株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

年末年始 営業日のお知らせ

ゴアイサツ

創造社のホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。

年内の営業日は、本日12月27日までとさせていただいております。

来年度は1月6日より営業をいたします。


メールでのお問い合わせをいただいたお客様にも、ご返信は年明けと

なり大変ご迷惑をおかけしております。

何卒ご理解の程よろしくお願いします。



2013年も皆様のご愛顧をいただきました事 大変ありがとうございます。

来年度も創造社一同 皆様に身近なリフォーム会社であるよう一層の努力を重ねる所存です。


皆様方もよいお年を。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

2013年の総括

オオミソカ

創造社の年内営業も一応は今週いっぱい。

明日はそのお知らせという形のブログ更新となると思いますので

2013年の総括という形で、今年を締めくくりたいと思います。



2013年・・・・・・



このホームページの開設も来年1月で丸2年になりますが、この2年間。

色々なお問い合わせをいただき、またたくさんのお客様との出会いもありました 



従来、新規のお客様とのお取引には あまり積極的ではなかった創造社ですので

ホームページの開設以来は慣れぬといいますか・・・・・



正直、緊張しっぱなしだったのが1年目でした 


そういう意味でも2年目の今年。

少し余裕をもって、お客様と接する事ができたような気がします。


ホームページからのお問い合わせ・・・・・今年も色々なとこに行きましたねえ 




ブログで紹介したお客様もいらっしゃいましたし、それ以外のお客様も。

港区が中心でしたが、杉並区、渋谷、新宿、世田谷、文京区に葛飾区。

江戸川区のマンションもありましたし、上野は・・・・・台東区か。


雑色って・・・・大田区ですね。


23区内をけっこう・・・・・・あ 品川の家具工事もありました。



え~っと、1,2,3・・・・



おお 



23区中の10区を制覇している 




神奈川のお客様もいらっしゃいましたし、

今ぱっと思いつく現場だけなんで、まだまだあるのだと思います。



さっそく中野のレストラン忘れてました 


ごめんなさい、店長 



それとは別に従来のお得意先様からのご発注、友人のツテなどからの発進などなど。

こう書いていると、ものすごく忙しかったみたいですけど・・・・




う~ん




忙しい時期も多かったですけど、やっぱり暇な時期もありましたね。

まあ、今年に限りませんけど そのへんはやっぱり自営業の宿命みたいなもんです。

今更、驚きません 



来年はどうでしょうかね・・・・



オリンピック招致や増税の駆け込み需要。

公共工事の増大やリフォーム市場の拡大という政府の政策も本格化するようですし、

震災の復興も土木から、いよいよ僕らのような仕上げ業者の出番のようです。

僕らが出張するという事はないでしょうけど、関東での人手不足がどう影響するか・・



色々と気になるニュースも多いですけど、まあ今のままの創造社でいられれば

それが一番です 



来年も色々なお客様との出会いとドラマがあるといいですね。



あんまり2013年の総括になってない?







そのようですな 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

全員悪人!

アウトレイジ

僕が創造社の仕事をはじめて少しした頃・・・・もう10年も前になりますが、

今でも後味の悪い思い出があります 




とあるお客様から新規でお問い合わせをいただいたのですが、

現場の下見をお約束し、実際お会いしてみたら、何というか・・・・・その・・・






まあ、どうみても背中に絵が描いてあるような人なんですよね 




現場も何だか、あやし~いビルで誰も住んでおらず・・・・

今度、自分のトコの会社をここに移転して、社員もここに住むので

ビル全体をリフォームしたいというお話だったんです。



会社を移転するのはいいですけど、社員が住むて・・・・






それは完全に組員でしょう、と思うのは僕だけでないと思います。 




さ~て、困りました。


仕事自体は、そりゃあ何百万にもなる規模ですし 小さなものではないですけど

こういう場合、むしろ小さい規模の方がいいですよね 



無下に断って、いじめられるのも嫌だしなあ 



かといって、とっても関わりあいになりたくもないですし・・・






う~ん・・・・・








よし 







ここはひとつ・・・・・・・・サクッと 









ぼったくろう 




こうと腹をくくった創造社の仕事は早いです。




もう翌日にお電話かけて、御見積もりができましたのでお会いしたい旨を伝えました。

さっそく御見積書をお渡しして・・・・・



まあ、100万の工事を300万位にして計算してますからね。

そりゃ顔もひきつりますよね 







安く・・・・・・なんない?







全然なりません  




そうですか、高い?

高いかあ・・・・・・いや~・・・・・・・・・・残念 



ないと思いますが、またの機会という事で 



では  




それ以来、2度と連絡は来ませんでした 

まあ、今でしたらそういう団体と知って取引をすれば僕らも罰せられる法律もあります。

当時の事とはいえ・・・・




ヤ○ザからボッタくる男として、創造社の伝説の1ページを飾ったエピソードでした。

まさに全員悪人 

はっはっはっはっは!





ごめんなさい 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキグページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

自分たちにとっての東京タワー

トウキョウタワー

東京タワーのお膝元・・・・港区三田で創業40年。



僕らが勝手につけた創造社のキャッチフレーズなんですが、ちょうど昨日。

12月23日は東京タワーの開業55周年にあたる日なんですね。




55年・・・・・ふ~む。



創造社の創業は正確に言うと1969年なので44年 




ふ~む









そんなに変わらないんですね 




まあ、開業以来1億7千万人の来場数を誇るタワーと比べるべくもありませんが

創造社にとって東京タワーは共に歩んできた仲間のような気もしています。

先輩かな・・




「ALLWAYS 三丁目の夕日」


「東京タワー オカンと僕と、時々オトン」


高度成長期の象徴として映画などでも、その存在感を誇っていたタワーですし

東京のシンボルとして観光スポットでも有名です。

スカイツリーの開業に伴って、一時期は存続も危ぶまれた東京タワーですけど

何だか逆に人気が高まっているようですね。



そんな東京タワーですが、生まれも育ちもここいらな僕にとっては・・・

何と言うか、身近な遊び場っていうイメージです。

通っていた小学校はタワーの真下にありましたし、学校終わりには友達と毎日のように

遊びに行っていました。


お金はもってませんから、展望台には登れませんでしたが

受付のお姉さんに遊んでもらったりしていましたね


お菓子もらったり・・・・


わざと迷子のアナウンスをしてもらって、

自分の名前を館内に響かせて喜んでたりしていました 



方向音痴の私ですが、タワーが見える限りはそっちに歩けば

何とかなりましたし、そんな意味でも人生の傍にはいつも一緒みたいなイメージです。


地元ですから、タワー建設時の世代にあたるお爺ちゃんから話を聞く事も多いですし

色々なエピソードも聞いた事があります。


タワー建設当時、毎日のように現場の職人さんたちに

ラーメンを出前していたという少年が今では地元の老舗店のご主人。

現在でも当時 タワーの建設に携わった職人さんがお店にいらっしゃるそうです。

冬場の現場で食べた味が忘れらずに・・・・なんておっしゃっる方もいるそうな。



赤いペンキを塗る塗装工事の時期。

マル秘エピソードですが、強風の日は地元に赤い雨が降ったそうです 

今でも、その屋根を記念だといってそのままにしている方なんかもいるんですよ。





笑い話ですが、ゴジラにタワーが踏みつぶされた時にはスクリーンをみて泣いたもんです。

だってアレ、絶対に僕の家もなくなりましたもん 




そんな幼いころから身近な東京タワーですが、やっぱり地元ですからね・・・

現在も仕事で出入りをさせてもらう事があります。

タワーのご担当者の課長さんも定年を迎えられて、現在は後任の方となりましたが

今でも毎年、年賀状をいただいています。


業務上の秘密なので、あまりはっきりは言えませんが・・・・

東京タワーのあちこちには何気に創造社の仕事がしてあるのです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

極道の妻たち・・

えんまん

僕らの業界 

いわゆる建設業界の中でも、職人さんたちっていうのは意外なんですけど・・・・





家庭円満の方が多いです 




いや、意外って言っちゃあ失礼なのかも知れませんが


だって、ほら 



「職人」っていうと学歴もあんまりなくて、ギャンブル好きで?

女性関係が派手で・・・・・・金遣いも荒い 



そんなイメージがなくもないと思うんです。

まあ、昭和のイメージと言えない事もないですけど・・・・


けっこう今の職人さんでもそんな人多いですよ 






だから普通のご家庭の基準からすれば、いいパパからは程遠いのかも知れませんが

まあ、何といっても職人さんに嫁ごうという方々ですから・・・・・ある意味




奥様が普通じゃありません 





やっぱり収入も不安定なのは職人さんの宿命ですけど、

まあ、みなさん逞しいです 


納税の季節には、毎年 税務署に殴り込みをかける奥様もいらっしゃいますし、

米がなければ麺すすれ、というマリーな奥様も珍しくはありません 


ここで一句 




夏場なら・・・・・・











ガス代払わず大丈夫 




という、東京ガスもびっくりの奥様もいらっしゃいます 



月末に夫婦でパチンコ屋で勝負をかけるバカ野郎もいますし、

うちの母親にいたっては、金がないなら飯をつくらなくていいからね・・・・



ラッキーだわ 


などと、よくぬかしていました 




でも、何というんですかね・・・・

やっぱり普段から苦労をかけている分でしょうか

職人さんはみんな奥様を大事になさっています。


少なくとも僕の周りで、離婚などをされた職人さんって一人もいません。


むしろ僕のような現場監督さんって離婚される方多いですね 



その違いって、何でしょうかかねえ・・・

やっぱり職人さんって、よくも悪くも「裸」なんです。



僕ののような仕事であれば、スーツを着る事もあるし、かっちょいい飲食店の工事を

請け負う事もあります。

時には数千万という金銭を動かす事もあります。

それを人に話せば、それなりにスゴイね、って言ってもらえるかも知れません。


でも逆にいえば、その中で自分が見えなくなるっていうか・・・・

数千万というお金だって何も自分のものではありませんが、

そんな中でなにか等身大の自分を見失いがちになる事があるような気がします。

年金機構での職員の横領事件なんかも、その類なのだと思います。



その点、職人さんて言うのはシンプルですよ。

自分の腕と経験 



たったそれだけで、世を生きている人たちなんです。

何にも飾っていませんし、いつだって等身大で・・・・・

そんなトコに奥様も惚れてるんですよね 



だから・・・・・


いつも、うっというしい程にラブラブです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします。









Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

引退の時・・・

タナカリエ

先日、新体操の田中理恵さんが現役を引退されるというニュースを見ました。

23歳で世界デビューを果たし・・・・・ふ~ん・・・・ 




今は・・・・・











26歳 





この法則なら、私なぞとっくに縁側でお茶をすすらねばいけない年齢ですが・・・

まあスポーツの世界ですからね 


ボクシングの世界などでは・・・・30歳前後。

野球ですと長い方で40歳代までは続ける方もおられます。

キングカズさんなども、もう40代の後半ですもんね・・・。



自分もスポーツは好きなので、過去に有名選手が引退される様を幾度もみてきました。


体力やメンタルの限界を感じ、自ら一線を退く方が多い一方で、

成績が残せずにチームから引退勧告をうけるという選手。

また過去の古傷の悪化などが原因となる場合も多いと思います。



一方で、サッカーの中田選手やK-1の魔娑斗選手のように

自分の中で満足いく結果を残せた事で、第2の人生をスタートさせるタイミング・・・

それは今だったというコメントを残される方もいらっしゃいます。




スポーツの世界、仕事やビジネスの世界。

そのちがいはあれど、

もし自分が創造社の仕事を引退するのは、どんな時なのであろうと思います。



どんな時・・・・・自営業も同然の創造社ですから、決まった定年はありません。

もちろん、今はそんな事が考えられない程ですから、自分も元気なもんです 


ただ、まあ・・・・

前身である「矢野機甲社」の創業からはもう50年に届こうかという創造社ですが

創業者の親父までもが、未だにちゃっかり元気ですからね 


いずれ来る親父の引退というものが、自分の引退にも一つの基準になるとは思います。

何歳でなのか・・・・・・また、その時の心理はどういったものなのか?

悔いのないものであるのが、もちろん理想です。



でも、あんまり考えないというか

ガムシャラに今、目の前のある事やちょっと先に見据えた目標に向かって走れば・・・



結果はあとからついてくる 




あと、肝心なのは・・・・

どんな結果でも受け止められるメンタルの強さを身につける事ではないかと思っています。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

忘年会シーズン?

ボウネンカイ

12月も中旬を迎え・・・・・世は忘年会のシーズンですね 

1年のよかった事、悪かった事 

そんな色々な思いを気のおけない仲間とお酒とともに・・・・



こんな習慣あるのって日本だけなんですかね~




わが創造社も。

お取引先からご招待をいただいたり

仕入れ先や下請けの職人さん達を招いての・・・・・・大忘年会 


そんなシーズンで忙しいのでは?

って言われる事もあるんですけどね・・・・・・・はっはっはっはっは 









忘年会ありません 




お得意先の担当者と個人的に飲みにいくっていうのは無くはないですけど

それすら、ほとんどありませんし・・・・・職人さんたちを招待して?


いや~







ない、ない 






うちの下請けの職人さんたちは、みんなもう長い付き合いになる人ばかりですけど

お酒を共に、っていう方はほとんどいません。

この業界では珍しいのかもしれませんけど、現社長である親父の方針というか・・・

なんか表で飲むのが嫌いらしいんですよね 


ま、それもあるんですけど、あまり仕事上の付き合いをする職人さん達と

なあなあになりたくないってのもあります。

だから、お中元もお歳暮も職人さん達からは受け取らないと昔から伝えてあるんです。




お酒飲んで、ぶっちゃけた付き合いをするのも悪くはないと思うんですが

仕事する上で変に情がでてしまうのもマイナスになりますし

だからといって、ビジネス上の冷たい付き合いか?っていうのも全くありません。


個人的に仲の良い職人さんとであれば、そういう付き合いもいいとは思うんです。

でも会社として・・・・創造社として宴会の場を設けるっていうのはした事がありません。

それで親睦を深めるのもいいですけど、やっぱり普段の仕事をする中で

態度で示し、それで職人さん達が創造社を慕ってくれるのが一番だというのが

うち親父のポリシーなんです。


うちの職人さん達は、本当に付き合い長いんで・・・・

みんなそんなポリシーをわかってくれてる人ばかりです。



固物っちゃ固い考え方なのかも知れませんね。









まあ、この宴会シーズンまっただ中・・・・






本当はちょっぴり寂しいですけどね 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

下請けさんの現実 その2

zu.png

僕ら建築業界の構造として、問題視される事。 

それは ↑ のような複雑な発注形態がまかり通っている事があります。


単純であるべきはずの・・・・・・



リフォームをしたいお客様 → 実際に作業をする職人さん。



本来、それだけでいいはずの発注形態に、

冗談ではなくこれだけの中間業者がはいり

そのマージン分の費用がお客様のご負担になっている事も珍しい事ではありません。



先日もインタビュー形式で、塗装職人さんの厳しい現状を訴える記事を書きました。

その文中にもあったように、チャートの右はじにあるような5重の塔状態はザラですし

ここに「設計事務所」さんなどがはいった日には、そりゃもう・・・・・



それぞれが仮に10%程度のマージンをとったとすれば

お客様にとっては単純に費用60%増しという計算になるんです 

100万円で可能な工事が160万・・・・

ちょっとびっくりな数字ではないでしょうか。




もちろん中間の業者それぞれが全く存在意義のないものとは思いません。

実際、ぼくら創造社も・・・・・チャートでいえば左から2番目になりますが

お客様と職人さんの間にはいる事はあります。



意匠的に凝ったリフォームをお考えの時は「デザイン会社」も必要ですし

数千万という大規模な工事の時は、大手業者をはさむ事で「安心」という心理が

働く事もわかります。



言いたいのは・・・・・


適材適所をよく見極めるということでしょうか 


本来、仕事は直接 職人さんに頼むのが1番なんです。

どんな営業マンや設計の人間よりも「現場」の事をわかっている人たちです.

その経験則は机上の理論や、マニュアルなんかよりはるかに実戦的なものです。


でも、職人さん達はえてして「営業」が不慣れであって

なかなかツテでもない限り、連絡を取る事も難しいと思います。

自社のホームページなんて興味ない、という強者ぞろいですからね 



自分の作業分野に集中するのが生業の人たちですから、諸々の手続きであったり

緻密な費用の計算。

自分以外の他の職人さんをまとめる全体的な段取りというのも不得手です 


これは、その職人さんに管理能力がない、とかいう話じゃないんです。

職人さんはあくまでも「作業」に専念してもらった方が、結果的に効率もいいんです。

「作業」が他の職人さんのスケジュールを気にしながらであったり、

費用にとらわれすぎとなってしまったり・・・・

そこにお客様とのコミュニケーションを図りながら、となると作業自体の効率が悪く

全体の工程にも影響がでてしまいかねません。



だからこそ僕らのような業者が存在するのもあります。



お客様 → 職人さん。


再三になりますが、本来は単純でいいはずの形態をあらためて肝に銘じた時・・・

創造社として何をしなければいけないのかが、明確になってきますよね。



まあ・・・・



僕らも半分は職人会社ですからね。

zu.png



↑ チャートでいくと左から1・5番目くらいなんで そういう職人さんの気持ちが

よ~くわかるんです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします。










Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

下請けさんの現実

ナヤム

先日、購読させていただいている業界紙にこんな記事がありました。


               
              ~塗装現場の今 ~下請け職人の現実~ 

塗装業界の下請け職人が過酷な仕事環境にさらされている。戸建て一棟あたりの請け額が材料込みで30万円は当たり前、ひどい場合は15万なんてケースもある。そうした中、赤字を出さないために手抜き工事をせざるを得ない状況に追い込まれている。塗装業界で働く2名の職人と、塗装会社社長、さらに塗料販売会社社長の4名に集まってもらい、塗装の現場の実情を聞いた。

URL http://www.reform-online.jp/interview/3776.php


実際に現場レベルで仕事されている関係者へのインタビュー形式のものであるのですが。

現実は過酷なものですね・・・・。




僕ら創造社のようにエンドユーザーであるお客様と「直接」という形でなく、

お客様 → ハウスメーカー → 塗料メーカー → 中間リフォーム業者 → 職人さん。

といった5、6重の発注形態も珍しい事ではないようです。

それにしても職人さんへの支払いが1棟で15万て・・・・・





ちょっと信じられない額ですね 

請負主がハウスメーカーさんであれば、はっきり言って僕らのような町場の業者で

仕事を請け負った方がトータル金額は安価のはず

にもかかわらず、

職人さんへの支払いは僕らの・・・・下手すりゃ1/2程度であると思います。



この記事にもありますが、職人さんだって生活がかかっています。

諸々かかる経費の上に、1日分の労務賃にすら満たない支払額では、

工事の手を抜くしか道はありません。


外壁塗装の3回塗りという契約のところを、2回しか塗らない。

既定の量以上に塗料を薄めて強引にのばして塗る、など・・・・。

それでとりあえず現場は収まるでしょう。

でも・・・・・


3回塗りを2回としてしまえば、耐久性や見た目にすぐに影響がでます。

まして規定以上に薄めた塗料では本来の防水性能や遮熱性能も発揮できません。


建築業界では元請け、中間業者の不当な金額の搾取による手抜き工事は

今にはじまった珍しいニュースではないのかも知れません。


こういうニュース見るといつも思うんです。



こんな工事をして・・・・・・

その場はよくとも、年数が経つごとに手抜きが露見するのは、ほぼ確実なわけで。

そりゃあ、中には気付かないか、気が弱くてクレームとしないお客様もいるかも

知れませんけど・・・。

そんなクレームありきの商売が長い目でみて、一体何になるのだろうという疑問です。


もっともそういった会社のほとんどは、派手に広告を打って 

裁判を何件もおこされては、会社をたたみ・・・・社名を変えてまた同じ事をする。

というサイクルを繰り返しているといいます。

長年、お客様からご愛顧いただけるような会社を目指していないのかも知れません。


地域密着の営業をしている僕らのような町場の業者では、

地元エリアのあちこちでそんな悪評が立つ事はもう会社としての命取りです。


派手な広告、目を引きやすいキャッチフレーズ。

幅広く営業エリアを謳い、設立年数の浅い会社。

全てのそういう会社がそうである、と断言はできませんが

職人さん達の間でも悪徳では? と警戒されるリフォーム会社の特徴ですね。



アクセスありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

営業マン必読?

ザッシ1

突然ですが・・・・・・このブログ執筆担当の私こと矢野 

名刺には「営業企画」という肩書が記されております。


ブログ2年近くも書いておいて、まさに今更のカミングアウトですが 

一応は営業マンでございます  




それはどうでもいいんですが、いや~・・・・・・




驚いた 




知ってました?






最近、創刊された雑誌なんですが・・・・・













こちら

ザッシ

リフォームセールスマガジン 


なんかリフォーム会社の営業マン向けの雑誌らしいんですよ 



ちなみに


2014年 特集予定
•1月号 ... 主婦が満足する家事楽リフォームの法則
•2月号 ... クレームゼロの外壁塗装
•3月号 ... リフォーム実務に役立つ資格
•4月号 ... コレだけは押さえておきたい 新人営業マンの教科書
•5月号 ... 目標達成する営業マンの手帳
•6月号 ... 契約率がアップする メーカーショールーム活用術
•7月号 ... 必ず成功する集客の仕掛け
•8月号 ... 提案に差がつく!ペットリフォーム
•9月号 ... 女性が活躍するリフォーム会社
•10月号 ... 比較で分かる 使いやすい収納 使いづらい収納
•11月号 ... リピーターを続々と生み出す 顧客管理法
•12月号 ... 知らないでは済まされない バリアフリー再入門



という内容も充実した一品。




う~ん・・・・・











微妙 






まあ、他の会社さんの営業マンってどんな営業してるの?

っていう興味はありますけど・・・・

お客さんにこんなもん読まれたらマズくないんですかね 




う~ん・・・・

















買ってみるか 



アクセスありがとうございます


にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

自由もつらいよ・・・^_^;

サムライ

ところで わが創造社 


一応は株式会社ですので、自営業という言葉は正しくないのかも知れませんが・・・・

ま、自営業みたいなもんです 




自営業 → 自由業なんて言い方もありますが、確かに細かな就業規則が

あるわけではありません。

朝の出勤時刻だって厳密に決められているわけではありませんので

昼ごろに出勤したって誰からも怒られれません。


これを普通の会社にお勤めのサラリーマンの方がみれば







うらやましい 

と、思われるかもしれませんが・・・・・・・



逆に言うと終業時刻も決まってないんで、残業手当なんてものは存在しません  


 
まあ、よくも悪くも「自由」であるのが自営業なわけなんですが、

規則に縛られていない分、自分を律するのはもう自分しかいないわけで・・・・

自身の心が折れた日にはもう・・・・堕落への特急エクスプレスです 



1年に数回、心が折れそうな事もあるんですが 

そんな時意識するのは.....


「自分は何者だろう?」



「何者でいたかったのだろう?」。




っていう事ですかね。


自分の中に、改めてそれをセットし直すというか・・・・

この業界ですから「職人」という価値観をもつ人もいるでしょうし、

設計などに携わる人間であれば「建築家」という芯を改めて意識し直すかも知れません。



自分は何でしょうね・・・・・

ちょっと空手をかじった事があるので「武士道」っていう価値観はもっていますし

やっぱり「経営者」っていう芯を持っていたいとは思っています。


心が折れて自分を律せなくなりそうな時.....改めてそれを思うんです。


「武士道」という価値観に照らし合わせて、今 自分はどうするべきなのか?

心が弱った気がする今 「経営者」としては、どう自分を処するべきなのか?


そう考えた時に自ずと答えは見つかるような気がするんです。

もちろん人間ですから弱気もでますし、甘えもあります。

でも・・・・・



自分が自分の中にセットした価値観は、絶対に裏切らないという事を心がけています。

どんなにつらい時でも卑怯な振る舞いをしない事。

最後は腹切って責任をとってやるという気持ち 



まあ・・・・・

その度に切腹してると腹がいくつあっても足りないんで、気持ちの上で 



 

「経営者」として・・・・・これは親父でもある社長の教えもあります。

ビジネス本にある「経営者」としての振る舞い方もあるでしょう。


人間は誰でもそうかも知れませんが、

自分の中にその人なりの価値観をセットしているんだと思います。


自分で自分がわからなくなってしまった時・・・・・

そんなリセットをする事も有効だって心がけているんです 



アクセスありがとうございます


にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者さんかのランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

色見本について

イロミホン1

リフォーム製品ってわけではないんですが・・・・

僕らの仕事、特に塗装工事の際には欠かせないアイテムである「色見本帳」です。


現在と寸分たがわぬ同じ色を、探す場合

あるいは異なる色に塗り替える場合にも。



そのお客様が脳内イメージされている色に最も近い........

理想のカラ―を見付けるのにも役立つアイテムですね。




ちょっと拡大してみますと

イロミホン

こんな感じ 


単純な使い方であれば、この中から近いものを選ぶだけなのですが

例えば細かいチョイスをする場合などに



う~ん 

このグレーもいいんだけどね・・・・・・もうちょっと明るめがいいかな。 




これか・・・・・もうちょっと鮮やかな感じだといいんだけどね~




っていうレベルで色をご検討されたい時には

イロミホン3

このように、その色の性格を表す数値が記載されているんです。




それぞれの記号には意味があり・・・

イロミホン2

Y-GYというのはYellow(黄色)とGreen yellow(黄緑)の中間。




その横の記号はマンセル値といわれ

イロミホン5

と、細かく色の性格を表す数値が記載されています。

明るさをもうちょっと下げる・・・・と言えば7を6に。

鮮やかさを上げたいのであれば、1から2に変更をして色を見ていきます。



もう一つの使い方として、現場での「調色」を行う際に使います。

基本的には、この色見本帳の番号を材料屋さんに頼めば、届けてくれるんですが

たしか最低でも3kg缶で頼まなければならないんです。


さほど㎡数のない現場であった場合には、塗料が余って無駄にもなりますし

ちゃっかりメーカーさんには調色費もとられます 

もう計量カップで正確にマンセル値を配合するという意味ですので、

まあ、やむを得ないといえばそうなんですが・・・



そんな時、ベースとなる「白」の塗料に各色の調色材をまぜて、

選んだ色見本のカラ―を現場で再現するという技があります。

これは......本当に塗装屋さんの腕のみせどころなんです 



そんな時にも色見本帳は役立ちますし、

なんというか、だんだん見えないものが見えてくるようにもなるんです。

例えば・・・・

イロミホン6

パっと見は誰が見たって・・・・・・・グレー?

よ~し、白と黒を混ぜれば完成だね 









 



・・・・・・・でなくて、この色だと少し「青」がはいっていますね。

なので正解としては「青みがかったグレー」だと思います。


なんでしょう・・・・こんな具合に単色にみえる色でも、その中にある少しの・・・

他の色のニュアンスがわかるようになるんです、

私なんてまだまだですですけど。




だから本職の職人さんが・・・・・




「え? それに赤をいれますか 


なんて場面もしょっ中ですが、これがビシッと同じ色になるんですよね・・・



この現場調色は本当にプロの技ですね。

塗料というのは乾燥すると若干色が濃くなる事がありますので、

その分も計算して少し薄めにするんです。


現場が電球色の照明である場合と日光であった場合にも「見え方」が変わってきますし・・

その差引の計算って、これはもう経験でしか得られぬ技術ですね。


うちの塗装屋 政明君もこの技に関しては脱帽のスキルをもっています 



悔しいので 




あれ?・・・その色ちがくない?

その色なら.....もっと黄色が入るだろ~



とか、意見するんですけどね......











まあ、滅多に採用されません 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

透視する力?

コウゾウ

考えてみれば不思議なこと 


例えば、お住まいの天井からポタ、ポタと水が垂れてきた・・

いわゆる漏水修理の下見に僕らが伺ったとして、

その水が漏れた部分の天井をみれば・・・・・大概すぐに原因はわかります。



それは極端な話、天井裏を覗かないでも・・・・・・・・・です 

お客様からすれば不思議っちゃ、不思議かも知れませんね。

矢野さんって・・・・








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トウシ

ちがう、ちがう 






一言で言うなら「理詰め」・・・・というか「段階的な」推測でしょうか。







それがマンションであれ、一戸建てのお住まいであれ、天井から水が漏れた 


マンションだったらまず上の階からの漏水という事が考えられます。

水場・・・・・キッチンやバスルームは原則、上階と同じ位置にあるはずですので

水漏れしたのが下階のキッチンやバスの天井であれば、上階で水を派手にこぼしたか・・・

上階のキッチン、バス配水管からの水漏れといういう線が濃厚です。





そうじゃなかった・・・・





それがベランダ寄りの部屋であった、外壁沿いの端の部屋であるのならば

外部の雨水の侵入という線が考えられます。





配水管の漏れでもなく、外部からの雨水でもない・・・・





次に考えられるのは、例えば空調配管や給水管の「結露」です。

真夏などで天井裏の温度が上がっている状態で、天井裏にある配管自体が冷えると

温度差で水滴が生じます。

防止するために配管には保温材が巻いてあるのですが、その保温材の劣化によって

「結露」が生じているという事が考えられますね。


挙げればキリがないのですが・・・・・・・・



天井に染みだした水は透明であるのか?





錆をふくんだ赤っぽい水であるのか?






いや、汚れをふくんだ黒っぽい水ですか?





いつから漏れ出しのか?





漏れている量は?






そのいずれかによっても、結論への推測はせばまっていきますし

そんな脳内作業の中で原因の追及をしていっている、というのが正解です。

目から変なビームだしてる訳じゃありません 





こうした段階的な推測って、何も漏水に限らず何の工事でも同じです。



先日も以前に工事した店舗から、天井の照明がつかなくなったと連絡があったんです。

こんなヤツ。

ショップライン

レールに何個かのスポットライトをいれる いわゆるショップラインです。


お電話でお聞きしたのは以下のこと。


1、ブレーカーは落ちていますか?



2、球切れではありませんか?



3、つかないのはそのレールだけですか? → そのレール一本だけ。



3、そのレールについてる全てのスポットライトがつかないですか? → その通り。




3、いつからですか? → 朝はついていたのに、昼から急に・・・・ですね。




わかりました 



電気の仕組みなんて、そういう意味では単純です。


配電盤から電線で電気を天井までひっぱり、スイッチを経由して照明器具に

電気を送る・・・・・それだけです。

今回の場合はレールに電気がおくられていて、そのレールにはめこまれた

スポットに電気を分けているという理屈。



配電盤の異常や漏電などであればブレーカーが落ちるはず。

そうでないなら電流は供給されている理屈です。

→ ブレーカーは落ちていないと聞いています。



さらに異常がそのレール全部のスポットライトに・・・

せ~の、で同時に一斉におこるとも思えません。

イコール スポットライトの異常という事は考えづらい。


残るはレールか・・・・・といっても誰もさわる訳でもないレールの

ましてその一本だけ急に異常がおきるとは思えません。




ならもう・・・・・・はい 


残るはスイッチの異常という線です。


ショップラインは基本、照度を調整できる調光スイッチを用います。

店舗ですし、毎日のように調整のつまみをまわしていた事を考えれば

劣化というか、スイッチに何等の異常がおこり電気をそこで止めてしまっている。




という訳で、新品のスイッチを用意して伺い・・・・・見事的中!

作業時間5分にて完了しました 




経験則もありますけど、この「推理力」

リフォーム業者にとっては必須のアビリティなのです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お弁当男子?

オベントウ

冒頭からお目汚しの映像ですが・・・・

私の今日のお弁当です 



ごはん・・・・しめじ、まいたけ、しいたけ、キャベツの炒めもの。

さらに豆腐ハンバーグに梅干しをトッピング。 

ヘルシーだす。 
 

一食には10品目?を摂取しなさいとの、教えを意識して作るのですが

なかなか難しいですね・・・・今日は7品目くらいになるのかな。




現場に出てしまうと、どうしても外食になってしまいがちなんですが

色々な意味もあって、こうしてお弁当を持っていく事もあります。

色々な・・・




まず 




ダイエットのためですね 


行く現場にもよるんですが、なかなか魚定食とかって外で食べられませんし

えてして、牛さんや豚さんが乗った丼になりがちです。

じっくり散策する時間があれば、いいんですがパッと目に入るのって

大体、オレンジ色の看板だったりするんですよねえ・・・・・いかんだす 




理由その2 



そりゃもう、節約ですよね。


ん?

マック

あ、どうも 

いや、おじさんのトコ 安いんスけどね・・・・・・・チキンクリスプ100円?

いいけどね。









太るでしょ 




それに大人数の職人さんとの一緒に外食となった場合、

監督としての立場上、伝票がさりげなくこっちにまわってくる事があります。

あ・・・・・・・・・せこいと言わないでください。





けっこうシャレにならないんです 






あの野獣どもは・・・・・私がラーメンの大盛りにとどめているというのに

ライスと餃子をつけやがったりします。

自分をいれて4人とかだと、余裕で一食4千円近くふっ飛びますし、

こんなんが1週間つづいて日には・・・・創造社の利益なくなる事ありますからね 

 
特におなじみ塗装屋 政明君と一緒の現場は危険です。 



やせの大食いの上に・・・・グルメなんです 

私の財布的に、非常にノ―ランチ願いたい男です。



巷ではお弁当を手作りする男を「お弁当男子」ってな言い方もするらしいですね。

お昼時に私がお弁当をひろげていると、お客様に矢野君ってマメなのね~って

よく言われます。



ありがとうございます 





でも・・・・・太り気味がケチっているだけなんですよ 



アクセスありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者さんが参加するランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします。


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

芸能人さんのお宅に伺う時・・

ライブ1


ぼくら創造社が生業として行うリフォームという仕事 



その役得というと語弊もありますが・・・

たま~に、芸能人さんのお宅にお邪魔させていただく事があります。


僕らの仕事ですと物を届けるとかの一瞬でなくて、

最低でも1日はご一緒する事になるので、やっぱりまあ緊張もしますよね 


創造社としてお伺いする事もありますし、どこかの建築屋さんの下請として行く場合。

付き合いのある同業他社さんや職人さん達から

「この前、○○の家で仕事した」って話を聞く事もあります。


僕らでも仁義として守秘義務はあると思っていますので、

詳しい住所を教えあうような事はありませんが、

話だけは聞こえてくる事がありますね。




もうずいぶん前ですが

芸能人さん同士のビックカップルといわれるご夫婦のお宅にお邪魔した事があります。

週刊誌などでは、2人の仲はもう冷え切って・・・・・






離婚寸前 





あちゃ~   


なんて思っていたんですが、

大体、まずお互いを「○○ちゃん」と呼び合っておられましたね 

仕事の前に仕上げの材料をご検討いただいたんですが、

お2人で仲良くソファーに寄り添いつつ、カタログをご覧になってましたもん 



離婚寸前かあ・・・・







どこがやねん 


って感じでしたね。




しかし、僕らの業界で時々きこえてくるのが木村拓也さんの噂。

さすがジャニーズといいますか、謎なんですよねえ・・・



○○の一戸建てに住んでいる、って噂を聞いたかと思えば

同時期に いや、いや○○の高層マンションだよ。

だって俺、仕事をしてきたもん 

って言ってる職人がいるらしいと噂が聞こえてきたりもするんです。


○○のガソリンスタンドで一緒になった、車は○○だった。

って言う職人さんがいたと思ったら、

別の職人さんが車は○○のはずだ!って言いだす始末・・・

僕らの業界ではキムタクは実は何人かいるんじゃないかと言われています 



でも、芸能人さんのお宅にお邪魔してリフォームを行うこと。

僕らにとっては仕事なんですが、お相手にとってはプライベートなわけで・・・

こんな言い方が正しいのかわかりませんが、「特別視」しない事を心がけています。


サインください、なんて論外ですし ファンなんですって言葉も出しません。

あのドラマ見てました、とか大変なお仕事ですよね、っていうのも 


それ以前に芸名ではなく、絶対に本名でお話をさせていただくようにしています。

芸名と一緒の方もいらっしゃいますけど・・



テレビあまり見ないので、お仕事の事はわからないんです。

すみません・・・っていうスタンスでお話をするようにしています。


まあ・・・・・





あんまり極端なのも失礼にあたるのかも知れませんけどね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

人気ランキング発表 (^_^)/ 

ランキング1

先日お伝えした通り、従来から参加していた


「にほんブログ村」


FC2ランキング」に加え、


人気ブログランキング」に先週より参加 


その週間ランキングの結果がでましたので発表したいと思います。



ちなみに「にほんブログ村」での現在ランキングは・・・





全国より参戦中のリフォーム業者 その数なんと・・・・・851社 







ででん!









おお 

ランキング5

第8位 



これはなかなか・・・・・・・・と、いうか




  ぐー








つづきまして「FC2ランキング」



こちらは参加業者数が・・・・・ありゃ?


書いてないですけど43位が最下位になってますね。








ランキング3

12位


う~ん・・・・・・





微妙っすね  





ま、まあトップ10までもうすぐと思えばいいんでないかな・・・・



うん  










さ~て 



今回より参戦開始の「人気ブログランキング」

参加初回の週間ランキングは・・・・・・・






おりゃ!
ランキング2

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25位 


これは



なんというか











さらに微妙 







結局、集計すると


「にほんブログ村」     851社中・・・・・・ 8位。

「FC2ランキング」     43社?中・・・・・・12位。

「人気ブログランキング」  485社中・・・・・・25位。


ランキングの全体参加数と順位には因果関係ないですし、

参加期間・・・・っても一番古くから参加しているのはFC2なんですよね 




ランキングは原則、どれもランキングバナーをポチっと押していただいた数で

順位が決まる仕組みのようなんですが



「にほんブログ村」ではそれとは別にページアクセス数のランキングもあるんです。

これは、ポチっとは関係のない純粋なページの閲覧数をあらわすようなのですが




それだと・・・

ランキング4

創造社 第4位 





う~ん・・・・・

結局、閲覧数が多くてもポチっとなければ順位はあがりませんし

参加期間が長ければ一概に上位にいけるわけでもない。

参加数のライバルが少ないからって簡単にそうはいかん・・・・か 




あまり気にしていなかったランキング参加ですけど、考えてみると深いもんですね。

でも、結局はお客様が参考に思って下さる内容を充実させていく事が王道なわけで・・・

その指針としてもランキング参加は意義あるものと思っています。


今後も・・・・・あまり神経質にならない程度に上位を目指します 



アクセスありがとうございます

 にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者さんが参加するランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

今年の流行語って?

イマデショ

↑ このワード流行りましたね~

何か町のいたるところで見かけましたよね。


いつ履くの? だの 



いつ食べるの? だの・・・・



近所の工務店さんにいたっては、ショールームのガラスに貼ってましたもん。




「いつ・・・・・リフォームするの?」










今でしょ?



いや、それはお客様に決めさせてやれよ 



毎年恒例の流行語大賞の発表も、先日行われたようですね。

この「今でしょ?」を含む



「お・も・て・な・し」



「倍返し」



「じぇじぇじぇ~」



の4語が大賞を同時受賞されたとか  


もう師走の現在な訳ですが、今年の建築業界はどうでしたかね。

追い風となるニュースも多かったですけど・・・・


増税の駆け込み需要、アベノミクスによる公共工事への予算投入にはじまり、

リフォーム市場を2020年までに3倍の規模にするとした成長政策も

国土交通省が過去最大の予算申請を国に行うなど着実にすすみはじめるようです。

東北の震災復興も試行錯誤ながら前進していますし、

年の瀬にきての、とどめはオリンピックの東京招致の決定でした。


まあ・・・・以上は業界にとっては良くも悪くも福音なニュースな訳で

実際、僕らの周囲もぼちぼち忙しくもなってきてはいますけど・・・

本格的って程じゃないですかね・・。



上述したリフォーム市場規模の拡大を掲げる達成目標の年度。

それとオリンピックの開催も両方、奇しくも2020年なんですよね。

あと7・・・・いやほとんど6年後かあ・・。


建築不況といわれて久しい業界ですが、6年後には建築バブルが再来するいわれます。

今年の時点ではまだまだ実感もなく、嵐の前の静けさ、というか・・・



なので、私個人的に思う今年の建築業界を一言で総括すると・・・

「淘汰」の年であったと思います。

今年も同業他社さんの倒産はありましたし、6年後?に全てのリフォーム会社さんの

景気がよくなるわけでもないでしょう。


バブルの恩恵にあずかろうと、新規参入が著しくもある建築業界ですが、

個人的に同じバブルも2度はないと思っています。

過去の建築バブルにおいては、看板だけ出していればジャブジャブ仕事がはいってきた。

なんて話も聞きます。


ですが、これほどインターネットが普及し情報収集には事欠かないという現在で

過去のように無条件な恩恵なんてありえないと思っています。

まして1度経験しているわけですから・・・



変化いちじるしい建築業界ですが、そんな中であるからこそ一貫した姿勢で

「変わらない」会社であること。

そんな価値観を大事にしていけるように・・・・





創造社は今後も頑張ってしまうのです 




アクセスありがとうございます


にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックでランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

一足先の大掃除?

ハイキ6

創造社オフィスをこれは・・・・・社長席側から見たショットですね 

男所帯のわりには小奇麗にしていました。








限界です 

ハイキ3

最近の業務多忙につき、

ハイキ5

作業場に無理矢理おしこめていたゴミが・・・





外部にまで流出 

ハイキ2

管理会社からクレームがくるのは時間の問題です 



ハイキ1

ごめんなさい 




昨日の時点で創造社トラックに、ぎっしり積み込んで捨てに行ったのですが

とうてい1台分で終わりません 



本日9時30分。

朝も早よから2台め・・・・おかわりいっちょうで兄貴が再発進しましたが

まだ片付きません 



しめて

2tトラック3台分・・・・・ははは。

我ながらよく溜めこみましたねえ 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックでランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

レトロな休日・・

お台場7


先週末は久しぶりに土日が休めました (^_^)/


ところで生まれも育ちも東京都港区の私なのですが・・・・

なんとびっくり、お台場に行った事がありません 


正確には

臨海副都心として再開発される前のお台場は学生時分によく行ってたんです。

ただ、あの頃は道路も舗装されていませんでしたし

アクアシティやフジテレビがどうとか以前に、信号ひとつない荒野でしたからね 

大体、レインボーブリッジすらありませんでしたので・・・

豊洲の方からぐる~っと迂回するしかない無人の孤島みたいな印象しかないんです。

ゆりかもめも当然なかったですからね・・




今回、せっかくの休日という事で・・・・




行ってきました、お台場に 

オダイバ2

ちょっと前から気になっていたレトロなテーマパーク「台場一丁目商店街」です。

昭和の・・・・・何年くらいの設定ですかね。

私が小学校~中学校くらいかも知れませんが、色々入り混じっているというか・・・





これなんかは

オダイバ3

さすがにちょっと前の世代ですかね

実写版のサザエさんみたいや・・

サザエさんの髪型ってこういうのを表現・・・・・流行ってたんですかね?





あ、でも

オダイバ4
 
これは子供の頃 銭湯にあった気がします。

栓抜きがついてるんですよね・・・





ゲームセンターなどもあり・・・・・・・・む? 





おお 

オダイバ5

ゼビウス 

これもさすがに・・・・・・

ファミコンでは熱中しましたがアーケード版はちょっと前の世代ですかね・・





いや~、でも何か懐かしいですね。

ジュークボックスから流れるのはチェッカーズだったり、ジュンスカだったり・・・

面白かったのは当時の芸能人のプロマイド写真ですね。


今も綺麗ですけど聖子ちゃんもやっぱり年とったんですねえ・・・


ありゃ? これサザンの桑田さんか・・・・・・若いな~。



いたな~、うしろ指さされ組 





夜からは、季節外れの花火が打ちあがると言う事で・・・

オダイバ

あちこちでカップルが愛をささやいておりました。




うん、うん 




と、何かほっこりな休日なのでありました。




しかし・・・・・





ほとんど開発前しか知らない私ですからね・・・・あの頃と比べると・・




気分はもうタイムスリップでした 



アクセスありがとうございます。

 にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックでランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。