株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ロックンロールここにあり ( `ー´)ノ

ジョニーさん

昨日のニュースで・・・・・・・

伝説のバンド キャロルの元メンバーにしてロック歌手のジョニー大倉さん。

62歳の若さでお亡くなりになったと知りました。


以前にもこのブログで書きましたが、

過去記事はこちら




ジョニーさんの長男で、現在は歌手のケンイチ大倉君は自分の同級生。



末期の肺ガンと診断されたジョニーさんの復活を最後まで信じ

ご家族一同が献身的な看病を続けていました。

・・・・・・・・・・・残念です。


抗がん剤治療の影響でしょうか、

トレードマークであったリーゼントの頭髪がすっかり抜け落ち、

松葉つえの姿で・・・・・・

それでも奇跡的な回復をされ、一時は復活ライブのステージに

ケンイチ君と共にのぞまれたと聞いています。



自分も学生の頃は幾度となくジョニーさんにはお会いしましたが

生き方そのものがロックなお父さんで、みんなの憧れでありました。

かえすがえすも残念でなりません。


ケンイチ君もジョニーさんの遺志を継ぎ、これから精力的にステージに

たち続けるとの事。

もうずいぶんと会ってはいませんが、陰ながら応援をしていきたいと思います。

頑張れ、ゲリちゃん 




ジョニーさん お疲れ様でした。

心よりご冥福をお祈りしています。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ショートメール あるある

ショートメール

このブログ経由なり、創造社にお問い合わせをいただくお客様 

ご自宅のお電話はお聞きしないでも、携帯番号のやりとりは必ずしますから

最近ではショートメールの存在が非常に役立っています。


細かい数字の品番確認や、ちょっとしたご報告などにも便利ですよね。




「本日の作業も無事に完了です  明日も引き続き、頑張ります  」



工事予定は事前にお伝えしてある訳なんで

電話するほどのこっちゃないですよね 

でも、これがあるだけでお客様も安心してくださるんじゃないかなあ、て。

ちょくちょく毎日の進捗状況などをショートメールでお伝えするようにしています。



Eメールのアドレスを教えていただく場合もありますが、

ショートの方がお客様もお気軽なんじゃないか、って思います。


番号さえ知っていれば便利なショートメールなんですけど

やっぱりプライベートのお友達って訳じゃないですからね・・・・・




時々、そのマナーというか ありようを考えてしまう事があります 






第一、まず絵文字は使用していいんでしょうか? 







私、大好きっすからねえ・・・・・・・絵文字。





思わず  とか  をいれてしまうんですよね・・・・

ふざけすぎにはならないようにしてはいますが、 

まあ、このブログを見てお問い合わせをくださるようなお客様ですから



「矢野さんって・・・・・・本っ当に普段から絵文字使うんですね 。」



って言われてしまった事があります 





あとは他のメーカーさんの携帯はよく知らないんですが

自分のはショートメールは50文字以内という縛りがあるんで

文章をなるだけシンプルにするのが、一苦労な場合があります。

そもそもが回りくどい文章なんで、私 



昨日も実際送ったショートメールで・・・・




「おはようございます。昨日で高圧洗浄の作業は完了していますので

他に実施できる箇所もなく、今日は中止の方向でよろしくお願いします。

明日よりまたよろしくお願いします。」




雨の前日に塗装前の高圧洗浄は終わっていたので、

さすがに雨が降った今日は他にやる事もないので

本日は現場中断ですね、って言いたかったんですけど

見事に50文字オーバー・・・・・・アウトです 


なので、

まず冒頭のあいさつを

「おはようございます。」   →   「お疲れ様です。」



そして



「高圧洗浄の作業」      →   「洗浄作業」




さらに


「他に実施できる箇所」    →  「他にやれる事」




などと編集をいれて、何とか50文字以内に。

今回はまだシンプルな方でしたが、もう少しお伝えしたい事が

重なった文章の場合は 

もはや挨拶をカットして いきなり本題にはいったりします 




意味は伝わっているとしても礼儀とか常識という意味でどうなのか・・・・

こういうのってビジネスマナーとして確立されているんですかね?



だとしたらら、すごくヤバいですね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム工事の不正を暴く ('◇')ゞ

不正

リフォーム工事における不正 



大変、残念な事ですが・・・・・・・

一般的によくある、と言わざるを得まぜん 


それは以前にどこかの業者さんがリフォームをした現場。

その再リフォームを僕らでやらしていただいた場合などによくわかります。



実際、今も 創造社で とある施設の塗装工事に入っているのですが

数年前に他業者さんで塗装を実施した際には

契約上、下塗り+中塗り+上塗りの3回塗りの条件であったはずと聞いていました。

僕らも同じ条件で今回、請け負ったのですが・・・・・



始めてみれば、前回、明らかに下塗りをしていない部分、上塗りをしていない部分・・・・・・

あげくの果てには塗っていない部分が多々あるんです 



いずれもお客様にはわからない部分なんですよね・・・・・




下塗りをしたか、どうかなんて仕上がった後に確認しようもありませんし

塗ってないって部分も足場に乗らねばわからない高所部分。

写真で報告書をだしてもらうったって、

ちゃんとやったトコだけを撮影されたら、どうしようもありません 





いや、ちゃんと保証期間をつけてもらっているから 



ってもその会社が潰れてしまったら、どうにもなりませんし・・・・・

また、そういういい加減な仕事をする会社にかぎってよく潰れるんです 

潰れては社名を変え、また同じような工事をして・・・・って繰り返しなんです。



お客様が工事の知識をみにつけて、ご自分のお仕事を休んででも

ずっと後ろに張り付いて工事を監視する、っていうのが究極ですけど

それは現実的ではないと思います。


僕らのような職人集団でもない、リフォーム会社のそれも存在意義のひとつ 




お客様に成り代わって契約通りの条件にて工事を遂行する。





問題はその大義を忘れて

思いっきり手抜き工事に加担している・・・・・

そんなリフォーム会社もあるっていう事です 

口先だけは百戦錬磨の連中ばかりですからね・・・・



工事のご経験も知識もないお客様がそんな連中の屁理屈に抗うのは

正直、難しいと思います。

訳のわからない専門用語をまくしたてて、最後は逆ギレですからね・・・。



このブログでも再三、書いている事なんですが

どんな会社であれ、工事であれ・・・・

それを実際、動かすのは人間ですから 

愛想がいいとか、値段が魅力的とかも大事ですけど

最後はその「人間」が信用できるか、どうか・・・



そのへんの見極めに自信のないお客様。




とりあえず創造社にご連絡ください 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします














Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

塗装用ローラー

ローラー

ホームセンターの普及などで、これほどDIYが一般的となった昨今。

僕らが仕事でお客様のお住いにお邪魔すると、

ご主人がご自分でリフォームをされた、っていう部分を見る事があります 




お仕事の合間のお時間を見つけて、大変であったとは思うんですけど

仕上がりに関しては・・・・・・・えてしてツラいものがあります 



ご経験もない中での事ですから、当然の事ともいえるんですけど

残念なのは適切な材料、道具を使用しなかったんだろうなあ、って事例を

よく見かける事。

あとはちょっとしたひと手間かけるだけで、全然ちがうのになあ・・・・・て。



そんな中でも最たるものって、塗装のローラーじゃないですかね。

みなさん、ホームセンターなりで塗料とローラーを買ってきて作業をされると

思うんですけど 実はローラーって色々な種類があるんですよ 




初歩的にいえば、まず毛の長さ 

一般的にはこんなハンドルと

ローラー3




こんなローラー(毛)だと思うんですけど

ローラー4

この毛の長さが短毛、中毛、長毛とおおまかに3種類があります。




毛が短ければ、塗料をつけてシゴく時 吸い込む量が少ない分 

一回で少量の面積しか塗れませんが、

その分ローラーの毛の跡(ローラー目)が出にくく

綺麗な平滑面に仕上げる事ができます 



長毛のメリット、デメリットはその逆って事になり、

まずこの大原則を知らずに塗装をしてしまっている事例をよく目にします。

屋根など大面積を塗っていく際には長毛が適していますし、

目につきやすい壁なんかは手間でも短毛を使うといいんです。







こんなのも

ローラー1

パイプなど円柱形のものを塗る時の特殊ローラーです。

丸のついた面にまっすぐのローラーでは効率が悪いですし、回数が少なく済む分

ローラー跡の継ぎ目もでずらく綺麗に仕上がります。





または・・・・

ローラー2

ちょっと特殊ですけど、工場の屋根などに用いられる折版用のローラですね。

山と谷で凹んだ大面積をぬる時には重宝されます。




粘性の強い防水塗料を塗る時には、回転の良いローラがいいですし

鉄部に錆止めの塗料を塗る際には、

表面の毛に加工がなされた「無泡タイプ」のローラーを

使うと 塗る際に塗料の気泡が発生しずらく、これも綺麗な仕上がりになるんです。



狭い場所には

ローラー5

こんなミニミニ君もあります。




外壁用、内壁用、木部用、鉄部用。

パターンをつけるのに用いる砂骨ローラ、と枚挙に暇もありませんが

正しい道具を使う事で効率がよくなり、結果的に仕上がりの美麗さにもつながるんです。


よく平滑に仕上げたい壁に砂骨を使っているお客様などがいらっしゃって

もったいないなあ、ってホントに思うんです。



納得いきませんが、





「道具8割、腕2割」 





なんて言葉もあるくらいなんで 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

イベントステージの設営

イベントステージ

僕らのお得意様に大型の商業施設を経営されている会社さんがいます。



↑ は、その・・・・・・何と表現したらいいか、まあ中庭というか 

植え込みの中に円形を描くベンチがあり、普段は訪れるお客様の

ちょっとした休憩スペースのような感じになっています 






とある年の年末。

こちらの社長さんに呼ばれ、お話を伺いに行きましたら

年末のクリスマスイベントの一環として、

このベンチスペースでミニバンドの演奏を行いたい、と 





ふ~む 




さすがに、このベンチの上だけのスペースでは

イベントステージ

いくらミニといえど演奏はキツイですよね 




そこでアイデアとして出たのが、

今のベンチの上にのっかる形でのステージの制作。

一体型のものでは重量もでて、持ち運びにも支障があります。





よって一個が

イベントステージ7

このような扇型のステージを計5ケつくり、組み合わせる事で

重慮の問題をクリヤーしました。



何といっても苦労したのはこちら

イベントステージ1

ステージの後方はベンチにのっける形ですが、

前方はこの床に骨をたてて支えねばならなかったんですが・・・・・・

この床、思いっきり角度がついているんです 




よって、5個のピースそれぞれは床の角度にあわせて

足をカットするしかありませんでした。

曲がった床に一定のまっすぐな足をつければガタツキがでます。

人間がのっかる以上、安全面においてもいいことではありませんでした。



よって事前の計測で寸法をだして、つくるのではなく、現場に材料を持ち込んで

現場で床の角度を確認しながら、足を一本、一本カットしたんです。

・・・・・・・・大変でした。



完成までのプロセス

イベントステージ2

扇形×5のピースを端から順に並べていき・・・・・・



この状態

イベントステージ3

固定は仮並べをした後に、隣り合うピース同士の骨をビスで連結しています。




エンド部に目隠しのパネルをつければ・・・・・

イベントステージ4




完成です

イベントステージ5




後方からの図

イベントステージ6

大通りに面したスペースですので、イベントのアピール度も満点です。





今回のステージ。

そもそもは、その年の年末一回きりのみ使う、っていうお話だったんですが

今年ではや10年間 

年末ごとに同じ場所に設置をしています 



一回きりだから、とチャチな造りにしなくてよかったですね・・・・。

これでもか、ってくらい骨組みで補強してありますから

まだまだ元気に使えると思います。




イベントステージの制作って、わりとよく行う仕事なんですが

これで奥が深いんですよ。

人がのるステージなのか、どのくらいの期間を設置予定なのか?

人が乗るにしても上で踊るのか、歌うのか。

雨はあたるのか、仕上げはカーペットにするか、タイルにするか。


TPOにあわせたアレンジ力の問われる仕事なんです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

例える男

ギャラリー13

でました、この男 

このブログでもおなじみ 塗装屋 政明くん。


彼のミラクルについては過去の記事でも、たびたびご紹介していますが

彼の知られざる習性として・・・・・・・

「わけのわからない例え」があります 



先日も塗装の仕上げについての論議に花を咲かせていたのですが・・・・



「矢野さん、じゃあアレ知ってます?・・・・・・あの・・・・・・・アレ」





「アレじゃわかんねえなあ  」




「あの・・・・・・吹き付けの時に、塗料に混ぜるんですよ・・・・・こんまいアレを」








「でかくても、こんまくてもいいから、そのアレが何かを教えろや。」





「永谷園の・・・・・・・お茶漬けにはいってるやつ  あんなのです。」

 






選択2

「な、永谷園? 








塗料に永谷園て・・・・・・・









ああ、これか

永谷園

この丸いせんべい。





どうも彼が言いたかったのは

エレガンストーン

このような俗にいう「石目調仕上げ塗料」 

エスケーさんの「エレガンストーン」など有名ですが・・・・

平面つるつるの対象にも 細かい砕石状の玉を混ぜて吹き付けることで

天然の石っぽく見せる塗装の技法があるんです。

どうもその玉を永谷園に例えたらしいんですよね 




それを例えるならビーズでもBB弾でもいいと思うんですが

あえて永谷園をチョイスする彼の頭 




いつか、この手でカチ割ってやりたいと思います 






いや、本当に・・・・・・

この手の話は、この男の場合 枚挙に暇がないんですが

とにかく彼と込み入った話をするときは、

脳に力をこめないといけません 

今までの人生で培ってきた経験と知識・・・・

その全てを総動員して想像力を働かせねば、彼とは話ができません 





彼の中でのシンデレラは魔女退治にでかけてしまっていますからね・・・・・

多分、ヘンデルと白雪姫あたりが夢のコラボをみせているんだと思うんですが

彼の今年6歳になる長女の将来が心配でなりません 



はあ・・・・・・








アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

1日の作業スピード ( `ー´)ノ

クロス工事中1

僕らがリフォーム工事の御見積もりをする時 



いわゆる一般的な業界の㎡単価というものもありますが、

大まかな見当として、この位の規模なら・・・・


何人で何日かかる工事か? 


と、いう見極めがまず必要になります。



いわゆる「人工」計算で金額がどれくらいになるのか、と共に

それは結果的にお客様にお伝えする全体の工事日数にも

つながるわけで、つきつめれば一人が1日ですすめられる作業スピードを

いかに正確に予想できるか、が事前の段階で重要になってくるという事になります。



内装のジャンルでは、一人が1日ですすめられるのは「50㎡」 



壁紙の貼り替えでも塗装でも1日で概ね50㎡はいける、っていうのは

確かにいい線なんですが、それだけで判断ができないのも、また難しいところ 



50㎡できるのであれば1000㎡の現場は20日間って事になり

人工×20日間で工事金額が出る計算になりますが、

それは、あくまでも

何というか、やりやすく作業ができた場合です。

例えば・・・・



家具があるままの状態で工事をする 

当然、家具を避けながらの作業ですので効率も悪いですし

養生も必要になってきますので、通常より時間もかかります。



朝は9時半からの開始である 

通常、早い現場なら僕らは8時半位から作業を開始します。




たがが1時間遅いくらいで・・・・・・ 



とも思えますが、それが20日間つづく現場であれば

単純に20時間のロスになりますからね 

1日が8時間作業なら2日以上、通常より日数をみなければなりません。


同じように駐車場から現場までの距離が遠い、っていうのも

日数がかさめばバカにならないロスになってきますし

お昼食えるのが、まずい中華料理屋一軒のみ、って場合も

職人さんのテンションにかかわってきます 



ま、それは冗談ですが・・・・




下地の状態が悪い場合は通常いう50㎡ペースより時間もかかりますし、

貼りやすい材料、塗りにくり材料っていう縛りもありますし

なかなか一概に、っていうのは言いづらいトコはあります・



優秀な現場監督、営業マンたるもの

そのあたりの条件を鑑みて、正確な作業日数をいかに予想する事ができるのか?

それは自分自身が作業した経験がなければできない予想ですし、

少なくとも数多くの現場を踏んで職人さんの作業をみてこなければ

できる事ではありません。



こう言った後で、とっても手前味噌なんですが

私の全体の作業日数の予想には定評があります 



なぜか作業する職人さん自身の予想より正確だったりする事があり、

意味がわからないです 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
















Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

喜びと運命の日 (-_-)

検査

お客様から発注いただいた工事が終わる日・・・・・




それは待望のリフォームが完成する日でもあり、

僕らが・・・・・・お客様とお別れをする日でもあります 





さようなら~ 






ま~た~会う日~まで~・・・・・ラララ・・・♫









と、いけばいいのですが 




最終日には、当然のごとく・・・・・・


工事完了の検査があります 








いや、何年たっても、数百という現場をふんでも

この日だけは、前日から・・・・・怯えたリスのような心境になりますね 



工事中から顔をだしてくださるお客様なら、随時完成した姿を

ご覧になってますし、あそこも直して、ってご要望も聞けるからいいんですが、

怖いのは本当に最終日にしか来ないお客様です。


もちろん自分としては精一杯はやっていますし、

完成に何の不備もない。










あるわけがない 






そう思ってはいますけど 






こればかりは感性のちがいもありますし、

僕らが請け負うのは新築ではなく、リフォームですからね・・・・



新車に不備があればどんな事だってクレームだ、と思うんですけど

それがレストアした中古車だった場合、どこまでがクレームの対象となるのか?

そりゃエンジンがかからない、とかタイヤが一本たりないとかは論外ですよ 

でも思っていたより座り心地が悪かった、とかもっと加速がいいと思った、とか・・・・


事前に材料のサンプルや図面でご確認をいただける部分はしますが、

結局リフォームっていうのは、完成を目で見て、

その部分を日々の生活の中で使っていただいて

はじめてお客様は真の意味で完成を確認できるものなんだと、思います。


事前に同意をいただいた材料とやり方で仕上げた工事ですから

完了にご不満があったって僕らとしては突っぱねてもいいのかも知れません。

でも・・・・・



やっぱりそうしたくないんです。


ご納得をいただいて、気持ちよくお金を払っていただきたいですよ。

大枚はたいたリフォームなんですから、

逆の立場なら自分だって納得ができないかも知れません。

事前の確認があったとはいえ・・・・



だから完成日のご確認に、僕らがしつこく言うのは

どんなことでも仰ってみてください、です。

それが僕らの努力で直せる範囲ならやりますし

材料代だけのご負担で工事代をサービスする事もあります。



僕らに不備があろうと、なかろうと創造社を嫌いになってほしくないですし・・・









かと言って、ド赤字だすわけにもいきませんよ 







お別れの日でもあり、これからのお付き合いを決める大切な日。



それが最終日の完了検査なのかもしれません 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします















Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

臨時休業のお知らせ

お礼

本日より来週月曜日 11月17まで臨時の休業をいただいております。

メールでのお問い合わせは承っておりますが、ご返信は

週明け18日以降になりますことご了承いただければと思います。


大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

年末繁忙期中 ('◇')ゞ

クロス工事中1

年末も迫り・・・・

わが建設業界も忙しいですね。



僕自身も今日は、オフィスのクロス工事中の現場に顔を出して・・・・



現在、絶賛施工中の某国大使館の工事の打ち合わせに参加 



HP経由で原状回復工事の御見積依頼が2件あり、

その現場の下見をすませてから

たった今、とあるマンションのバーベキュースペースのテーブルの脚を

直してきました 



以前の記事でも書きましたが、どうもこう現場が重なるっていうのは

苦手です 




他の建設会社の監督さんなら当たり前の事なんでしょうけど

元来がマイペースなんで・・・・・・2つ以上の事が頭に入りません 



これに今週、親戚の家で出産の予定があったり 友達の家が離婚危機を

迎えたりしている日には

もう、どうにもなりません 




あと一か月・・・・・・で、とりあえず今の忙しさは落ち着くので

出産はまあ、しょうがないですけど

離婚危機に関しては頼むから、もうちょっと仲良く頑張ってね 



なんか私信のような記事になってしまいましたが、ご容赦ください 

今、頭がヌカ味噌なんです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

値段以上の価値がある ( `ー´)ノ

取引先

すごくリアルタイムな記事なんですが・・・・・





もう10年以上のお取引をさせていただいているお得意様に

今度の仕事の打ち合わせに今日、顔をだしてきたんです。

その時、直接ぼくらの担当をしてくださっている社員さんではなく

事務の女性から聞いたんですけど・・・・・




「ちょっと、創造社さん、創造社さん」






何ですか?







「聞いた?・・・・・・○○の工事の事。」







○○って・・・・・・・ああ、先月に御見積をお出ししているあの工事ですか?






「そう、そう。 あの工事ね、実は・・・・・・」






聞けば、僕らが御見積をだした工事に

どうも別の業者さんが相見積もりをだすらしい、と。

ここのお得意様はお付き合いも古いし、

確かに最近では前例もない事だったんですけど

どうも別のセクションの部長さんの知り合いに建設会社がいて

そこを今後、僕らの競争相手として参加させたい、って意向だ、と。




それは・・・・・・

まあ、面倒くさいですけど 

でも、○○部長さんの顔もあるでしょうし、まあ正々堂々と勝負しますよ。

いいんじゃないですか?





「でね。

その競争相手って創造社さんの近所にある○○なのよ。

矢野さん、知ってるの?」






○○さん? 

知ってますけど、あそこは材料問屋メインの会社ですから

工事に関してはあまり強くないと思いますけどね・・・・

うちも昔は付き合いあったんですけど、

色々あって、今は他の問屋さんなです。






で、聞いてみると 

どうも競争相手のその○○の方が僕らの御見積より安いんだ、と。

会社組織ですから、2つの御見積もりを持って、

その工事の決済を仰ぎに担当者さんが社長さんのところへ行ったらしいんです。



値段が安いなら、ちょっと今回は創造社を外してみるか?

って展開になりかけたらしいんですけど・・・・・・






結果的に・・・・・・僕らにご発注をしていただいたんです 




社長さんが今までの創造社の実績を評価してくださって

一概に値段だけで業者を選ぶべきじゃない・・・・



その新規の○○っていう業者は本当に仕事の内容を理解しているのか?

普段、創造社がやっている内容、グレード。

それを全部、わかった上で この値段をだしてきているのか?

それをもう一度、確認してみろ・・・・・・て。




で、その業者さんに話をしたらしいんです。

普段、僕らが当たり前にやっている事・・・・・・

現場の作業は職人のみでなく、必ず監督が立ち会う事。




テナント様がいらっしゃる施設なので

塗りづらくとも水性の塗料を使用する事。





軽微な工事であっても通行するルートはエレベーターも含めて養生を行う事






その工事に関していえば昼間は通行するテナント様がいらっしゃるので

開始は午後の10時からである、事・・・・・・・などなど。












で それを聞いた競争相手さんから2度と連絡が来なかったらしい、と 







そもそも昼間の工事で見積もりをしていたらしいですから、

そりゃあ夜間工事で見積もっている僕らよりは安くもなったでしょう・・・・




そんな前提の行き違いもあったらしいんですが、

何より、社長さん、担当者さんが値段だけでない・・・・・

それ以外の創造社の仕事ぶりを評価してくださった事が何より嬉しかったんです。

再検討の機会をつくってくださった事も。




本当にありがとうございました。




「士は己を知る者の為に死す・・・」






これからも誠心誠意 頑張らせていただきます 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします















Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

鉄人の称号 ( `ー´)ノ

鉄人

最強っすね、このコンビ 



んな事はどうでもいいんですが、

考えてみると・・・・・・・

このブログをはじめて もう3年弱になろうとしています 




休日以外は毎日更新を続けてきたわけですが




ん? 










先ほど、ふと気付いたんですが・・・・・・




休日以外のブログ更新を怠った事がないという事は 





って事は?







私ってこの3年間、一度も病気をしていないんですね 





ちょこちょこ熱っぽいとか・・・・一回、38度級の風邪もありましたけど

考えてみると全部 週末にひいているんですよね・・・・

さすがに狙って週末にしているわけではありませんし、

そんなコントロールができたら 日本医療学会に解剖されちゃいます、私 



まあ・・・・・




やっぱり気合の問題なんですかね 




しがない自営業。

代わってくれる同僚もいませんし、病欠なんていう概念がそもそもありません 


なんというか・・・・・



熱がでた?




現場が・・・・・・・・・・・終わってから、死ね。


この精神です 




病気に限らず、怪我でも同じですかね。

うちの社長なんぞ、手の甲に穴があいたまま溶接をしていた事がありますし、

白内障で失明の危機があるのに現場を優先したりしてますからね 

さすがにあの時は、拝み倒して医者にいってもらいましたけど・・・




別に鉄人じゃないんですけどね・・・・・





やらなきゃいけないから、やるだけで

別にその事を深く考えてない、っていうか・・・・・

ツライからって家で寝てたところで、現場は終わらないですからね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ややこしいですけど・・・

塗装中

現在、某国大使館にて塗装工事中です。

こちらの模様は、一通り完了した後にご紹介もしたいと思っているのですが・・・



いや~



しかし、かぶりますね 



何だか知らないですけど、現在 塗装工事だらけです・・

先月から今月にかけて、1,2の3・・・・・4。

この大使館で現在、5連発ヒットで塗装工事中です 


もちろん塗装も創造社の重要な業務の一つではあるんですが、

こう続くと何か変な感じです・・・・




最近、創造社は・・・・・・塗装しかやらなくなったんじゃないの? 




そう思われているんじゃないかが心配です 




実際、塗装のご相談がきっかけで創造社を知ってくださったお客様も

数多いですが、そういうお客様にとっては僕らは「塗装屋さん」なわけで、

電気工事がきっかけであれば「電気屋さん」なわけで・・・・・

まあ、ややこしいっちゃ、ややこしいですよね 


だから、現在も大使館で塗装工事をしているんですが

今日、そばでご担当者さんが頭を抱えてるんで・・・・




どうしたんですか? 







おお、創造社さん。

実は、急に本国から赴任してくる大使館員がいてね・・・・

急ぎで壁紙のハガレを直したいんだけど

いつもの業者が忙しいって言いだしちゃってさ。







僕がやりましょうか?





は? 




と、こんな感じの会話がよくあるんです。

こちらの大使館さんには「塗装」がきっかけで出入りをさせてもらっているので

僕らが壁紙のリフォームとかをやるのをご存じないんですよね・・・


いちいち、あれもこれも、っていうのも品がないんで

聞かれない限りは 僕らからは言わないんですけど

時に怒られる事もあります 


何で早く言ってくれなかったの・・・・・・て 




何でもかんでも出来るわけじゃありませんけど

もし何かお困りの事あれば、何でもおっしゃてみてください。

お力になれる事もあると思います 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

パーキリ君 仲間入り !(^^)!

パーキリ1

買ってしまいました、パーキリ君 

職人さんが持ってるの見て、前から欲しかったんです・・・








しかし・・・・

パーキリ1

美しい 



この銀色に輝くフォルム・・・・・





今日は一緒の布団で寝てしまうかも知れません  





パーキリ君 


床の内装材を貼る時、一番はじのカットに用いる道具なんですけど

こんな感じに

タイルカーペット4

最後のカットする一枚を折り曲げ・・・・・




パーキリ君でしゅ~っと。

タイルカーペット5

すると・・・・・





あら素敵 

タイルカーペット6





ピッタリのカットがとても簡単 

タイルカーペット2

これがあると、ないとでは施工のスピードも全然ちがいますし、

普通のカッターでカットしていくより仕上がりもきれいなんです。





ちょっとお値段が張る道具で・・・・・・これで3万円近くもするんです 

前から欲しかったんですけど、自分で床を貼る機会ってそんなにはないし

その為に買う道具としては贅沢品かなあ・・・・・て。




ちょっと今月に自分で床を貼らなきゃけない現場があったので

今回は思い切って買ってしまいました。






大事にします・・・・







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム会社の存在意義

自分自身

このブログでも頻繁にとりあげるテーマですが

いわゆる「失敗しないリフォーム業者の選び方」 っていうテーマ 



そんなノウハウのサイトや書籍が多いのには本当に驚かされますし

リフォーム業界に従事する人間として、非常に複雑な心境にもなります 


自分なりに分析するならば、リフォーム業界 大きくは建設業界というのは

とかく一般のお客様から見ると不透明な部分が多いっていう事に尽きますよね。


建設業界という括りで考えてしまえは、ゼネコンさんを代表にサブコンさん。

街の工務店だってそうですし、僕らのようなリフォーム業者もそう。

電気屋さんだって水道屋さんだって同じ括りにはいりますし

クロス屋さん、カーペット屋さん、畳屋さんだって同じこと。

個人でやられている大工さんだって同じ括りに入ります。


これだけ細分化してしまった業界分布の中で、お客様が検討されている

リフォーム工事に一番適正なのは そもそも、どの業種であるのか?



壁紙に傷がついた、っていう事ならクロス屋さんなんですけど

じゃあ、その壁に大きな穴が開いてしまっているダメージがあったとしたら?

普通のクロス屋さんは通常、下地のボードの貼り替えなんかはしてくれませんので

別に大工工事を手配する必要があるって事になります。



ついでにベランダの塗装もやり直したいし、雨漏りも直したい。

お風呂場の水道の不具合もこの機会に・・・・・



って事になれば業種的にはクロス屋さん、大工さんに塗装屋さん。

雨漏りなら板金屋さんか防水屋さんの範疇ですし、あるいは左官屋さんなのかも。

それに水道屋さんも必要という事になりますよね。



一般のお客様がこれら全ての業種に個別に連絡をとって、

各業種を効率よく工程を調整するっていうのは

やっぱり、あまり現実的ではないんだと思います。

専門的な知識も必要になってきますし、とられるお時間も馬鹿になりません。




僕らみたいな町のリフォーム屋さん、っていうのは

そんな時の為にいるんだと思います。



そりゃあ費用だけを考えるんだったら、各作業をする職人さんに直接連絡を

とった方が はっきり言って安くあがります 

どんだけ安くなるんだ、っていうのは会社ごとの考え方でしょうけど・・・・




でもリフォーム会社の存在意義がそこにある、っていう意識をもたれる事。

費用が高くなっても余りある役割をしてくれるのは・・・・

その点に長けたているのはどこの会社?




そんな目で業者さんを見てみる事も有効なチェックポイントなのかも知れません



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします










Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社が儲からない理由

忙しい

ふ~む 





今回の記事は何とも・・・・・・刺激的なタイトルですね 




ま、わが創造社が儲からないのは今に始まった事じゃありませんし 

あんまり気にした事ないというか・・・・・・

こんな状態が私の知る限り、20年くらい続いてますからね 






はっはっは







気にするだけ無駄です 





と、いっても 

あんまり利益の出ない会社 イコール 悪評高くて信頼のない会社って

思われてしまうと困るんですけど・・・・

今回は「儲かる」っていう価値観も人それぞれっていうお話です。




僕らの背景から言えば

創造社は伝統的に銀行さんからの借り入れとかがありません。

事務所と作業場も自社所有。

社員全員の住いも、み~んな分譲です。





と、いうか親父が社長で、兄貴が同僚の・・・・・・

ひらたくいうと家族経営でして。




給料未払いのひとつやふたつ







ごめん 







の、一言でケリがつく会社です 






さすがに生活できる分くらいの給料はもらっていますけど

返済も家賃もない状態での金額ですから、最低限の額って言ったら

大した額にもなりませんよね。




そのへんが価値観っていうか・・・・

他の会社さんでいったら、まさか僕らみたいな低賃金で人間を雇う事なんか

できないでしょうし、事務所を借りる家賃も必要になるでしょう。

運転資金として借り入れがあるのならば、毎月の返済費用だってかかります。

っていう事は、これだけの「儲け」なり「利益」をださねば

会社そのものが成り立たない 

だから「儲ける」事こそが大事なわけで、それは一法人のあるべき姿として

健全であると思います。



そういう意味で創造社は恵まれている、と言えるのかも知れませんし

利益追求が本来である法人としては不健全であるともいえると思います。


他社さんなり、ゼネコンさんの監督とお話をする中で

その点を一番実感するのは何といっても「現場の掛け持ち」です。

この業界の監督さんだったら、普通 現場は少なくとも2~3は掛け持ちで

同時進行であちこち飛び回るのが 当たり前。

逆に言えば、そうしない事には「利益」があがらないのが

今の業界構造なんだと思います。




僕ら創造社で・・・・・

現場を掛け持つ事が全くない訳ではありませんが、

そういう時って本当に苦手です 




性格もあるんでしょうけど、頭の中に全部はいる位のキャパでないと

何かあった時にすぐ対応ができませんし、

ぶっちゃけ 集中ができません。

あ 








性格というか頭が悪いのかも知れませんね 






だから現場をいくつも・・・・・

まして僕らが通常やるような現場より大規模な工事を掛け持ちしている

他社の監督さんってすごいな、ってホントに思いますよ。

そうでなきゃ利益なんか本来、あげられないんでしょうね・・・






だから創造社はボンビーなんです 





でも、会社としての利益は少なくとも 時間をかける分

お客様とじっくり向かい合って仕事ができる事。

それは僕らみたいな不器用な人間にはホントに幸せな事なんです。



だから



自分は創造社が大好きです 





絶対にこんなマイペース野郎を他の会社で雇ってはくれないと思います 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします










Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

現場での礼儀作法

礼儀

建設業界での・・・・・・・・礼儀作法について一つ。 


もしかして建設現場って

暴走族上がりの茶髪のお兄ちゃん。


はたまた


金チェーンぶら下げたパンチパーマのおっさん 




そんな人ばかりだと思っていませんか? 











そこのあなた 










よく知っていますね 






そんな人ばかり、っていうのはオーバーですけど

多い事は事実ですかね・・・・




以前にも「町場」、「野丁場」っていう話をしました。



由来は知りませんが

「野丁場」っていうのは、いわゆるゼネコンさんの現場などを指す言葉。

大規模なビル建設現場など全体をフェンスで囲まれて・・・・

一般の方は立ち入る事が出来ない現場が「野丁場」っていう

「括り」でもいいかも知れません。



対して「町場」というのは、一般のお客様のお住いなり、お店を工事するような

町の中での現場ですかね。



茶髪とか金チェーンとか・・・・・・



どっちかというと

「野丁場」での仕事をメインとしている建設屋さんに多いです 



こんな事を書くと 野丁場サイドによりブログ炎上もんの発言でありますが

決して卑下しているとかではないんです。

無理ないというか・・・・・




前述のように野丁場の建設屋さんというのは、一般のお客様とは

隔離された世界で働くことを生業としている方たち 



その中で生きている人たちの立ち居振舞いが一般の世界からみて

違和感があるのは まあ当然の事といえますよ。

「仕事」ができれば、それでいいんです 



逆にいえば そういった一般社会の慣習が煩わしくて

野丁場をメインとしている職人さんたちもいるんです。

それは悪い事なんかじゃないと思います。



対して僕ら「町場」の業者は一般のお客様との関係の中で

仕事をさせてもらっている立場。

どうしたって茶髪だ、チェーンをぶら下げたような出で立ちじゃ

お客様にいい印象をもってもらえません。



不潔な作業着も失礼にあたると思っていますし、

言葉遣いだって大事な事。



「仕事」さえできればいい、って訳にはいかないのが

「町場」の仕事なんだと思っています。



でも・・・・・・・





意外と思われるかも知れませんが、

それが「野丁場」であれ「町場」であれ 


礼儀作法には人一倍厳しいのが建設業界なんです。



朝の挨拶はもちろん、夕方引き上げる時には

その現場にいるすべての職種の人たちに・・・・それが他社さんで

自分と直接かかわりがない職人さんであれ、



「○○屋さん、すみませんが、お先に失礼します」 



は必須です。



文章でのやりとりなんか あり得ないのが現場でのコミュニケーションですから

声を張った大きな声での挨拶は本当に大事な事なんです。

新しく入った若い子なんかは、まずそれを教え込まれますね。



経験が浅くて仕事が出来ないのはしょうがない事。

でも、大きな声でのあいさつができないようでは

作法に厳しい建設業界では誰にも可愛がってももらえません。



高校中退だったり、集団の中でのコミュニケーションが

まだ未熟というか、その術をまだ知らない若い子もいますが

とにかく命が惜しかったら挨拶だけは、きっちりした方が得です 





野丁場で気の短い職人さんなんかだと、トンカチが飛んできたりしますからね 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします