株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

家具製作工事  あるべきもの・・・・

カグ1

今回は家具工事。 

複雑な形をしたものや、特殊な装飾を施したものは専門の業者さんに頼みますが

シンプルなものであれば創造社工場で製作をしてしまいます。



今回も・・・・・

カグ2

キッチンの冷蔵庫上の収納棚です。

現在も収納棚はあるのですが、冷蔵庫を背の高いものに入れ替えをなさるという事で

背が高くなった分、寸をつめた収納棚に交換する必要がでてしまったんです。

この程度、ちゃちゃっと自社制作ですね・・・・・・・まあ僕でなく兄貴がですが 



さて製作も終わったので、現場へGO! 

明日の午後には新しい冷蔵庫がきてしまいますので、今日中に取付をせねばなりません。

まずは現在の収納棚をはずしませんと・・・・・・




お?









はずれ・・・・・・・・・・・・・・ない 





野郎・・・・・・そうはいくか 





時間がないって・・言ってんだろが・・・・・この・・・・・・・













ふん 

カグ3

全く・・・・・手間をかけさせおって・・・・・・・て?






おや~?

カグ4

わかりますでしょうか?

この指の位置がはずした収納棚がついていたラインです。

ここにこれより寸をつめた棚をつけるということは・・・・・・





え~と





うん 






壁がありません 





・・・・・・・・なんでやねん 

普通に建築の常識に沿って考えれば、まず壁を完成させてから収納棚を取り付けるのが

手順です。 だから棚を外したって壁はあるはずなのに・・・・・



このキッチン・・・・・収納棚をつけてから壁をつくってます  

なんでこんな面倒な・・・・わざわざ棚をよけるように壁を切り欠いてあるんです。



まあ、このキッチンがつくられた当時の何かの事情だったのかも知れませんね。

カグ5

壁をつくる業者さんが都合悪くて来れず、家具を先につけちゃったとか 

しょうがない、壁をつくろう・・・





まったく・・・・

カグ6

いらん手間をかけさせおって





はい

カグ7

創造社印のニュー収納棚 取付完了 

さ、帰ろう・・・・・・






でなくて 

つくった壁はベニヤむきだしですから、ダイノックシートの仕上げをせねば・・・・




う~む・・・・






む? 

カグ9

ちょうど隣町の現場にいた職人さんを捕獲しました 

材料もちょうど同じ色があってラッキーでした・・・・






今度こそ・・・・

カグ10

完成です 




足りなかった壁を追加して、ダイノックは予想外でしたが・・・

お客様にもご好評をいただけました 



でも、今回の様な事って実はよくあったりするんです。

結局、こわしてみないとわからない今回のような場合。

キッチンが完成して、あとから入る僕らとしては建築上の当たり前の手順を基準に

予想をするしかないんですが・・・・


まあこのキッチンをつくった業者さんも人間ですからね。

たまたま都合が悪かったのか、材料が足りなくでもなったのか・・・・ 

はたまた機嫌が悪かったのか 


貧乏くじをひかされる事がよくあります・・・・




アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ビジネスとしての線引き

オチコム

今でも思い出すたび悔んでいる事があります。



何年か前・・・

新規のお問い合わせで工事をさせていただいたお客様がいました。

打ち合わせもスムーズにすすみ、御見積の内容と金額にも同意いただき

工事自体は事前に取り決めた工期内に終わったんです。、

もちろん仕上がりにもご満足をいただきました。


まだ創造社のホームページがなかった頃の話なのですが、

人づてに僕らの事を知り、御打ち合わせをするごとに

親しくお話をさせていただくようにもなっていました。

それが・・・・・・



店舗の新装工事でしたからね。

現場には毎日のようにお客様も顔をだしてくださっており、僕らが仕事をするのを

見学していました。

まあ、今思うとその辺もまた原因の一端になったというか・・・・



創造社は基本的には自分でやれる工事は自分でやってしまいます。



「自社施工」 



そのキャッチフレーズは伊達ではないんですけど、

言いかえれば・・・・その・・・・・簡単にやっているように見える? 

これが下請け業者さんが来て、作業している分には専門技術が必要にもみえるでしょうし

そこには当然、費用が発生していることはお客様も容易に理解をしてくれると思います。

もちろん僕らが自分でやっている事にも技術と経験は必要です、




工事が終わり、お支払いもいただいた後で そのお客様からご連絡をいただいたんです。

はじめは簡単な事だったんです。




新たに設けた倉庫部分にお洋服をかけるパイプハンガーをつけたいんですが・・・・


いいですよ 

まあ、この程度なら当然 自分でちゃちゃっとやれますからね。




室内がキレイになってみると非常扉が汚くみえてきて・・・塗装してもらえませんか?


う~ん 

まあ、親しくもさせて頂いていたお客様ですから・・・・やりましょう 

数百万単位の工事でしたし、ここはサービスの意味も含めて塗装屋さんをいれたんです。



結局、よくある事なんですが・・・・

汚かった部屋がキレイになると手をつけてない部分が目立つ。

実際、営業を始めてみるとそれまで気付かなかった不自由な点がみえてくる。


どんなに事前にご説明やお打ち合わせをしても、でてくるものなんです。

もちろん御見積には含まれていない工事ですから、本来 対応する義務はないのかも

知れません。

でも・・・・・・まあ、この辺が僕らの甘いところでしたね。


それから、そのお客様の追加のご要望はエスカレートするばかりでした。


照明のスイッチの位置を変更してほしい、新たに食材をいれる棚をつくってほしい、

あげくの果てには新規に製作した扉に防音の機能をもたせてほしい・・・・ets 

まともに別工事と考えるならば本来、数十万の費用はいただかねばならない内容です。



その時点でお客様にお話しをさせていただきました。

簡単で材料代もかからず、自分らで対応できる範囲なら無料で工事もさせてもらいます。

やれるものは対応もさせていただきましたけど、これ以上のリクエストをいただくので

あれば、それはきちんと御見積もりをさせていただきますので別工事という扱いに

させていただきたい、と。



自分らとしては至極、当たり前の事を言ったつもりであったのですが

お客様としては・・・・・何だったのでしょうかね?

こんな・・・創造社さんだったら自分で簡単に工事できるような事を、

対応もせず、ソッポむくのか というお気持ちだったかもしれません。


事前の御見積外の工事・・・・いわば契約外の内容に当初は対応させていただいた事は

僕らのいわば「好意」の面からでした。

その時点でシビアに契約外の仕事はノ―というべきであったのかも知れません。

親しくさせていただいたお客さまでしたが、それ以降は仲も疎遠となってしまいました。


原則、事前の御見積内容外の工事は別途に御見積をした上での追加工事とさせて

いただいてはいます。

でも・・・・・やってあげられる事はやっぱり対応してあげたかったし

親しくさせて頂く中でがちがちのビジネスという線をひきたくなかったこともあります。


でもいい経験でした。

それ以降は同じトラブルはありません。

明確なルールを決めたわけではありませんけど・・・・・

苦い経験のイメージが残っていますから。





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

2012年度 リフォーム市場規模

リフォームシジョウ

↑ 2010年に発表された民間のシンクタンクによるリフォーム市場規模の推移を

あらわすデータです。

2010年度は見込み、その後は予測という数値でしたが

先日、新たに2012度・・・・・昨年度のリフォーム市場がどうであったか?

という最新のデータが公表されました。



上記データでは5兆円程度との予測で会った2012年の市場規模が、

最新のデータでは6.2兆円と大きくその数値を上回りました。

政府の新成長戦略の一環として、2020年までには12兆円まで市場を拡大させる

という目標には歩みが遅い感はありますが、それでも確実に市場の規模は

拡大傾向にあるようです。


分野別の傾向としては「家具・インテリア工事」が10%近くの伸びを示し、

「増改築工事」や「設備改修工事」は1%程度増とほぼ横ばいの数値であったようです。

更に上記のデータをよみとれば、現在の市場のトレンドして中古のマンションの

リフォームが高い伸びを示し、また今後も成長が予測される事がわかります。


従来の「クラッシュ&ビルド」という壊しては建て、壊しては・・・・・

という概念が根本から崩れ、今ある住宅を再生・リフォームして長く住み続けるという

テーマに住宅市場も推移していることもわかります。


過去のブログでもとりあげましたが、市場が拡大されること自体は歓迎すべき事で

ありますが、あまりに急激な成長は質の低下を招きかねず、お住まいの安全をあずかる

ぼくら建築業者にとっては両刃の剣となりかねないのが現在の動向であるとも

思っています。



未熟な技術しかもたない業者の新規参入や外国人労働者の割合も今後、増加していく

事は明らかであると思いますし、その中で創造社としてどう歩んで行くべきなのか?

不変の精神をもちつつも、流動していく市場の中でいかにフレキシブルな

会社でいけば一番よい事であるのか?


今後も注意深く動向を見守る必要があると思っています





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

トイレ 詰まり 解決方法

ベンキ

冒頭から便器の画像ですいません 


おトイレの詰まり・・・・・・誰でも一度は経験あるトラブルであると思います。

創造社の本来の業務ではありませんが、時々 緊急での対応をお問い合わせくださる

お客様もいらっしゃいます。



詰まりの原因が何か、で対応も変わってはくるのですが

基本的には・・・・・・まずはこれ 




ズッポン君です 

ラバーカップ

正式名称「ラバーカップ」って言うんですね・・・・・・知らなかった 

ゴムのカップの中で空気を圧縮して放ち、配管の水流を強めて解消を狙う一品です。

数回のチャレンジでへこたれずに、繰り返す程に効果があります。






つづきましては

真空ポンプ

真空ポンプさん。

原理はズッポン君と一緒なのですが、より破壊力があります 

その分、動作も大きくなるので水が飛び散っても大丈夫なように

床などを養生した方がいいですね。

ホームセンターなどでお求めになれます。




あとは・・・・・

トーラ

トーラです。



カップやポンプとちがい、このように

ト―ラ―2

先端のワイヤーを排水口よりさしこみ、配管の奥のつまりをガシガシと掻きだす感じです。

これはなかなかにテクがいるのと、乱暴に配管内を傷つけると新たなトラブルにも

つながりますので、その点は注意が必要です。

これもホームセンターでお求めになれます。




それでも解消しなかったら・・・・・

高圧洗浄

高圧のジェット水流での攻撃をかけます。

家庭用の・・・・洗車などに使う高圧洗浄機などでも効果はありますが

本格的となると設備を搭載した車両を手配する事になります。






最後の手段は・・・

ベンキ2

便器はずします 

配管までバラしてしまえば、まあ完璧ですよね。

外した状態から配管への高圧洗浄や、便器裏側からトーラという合わせ技もあります。 



過去、ここまでの技を駆使して解決できなかった例はありませんが、

水が溢れそうな便器の詰まりがとれて・・・・











すっぽ~ん 




あの瞬間の感動は・・・・・・・中毒性があります。 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

相見積のすすめ

テンビン

失敗しないリフォーム業者選び 



どんなハウツー本をみても複数の業者から見積もりをとる「相見積」をすべきと

あります。

まだ信頼関係のない段階でのお取引きとなれば、色々な業者さんの見積もりを

参考にされたいというお客様の気持ちもわかります。

決して少なくない金額が動く事もあるのがリフォーム工事ですし、

業者間で競争をしてもらう事自体は質を高める為にもよいことであると思います。

ただ・・・・・




過去の記事でもとりあげたのですが、相見積の際に気をつけなければいけないのは

「同条件の下で各社の見積もりをとる」事が絶対条件となる点です。



ぱっと見の金額はA社が安かった。



でも、使っている塗料のグレードはA社とB社では一緒でしょうか?



塗料飛散防止のネットをかける費用はA社の見積もりには含まれているのか?



法令にそった道路使用許可申請の費用を双方がきちんと計上しているのか?



挙げればキリはありませんが、こういった条件一つちがえば十万円単位で

御見積金額は変動します。

材料のグレード、工法、また工期という「条件」を同じくして比較をしなければ

正しい参考とはならないという事なんです。

相見積をご検討されるお客様も、ぱっと見のトータル金額だけで判断せず

そういう視点でご検討をすすめる事は大事であると思います。




といってもまあ・・・・・・



つい先日のこと 


とあるお客様からお住まいの外壁塗装の御見積もりのご依頼をいただきました。

実は既に他業者さんに見積もりはしてもらったんだけど

その金額が適正かわからないので、創造社さんでも御見積もりをだしてくれれば・・・




まあ、まずはお話を聞きましょう。


他の業者さんはどんな塗料を使う前提で見積もっていますか?


工期は何日間で考えてらっしゃいましたか?


その他もろもろを伺って㎡数もあわせて金額を計算したのですが、

創造社として精いっぱいのお値段をしても・・・・・100万円はかからない?

位の結果でした。


特殊な形をしたお住まいで工事がやりづらい事は確かですが、

それにしてもこんな小さな外壁に100万・・・・・・だめだ、こりゃ 


一応は御見積書を作成して、お客様に提出をさせていただいたのですが





矢野さん、この金額はちょっと・・・・・・・





いや 

高くなっちゃてるのは100も承知なんですが、今回の場合はしょうがな・・・




おかしくないですか?





いや・・・・その

はい? ああ、他社さんの御見積もりですか?





どれどれ・・・・







ん~、






What?






ひ・・・・

ミツモリ

ひゃくはちじゅー 



僕ら98万円でだしたんですけど 

しかも条件は全て一緒の見積もりですからね・・・・・




再三、このブログでも書いていますが、この業界の単価。

たしかに各社共通の定価があるわけではありませんし、極端に高い単価設定も

違法というわけではありません。

文句をいう筋合いではないのかもしれませんが・・・・・・











たけーよ、○○工務店 


創造社と2倍 ちがっちゃいかんだろ・・・・





こんな事って・・・・こんな事って~




実はよくあったりします 

やれやれ・・・




アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建築業界の婚活とは

コンカツ

建築業界。 

男ばかりの世界ですので、あまり女性との出会いもなく・・・・・・独身者が多い?



う~ん・・・・



出会いが少ないのは事実ですし、むさ苦しい男共なのも間違いはないんですけど

あんまり職人さんで独身の人っていません 

不思議なんですけどね・・・・・


職人さんは えてして金使いも荒いし、3K丸出しの仕事の上に収入も安定していません。

病気で休業しても、あるいは失業しても何の手当もないんです。

休日出勤も当たり前ですし・・・・・・

このプロフィールを書き込んで、お見合いパーティーに行くのは、

かなりの気合いが必要です 





年収の欄は「未定」としか記入できませんからね  




だから結婚している職人さん・・・・・・

学生時代からの彼女ってていうパターンが多いかなあ・・。


第2位は材料の仕入れ先問屋の事務員さん狙いですね・・・

このパターンも非常に多いです。

材料を買いに行くという権力をフルに活かし、合コンに持ち込むという荒技です 



あとはスナックなど水商売をされていた女性と結婚するパターン 

いつかホステスさんに聞いたんですけど、やっぱり職人さんってそういうお店では

モテるらしいですね。

金遣いもいいし、飲み慣れてもいますからキレイに遊ぶ人が多いって言ってました。

仕事の愚痴なんかこぼしませんし、が~っと飲んで、もりもり食って・・・・

みなさん体格もいいですしね。


やっぱり世の裏側も・・・・酸いも甘いもみてこられた水商売の女性だと

そういう職人さんをカッコいい、って思うらしいです。


お互い身一つでやっている苦労人同士ですからね・・・・

そういう面でもフィーリングがあうのかも知れませんね。

だから職人さんの奥さんってすごい美人の方も多いんですよ。



キレイなホテルでやるようなお見合いパーティーには向きませんけどね・・・

職人さんって、けっこう結婚率は高いんですよ。




アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

広告効果って・・・

カンバン

創造社として・・・・・というか、会社としてなんですが

特に外部に向けた「広告」というものをしていません。


このブログ自体が「広告」といえば、まあ、そう言えるのかも知れませんが

あんまりそういう意識で書いていません 

でも、ブログを見て  というお客様も多いですから

そういう意味ではこれも「広告」なのかなあ・・・・・



あえていうなら ↑ 看板を出しています。

看板というか事務所が通りに面したガラス貼りなんで、

ガラスに紙を貼っているだけなんですが、これでも意外と効果があったりするんです。 

この3年間で・・・・・3人位のお客様がこれをみて創造社をご訪問くださったことが

あります。

数自体はそりゃあ、多いとはいえないかもしれませんが 出していなければゼロであった

と考えれば意味はありますよね。


創造社の旧事務所は裏通りにありましたし、もちろん看板なんてありませんでした。

そのせいもありますが、従来の習慣からか特に広告というものの必要性を感じた事が

なかったんです。

でも・・・・ブログにしろ看板にしろ、これだけお問い合わせがあるのですから

最近では「広告」というものの重要性・・・・・というか存在意義もあるものだと

痛感しています。


僕らがどんなに「創造社はいい会社だ!」って思っていて、実際そのために努力を

していようと それが知られないのであれば無に等しいのかも知れません。





「ペラペラしゃべらずとも、真面目にやっていればわかってもらえる 




それもそうかも知れませんが

しつこくない位の「広告」もやっぱりあった方がいいのかなあ・・・・

暇なとき考えるか 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

照れますね・・・

アクシュ

お疲れ様です。
また先日は遅くまで御付き合いいただき、ありがとうございました。
矢野さんのチェックの通り、流しの裏の壁の穴が原因のようでした。
鉄板の穴ふさぎをしていただいたおかげか、今日はネズミの侵入の形跡が
ありません。

毎日のように、朝ネズミのフンの形跡があるのは 正直 精神的にもつらく
この物件を借りた事を悔みもしましたが・・・・
工事後にもかかわらず矢野さんが何日も深夜までネズミの侵入経路の
チェックに付き合ってくださった事を本当に感謝しています。
「戦友」のような気分です。

これからお店の経営という初めての経験の中で、色々な困難もあると思いますが
今後も何かとご相談させてください。

来週の14日からオープンをしますので、お時間ありましたら遊びにきてください

本当にありがとうございました。





↑ このブログでもご紹介しました港区でバーの新装工事をさせていただいた

お客様からいただいたメールです。

工事自体はスムーズにいったのですが、ビルの築年数が古く 

また前職が飲食店であったせいか・・・・・

ネズミが店内に出没するというご相談を工事後にいただいたんです。 


新装工事といっても店内の全てを工事したわけでなく、手をつけてない部分も

ありましたので

とにかくネズミの侵入経路を発見するのにお客様と2人で深夜まで、くまなく店内を

チェックして廻ったんです。



結局は手をつけていない厨房の流しの裏の配管周りに穴があり、そこを鉄板で

ふさいた事で解決をしたようでした。

やれやれ・・・・


まあ「戦友」はいささかオーバーな気もしますが、いくら掃除をしても

毎朝のようにネズミのフンが店内にあったらしく、

お客様も精神的もまいってしまっていたようだったんです。

御役にたてて何よりでした。



そういえば、オープンしてからお店に行ってないなあ・・・・・




ネズミトラブルは無料の対応をしましたからね 


今度、タダ酒をご馳走になりにいこう 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

御疲れ様です

クロマメ1

↑ 創造社の重要な機動力となっている原付バイク。



兄貴が載っているのとは別に私専用の一台・・・・・

誰が名付けたか「黒豆号」さんです。


自分は16歳で原付の免許をとって以来、

現在の黒豆号でもう10台以上を乗り換えてきましたね。


壊れてしまったり、盗まれてしまったり・・・・乗り換えの原因は色々でしたけど

この黒豆さんほど長く乗っている一台は初めてかもしれません。

もう・・・・5年以上乗ってます。



僕らのように連日、都内を爆走するような使い方なので しょうがないのですが・・・・














おお! 

クロマメ2

距離メーターが一周した 

ってことは・・・・・・10万キロ走ったということか・・・






10万キロかあ・・・・・・




でも、まだ全然 調子は悪くないです 





そっかあ・・・・・・・黒豆君 









これからも頑張ってね 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

宿命の自営業?

ジダイ

現在の創造社 

以前は「矢野機甲社」という個人事業でありましたが、

平成2年に株式会社へと法人成りをして、はや20数年がたちます。


一応は株式会社なので「自営業」というのとは厳密には違うのかも知れませんが

まあ家族経営ですからね・・・・・・似たようなもんです 


しかし考えてみると社長の・・・・

「矢野家」の血筋はつくづく宮仕え向きではないようですね。



社長すなわち、親父と二男と私は創造社なわけですし


長男はラジコンショップの経営者。 


叔母はデザイン会社の社長さんですし、


母方の実家はご兄弟がそれぞれ飲食店を経営されています。


今は亡くなった叔母もその昔、銀座でクラブを経営していた事もありますし、

その旦那はフリーランスの大学教授さんでした。


あげくの果てには、親戚の娘さんの旦那が大工さんです。 




自営業が多いというより、勤め人がだれもいないんですよね 

みんな一回はサラリーマンになるのですが、ふと気付けば全員が自営業という・・・



う~む・・





なんなんでしょう 



別にこらえ性がないとか、他人とのコミュニケーションが苦手とかはないんですけど、

やっぱり親の背中をみて育ったって事なんでしょうか。



もし自分に息子が生まれたら・・・・・・




やっぱり自営業やるんですかね 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

そのお客様 ご多忙につき・・・・

アクシュ

大変お世話になりありがとうございました。
とても感謝しております。

今日お礼のメールをいれようと
ホームページ拝見しましたら・・・・

なにとぞお手柔らかにお願いします!

こちらもやりとりの期間
実は少し心配だったのですが
問い合わせをしている限りは、
誰かに相談など一切やめて
信頼してお願いしようと思っていました。

今は感謝いっぱいです。




↑ インターネットよりお問い合わせいただき、店舗のリフォームをさせていただいた

お客様から工事後にいただいたメールです。


店舗の経営とかけもちで、別のお仕事もされている大変お忙しいお客様でした。

なので、ほとんど直接お会いしての打ち合わせというものができなかったんです。

本当に直接お会いしたのは・・・・・・1回だけでしたからね 


おおまかなイメージをお聞きして、あとは創造社さんのセンスにお任せします!

という、ありがたくもありプレッシャーでもある工事でした・・・・

もちろん図面や御見積の書面でのご確認はいただいてはいましたが 


ネットからメールでお問い合わせをいただいて、現場下見の時に一度だけお会いして

次にお会いしたのは完成後のお引き渡しの時。

その間は写真添付メールのやりとりを重ね、行き違いのないよう進めていきましたが・・・

仕上がりにはご満足いただけたようで何よりでした。


ほとんどお会いしないで工事が完成しますからね・・・・・

本当にネットというのも大したもんです 


ご許可いただいて工事をブログでご紹介もしたのですが・・・・

顔写真だすのは恥ずかしいからやめて~

とおっしゃっていたのでそのダメ押しもきていますね 


・・・・ご安心ください 

さすがにお客様の顔写真はのせたことないですよ 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

下請け業者さん 得手・不得手?

グンタイ

さて、わが創造社 


これは創立当初からのカラ―として、自分らでできる作業は基本、自社施工にて 

が、さすがに全ての工種を自社施工というわけでもありません。

水道やガスといった生活の安全に関わり、その為の資格が必要な作業であったり、

自社だけでまかなえない大規模な現場の場合は

信頼できる下請け業者さんに作業の協力をお願いする事があります。


よくネットなどで・・・・・








100% 自社施工! 







という謳い文句の会社さんを見かけますが、一体どんなスーパーマンな社員さんがいる

のだろうという素朴な疑問を持ちます 





創造社の下請け業者さん。

たびたびこのブログでもご紹介はしていますが、

みなさんもうお付き合いは10年以上の方ばかりです。

先代から息子さんと2代にわたってお仕事くださる業者さんも数多いです。



なので、まあ・・・・・・

下請け業者の皆さまの事はよ~く知っているというか・・・・





ぶっちゃけ得意・不得意があるのも知っています。 



まあ、先ほどの話ではないですけど全ての面において秀でた会社さんなり業者さんの

方があやしいというか・・・・・

もちろん僕ら創造社も例外ではありませんし、足りない部分を補えあえるような関係が

一番いいのでは?って思ってはいます。


だから下請け業者さんにも、やっぱり得手・不得手な面って絶対にありますよ。



工事はうまいし、安いんだけど材料の仕入れ%がいまいちな業者さん。



少数精鋭でやられているので、大規模な現場には対応ができない業者さん。



逆に会社が大規模なために、細かいフットワークに欠ける業者さん。



挙げればキリがありませんが、それぞれの業者さんの特色は本当に十人十色です。

それにお客様・・・・・各現場ごとの事情にマッチした下請けさんのコーディネートも

僕らの重要な仕事なんです。



長くお取引するお客様の中には



あの職人さんがいい 



と、テーブル指名をいただくこともあります 

変な話、お客様の小さなお子さんに気に入られてしまったり、

共通の趣味で盛り上がっている時もあります・・・・・私そっちのけで 


まあ、そんなパターンもありますけど、基本的にはお値段と技術、作業スピードや

それこそ社交性だって考慮にいれて下請け業者さんを選びます。

寂しい話ですが、どうしても創造社のカラ―にそぐわない業者さんとは

お取引をやめさせていただいた事も過去には多くあります・・・・


だから現在、お取引のある業者さんはみな信頼おける方ばかりですね。

本当に・・・・恵まれたありがたい事であると思っています。





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
  
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

その後の・・・・

アクシュ


矢野さん

お世話になります。
ご報告が遅くなりましたが、、
矢野さんの的確なアドバイスのお陰で無事に解決しました。

やはり配管内のつまりが原因だったようです。
色々とアドバイスしていただきまして有難うございました!
大変助かりました。

またお願いする機会があると思いますので、その時はよろしくお願いします。




↑ つい、先日いただいたメールです。

このブログでもご紹介した池袋 マッサージ店舗の工事をさせていただいた

お客様からのものなんです。

もう1年以上前の工事だったのですが、実はちょくちょくこういったご相談の

お問い合わせをいただきます。

今回は洗濯機の排水があふれてしまって・・・・というご相談でした。




まあ、僕らがやった工事と全然関係ないんですが 





状況から推測して、おそらく配管のつまりが原因と思い 賃貸物件であるのなら

そういった設備部分のメンテナンスは大家さん側の負担になるのが通常である事。

僕らで修理すれば多少なりとも費用はかかってしまいますし、まずは大家さんに

事情を説明して、配管洗浄の必要がある旨をお伝えしてみては、とアドバイスを

させていただいたんです。

その後の顛末はお聞きしていませんでしたが・・・・・






どうやら無事に解決したようです 



今回ばかりでなく、実は過去に工事をさせていただいたお客様からは

よくこういったご相談をいただくんです。

六本木エステの小野さん、青山マッサージの角田さん、神谷町バーの山口さん、

特に店舗を経営されているお客様ですと、店舗の運営に支障をきたすような

メンテナンスへのお問い合わせが多いです。


みなさん、もう1年以上前にご縁をいただいたお客様なのですが

ちゃんと創造社の名前を覚えてくだっているんですね・・・・





本当にありがとうございます 



いつでもお問い合わせください。 

そして・・・・・・











2号店出店の際には、ぜひご連絡ください 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

消えていく業種・・・・時代の波

ジダイ

昨日のブログで、奇しくも似たテーマをとりあげましたが

ヤフーのトピックで気になる記事がありました。




「これから残る業種・これから消えていく業種。」 というもの。



ざっと読んだだけでしたので、詳細はわかりませんが 要はこれからの時代の変化に

どう対応していくのか? 淘汰されていく業種というのはどういうものなのか?



淘汰されていく業態に最も影響をあたえるファクターとして



1、グローバル化による外国資本の参入

2、流通や技術革新がもたらす変化


大きくはこの2点に今後、対応ができない業種は淘汰され、消えていく事になるという

興味深いテーマでした。



たしかに・・・・・

僕ら建築業界でいっても、この十年で様々な業態が淘汰されつつあるのを感じます。

大手資本が展開するホームセンター・・・・それに伴い、いわゆる町の材料屋さんは

本当に少なくなりました。


昔ながらの材木屋さんに鉄骨屋さん・・・・

町の建築金物屋さんなど 指を折れば10を超える取引先が廃業をされています。

寂しい思いもありますが、ぶっちゃけ僕らも今はホームセンターを利用する事も多いです。

土日深夜まで営業をされていること、また大量仕入れによる低価格の実現や豊富な在庫。

配送の無料サービスなど やはり町の材料屋さんでは実現できないサービスが多い事も

また事実です。


ホームセンターというと以前は、せいぜい日曜大工向け程度の品揃え、

というイメージでしたが

今ではプロのためのホームセンターってある位ですからね 

その進歩もめざましいものがあります。




そんな変化も著しい建築業界ではありますが、僕らが日々おこなう「工事」という面に

関しては今後どうなっていくのだろう?


大手資本や賃金の安い外国人の参入というものは、既にはじまっていますし、

技術の進歩・・・・・たしかに新しい工法であったり、従来になかったリフォーム製品や

画期的な電動工具もどんどん発売されています。

でも・・・・・・



僕らがおこなう「工事」というものは、工法がどうあれ、どんな製品や工具が発売されても

やっぱりそれを行うのは「人間」であるという強みはあると思っています。

まさか自動的に壁紙を貼っていくようなロボットが開発されるとは思えませんし 




賃金の安い外国人労働力というのは脅威ではあるかも知れませんが、

正直、お客様にご納得いただけるような技術や経験をもった外国人さんというものは、

まだまだ育っていないというのが現状であると思います。


現場で外国人さんを見かける事も多いですが、多くは特別な技術を要さない単純労働の

側面を担っており、まだまだ「職人」と呼ばれるに足る外国人さんの育成には

今後、10年単位の時間が必要となってくると思います。


お住まいをセルフリフォームが当たり前の海外と比べ、仕上がりに対する日本人独特の

美学もまた無関係ではないでしょう。


だから、外国人には無理なんだよ 


なんてバカな事を言いたいんじゃありません。

今後、日本人の価値観や美学までをも共有するような外国人さんの絶対数はまちがいなく

増えていくでしょうし、そうなった時に僕らとして何かできるのか?

より高い技術を目指しつつ、外国人さん達と切磋琢磨をしあい・・・・

それが業界全体のレベルアップにつながるのならば、むしろ歓迎すべき事とも。

とかく、この業界はお客様からみえずらい、不透明な部分も多いと思いますし

外部からの刺激がそんな面をクリアーにしていく業界の内部変化に・・・・・

お客様にとってわかりやすい業界になっていく事への一助になればいいと思います。


今後、どのような変化がおこり、どんな淘汰がはじまっていくのか?

不安もありますが、楽しみな面もあり 注意深くその動向をみつめていきたいと

思っています。





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 ホームページについて 14

ネコパソコン

創造社のホームページを開設して はや15カ月。

早いものというかなんというか・・・・・・・・早いですね 


月日がたつのが、という意味でもそうですが 

最近では別の意味での「流れの早さ」というものを感じています。


インターネットがこれほどまでに普及し、

ホームページというものが当たり前となったのは今から何年位前だったか。

個人でもはじめられるブログが浸透しはじめ、ミクシィが流行し・・・・・

ツイッタ―やフェイスブック、最近は「LINE」を利用する会社さんも多いと聞きます。


スマートフォンやIpadなどのタブレットがこれほど一般的となり、

インターネットはPCから閲覧するという常識すら過去のものとなりつつありますよね。


創造社ホームページ・・・・・このブログをはじめた時、周囲の同業社さんで同じ事を

やっている、まあ僕らのように小規模でやっているという意味では、HPなりブログを

やっている会社さんというのは、あまり見かけませんでした。


なので、特にお手本にしたページというものはなく、自分なりに創造社のありのままを

伝えられれば、という気持ちしかなかったんです。

はじめてまだ2年にも満たない、この期間だけでも激流のような早さで

WEB上での常識というものが変わっていくのを感じています。

その中で創造社は・・・・・・・



何しろ1年前までメールアドレスもなかったですからね 



この流れの全てに追従していこう、とは思いませんが

まるっきり無視をしていく事もまたできないと思います。


ツイッタ―やフェイスブックかあ・・・・・

ちょっと勉強してみるかな 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

左官職人 利根川さん

サカン

左官職人さん。

一般のお客様はまず直接は関わらない職種の職人さんかも知れません。


請け負う仕事の範囲は幅広く・・・・・・まあ、大ざっぱにいってコンクリートなどの

「練り物」や石材を使う仕事全般といえないこともありません。

例えば ↑ のようなコンクリートを下地に使ったレンガ貼り。




また

サカン2

浴室などのタイルを貼るのも左官屋さんのお仕事。






このような

サカン3

床面などへのコンクリート打ち。

「土間」工事も左官屋さんの仕事の中ではポピュラーな部類です。


創造社では、小規模で簡単な左官仕事くらいは原則、自分らでやってしまうのですが

㎡数のある現場や複雑な「割り付け」が必要な時はやっぱりプロに頼みます。




創造社で左官職人というと、利根川左官工業さんの・・・・・

まんま利根川さんがお付き合いが古いです。

僕らと同じく親父さんと息子さんでご商売をされている方で、

その創業はもう40年近くにもなると思います。


親父さんの方はもう御年70近くになるので、今では息子さんが第一線でやられてますが、

息子さんは僕の・・・・・2,3歳 年上になるのかな・・・・・。






息子さんも僕と同じく、いい年こいて独身だったのですが

この男、3年程前に裏切って結婚しやがりました 

今は1児のパパとしてバリバリと仕事をしています・・・・・・娘さんが可愛い 


親父さんの方も今ではすっかり丸くもなりましたが、まあ親子そろって根っからの

職人肌ですからね・・・・・

昔は2人がやりあう怒号がよく現場に響き渡ったもんです 


たいがいは仕事のすすめ方についての口論なのですが、息子さんも一歩もひかないから

もう収拾がつかないんですよね 






先日ご紹介した「エコカラット」の施工も利根川さんにお願いしていました

エコカラット3

貼るのは息子さんで、あとの仕上げを親父さんがやってくれたのですが

2人ともすっかり脂がぬけたというか・・・・・すげー仲良かったです  


左官職人さんというとキツイ・キタナイ(汚れる)とK尽くしな仕事ですからね・・・

全般的に後継者不足の問題があるようです。





その一方でアートという側面もある仕事で、

サカン4

その作品は「漆喰芸術」とも「鏝絵(こてえ)」とも呼ばれ、有名な大家もいらっしゃいます。


そんな側面からか、意外と女性の左官職人さんも多いんです。

利根川さんの娘さんがいつか・・・・・・・そんな姿をみれる日がくるのでしょうか






利根川さん 


それまでお互い元気でやっていたいもんですね 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
 





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

工事金額  御見積 無料査定とは?

サテイ

創造社のホームページを開設して以来、様々なお問い合わせをいただきます。

本当にありがとうございます 


→ の「ご挨拶」でも書いているのですが、中には他社さんに見積もりを依頼したが、

その工事金額が適正なものなのかどうかわからず、どうでしょうか?

というご相談をいだだくこともあります。


御見積書というのはその書き方も計算方法も業者さんごとに違う、という面があり

一概に僕らからここがおかしい、あそこが高い! っていうアドバイスはできません。

以前にも触れましたが、工事金額の単価に関しては各社共通の定価があるわけでも

ありませんし、極端に他社より高い単価であろうと違法というわけではないんです。


「安かろう・まずかろう」なんて言葉もありますし、だからといって単純に

「高かろう・よかろう」というわけでもないと思います。


この類のご相談はメールの場合が多く、他社さんの御見積書を添付して送っていただく

こともあるのですが、僕らが見るのは



第一に「内容がお客様にクリヤ―であるかどうか?」



使う材料はどのようなものであるのか、定価いくらのものを何割引きで仕入れているのか。

工事は何日かかり、一日当たりの人件費をいくらで計上しているのか。


建築工事というのは時に一式計上でしかお値段をだせないという場合もありますが、

それでも使う材料や人件費というものはクリヤ―にできます。

そこに技術料や危険手当が含まれているのであれば、最低限 お客様にその旨を

伝えるべきと思います。



第2に「会社として必要な経費がきちんと計上され、余計な経費が計上していないか?」



リフォーム会社というものは数も多く、その競争のなかで少しでも見積金額を安く

「見せる」ような書き方をする業者さんが散見します。

例えばクロスの㎡単価を他社より安く計上し、その点をアピール。

しかしよくみれば、もっともらしい名目の経費を計上して㎡単価の損害分を補うような

不明瞭な見積も多いですね。

トータル金額としては高いのですが、㎡単価ばかりに目が奪われてしまうお客様も

多いんです。



査定の内容はその他もろもろではありますが、基本的はこういった点をその業者さんに

質問してみてください、っていうアドバイスにとどめています。

その業者さんとお客様の関係もあるでしょうし、依頼があれば別ですが

その業者さんにとってかわって創造社が工事をするという事は原則ありません。



リフォームを検討中で他社さんの御見積内容に疑問をもたれたお客様。

僕らで可能な限りのアドバイスもさせていただきますので、お気軽にご相談ください。




アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。











Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

伏兵とは?

ヤヨイ5


今年の年始よりダイエットに目覚めて はや・・・・・・・5カ月 

一向に痩せる気配がありません 

一回、ちょ~っとだけ効果でてきた気がしてたんですけどね・・・・・




最近、昼食は基本 お弁当を持ち歩く事にしておるのですが

先日お弁当もなく、どこかヘルシーな外食をすべくテクテク歩いていますと・・・・












む 

ヤヨイ4

やよい軒?

入ったことないけど・・・・う~む・・・・・魚定食も豊富のようだな 






入店







う~む、どうでもいいが・・・・・・・・ロースかつ定食がうまそうだ 





ちがう、ちがう 




ダイエット! 

ヤヨイ2

オーダーはさばの味噌煮定食に決定。




ま、さば好きだし・・・・・・・いいさ、いいさ。

ロースかつと蕎麦という夢のコラボをみせる隣の学生さんに腹は立ちましたが 





ちぇ・・・・・







はあ~・・・・・・あ・・・・・・・・あ?





え?








いや・・・・・・・









見なかったという事で 






これは・・・・・・

ヤヨイ1

ごはんおかわり自由 





また、なんちゅー はた迷惑なサービスを 










ああ・・・・・






ああ・・・・・・・・・・











ああああああああああああ!













 

ヤヨイ3

おかわり(山盛り) 






その日のやよい軒店内に、おかずもなく漬物だけでご飯をおかわりする男が

いたとか・・・・・いなかったとか。






やよい軒さん 




ありがとう 






そしてその日の夜、マラソンにいそしむ私なのでありました。

う~む





ゴールは遠い・・・・・・






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 キッチンパネル 施工

タチアイガワ1

「ホームページをみて 

というお客様からお問い合わせいただきました。

本当にありがとうございます 



今回はお住まいのマンションの水周り。

キッチンとバスルームにパネルを貼り込むというリフォームです。 


キッチンパネルともバスパネルとも呼びますが、工事の手順自体は簡単です。

寸法にカットして貼るだけなので・・・・・・・・余裕?













いえ、いえ 





以前に「リフォーム製品のご紹介」カテゴリでもとりあげたパネルですが、

まずカットには専用のノコギリ刃が必要。

そして壁への固定にはまず・・・・・


バスパネル1

このような専用のテープを貼り込みます。

まあ両面テープの親分のようなやつです。




さらに

バスパネル2

専用の接着剤でとどめをさします





まんべんなく・・・・・

バスパネル3
 
これもんでテープと接着剤にて完全固定をします。

文字通りの一発勝負で、一度べちょっと貼ったら最後、微調整などはききません 






こちら施工前のキッチン壁

バスパネル4

べっちょりパネルをここに貼りこんでいくわけなのですが・・・・・

別に重たい材料ではないんですよ。



ただ、とにかく一度貼りつけてしまうともう動かないので、

脚立の上にのった兄貴と地べたの私での2人がかりです。

貼ってる最中は写真撮ってる場合じゃないので・・・・・・以下 音声のみで再現 




「・・・・・・・・・・・・・・準備はいいか?」







「あいよ」






「まず俺が上の方から位置決めて貼っていくから。」






「下の俺はまだ壁につけちゃダメ・・・・・つーか、壁につかないようにキープね」





「いくぞ・・・・・」





「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





「あの・・・・・

 黙ってると状況がわからないんですけど 






「いや・・・まだ位置が・・・・・・・・・・よし!」



と気合い一発 位置を決めて上の方から貼り込んでいく兄貴。










「下の位置はどう? よかったら上から順に貼っていってよ。」





「はいよ・・・・もうちょっとだけ左に・・・・・あ 

 いや・・・・・・ちょ・・・・・・・こ・・・・・・・ふん!  」






バスパネル5

決まりました 





あとは同じ要領で

バスパネル6

施工前のバスルーム壁





再び兄貴とのコンビネーションで・・・・・

バスパネル7

おお! 








まぶしい 

バスパネル8

写真にはないのですが、この他にトイレの流しまわりの壁にも工事をしました。

パネルを貼った後には防水のコーキング処理を行います。










これにて完了。

お客様にもご確認いただきご好評をいただけました 




しかし・・・・・・

終わってみるとあっけないんですが、今回はとにかく奥様がいらっしゃる状態での

工事だったのでその点が少々苦労でした。

埃も音もでますので、まさか部屋の中で電動のこぎり使えませんし・・・・・





そういう意味で

バスパネル7

先ほどのこの写真。

ある意味 芸術です 



このパネルは貼ったあとで穴をあけたり、切ったりはできません。

現場であわせながら切るのも埃や騒音になるので好ましくはありませんでした。

よって創造社工場であらかじめ寸分たがわぬ寸法にカットして現場にもちこんだんです。





しつこいようですが、この写真

バスパネル9


わかりますでしょうか?

鏡と下のカウンターをよけるようにカットするのもなかなかでしたが、

なおかつコンセントと給湯器スイッチ・・・・大きさのちがう穴が2つあいています。

カット・穴あけ・角度 どれも一ミリちがっていたらもう合いません。  



これをあらかじめ工場で切ってぴたっと合うとは・・・・・・・恐るべし兄貴 

頼りになります 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

鳶さんとは?

トビ

鳶職人


主に危険な高所作業を専門に請け負う職人さんたちで

高所を大空を舞う鳶のごとく作業をする姿から「現場の華」ともいわれます。


僕らでお住まいの外壁工事などをする際も、パイプ足場の設置が必要になりますが、

厳密にいえばそれは「足場鳶」さんたちの仕事。


ゼネコンさんで大規模な橋などを建設する際、

向こう岸まで橋桁の設置などを担当する鳶さんを「重量鳶」といい、

ビル建設の現場で鉄骨の立ち上げを請け負う鳶さんは「鉄骨鳶」。

また今ではあまり聞きませんが高所の電線工事などを行う鳶さんを「送電鳶」と

呼ぶ事もあります。


僕らのような町場の仕事メインの会社ですと、

普段、接する事があるのは「足場鳶」さんくらいですが、

それでもまあ・・・・・・・見てるだけでハードな仕事です 


命綱でもある安全ベルトを装着して作業をするのですが

まあ、はっきり言ってあまり役にはたっていないというか・・・・・・




↓ こういうベルトを近くのパイプにひっかけて固定をするのですが

000002.png

ベルトの長さには限界があるので、移動の度にはずしてはひっかけ、はずしては・・・・

なので移動の瞬間は何十メートル上空のパイプ一本の上で、命綱がない状態です。

いや~、みなさん命知らずというか・・・・・


まあ、体力もハンパじゃありません。

足場を組み上げている最中などは、もう腕の筋肉だけでパイプを何十メートルも

するすると登っていきますからね

その分、食う飯の量もハンパじゃありません 

本当に・・・・・・昼飯の用意をする現場監督の財布に優しくない連中です 




建築業界全体として次世代が育たない現状がありますが、鳶さんの世界は若い人にも

人気がありますね。







この鳶さん独特のファッション

ニッカポッカ

ニッカポッカと呼ばれる だぼだぼズボンにカッコよさを感じる子も多いようです。

これは高所作業の際、足より先にまずズボンが障害物に触れるようにするためなんです。

まずズボンで障害物を感知して、足などをひっかける転倒事故を防ぐ意味合いがあります。




足場の技術というのは全国共通ですから、まあ全国どこに行っても食えます。

仕事自体、なくなるような職種でもありませんし・・・・・



命綱一本の命知らず集団。

だぼだぼファッションに身を包み、男らしく飯をもりもり大いに食らい・・・・

危険な作業もなんのその。

己の腕一本で・・・・全国またにかけて仕事する 

きつい分、身入りもいいですからね。


時代は変われど、鳶さんはいつまでも現場の華なのかも知れません






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします