株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

年末年始の営業

オジギ

創造社ホームページをご覧いただき ありがとうございます。

また本年度は皆様の格別のお引き立てをいただけました事、重ねて御礼申し上げます。


建築不況といわれる昨今において、創業44年というキャリアを積んでこれたこと

ひとえに創造社をご愛顧くださるお客様のおかげと感謝の念に絶えません。

来年度もひきつづき皆様からのご支援を賜れるよう社員一同 

今後ともより一層の精進をつづけてまいる所存であります。

皆様におかれましても、お体をご自愛いただき より一層のご健勝であられますよう

祈念してやみません。

本年度もありがとうございました。



尚、本年度の営業日は12月28日まで。

来年度は1月4日からの営業開始とさせていただきます。

メールでのお問い合わせは承っておりますが、工事のご対応は1月4日以降となります。

申し訳ありませんがご了承の程いただけますよう宜しくお願い申し上げます。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 ホームページについて 9

ソウゾウシャ

創造社のこのホームページを立ち上げて・・・・はや11カ月。

今年の業務もそろそろ大詰めです。


今年の創造社を振り返ると、何といってもこのホームページでの展開という事が

大きかったですね。

はじめは、ほんの名刺代わり程度の認識ではじめたWEB上への挑戦でありましたが

正直、ここまでの反響をいただけるとは思ってもいませんでした 


手さぐりではじめ、1年間続けるうちに色々とわかってきた事。

お客様が何を創造社に期待し、また求めていらっしゃるのか。

様々な出会いを今年いただいた中で、そういった今まで気付かなかった事に

色々と気付かされた事は創造社にとって本当に大きな財産になったのだと思います。



そんなお客様との出会い 

→ の「施工・価格例」や「お客様よりの声」というカテゴリーの中で

今年、また過去に創造社で行った様々な工事をご紹介させていただいてまいりました。



まあ、逆にいえば今期の創造社の工事実績が丸出しともいえるのですが、

そういうのって・・・・その・・・・ライバル会社さんに見られちゃうとかの

経営上の問題はないんですか?



とのご懸念をいただいた事があるのですが、ご安心ください 

ここで、ご紹介できている工事は今期の実績からいえば・・・・












半分以下だったりします 





一つには工事のご紹介の場合、なるべく写真を載せることを心がけているんです。

読んでくださっているお客様にわかりやすいようにと思っておるのですが・・・・

ほとんどが僕の携帯からのショットなんですね。




イコール 



ここで紹介しているのは、あくまで僕がその場にいた工事だけなんです 

それも写真の撮り忘れや、お客様のご意向もあってあえてご紹介しない工事もありますし

創造社全体としては・・・・・社長担当の現場があり、兄貴担当の現場も多いですから

このブログでご紹介できたのはやっぱり、半分にも満たないのだと思います。



ご紹介ができなかった工事で印象深いのは・・・・う~ん、なんでしょうかね・・。


寒かったのは今年のはじめにやった外壁塗装の工事ですね。

塗ってる最中に雨降るわ、材料たりなくなるわで大変でした 


兄貴は兄貴でaUショップの工事に行ったり、なんだかお寺の工事もやってたみたいです。

大使館の仕事も大変だったみたいですし、夏頃は2,3カ月休んでなかったですね 


社長は社長で従来のお得意様を担当してくれていたのと、

今年は溶接の仕事が多かったですからね・・・・・

この年末にきて少しグロッキー気味です。 

ご苦労様でした 




なるべく同じような工事の紹介で内容が重複しないようには心がけているのですが

そこは芸風の広い創造社 


まだまだご紹介たりない工事も多いんです。

これからは社長や兄貴とも情報を共有して、このホームページの幅を広げられればいいと

思っています。






いや、別に兄貴とかと仲が悪い訳ではないんですよ 

身内だけに言わなくてもわかるだろ的な社風がありまして・・・・・

そういうのも善し悪しなんですけどね。




来年は社長とか兄貴にもホームページの更新やってもらおうかなあ・・・

なんて考えています 

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

押入れを広くしたい (^_^)/ 押入れリフォーム工事

タチアイガワ1

押入れ撤去による お部屋拡張作戦 

さっそく作業の開始です。

しかし・・・・・・・相変わらず兄貴が出動すると荷物が多いです 



今回の工事 

大まかにいえば、押入れのふすま、骨組みの撤去をする解体工事。

その上でお部屋らしくなるように、クロスの貼り込みをする事。

その他、まあもろもろですが・・・・・・




まずは

タチアイガワ2

ふすまをはずし、骨組みの撤去を行っています。

ほこりと騒音がでる作業ですので・・・・

作戦としてはお子さんが学校に言っている間にコンプリート予定 



が 



この日、ご姉弟の弟さんがインフルエンザでダウン 

よりによって子供部屋の工事ですからね。

ここはもう・・・・

キッチンに布団をしき、ビニールで封印させてもらいました。 

すまんが少しの間、我慢しててね・・・・





というわけど、なるべく地味~に作業はすすみ・・・・

タチアイガワ3

解体完了 



つづいて

タチアイガワ5


現在の押入れの壁に骨組みを組み、石膏ボードを貼り込んでいきます。



この工程。 

本来、押入れというのは当たり前なんですが部屋ではありません 

なので家をつくる大工さんたちも・・・

押入れというものはそれほど正確につくりこみをしないものなんです。

物をいれれば見えないというか、そもそもが人にみせるスペースでありませんからね。




今回は、お部屋の一部として用いるためのリフォームですので、

耐久性を確保するため、また、きちんと真っ直ぐのレベルがでた壁となるように 

それとクロス貼りの仕上げをした時に支障がないように・・・・

凹凸やたわみのない壁をつくる必要があるんです。

それに石膏ボードを貼る事で万一の火災の際、最低限の防火対策にもなります。






タチアイガワ6

淡々と作業はすすみ・・・・




おっと、床の補強も忘れてはいけません。 

タチアイガワ7

先ほどの話の通り、本来押入れの床は人間が踏む事を想定しておりませんので、

薄いべニア板であったりします。 

今度からは人間の通行にも耐えられるよう、きちんと骨組みを組んで厚めのパネルで

補強を行っています。







タチアイガワ8

下地の完成。

ここで兄貴は退場し・・・・・仕上げ部門担当の私の出番 






頑張れ~

タチアイガワ9

クロス屋さん 





って、いやいや 

今回は私も活躍してきましたよ~

タチアイガワ10

タイルカーペットの貼り込みです 

いや~、久しぶりで緊張しました・・・・




そして

タチアイガワ12

ソフト巾木の取付。







全工程2日にて・・・・・

 

完成です 


わずかのスペース拡張ではあるかもしれませんが、生活をする上でこれだけのスペースが

増えるっていうのは大きいんです。

お客様にもご確認いただき、ご好評をいただきました 



それに・・・

学校から帰ってきたお姉ちゃんも喜んでくれていました  




これにて無事に工事は完了。


しかし、なんといっても大変だったのは兄貴が帰っちゃった事です。

いや、兄貴が帰るのはかまわないんですけど・・・・・・

トラックも一緒に帰っちゃったんですよね。 









で、白バイのお兄さんもびっくりの・・・・・

タチアイガワ14

積載オーバー 


すっ転ばぬように・・・・・時速15キロで事務所まで帰りましたよ 

ああ、怖かった・・・・





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お部屋を広くしたい(^_^)/ 押入れリフォーム工事

オシイレ

先日「ホームページをみて」というお客様からお問い合わせをいただきました。

ありがとうございます 


ご連絡いただいたのは世田谷区在住の古谷様。

ご夫婦とお子様2人の4人住まいで、分譲マンションにお住まいのお客様です。

今回、子供部屋のリフォームをご検討されているとの事で、さっそくお時間をいただき

現地にてお打ち合わせをいただきました。








さっそくお邪魔してみれば、ご家族4人でお住まいのマンションは2LDK。 

もともと1室をご夫婦の寝室。

もう1室をお子様2人の子供部屋としてお使いになる前提でマンションをご購入。

今までは何の不自由もなかったんです、と。




特に子供部屋のお子さんは2段ベットを2人仲良く使い、共同の本棚や机には

それぞれの教科書、ランドセルが並び、なんというか・・・・・



思わず、ほっこりと温かい気持ちになってしまいましたね 

うん、うん。いつまでも仲良く・・・・・・・




と、言いたいところですが、今回の問題はまさにそこ 





そうなんです。お姉ちゃんが来春から中学生になるらしいんですよね~。

僕も覚えがあります。




はい 













THAT IS 思春期




女の子で中学生ともなると、やっぱりそろそろプライベートの意識もでてくるお年頃。

たしかに今のお部屋の状態では、着替えるのも弟さんと一緒になりますし・・・。



ははあ・・

お子さんもいつまでも子供ではないって事ですかね




あっという間なんでしょうねえ・・・

古谷さん、ご結婚はいつ頃・・・・・・そうですか。



ええ、ええ。

でもお姉ちゃんと弟さんっていうのは一番いい組み合わせなんじゃ・・・・




え?

いや~、うちは男3兄弟でしたからね・・・・・全員そろってパンツ丸出しですよ。

はっはっはっは・・・・・・・・・・・・・ 



同世代な事もあり、古谷様とトークが盛り上がること30分 


とにかく今お使いの子供部屋を何とかお姉ちゃんと弟さんのプライバシーが

確保できるようなリフォームプランを考えてほしいというお話でした。





う~ん・・・・


オーソドックスには入口がここにありますから・・・

こういう感じに新たに壁を設ける工事をして仕切ってしまう事ですよね。

タチアイガワ18



ただ空調と照明が今は1つしかないので、まともに壁をつくって仕切ってしまうと

エアコンの風も届かないですし・・・・コンセントも足りません。

設けた壁にクロス貼ったり、って考えると費用もやっぱり○○万円位はかかります。




う~ん 

できれば費用はあまりかけずにいきたくて・・・・子供なんで見た目のキレイさには

さほどこだわらないんで、なんとか安くおさまる方向では考えたいんですよね。



そうですか・・・

あと、この広さを単純に2分割するとちょっと1部屋のスペース的に狭いんですよね・・






う~ん・・・・(私)



う~ん・・・・(古谷さん)









む? 

と、部屋のはじに何かを発見の私。





古谷さん・・・・・・この押入れって?

タチアイガワ16




え? ああ、子供2人の洋服がはいってます。

特にお姉ちゃんはやっぱり女ですよね・・・・

年々、服が増えていって大変なんですよ 



ほほ~・・・・・と一休さん開始の私。








ポク、ポク、ポク、ポク・・・・・・・・ち~んと。



うむ

イッキュウサン

ととのいました 



古谷さん 



はい?




さっきも言ったんですけど、

まず今のスペースで2部屋に仕切ると1部屋ずつの広さが狭いです。



ええ・・・



で、突然なんですが そこの押入れ・・・・・・・・・軽くぶっ壊しましょう 




は? 





いや、別に趣味で壊したいわけでなくて・・・・

押入れをなくす事で、少しでも部屋のスペースを広くとった方が使い勝手はいいです。

それに一石二鳥というか・・・・




と、いいますと?



これもさっき言ったように、建築工事でまともに天井までの壁を設けてしまうと

エアコンの風も届きませんし、その移設や何やらで費用もかかります。



妥協案かもしれませんが・・・・

お姉ちゃんエリアと弟さんエリアの間に収納の家具を置きましょう。

それを壁代わりにして、それぞれのエリアを仕切ってしまいましょうか。

タチアイガワ17

まあ、こんな感じで・・・・




両面使えるような収納家具なら2人がそれぞれ使えますし、押入れがなくなった分の

収納スペースもその分・・・いや、それ以上に確保できます。




ははあ・・・・間仕切りと収納の・・・・・一石二鳥ですね。

さすがにうまく考えるといいますか・・





ぐっと 

そのプランで行きましょう。

収納家具は妻と相談してこちらで購入しますので・・・・押入れの撤去と・・・




はい

あとは照明とコンセントの増設ですね。

御見積つくってみますので、ご検討してみてください。



はい。 ありがとうございます。



連絡します。 

では失礼しま~す。



と、お打ち合わせはそんな方向性にて終了。

後日、御見積をみていただいて工事のご発注をいただきました。



しかし、こういう工事はまさにリフォームって感じですね。

お子様の成長やご高齢者との同居・・・・・ライフスタイルが変化すればお住まいもまた

その装いを変えるリフォームが必要になってくるんです。

アイデアで最低限の費用で、それを叶えるのも創造社の・・・・・

プロとしての腕なんです 

まあ、最低限なだけに・・・・・・・儲けもまあ、最小限なんですが 




次回より工事編のご紹介です






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

愛すべき・・・・職人さん列伝! その1

ショクニン
(写真はイメージです)




創造社に入社し・・・・はや十数年。

現場監督として、それこそ数え切れないほどの職人さんと仕事をしてきました。

一般のお客様がもつ職人さんのイメージっていうと・・・・

怖そうとか、短気であるとか・・・・・教養がないとか・・・。

まあ当たってなくはないです 



はは・・・・まあこう書くと悪口のようなんですが、

現場っていう特殊な世界で腕一本で食ってる人達ですからね。

一般社会の尺度で計ってしまえばそういうマイナスイメージもしょうがないんですが

基本的にはみんな愛すべきキャラクターの人ばかりです。

ただ、まあそういう訳でちょっと変わった人もいるという心構えがありませんと

時々びっくりさせられる事があります 


これは今でも考えさせらる出来事だったんですが、いつだったかなあ・・・

3,4年前にある現場で職人さんと朝から待ち合わせていたんです。

約束の時間から5分経過。







・・・・・・・・・・・・10分 






・・・・・・・・・・・・15分・・・・・・・20分 




ふ~む








なめとるな 





電話番号・・・・・・・お、あった、あった。






プルルルルルルル、ガチャ。





おい、こら 














ナグル

何時だと思っとるんじゃい 



いくら温和な僕でもしまいにゃ・・・・・・・あん?

なに?・・・・今、病院?





電話からも伝わる重たい空気・・・・・・・





聞けばご家族が急病になり、朝いちで病院に送っていたんです、と。

今、治療室に入ったんで連絡が遅れてすみません・・・。 






そ、そうか。 

まあ、そういう事情なら連絡もできなかったのも無理はないが・・・・

んで、奥さんの具合はどうな・・・・・・・・ん? 






あん? 

ちょっと待て 




お前、独身じゃなかったか? 

両親はたしか福島で、今は一人暮らしっていってなかったか 





何だって?・・・・・・ちょっと電波悪いんだけど・・・・・・・コ?







ネコがどうしたって?







ふん、ふん・・・・・なるほど。



ほほお~、飼ってる猫が急に腹くだして・・・・苦しそうにしていた、と。

んで、病院か?

けどさ・・・・・・お前、さっき家族って言わなかったか?







ん?

ああ・・・・・え?・・・・・・家族同然の猫?

飼ってもう9年?

いや、気持ちはわか・・・・ん?・・・・そうは言ってないだろ・・。

ん~、わかった、わかった。

こっちはいいから・・・・おお、今日はずっと付き添ってやれよ・・・・・・

ん じゃあね・・・・・・・・・ガチャ。








う~む・・・

カンガエル

微妙 



ご両親なり、お子さんが急病ならわからんでもないんですが・・・・猫かあ 

まあ僕もペットは飼っていましたし、気持ちはわからんではないんですが・・




う~ん・・・・






で、やむを得ず

2人分の仕事を一人でやることになった私 




猫かあ・・・・・・


これが金魚の場合は殴っていいんですかね 








アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建築業界 女性の進出について 

オンナ職人

僕らが日々はたらく建設業界。 

まあ、何といっても男女比率のバランスが悪いですね 




設計士さん、インテリアコーディネーターさんなども数にいれるのなら、

また少しちがいますが 建築現場で作業に従事する職人さんとなると・・・・

男女比率1:9ではすまない程に女性が少ない気がします 



僕自身の経験からいっても・・・・

女性の職人さん・・・う~ん、会った事が無くは無いですけど少ない・・・ですね。

まあ、時間があまりにも足りない時に

職人さんがヤケクソで奥さん連れてくるとかは、時々ありますけど・・・・

一度、妊娠中の奥さん連れてきた馬鹿野郎がいましたね 



建築の職人さんといっても、解体屋さんから塗装屋さんまで色々な業種があるわけですが

こと内装というジャンルに関していえば、意外なんですが女性の職人志望の方が

わりと多いんです。

ただ・・・・・やっぱり続かない事が多いようですね。


内装の職人さんの世界って、ぱっと見のイメージで言えば、きっと会社組織のような

人間関係がないとも見えるでしょうし、自分で汗水たらしてお部屋をキレイにするという

仕事は、それ自体にサラリーマン社会では実感しづらい「やり甲斐」というものを

感じやすいように見えるのかも知れません。

そのイメージ自体は間違ってはいませんし、僕自身も女性独特の細やかな気遣いで

あったり、美への意識というものは本来、職人さんに向いているものと思っています。



こんな事言うと怒られるかも知れませんが、職人さんの仕事自体って

決して難しいものではないんです。

一通りのやり方を習って、1年も経験を積めばそれなりに作業はこなせるように

なると思います。

それは内装の・・・・塗装屋さんであっても壁紙の職人さんであっても同じです。

職人さん自身が実際にそう言います。

だから作業を覚える事自体は決して難しいことではないんです。



ただ落とし穴があるとすれば・・・・・

「作業」と「仕事」という意味合いでしょうか。



例えば室内の扉一枚の塗装の仕事があった時、一年程度の経験を積んだ女性であれば

おそらく問題なく作業は完了するでしょう。

塗料がはみ出さぬようにテープで養生をして、凹凸があるのならばパテ処理をする。

ローラーが入らぬ細かい部分はあらかじめハケ塗りをすればいいですし、

あとは仕上げのローラーをころがせばいいだけの話です。

昨日今日でいきなりやってみろ、では難しいでしょうが 

ある程度の経験を積めばこの程度の作業は難しいものではないと思います。


ただそれを「仕事」って考えた時ですよね。



扉一枚だけなんて仕事で一日分の作業賃はもらえません。

最低でも5~10枚は塗らねばなりませんし、イコールそれなりのスピードが

まず要求されます。


自分の自宅ではなく現場ですから、他の職人さんと一緒に作業する事もありますし

重量物の一つや二つは自分で移動するなり、片手で支えて片手で塗装をする位の

体力だって要求されるんです。


時間も不定期です。

朝から夕方まで作業をして、夜の9時から朝まで夜仕事なんて事もざらですし、

翌朝の現場にそのまま引き続いて行く位でないと職人さんは務まりません。 

会社と違って振替休日なんてもらえませんからね・・・・


「作業」自体は女性に本来向いてるものなのですが、

この業界での「仕事」って考えた時にはまずスピード。

それは女性ならではの美への「こだわり」も大事なんですが、

いい意味での「思い切り」が必要なんです。


だから実際、満足するまである程度じっくりと時間をかけて作品を完成させるような・・・・

芸術家的な職人の世界には女性の方も多いですよね。

陶芸家ですとか書道家ですとか・・・・イラストレーターさんもそうでしょうか。

その点ちょっとこの業界と違っているかも知れません



あとは何といっても「体力面」。

不定期な時間のリズムをものともしない位のフィジカル面は大事ですし

病気や怪我なんぞは体力で吹き飛ばす位の気合いが必要です。


そもそも内装の職人さんっていうのは塗ってナンボ、貼ってナンボなんです。

㎡単価なんて言葉があるように

1日で㎡数をこなせばこなすほど手間賃がアップしますし

職人さんがその為にまず犠牲にしているのは己の健康だったりします  

左腕が折れたら、右手で仕事する職人さんだっていますし、

ヘルニアで少々腸がハミでた位では誰も休みませんね 



何だかまるで、女にゃこの業界はつとまらん  的な記事に

思われてしまうかもしれませんが、まるっきり逆なんです。

確かに体力面などで女性には不向きな面もあるのかも知れませんが、

女性だから向いてる面だって確実にあるんです。


女性のこの業界への門戸を広げるどころか閉ざしてしまっているのが現状・・・。

そんな事だから建築業界はいつまでたっても閉鎖的だ、密室的であると

言われてしまうのだと思うんです。

女性の細やかな技術、男の体力。

お互いの長所、短所を補う勤務シフトも役割分担も決して不可能ではないはずです。

理想的には男女比率5:5になってくれれば、

この業界にとって、どんなに発展的かと思います。





というわけで 


創造社が大企業になったあかつきには・・・・

女性の職人さんをいっぱい雇いたいと思います 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

品川区 クロス工事 スクランブル発進! その3

クロス8

さて、当初250㎡程度と思っていた品川区 クロス工事。

前回、お伝えした通り・・・・

実際の計測の結果 340㎡と、およそ100㎡のオーバー 





工期は2日しかない以上、今日はもう何も考えずに・・・・






やるしかない 



そして、あっという間に・・・・・




クロス10

どっぶりと暮れました 




もう総力を結集しての初日でしたので、ここは私としても・・・・




クロス5

床の養生 




そして

クロス11

クロス貼りの際、邪魔となるコンセントプレートなどの取り外し。

地味~な作業ですが、40ヶ所以上ありましたからね 

換気扇や照明器具の取り外しなどなど。

職人さんが作業に専念できるようにサポートです 


まあ、とにかく初日お疲れさまでした。

・・・・・・はあ~、疲れた。

昼飯も食わずの作業になりましたからね・・・

松屋でトンテキ定食を食べて家路につく私・・・・・

美味しかった 




で 



2日目・・・・というか、要するに最終日の開始です。 

まずは職人さんの人数を増員 

創造社の権限をもって、他社さんの現場をブっちぎってもらいました 

はっはっはっは!




む?

そうそう 

この場を借りて・・・・・・・山○工芸社さん 






職人さんを横取りして・・・・・





ごっつあんです

大変申し訳ありませんでした  


まだバレてないようですが、この記事みたら連絡ください。

一杯だけならおごります 




まあ、それはいいとして・・・・・・





増員体制にて現場は進行しております。

このように

クロス12

一人は材料への糊づけに専念し、糊をつけ終わった材料をどんどんパ~ス!





おう!

クロス13

と、足場の上の職人さん2人がひたすら貼りまくりです。



みるみる貼りあがっていく現場・・・




とはいっても今日、最終日ですからね 



きゃ~

みんな、頑張って~ 





クロス14

と、地下の休憩所で祈りをささげる私 

いや、こうなったら監督なんて神に祈る位しか仕事ないんですって・・・ 




と、今日も昼食も食わせずに職人さんにムチうつ事・・・・・・・10時間。 

クロス16

見事・・・・・・・







クロス18

完成 





通常、3日はかかろうかという現場を見事にコンプリート 


お客様 永沢様にもご確認いただき、感謝のお言葉をいただきました。



いや~ 

まあ職人さん、他社さんへのご迷惑かけまくりですけどね  




しかし今回の現場・・・・

こういう外す事のできない障害物が多く

クロス19


いちいち障害物を切り欠いて貼っていくなどの手間が大変でした

クロス20

時間もない中、職人さん達が頑張ってくれましたね。 




ジョイントテープ。

クロス17

クロス同士の接着や下地にカッターで傷をつけぬようにいれる保護材です。

テープをいれない職人さんもよく見かけますが、数年後の耐久性に違いがでます。

時間がなかろうと省けない工程なんです。




お掃除も忘れずに 

クロス15


まあ、この記事だけをみると創造社は職人さんをこき使う鬼のような会社みたいですが・・

ちゃんと埋め合わせはするんです。 

今回の場合は

忘年会にボトル一本プレゼントの密約が交わされたとか・・・・交わされないとか 





と冗談チックなんですが本当です。

僕らが逆に職人さん達をスクランブルで助けに行く事もありますし・・・・

だからこそ、みんな助けてくれるんです。

持ちつ持たれつっていう奴でしょうかね。




ま 

めでたし、めでたしですね。






こういう場合のボトルっていくら位のやつですかね 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

品川区 クロス工事 スクランブル発進! その2

緊急発進

さて、準備期間わずか1日。

奇跡のスクランブルとなった品川区 クロス工事の続編です 


週末の内に

職人さんを1人確保はしましたが、2日間という工程で1人ではまず終わりません。




あんど 




材料のチョイスはお任せとなりましたが・・・・・

そもそも現場をみてないので貼り替える㎡数がわかりません。






ふ~む 

今日と明日しか工期はないのに・・・・

材料は発注できていないし、職人さんも足りていない、と。


はっはっはっは。 





・・・・・・・・・帰りたい 





と、泣き言を言ってる時間もおしい今回。

今日から職人さん1人を引き連れ、とにかく現場入りをし まずは材料の正確な計測です。

今日の10時までに発注すれば、明日には材料は入荷・・・・・するはず 



さらに、今日中に現在のクロスのハガシと下地処理のパテまで終わらせておいて、

明日、職人さんの人数を増員して一気に貼り終える。


と、いうわけで時間は一刻でも惜しく・・・・・






いざ、戦いへゆかん!

クロス1






え?

クロス2

あ、正面玄関は通っちゃいけないのか 

さすがは高級マンション・・・・・サブエントランスがあるんですね。





よし、行くぜ!

コスモ4

の、前に立ちはだかる防災センター 

入館の手続きをしなきゃならないのね・・・・。





よし

クロス4

腕章装着 



そして業者専用エレベーターにて31階へ・・・・・

やっと現場に辿り着いたか 





どれどれ


まずは貼り替える面積の計測。

いただいた図面の床面積は80㎡位でしたから、大体の基準で言えばクロスを貼り替える

天井と壁の面積は・・・・まあ、概ね250㎡くらいでしょう。






縦の長さと・・・・はい、横の長さ。

クロス7

縦 × 横 = ㎡数。

まあ小学校レベルの計算式ですね

リビング、主寝室、子供部屋に廊下・・・・・お、トイレと脱衣所も。





んで・・・・・合計は・・・・・・



あん?・・・・・・・・いやいや。






ちっちっちっち 







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






これは・・・・・






なんでだろう?











びっくり


総㎡数 340㎡ 





なななななななな、なんで? 

大体の基準でいけばせいぜい250㎡位のはずなんです。 

計り間違えたか?・・・・・・・か






か?

クロス6

か? 

さすがは高級マンション・・・・・

全ての部屋にメインの照明とは別に間接照明が仕込まれており、天井が凹型になってます。

こりゃ㎡数も増えますわ・・

はっはっはっは。




前回もお伝えした通り、1人の職人さんが1日で貼れるのは50㎡程度という基準。

そして工期は2日 え~んど 総㎡数 340㎡。

単純に職人さんが、あと4人ばかし足りません 





緊急事態発生 





まさに

パンダ

って感じです 




時間ある職人、こ~の指と~まれ 




次号 更なるスクランブルへの奇跡とは?

果たして工期は間に合うのでしょうか・・・・乞うご期待!




アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

品川区 クロス工事 スクランブル発進!

コスモ0

先週の金曜日。

「ホームページをみて」というお客様からご相談をいただきました。

ありがとうございます 




ちょっと時間は遅く、夜の7時ごろのお電話だったのですが

ご連絡くださったのは、今度 品川のタワーマンションをご購入されたという永沢様。

ご入居にあたりクロス(壁紙)の貼り替えをご検討されているとのご相談でした。

以下 再現シーン。





創造社さんでクロスの貼り替えなどはやっていただけますでしょうか?




もちろんです 

今はそれこそ色々なクロスがありますからね。

ええ、はい。

まずは ぜひカタログをお持ちしてご検討を・・・・






そうですね・・・・ただ・・・・・その・・・





はい?





ちなみに入居は来週の水曜日の予定なんですが、時間的に間に合いますかね?






もちろんです 

今日が金曜日ですから、来週の水曜日・・・・え~と・・・・・す~?

水曜日っておっしゃいました?・・・・・・・ちなみに 





はい 




え~、今が金曜日の夜だから・・・・・土日は動けないとして・・・・・



はい 








無理です 









永沢さん、入居が水曜日て どうしてなんですか? 

要するに今からだと月曜と火曜しか工事はできないって事になりますけど

どうしてそんなに急な・・・・





実は・・・・・契約はもう先月で、家具とかは買い揃えていたんです。

あとは入居するばかりと思って、家具の寸法を計りに改めて部屋に入ったら・・・

あ。 クロスが汚い 

というわけでして・・・・・もう入居前のクリーニングの手配もしていて

それが来週の水曜日なんです。 




永沢さん・・・・・・



聞けば、購入されたのは中古の分譲マンション。

前の入居者さんが喫煙者であったらしく・・・・・




よく見たら部屋が真っ黄色だったらしいんです 





う~む・・・・・・お願いですから・・・・




永沢さん 




買う前に気付いて下さい 





さ~て、困りました。

現在時刻 夜の8時のこの時間からでは、材料も職人さんも手配できませんし

大体、材料の品番すらまだ決まっていません・・・・



お部屋の見取り図をFAXいただいたのですが、

クロスの貼り替え面積はざっと250㎡くらいはある予感。


通常、クロス職人さんが一日で貼り替えのできる面積は50㎡なんていう基準もあり

単純に一人でやっていけば・・・・・




250㎡/全体 ÷ 50㎡/1日 = 5日間 



職人さんを2人確保したとしてもその半分 2.5日・・・・・


とうてい2日では終わりません。






永沢さん・・・・・

申し訳ないのですが、今からではちょっと間にあわ・・・なくはないのですが・・・

なんというか・・・・その・・・・はあ・・・・・・わかりました。 





やってみましょう 






ありがとうございます。

実はもう他の業者さん2社に急すぎると断られていたんです。 

入居の前にはどうしてもキレイにしておきたくて・・・・本当にすみません。





な~に。

はっはっはっは・・・・・・お任せください。

あ。

ただ・・・ちょっとすぐに折り返し電話いたしますので、お待ちいただけますか?





はい。




では・・・・・・がちゃ、と。






う~む・・・・





アレをやるしかないか 




通常、この業界 

5時以降では基本的に材料なり職人さんの手配はできませんが。



創造社の場合。

それぞれの職人さんとも付き合いは長いですからね~


はっはっはっは






自宅の電話番号知ってるんです 





現在時刻 21時半。


こうなりゃ・・・・






プルルルルルルルル・・・・・・・・・あ、どうも ご主人いらっしゃいます?

ええ・・・・









その通り!

なぐりこみ

私が創造社の矢野です 





おわ 

・・・・・・・矢野さん? 

何なんですか・・・・もう・・・・こんな時間に

もう一杯飲んじゃってるんですけど・・・






いや~、けっこう、けっこう。

仕事終わりの酒は最高だよね?

美味しい?





美味いしいて・・・・・・それはいいんですけど・・・・あの・・・何か用ですか?




思いっきり










用です 




はあ~

また・・・・・緊急発進の話スか?




まあ、さすがに付き合いが長いだけあってみなさん察しがいいんですよね・・・・

あきらめが早いというか 





というわけで、

年上としての権力をフルに使い、まずはクロス屋さん一人ゲット!


材料は・・・・・もうカタログで選んでいただいている時間はないので

永沢さんとお電話で話し、描いてらっしゃる大まかなイメージだけをお聞きしました。

あとの品番の決定は・・・・・矢野さんにお任せしますと。


ありがとうございます 




さ~て、何とか材料と職人さん × 1人は確保しましたが・・・・・

何しろまだ現場も見ていませんからね 



大丈夫かな・・・・・





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

和風居酒屋 恐怖の丼勘定とは?

アリエナイ

久々、登場のランチ事件簿 

今回はランチではないのですが、実家の近くでよく行く居酒屋さんのご紹介。

「梅むら」さんというお店です。



居酒屋といっても・・・・・

5人座ればいっぱいのカウンターしかない店内。

まんま梅村さんというオヤジさんが一人でやっているお店なんです。

何気に10年以上通い、今や常連ナンバーワンの私です。 





ちなみに 

男でも飲み屋に1人で行くタイプとそうじゃないタイプってわかれますよね。

私はもう学生の頃から平気で1人で飲みに行っていたタイプでして・・・・

ただ1人で入るとなると、あんまり混んでるお店はブ~です。

チェーンの居酒屋さんは、さすがに気まずいというか・・・




だから、そもそも

「梅むら」に初めて入った時も、他のお客さんのいないのが

表から見えたからだったんです。





おや・・・・・・「梅むら」?

こんなトコに飲み屋あったんだ・・・・





ふ~む・・・・・他にめぼしい店もなし

入ってみるか。 





ガタ・・・・・ガタ・・・・・・・ガタタタタ!・・・・(建付け悪りぃ扉だな 


あの・・・





・・・・・・・・・・・・・・・




一人なんですけど、いいですか・・・




・・・・・・・・・・・・・・・?。



と、愛想のカケラもないオヤジさんとの出会いはそんな感じでした。




あ 

のちに聞いたんですが。

だいたい「梅むら」に一見でぶらっと入る根性ある客はそういないらしく 

何かの営業にきた業者さんと思ったらしいです。

まあ私もサラリーマンの頃でスーツでしたし・・・・・



さて、注文。

値段はさほど安いわけではないのですが、もとは某ホテルで修業をしたオヤジさん。

関西風の魚料理を中心としたメニューなんですが、これがまた・・・・・












うまい 




毎朝、築地に旬の魚を仕入れにいくこだわりで、

ちょっぴり濃いめの味付けも酒の肴にはぴったりです。



うまいだろ? とオヤジさん。 



鰆の塩焼きとキスの昆布じめに、ぬる燗のお酒もすすみ・・・・



う~む。

ご馳走さま、お勘定 




あいよ、・・・・・・・え~と・・・・・ちょうど五千円だな。




じゃあ五千円札で。



ありがとよ、また来いよ。



ご馳走様~、と店をあとに家路につく私。



まあお店の立地はさほど目立つ場所ではないんですが、

値段もそこそこで味もこれだけいいなら、他のお客いてもよさそうなんですが 


結局10年通って・・・・・・

他にお客さんがいるのは、ほとんど見たことないんです 



2回目、3回目とお店にお邪魔するうちに知ったんですが、

そもそも忙しいのが嫌いらしくて、お客でにぎわうのがうっとおしいらしく

一人飲みの客がポツポツくる位が・・・・・ちょうどいいんだ、がっはっはっは。 

とか ぬかすんです。このオヤジさん 


まあ一人飲みの私には、味もよくて落ち着けるお店ですから まあいいんですけど・・・・




通って・・・・・いつ頃でしたかねえ・・

ふと・・・・感じた違和感 




ぶらっと立ち寄った日。

おお、いらっしゃい!

今日はイサキのいいのがはいってよ・・・・・・今、刺身にしてやるからな!



イサキ? いいね~。



う~む・・・・・・・美味い 


いや~、今日もご馳走さん、お勘定ね。




ほい・・・お・・・・・・じゃあ・・・・・五千円でいいや。、

まいど~






またちがう日。

お、そろそろ来ると思ってよ! 寒いからフグの鍋つくってやるからな!



え、フグ? ・・・・・・(高いのかなあ・・・)



どうだ、美味いだろ?


え・・・・・・・美味いよ 




ふ~、ご馳走様・・・




じゃ、お勘定で・・・・・うん・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・へ?


い、いや、・・・・・・・また来るよ。








ん~?

偶然・・・・・かな。



ただちょっと気になったんで、試してみることにしたんです。





おお、いらっしゃい!

今日はブリの美味しいのがはいって・・・・



ああ、オヤジさん。

悪い、この前食わしてくれたイサキあったら食いたいんだ。



イサキか。

美味いよな~




と先日と全く同じメニューを注文し、お酒も同じ量だけ頼んでみたんです。

ここでちょっと実験に・・・・



あ 

オヤジさん、あとサザエと・・・・イカのバター焼きちょうだい。



あいよ!





美味い!・・・・ふ~、食った、食った。

オヤジさん、お勘定 





おいよ・・・・え~と・・・・







(もしかして・・・・・・・




イサキとビールで・・・・・・






(まさかとは思うけど・・・・)



ちょうど・・・・・





(はい・・・・)













五千円だ。



(やっぱり 



このジジイ・・・・・・

何を食おうと飲もうと、メンドクサイから全て5千円にしてやがる 



悪気もないんでしょうから、僕もツッコみはしませんし

まあ、考えてみると飲み食いするほど得なんですよね。




この全て均一 100円ローソンのような恐怖の居酒屋「梅むら」。 

某東横線沿線のガード下に実在するとか・・・・・しないとか。



しかし、このオヤジさんに関しては語りつくせぬ程の伝説が他にもありますので 

またご紹介したいと思います。





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

インパクトドライバー ご紹介

インパクト

リフォーム製品ではありませんが・・・・・

日々僕らが使う道具の中でもエース級の一品です 




その名も・・・・





ザ インパクトドライバー 


まあ、普段は ザ つけませんが 



正確なところはわかりませんが、このインパクトドライバーの出現以来、

自分の経験でも様々な面で革命的な進歩がありました。


まず代表的な機能としては、まあ自動ドライバーですね。

トリガ―(引き金)をひけば うい~んと先が回転して楽々ちんでネジが締められます。

従来あった電動ドライバーとちがうのは、何といってもその破壊力 


固い木であったり、軽量鉄骨。

少々のコンクリート位でしたら、このインパクト様の敵ではありません。 


以前でしたら、固い木やコンクリートにビスを打つには、

まずドリルで下穴をあけねばなりませんでしたが、インパクトでしたら一発です。


またトルク(廻る強さ)も調整自在ですので、無理なテンションがかかってビス穴が

ダメになるようなミスも避けられるという まさにすぐれもの 



細かいオプション機能も充実しており・・・・・







例えば

インパクト2

照明機能 

押入れの中であったり、照明の届かぬ暗い場所で重宝しますね








続いて

インパクト3

インパクト本体が入らない細~いすきまなどにビスを打つ時に役立つ一品。

90度に曲がった先っぽを装着する事でビスを打てるようになっています。





こんなのも

インパクト4

ホルソーといいますが、先っぽに装着すればちょっとした鉄板にも穴があけられます。




六角レンチになったり、ドリルになったり、ドライバーであったり・・・・

インパクト6

こんな先っぽを装着する事で塗料やコンクリートをかき混ぜるのもできるんです。




大工さんのイメージって、やっぱりトンカチで釘をカンカンやってる姿を想像されるかも

知れませんが・・・・・・実はこのインパクトのおかげでそんなシーンって今はあまり

ないんです。

今時の大工さんは釘の代わりにコーススレッドと呼ばれるビスを用いるのが一般的です。

早いし、釘より効きもいいんです。




だから、インパクトのない時代の大工さんって大変だったろうなあ・・・・

昔の大工さんってやっぱりすごいですよね 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

イメージを描くこと

インタビュー

創造社の・・・・・経営者のはしくれとして早 10数年、

小さな会社とはいえ、やはり時には右か左かの2者択一の選択をせまられ事があります。


そんな時・・・・・

誰に聞いたのか、印象深い言葉が教訓としてのこっているんです。


それは、自分の理想の勝利をイメージし、そのイメージの選択を信じろ・・・と。




野球に例えて言うなら 

9回2アウトの2ストライク3ボール。

もし、自分がピッチャーなら何を投げるのだろう・・・・


今日 調子のいい変化球を投げるのか

打たれてもファールになるきわどいコースをつくのか

あくまで直球勝負で力勝負を挑むのか・・・・・



誰にも100%の正解などわかりませんが、

その選択を迫られた時には、バッターを三振にとったあと・・・・

勝利者インタビューをうけている自分を想像しなさい、と。



その時の自分は何を答えているのか?

「最後の一球の選択には迷いましたが・・・・・



「真っ向勝負のストレートしかなかった。結果的にはそれがよかった。」

と言っているのか、



「今日、一番キレのいいカーブを信じていた。あれで打たれたらしょうかなかった・・・」

と、言っているのか・・・・・・・


迷った時には、そのイメージの中で選択した行為を現実でも行いなさい、と。



言いかえれば、その時その時での自分のベストを尽くし、

悔いのない選択をしろという事であるかも知れません。

そう考えればそんなに選択肢なんかな無いのかも知れないとも思えます



利益と自分のプライドを天秤にかけねばならぬ時



痛みを自分だけが背負うかを決断せねばならない時




そのどちらを選ぶのか



目をつぶって悩む私・・・・・・





頭のなかでは常に勝利者インタビュー中だったりするのです 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

抗争勃発! 仁義なき戦いとは 2

奪い合い

さて、前回 勃発いたしました・・・・

兄貴 VS 私による塗装屋 政明君の争奪戦 


こういうのも現場監督としての腕の見せ所なのですが、

こうなればお互いの現場のスキマを狙って、最小限の時間内にて効率よく・・・・


はっはっはっは








政明君をコキ使うのみです 



聞けば、兄貴の現場では政明君を2週間ばかり拘束したい、との事。

ただ、よ~く聞いてみると 塗った後で乾かす時間が 1日 だけあり 

その時だけは政明君の体が空くことが判明。

一方、私の現場では・・・・

通常のスピードで作業していた日には 2日間 はどうしてもかかります。


この政明君のスケジュールを学術的にあらわしますと・・・・






(私の現場に来れる日数 1日) - (通常、必要な日数 2日)




そのイコールは・・・・・・・・





「倍のスピードで政明をコキ使う」・・・・となります 






と、いうわけで・・・・・・・・・行くぞ、政明!


・・・・・・・・はい。


と、すでに一週間兄貴にコキ使われ、半ゾンビ状態の政明君を連行。 






さっそくなんだが・・・・・これだ

塗装1

非常灯・・・・すか?






うむ、なんか交換したらサイズが小さくなったらしくてな・・・・

塗装2

なるほど 






さっさと 

塗装3

やりますよ・・・





よし

塗装4




次行ってみよう!

塗装5

これ・・・どうしたんですか?





なんか天井から水漏れしたらしくてな・・・・・

配管の修理と濡れちゃったボードは貼り替えといてやったから、ありがたいと・・・ 

塗装6

はいはい 






と、ここで政明君から



矢野さ~ん・・・・・・腹減ったんですけど 

もう3時だし、昼休みとってないし・・・・・・・

ねえ・・・・・・・て矢野さん?




うむ、俺も鬼じゃない。

気持ちはわかるが・・・・・・・











塗装9

って感じだ 



時間ないっつってんだろう 

俺の鉄拳でよければご馳走を・・・・







やります、やりますよ ・・・

はあ~・・・あ?・・・・ってなんですかコレ?

塗装7

見りゃわかんだろ、ベンチだ 





いや、ベンチはわかりますけど・・・・何台あるんすか 




気にするな、ほんの6台。

この世に明けない夜はない 

塗装8

はあ・・・・どうでもいいけど このベンチ細かい部分多くて塗りづらいんですけど 





明けない夜は・・・




やります、やります・・・ 





と、餌もあたえず 政明君をコキ使う事10時間 


見事に・・・・







ミッション完了 





通常、2日はかかるであろう現場を1日で終了させる、まさにミラクル 

まあ、心なしか現場をあとにする政明君の背中が何かを物語っていましたが・・・・・







めでたし、めでたし。

そしてこの後、さらに1週間 兄貴の現場に監禁される政明君なのでありました


おしまい



よくやったぞ、政明 




アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

抗争勃発! 仁義なき戦いとは

奪い合い


もう10年以上のお得意様である、恵比寿の高級マンションのオーナー様。

年末を控え、新たな気持ちで新年を迎えられるようにと・・・・

細かい仕事なのですが創造社にご連絡をいただきました。

ありがとうございます 


今回、ほとんどが塗装にからむ工事ですので さっそく連絡をとった塗装屋 政明君。

以下、再現シーンです 





あ、政明? 矢野だけどさ。





・・・・・・・はい。 となぜかテンション低めの政明君。






ほれ 

ちょっと前に話した恵比寿の塗装。今週か来週のどっかでやりたいんだよ。

都合はいつがいい?




あの・・・・それって・・・・来月じゃダメっすかね・・・。




はあ? 

来月てアンタ・・・・・来年じゃん 

こういうのは年内にやるのに意義あんだよ 

なんだよ、お前、よその現場の予定はないって言ってただろ~






あの時はそう言いましたけど・・・・・その・・・





でた・・・・でちゃった・・・・お前・・・・・創造社を見捨てて他の現場に行くと?

ほほお~














いい度胸してるじゃねえか 







・・・・・・・・いえ、あの・・・そ・・・・






俺はお前に予定確認してあったし、俺の方が約束は先だろ 

お前な・・・・社会人としてそういうのはイカンよ・・・・・あ、そう。

ああ、そうですか・・・・・・・もう、いい!

お前、今度・・・・・・・・うちの駐車場に停める時には気をつけろよ・・・

ガソリンタンクにママレモンを給油してやるからな 





ち、ちがうんです。

あの・・・・・矢野さんのお兄さんが・・・・・





うちの兄貴~?・・・・・・が、何だって?






この前電話あって、矢野さんの現場があるって言ったんですけど・・・・・

お兄さんが自分の現場で塗装あるから来週まで都合あけろって言うんですよ 





にゃにお~ 

野郎・・・・兄貴とはいえ俺の仕事を邪魔するとは・・・・・・許せん 

んな兄貴の現場なんぞ、ブッちぎってしまえ 




あの・・・・・・お兄さんも同じこと言ってましたけど・・・・






同じ? ああ、俺の現場なんぞブッちぎれって事か 






う~む 








さすが兄弟 






そうなんです。

創造社・・・・・小さな会社ですので、営業と作業がきっちりとわかれているわけでは

ありません。

自分と兄貴。 お互いがそれぞれ担当しているお客様もありますので、忙しくなってくると

よくこういう事が起きるんです。 


兄貴と顔が合えばもちろん、お互いの都合は話もするのですが・・・・

年末のこの時期、そうえば兄貴とは2週間ばかし会っていない気がします 



お互いの現場がはじまってしまえば、朝は別ですし帰りの時間もバラバラです。

一方が遠くの現場であれば直帰することもありますし、その場合には机に置いたメモも

役立たずなんですよね 

 


その後、兄貴とも話し合いはしたのですが、




まあ要するに政明君の一つしかない体の奪い合いなわけで・・・・



ってもお互いのお客様にご迷惑はかけられないわけで・・・・・・




こうなれば 





結論は一つしかありません。






その結論とは? そして政明君が挑んだ限界への挑戦とは?



どうでもいいですけど、次号へ続きます 



アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

kimihiko-yanp.net 誕生秘話とは

Banner-2-C4.jpg

兄貴の会社「kimihiko-yano.net」 


そのホームページ・・・・・まあ正確には今のトップページになってからのようですが

開設から9周年を迎えたらしいです。 


う~む




おめでとうございます 




RC関連商品のネット販売がメインの会社ですので、

その顔となるHPにも兄貴らしいこだわりがあります。



以前にもご紹介したように「kimihiko-yano.net」というもの自体、

そもそも、はっきりと設立の意思をもっていた会社ではないんです。

まして商売なんて意識はまるっきりなかったようですし・・・・



サラリーマンを辞めた兄貴が、なんとな~くはじめたブログがその前身で。

趣味であるRCの記事をブログで書いていただけだったんです。



つっても当時からマニアックな内容のブログでしたからね 





このマニアックな内容は・・・・・・




う~む




これは相当RCに詳しい人にちがいない! 





という読者から、RCに関する色々な質問やお問い合わせをいただくようになり、

もう対応が追い付かない位になってしまったんです。 


脱サラ直後で、自宅での~んびりとやっていた兄貴もさすがに焦り出して・・・・




う~む






これは・・・・・







マズい 












もはや

パンダ

というわけで、事務所を新たに借りることになったんです。

もうその頃には、自宅のあらゆるところがRC商品で埋まっていましたからね・・・

会社として・・・また商売としての自覚なり意識を持ったのは

きっとその頃からであったと思います、




はじめ中目黒に事務所を借りたのですが、考えが甘かったようで・・・・

わすか2年で、部屋が段ボールに占領されていました 


で、現在の溝の口のオフィスに移転してもう・・・・・5年?とかになるのかな。



しかしまあ無欲の勝利といいますか、今や創造社を超える勢いの会社になりつつあり 

僕らもいい意味で刺激をもらっています。 




負けません 




アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「Harpe」ホームページのご紹介

エステ

関連会社・・・・・ではないのですが 

以前このブログの「施工・価格例」でとりあげた六本木のエステサロン「Harpe」の

ホームページがオープンしましたのでご紹介したいと思います。


お客様 小野さんと二人三脚で「Harpe」の工事をしたのは、今年の夏の真っ盛り。

オープンは9月3日でしたからもう営業も3カ月になるんですね..........




小野さんも頑張っておられるようです 



工事を終えてから、開店祝いの花を届けさせていただいたり、店内の写真を撮らせに

お伺いさせていただいたりはしていたのですが、最近はご連絡もご無沙汰してしまって

いました。


まあ、僕らの仕事ですと仕事を終えたお客様から電話がくる時はクレームですからね 

そういう意味ではいいのかな・・・・



しかし、ホームページをのぞかせていただきましたが店内のご案内のページをみると

自分らで仕事したとは思えぬほどのキレイさですね 

写真でみると,またちがうなあ・・・ 



しかし・・・・小野さん・・・・

ホームページ 






やっと完成しましたか 

その構想自体はオープン前の工事中から伺っていましたから・・・・・え~と・・・


完成までに・・・・・















4カ月 




小野さん・・・・・

そういえば工事中もこだわりはじめると、こだわりが終わらない人だったな・・・ 





しかし苦心の末あってかナイスなホームページ 



小野さんが当初からいわれていたコンセプト。 




「敷居を高くせず、エステに馴染みのないお客様が気軽にご来店いただけるような・・・」



そのポリシーを前面にだしたホームページです。

小野さんらしいですね・・・・




しかしオープン3カ月ですか。

半年、1年、3年といつまでも「Harpe」の看板を守っていってください。

創造社は応援しています 


ご興味のある方はぜひ下記より

Harpeホームページはこちら

創造社の作品をご覧になってください 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム番組って・・・

匠

最近・・・・まあ全盛期ほどではないかも知れませんが、



TVでやってる・・・・・・「リフォーム番組」っていうのでしょうか?

人気がありますよね。



よくこの商売をしていますと、

やっぱりああいう番組をよくみてるの?って言われるのですが・・・・・・・



申し訳ありません 











・・・・・・・・・・・・・・まったく観ていません 






何というか、プライベートでまでリフォームの事を考えたくないというか・・・・。

お酒飲んで、そういった番組を観ていると何か仕事をしてるような気分になるんです 



まあ、それもあるんですが。 

やっぱりああいったのものは現実とは少しかけ離れた・・・・

TV受けするためだけのリフォームである印象がありますよね。


素敵なデザインであったり、独創的なアイデアも参考になる部分はありますが・・・

正直、現実的ではない気がします。





一言でいえば 

ああいった番組において「リフォーム」っていうのはアートであり作品なんです。

僕らは「リフォーム」というものをそうは捉えず、あくまで・・・・

うまい言葉で言えませんが・・・・稼働施設?っていう意味合いで捉えています。


施設である以上は実際の使用効率がよくなければなりませんし、のちのメンテナンス面も

考慮すべきでしょう。

また稼働しつづける以上は安全面や耐久性、また将来の変化にも対応できるような

リフォームプランでなければいけないと思うんです。






逆にそれが芸術であり、お客様の目をひくだけの展示商品であるのならば

一瞬の輝きでいいのかも知れませんが・・・・

そういう意味ではリフォーム番組で紹介される完成事例にはちょっと違和感がありますね。




以前、番組で観たのは窓が少なく、採光の悪いお宅をリフォームするという回でした。

瓦だった屋根をふきかえて、屋根に採光のためガラスをとりつけて室内を明るくする 

それはまあ、いいと思いますが・・・・




でもなあ・・・

そのガラスが汚れた時の清掃ってどうするんだろう?

築の古いお宅で老夫婦がお住まいのようだったんですが・・・・

まさか屋根に上ってくださいなの? 





そのガラスというのが、おじいちゃんの思い出のステンドガラスか何かだったのですが

冬場など室内と室外の温度差がでた時の結露はどうすんだろう?

結露防止ガラスでもなんでもありませんし、下手すればポタポタと水滴が室内に

降り注ぐんじゃないのかなあ・・・・



それに万が一、震災級の地震がきた時の安全対策はどうなってるんだろう?

最悪、割れたガラスの破片が室内に飛び散る可能性だって否定できませんし。



んで、仮にガラスが割れた時ってどうやって交換する気なんだろう・・・

思い出のステンドガラスは一枚しかないんじゃないの?

割れるまでの・・・・つかの間の演出にすぎないって意味なのでしょうか。



雨風にさらされて・・・・・台風の時には石が飛んでくるかも知れません。

他で大切に保管しておいた方がよっぽど思い出は大事にできると思うけど・・・






僕らのような実務屋から言わせてもらえれば

ガラス一枚の取付にだって、これだけの事を本来は考えてリフォームを行うべき

なんです。

それを、ただ単に採光したいから思い出のステンドガラスね・・・・・



収納が少ないお住まいだから、色々なとこに収納を増やしました!

ってな回もありましたが、収納だって単に数を増やせばいいってものでもないと

思います。



まあ! こんなところにも収納が 

ってなナレーションがお馴染みですが・・・・



そんなとこに収納あっても誰も使わねえだろ 


と、テレビに突っ込んでいる業界関係者は私だけではない気がします 



たしかにTV受けする内容ではあるとは思いますけどね。




ただ

実際、ああいった番組でリフォームをしてもらったお客様が、

その後お住まいになる中で色々な不自由を感じ、工事代金の返還を求める裁判を

おこされる事例も少なくないと聞いています。




リフォームはアートであり、作品である。

その概念自体を否定する気はありませんし、ギャラリーや迎賓館といった使い勝手を

無視してでも華美に仕上げるリフォームだって確かにあります。

そういったリフォームが得意な建築士さんやデザイナーさんもいます。


ただそれが、ことお客様がお住まいになる住居であった時には・・・・

アートか実務か、どちらが得意な会社さんなのかを見極める。


そんなこともリフォーム成功のカギの一つであるのかも知れません。







アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

素直な心を忘れぬように・・・

光線

思い返せば創造社の仕事、建設業というものに携わるようになって・・・・・

というか、まあ僕の場合は家業がこの商売でしたので




「携わった」 



という意味では生まれた時から携わっているのかも知れません。 


長年関わっていると職業病といいますか、困ったことも色々とでてきます。

その内の一つが・・・・・う~ん・・・・・








例えばこんなシーン 

高級ホテル

雰囲気の良いレストランで・・・・・・・彼女とデート 



美味しい料理が評判とのお店で、ちょっと奮発してみました。

もちろん予約済みです 




いらっしゃいませ・・・




ほお


間接照明メインの薄暗い店内。


重厚なウッドをあしらった高級感の中にもムードある内装


大理石調のテーブルには燃えさかるキャンドルの炎がゆらめき・・・・


盛り付けもオシャレなコース料理に赤ワインもすすみます 




ムードが2人をそうさせるのか・・・









ふと途切れる会話 



素敵なお店だね・・・・・・と、うっとりの彼女。





うん





しかし、そんな時の私は・・・・・












どん引いてます 






どん引きっていうのとはちがうのですが・・・・・・・


(う~む、ムードある内装ったってなあ・・・・・・・クロスじゃん 

 あ~あ、しかもリピートあってねえし・・・・)





テーブル?

(大理石ったって・・・・・・・・これ本物じゃねえし 

 いや、シート貼るのはいいけどさ。

 凸凹でてるし・・・・・ふ、下地処理が甘かったな 




む?

(でた・・・・あのカーペット、サ○ゲツの安物じゃん。

 あれ、薄いから貼りづらいんだよなあ・・・・)



 



まあ、万事がこの調子で・・・・

いわゆるカッコイイ、とか おしゃれといわれるお店でも、

職業柄の視点でみる癖がついてしまっているんです 



もう、それがディズ二―ランドであっても、お化け屋敷であっても同じです。



おお! 




とか・・・・



ロマンチック 



という印象をもつより





へえ~





よくできてるなあ、



まあ、さすがにデート中には口にはだしませんけど・・・






でも、素敵なレストランしかり、夢の国ディズに―ランドでも。

それがムードあるクリスマスのイルミネーションであったって・・・・

デートスポットって、結局は建築上の演出であったりするんですよね 




よく女性から言われます。





・・・・・・・・・・・楽しくないの? 




すみません・・・・




職業柄なんで しょうがないんです 







アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 大掃除とは

ゴミ処理6

今年もあとわずかになりましたね。




年末といえば 

どこのお宅でも大掃除が恒例です。


子供の頃は手伝いがイヤで、逃亡しては母ちゃんに捕獲され・・・・

よくケツをしばかれたもんです 




さて

そんな懐かしい日々が・・・・・・実は大人になった現在も続いております 






こちら

ゴミ処理1

創造社 作業所に積まれたゴミ 

作業所が広いのをいいことに溜めにため・・・・・

もはや限界を迎えております 




大掃除ではないんですが、創造社では大体1カ月に1回位のペースで

この作業所のお片付けが恒例です。


一般のご家庭のようにゴミ出しをするわけではなく、自社トラックに積んで

川崎にある処分施設にまでもっていくんですが・・・・



この処分場が、またすごいです。

外国人の従業員さんばかりなんで、日本語が通じないんです 

英語ならまだしもバングラディッシュやインドネシアのお兄ちゃん達ですので・・・

まあ、長い付き合いでなぜか会話は通じるんですけどね 



それはいいとして

さて、お片付けの開始 








それにしても・・・・・・・





なんだっけ、このゴミ? 

ゴミ処理4

ああ、赤坂の溶接工事の時の・・・・・・はがした鉄板か。






これ・・・・・

ゴミ処理3

トイレ 

大使館の水周りのリフォームの時に出た古い便器ですね






おお!

ゴミ処理2

青山の聖体院さんでハガした天井材か・・・・・あん時は暑かったなあ 






って思い出に浸ってる場合でなかった 

ゴミ処理5
 
と、いうわけで作業所内からトラックへと積み込みの開始です 








あ~ら、よっと!

121129_1056~01

創造社トラックには通常、ホロがかぶっておるのですがゴミ処理の時はハズします。



このようにベニヤ板を柵がわりにセット 

僕らですとこのベニヤ板を横にセットした場合の満載で○○円、

縦にセットした場合はさらに○○円という料金設定になっているんです。





ゴミ処理9

よって積めるだけ積んだ方が結果的には安上がりなので、

このようになるべくスキマをつくらぬよう、ゴミの形などを計算して積み上げていきます





しかし・・・・・・

ゴミ処理8

けっこう、あるなあ・・









まあ、のんびりと・・・・びり・・・・・・・・・・・は! 



まずい・・・・・





1時間後に打ち合わせがあるのを、すっかり忘れていた 




う~む・・・・・・・・





これは 













パンダ

急がねば 




で、もってバタバタと積み・・・

121129_1216~01

ロープでぐるぐる巻きに固定 

あとは兄貴に任せ、無事に今回のお片付は完了です 




なんとか打ち合わせには間に合いました 


しかし、考えてみると・・・・

この恒例のお片付。 子供のころからやってるんですよね 

あの頃は、100円のお駄賃をもらってやりましたっけ・・・・

これも家業が建築業だった宿命ですね、





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします