございます 


お問い合わせをいただいたのは、なんと・・・・・








港区にある某国大使館 



地元の人なら誰もが知っているというか・・・・・・

外観のデザインが特徴的な建物で、僕自身も昔から存在は知っていました。

何というか、要塞のような圧倒的な存在感ある大使館なんです。

なので、知ってて不思議はないというか・・・





何しろ創造社から徒歩30秒くらいにありますからね 


やっぱり近隣で地元の事ですから、

ぶっちゃけここの大使館に出入りされていたリフォーム業者さんも、よく知っています。

英語がご堪能な社長さんで、僕らも他所では一緒に仕事をした事があるんです。

ずいぶんご無沙汰で、噂では体を悪くされたと聞いていたのですが・・・・・



今は病院に伏せっていらして、そんな折 代わりの業者を大使館のご担当者が

探しているところ、近隣の僕らに声をかけてくださったとうのが経緯でした。


それが夏の頃で、ちょっとした塗装の補修工事をさせてもらったんです。

それ自体は大きな仕事ではなかったんですけど、

その仕事ぶりを評価してくださり、今回の大仕事に改めて声をかけてくださったんです 

本当にありがとうございます 



今回の仕事というのが

簡単に言ってしまえば、建物外周をぐるりと囲むフェンスの塗装工事だったんですけど・・・

何しろ大きい大使館なんです。



こういう

大使館2

人間が出入りするゲートが・・・・・・・これは1番ゲートですね





2番ゲート

大使館3






さらに3番

大使館4

4番ゲートとあり、





さらに

大使館1

車両が入場するインゲート 






と、いう事はもちろん

大使館7

退場するアウトゲート 




こちらが

大使館8

正面玄関出入口となるメインゲート




とどめに

大使館9

駐日大使が居住されるブロックの・・・・・これはホームゲートと呼んでいました。




正確にはあとサイドゲートと呼ばれる通用口。




建物の内外を結ぶ出入り口ゲートが このように計9か所。



その9か所の間には

フェンス塗装1

このような格子状のフェンス 






あ~んど







大使館11





その総メーター数 およそ 400m 




さすがの僕らも外構の塗装工事としては過去最大級のものでしたね・・・・・


これだけの工事ですから、ざっと1か月以上はかかる工事でした。

他社さん4社での入札の末、僕ら創造社にご発注をいただいたんです。


ぶっちゃけ地元ならではの強みもありました。


他社さんが埼玉などから車で1か月通うのに、僕らは徒歩30秒ですからね。


そりゃあ、かかる経費もちがいますよ。

そのへん、さんざんっぱら競合の他社さんに嫌味いわれましたけど 




創造社さん、汚いよ。

おたく、事務所 近すぎでしょ   ・・・・・・・て。





ははは・・・





さて競合の末にご発注いただいた今回の工事ですけど

請けたら請けたで大変でした。




とにかく11月中は、僕自身はかかりっきりでしたし

雨にたたられるわ、他のお客様との兼ね合いもありましたし・・・・・

あと何といっても大使館独特のルールというか、セキュリティ上の色々な制約が

不慣れだった点も手こずりました。




次号より・・・・・


ざっと工事の模様をお伝えしたいと思います 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム業界の利益率

利益率

何の業種でも一緒だとは思うのですが、

「知られざる」?


というか、その業界独特の事情というのは

当たり前ですけど 一般には知られていないものですよね 



実は原価率がこれ位であるとか・・・・・・・






けど、まあ インターネット全盛のご時世ですからね・・・・

業界の裏事情なんか、検索すればけっこうダダ漏れてますよ。

やめてほしいですよね 




僕らリフォーム業の事情だって

「リフォーム会社 利益率」 とか 「リフォーム会社 原価」なんかで

検索された日には、もう腐るほどのヒット数がありますし

もちろん一概の一括りには出来ない事ですけど、まあ平均値という意味では

正しい情報もあると思います。




大体、粗利で30%程度 

100万の工事をすれば30万が単純に手元に残って、そこから経費を差し引て・・・

なんて、情報がネット上には多いようです。


もちろん会社が賃貸であるのか、持ち家であるのか・・・・

社員を何人かかえてらっしゃるのか、過去の借入金の返済があるのか。


色々なファクターはリフォーム会社さん それぞれでちがう訳ですし

職人集団のような会社と営業メインの会社では、全然その数字もちがってくるはずと

思います。



でも、30・・・・・・・・30%.

まあ、いい線というか平均値として ひとつの参考になる数字ではあると思いますね。


30という数字が他の業種と比べて高い、安いっていうのは

何ともいえないところですけど リフォーム業というのも一種サービス業ですからね・・・・


物品販売のように 「これください」 「はい、どうぞ」っていう訳にはいかず

「手離れ」というか、一つ一つの契約に要する時間がやっぱり多い分は

単価に反映をしてしまっていると思います。



内容にもよりますけど、例えば製品代などのない、「工事」メインの100万であれば

やっぱり1~2週間の工事にはなります。

その前には設計、材料決定などの打合せがあって、工事が終わった後でも

最低限の保証という責任を負うのが僕らの仕事。

実質3週間という拘束をうける100万円のうち30万を手元に・・・・



単純にそう考えた時は 粗利益30%というのも

そんな目ん玉飛び出る数字ではないと思うんです。



もっともその3週間の間にも他の工事ができないわけではありませんし

それはもうその会社さんごとの考えたかにもよるところが大きいと思います。



だから、ぶっちゃけリフォーム業界でいわれるのは「薄利多売」。

一つ、一つの工事の契約なり工事になるべく時間をかけずに

同時進行をかけて 数をこなす中で利益をあげていくという手法が一般的です。


30%という概ね共通の割合があって、それ以上が競争力を失うという縛りの中で

利益をあげていこうとすれば、どうしてもそういう方向になってしまいます。

毎日何十件も飛び込み営業を繰り返す会社、いわゆる悪徳リフォームとよばれる

会社がリフォーム業界に多いのは、そういった要因も一端であると思います。


ゆっくり丁寧にお客様と話をしていたら、赤字です 



愛想よくして工事の契約がとれたら、もう次の契約をとりにいかねばならないんです。

だからお客様の事をどうしても置き去りにしがちです。



その中で僕ら創造社は粗利益率30%?


僕らの場合ですと、自分らで作業をする方がメインなので

そういった時はもう少し割合がいいです。

それに事務所も自社所有ですし、銀行の借り入れもありません。

社員は安月給の身内です 




自社施工、固定経費が少ない事。

それが今のようにお客様と一件、一件の工事に時間をいただいて

じっくりと取り組めていける秘訣です。















社外秘なんで、秘密ですよ 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします










Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

新年ご挨拶まわり

いのる

神よ・・・・・・

今年もありがとうございました 




年一回くらいしか着る機会のない私ですが・・・・・・・










正月太りも何のその 








ふん! 

太る

何とかスーツが着れました 





今年も危なかったですね・・・

ベルトは不要レベルの膨張率で、なんとか収まりました。



結婚してから初のお正月でしたが、義理のご両親宅でも

まあ、食わされる、食わされる 

自分の実家も、親戚の家も手ぐすねひいて待ち構えていますからね・・・・・



いや~




どこ行っても




あなたは太っちょなんだから・・・・・・




食べなければいけない 





あるいは







食わせなければならない 




みたいな空気流れてますからね 



まあ、今年もスーツがはいってよかった、よかった・・・・。





さて



昨日から本年度の営業を開始した創造社ですが

まずは恒例のご挨拶まわりに行ってまいりました。


お取引先によっては新年会という形に参加させていただくパターンもあるんですが

それがもう15回以上なんていうお客様もいらっしゃいます。

初めて参加させていただいてから単純にもう15年・・・・


自分も含めて、そこのご担当者や社長さんも年をとりました 


でも、毎年こうやって声をかけていただけるのは本当にありがたいですよ 



昨日は朝からご挨拶に回って、帰社したのは夕方過ぎ・・・・・




またちょっと太りましたね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

営業開始のお知らせ

風呂

新年あけましておめでとうございます 

本日、1月5日より今年度の営業を開始させていただいております。


お休み中にもメールでのお問い合わせを多数いただき

本当にありがとうございます 

本日より随時、ご返信の方をさせていただきますので

今しばらくのお時間を頂戴できますようよろしくお願いします。






さて 





平成も27年度ですね・・・・・・・




毎年、この時期 見積もりの日付を間違えるんですよね 





26は終わりで、27,27,27・・・・・27年度です。




今年は業界全体、そして創造社にもどういう年になりますでしょうか・・・・

2020年のオリンピック開催に向けた施設整備の動きも

ぼちぼち出始めるでしょうし、アベノミクスの影響。

増税や住宅ローンの金利など色々と建設業界にとっては

激動ある1年になるような予感がしています。



どこ吹く風、といっては聞こえも悪いですけど

今年も創造社は創造社であれれば、それが一番と思っています。



どうぞ今年1年も皆様の変わらぬご愛顧を賜れば幸いです。



改めて、本年度も創造社をよろしくお願いいたします 

皆様にもよい一年となりますよう 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします