株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 ホームページについて 8

猫 執筆

創造社のホームページを開設してはや・・・・・10か月 


う~む



早いものですね 


ある意味なんの考えもなしに始めたWEB上へのチャレンジであったわけですが

予想以上の・・・・というか予想をはるかに超えるお問い合わせをいただいてこれた事。



なんというか、言葉もございません 




それと私事で恐縮ではあるのですが・・・・・・










アクセス数20,000突破! 




では恒例の 









ごっつあんです

ありがとうございます(創造社一同) 




しかし、こうして数多くのお問い合わせをいただける事。

そして様々なお客様との出会いをいただいた10カ月でありましたが・・・・つくづく


時代の流れなのだな、と思います。



従来、僕らのようなリフォーム会社というか建築会社の営業活動といえば

訪問営業であったり、ビラを配ることであったりがせいぜいであったと思います。

まあ、ちなみに創造社はそれすらやっていませんでしたが 



インターネット全盛の昨今においては、ビラの配布の効果はどんどん薄れ

1万枚配って一件のひやかしがあればマシな位だなどという統計もあるようです。


リフォーム詐欺に代表される悪徳建築会社の手口が訪問営業をメインにしている事が

これほど一般的に知られるようになった現在、訪問営業=あやしい会社っていう位の

図式ができあがってるのも事実であると思います。


訪問営業もビラの配布も経験はありませんが、従来のそういった手法に効果が

見いだせない現在においては、いかなる営業活動をしていくべきなのでしょう?


インターネット上の展開・・・・・・正直、今時ホームページを持つという事自体は

決して珍しくない、というか当然くらいの世の風潮があると思います。


そんな中で・・・・


まあ、結局は巷にあふれるHPの中で他社さんとの差別化をどう図っていけるか

という事なのかもしれません。



実際、創造社にもWEB製作会社さんからホームページ代行のご案内をいただく事も

しょっ中です。

でも、逆にいうとそれは巷にあふれる一般的な・・・・

「ちゃんとした」HPが完成するにすぎないのでは、と思うんです。


前述のように「ちゃんとした」HPがもはや当たり前の風潮のなかで、

当たり前のHPをつくる事にどれだけの意味があるのかという疑問はもっています。



それよりは他にはない個性ある・・・・・・

創造社のようにふざけた ホームページもまたアリなのかなあ、とも最近は思います。



どう取り繕うとありのままの創造社を知っていただくしかない。 

それもHP開設の理由でしたし・・・・



これからも個性ある内容をお届けできるように試行錯誤していきます。






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建築業界の天敵とは

傘 猫

建築業界の・・・・・まあ全ての仕事においてではありませんが

その天敵と呼べるものの一つに、何といっても お天気があります。


室内で仕事する壁紙屋さんなどは、雨が降ろうと影響はありませんが、

外部で仕事をする業者さんは悲惨です 



う~ん

まあ道路に穴掘ったり、荷物を運んだりくらいは自分が濡れれば済むのですが・・・・

例えば、ビルの外壁塗装の最中に雨が降ったら作業は中止ですね。

防水工事の場合なんかは、やり直しです。

電気溶接を雨の中でやりますと、普通に感電して死ねます。   



なので雨に弱い業種の工事予定日には、前日からのお天気予報チェックは必須です。

景気よく降水確率80%なんかでしたら、中止決定なのですが

やっかいなのは降水確率30%とかですね・・・・・


降らないとは思うけど、降っても文句はいえない微妙な数字なんですよね  



ホントに降ったら取り返しのつかない現場の場合は、原則として


「疑わしきは罰する」 


当日の朝にちょっとでも降る可能性がある場合には作業は中止にしています。

で、結局は降らないというパターンも多いです 


まあ、こればかりはしょうがないというか・・・無理に強行して雨が降った場合

取り返しのつかないご迷惑をお客様にかける事態にもつながるんです。



外壁の塗料が乾いていなかったら、下にだら~っと流れ落ちますし

それが防水の塗料だった場合には、水がはいる事で塗膜が硬化しなくなってしまいます。

タイルを貼っている最中だったら同様に接着剤に水を含み、将来的にタイルが地上に

落下してしまう危険性だってあるんです。


降水確率30%くらい・・・・・・と思われるお客様もいらっしゃいますが

その都度こうした説明をさせていただいて、ご納得をいただくようにしています。


少し弱音っぽいんですが、本当は気温だって重要なんです。

猛暑の時には、塗料なんて塗ってるそばから どんどん乾いていってしまいますし

逆に湿気の多いお天気であれば乾燥の時間はその倍にもなるんです。

それなりの規模であれば、工事日数の計算も変わってきますし・・・・・・

まあ、それ以前にあんまり寒いと塗装屋さんの動きがにぶくなりますから 


僕らも人間ですので・・・・

寒い時には手もかじかみますし、あんまり暑ければ休憩も多くとりたいです。 


まあ、なんといっても恐ろしいのはそういった事情がまるで反映されていない

工程を組む監督がいることですね 


サイボーグじゃないんですから・・・・・






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

テナントさんへのご迷惑・・・最後の手段とは

単管 喫茶店

あれはもう・・・5年位前でしたしょうか。

5F建てのビルで外壁の塗装工事をさせていただいた時の事。



外壁の塗装を行うとき

まあゴンドラやクレーン車で行うやり方もあるのですが、

一般的にはパイプの足場を組んでの工事がオーソドックスです。



ビルに足場をかける場合は、なんといってもテナント様へのご配慮に気をつかいます。

テナントさんからのクレームとなってしまえば、ひいては仕事をご発注頂いた大家さんに

ご迷惑をかける結果になってしまいますからね。




もちろんその時もテナントさんへはご挨拶、工事予定の説明などお話をして

事前にご許可をいただいた上で工事を行っていたんです。



ただ・・・・まあクレーマーなんて言葉もありますが、

中にはそんなこちらの配慮も通じぬテナントさんが、時々いらっしゃいます。





1Fで喫茶店を営むテナントさんがいらっしゃったんですが、2週間の工期の間は

ご旅行にでてらして、営業はしないと聞いていたんです。


それがあと3日・・・・足場の撤去なども含んでの3日なんで、塗装工事としては最終の日。

旅行の帰宅予定が早まったとかで、よりによってその日から営業を再開したいという

話が大家さんを通じて僕らにはいってきたんです。 




・・・・・・・・というわけなんだけど。 と大家さん。





う~ん

営業を再開されるのはかまわないですけど・・・

別に物が落下するとかはありませんし。






臭いはしないかな?




思いっきり、します 









・・・・・・・・・・・・・・何とかならない?


・・・・・・・・・・・・・・なりません 








・・・・・・・・・・・・・・そこをなんとか

・・・・・・・・・・・・・・できません 




・・・・・・っていうか無理ですよ 

これが室内だったら、密封するとか扇風機まわすとかもありますが・・外部ですよ。

臭いがイヤなら喫茶店の入口の扉をテープで封印するとか・・・

まあ、営業できませんけどね 





聞けば1日でも喫茶店を休めば、それだけ月の売上に影響もでるし・・・・

百歩譲っても、稼ぎ時のランチタイムの間だけは工事を中断してほしい、と。




ただ

そのランチタイムがよりによって10時から3時までだと言うんです。

10-3時の間やめてくれじゃ、仕事になりません  





さ~、困った





ランチのお客様にご迷惑をかけずに、かつ臭いをだしてもいい・・・・





う~ん



喫茶店にこられたお客さんに・・・・







配るか?

マスク

いや、コーヒー飲めないし 








う~ん

imageCAYY1DAE.jpg

ない、ない 





というか、これはマトモに考えても無駄ですね 

発想を変えないと・・・・





む  





ひらめきました 





その日、現場にいたのは、まず塗装屋さんの6人。

臭いも何もださないコーキング屋さんが2人。

手があいてたらしく、やれるとこからバラシをはじめていた足場屋さんが2人。

それと僕と兄貴と社長の計13人。



あと2人くらいほしいな・・・・・





お? そこにいるのは大家さん 






・・・・・・・・・・・・という訳なので、誰かいませんか?




いや、いるけど・・・・・マジでやるの 





と、いうわけで





最後の秘策 





よし! 行くぞみんな 

大群のねこ

おう!







と、総勢13名、いざ1F喫茶店へ 







いらっしゃいま・・・

満員

占領 




と、まあ冗談チックには書きましたが実話です。

1F周辺の塗装だけは終わらせるよう、人数を残して・・・

創造社で喫茶店を貸切りました 





ま、まあ喫茶店さんにとっては売り上げも上がりますし・・・・・

別に文句はないですよね。

もっとも他のお客さんは入れませんが  






まったく・・・・

現場監督 猫

現場監督も楽じゃありません 



まあそれ以降、さすがにこの荒技を使ったことはありませんが・・・・・






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

散水栓の蓋が・・・・プチ溶接工事のご紹介

散水栓1

先日、「ホームページをみて」というお客様からお問い合わせをいただきました。

ありがとうございます 


お話を伺うと、お客様は六本木のビルのオーナー様。

ネットをさまよったあげくに、ご連絡をくださったとのことで・・・・

ほとほと困り果てたました 、と。




問題はこちら

散水栓2

わかりますでしょうか?

よく建物外部にある水道・・・・散水栓といいますが、その蓋がとれて無くなっています。

たかが蓋の一つや二つ・・・・・



とも思うのですが、この散水栓。

よりによってビルの正面入り口の床にありまして 


ビルにはいる皆さんの足がおよそ30%の確率でハマるらしいんです 



これまでは木の板をかぶせたりもしていたらしいのですが、

腐るわ、外れるわ、飛ぶわでオーナー様もテナントさんの手間もあって

なんとか修理してくれる業者さんを探してらっしゃったらしいんです。



聞けば、

水道屋さんにはお門違いと断られ・・・・・

工務店さんには他をあたってくれと言われ・・・・

あげくに近所のリフォーム会社さんには、下見の約束をぶっち切られた、と 



まあ、雨風にも強くて、踏んでも大丈夫となれば鉄板を加工するしかないですからね・・

ちょっと普通の建築屋さんでは難しいかもしれません 

下請けさんにだす程の規模の仕事でもないでしょうし・・・・










そこは鉄骨が大好物の創造社 


散水栓の蓋?






社長、お願いします 

散水栓3

おう!




完成 

散水栓4

穴にスポッとはまるようにフチをつけて、蓋の出来上がりです。







このへんは知られざる企業努力であるのですが・・・

もちろん、この製作に入る前には現場にお伺いして寸法は計りましたよ。






まあ、そこは人間 

計り間違える事もございます 


でも現場にお届けしてから、寸法がちがってましたでは済みませんからね。

まして鉄製ですので、その場で削る事もひっぱたく事もできませんし 


とりあえずは完成のご連絡をお客様にいれる前に・・・・




失礼します。

散水栓5

こっそりと現場に行って寸法の確認 








おし! バッチリですね 






お客様に見つからぬうちに事務所にもどり・・・・

散水栓6

ぷしゅ~っと錆止めと仕上げの塗装を施します。




そして、お客様とお届けの日時を打ち合わせ・・・

散水栓7

何食わぬ顔で納品 





なにはともあれ

お客様にもご好評をいただきました。



今回はちょっと舞台裏の紹介もしてしまいましたが、まあ現場が近かった事もあります。

こうした事前確認ができない場合には一発勝負に賭けるしかないんです。

でも・・・・・


この20cm角程度の蓋を製作するのに、現場には3回行っている計算になりますね。

採寸に行き、確認に行き、納品に伺った・・・・


こんな規模の仕事でも創造社スタイルではこれだけの手間がかかってしまうんです。

事前の確認をせずに一発勝負もいいでしょう。


でも確実を期せるのであれば確認に行くことに越したことはありませんし 









THIS IS 創造社スタイル 





儲からないわけだ・・・・

ははは 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 人気者です

人気者7

突然ですが

世に人気者と呼ばれる職業は多々ありますよね。

野球選手であったり・・・・・・・芸能人さん?



カリスマ美容師であったり、ああして若い女性などの黄色い声援をうけて仕事できる・・・・

ここだけの話、激しくうらやましいです 










わが創造社が属する建築業界。

こんな時はある意味で負けずに人気者だったりします。 






はい

人気者1

屋外での作業です 



人通りの多い場所での作業ですと、まあ人気者というか何というか・・・・



ゼネコンさんの現場のようにフェンスに囲まれているわけでもなく、丸見えですからね。

そりゃもう・・・・・・イジられ放題です 


先日も大通り沿いで塗装工事をしていたのですが・・・・






む?

人気者2

女の子 




ねえ・・・・・




ん~、何かな?






あのさ~・・・・・何で~、ペンキって臭いの?





そ・・・・き、きれいに色がでるように薬みたいなものが混じってるんだよ 




ふ~ん・・・・




去っていく女の子 




何で臭いて言われてもなあ・・・・・

そりゃシンナーが入ってるし、何でシンナーをいれるかっていえば・・・・・



何でだろう 





う~む・・・・









は! 

人気者5

大群 




あ! ペンキだ。 くっせ~


○○ちゃ~ん、こっち、こっち。

ペンキ塗ってるよ!



(すみません 





ねえ、ねえ、ねえ!





はい・・・・・何かな・・・






これ、またペンキ塗ってるの?

俺、前も塗ってるのみたぜ!




たびたび申し訳ありません・・・



まあ、これ塗り替えるのは2回目ですからね・・・・

しかし、まさか覚えられているとは 



もう・・・早く工事終わらせ・・・・










 

人気者6

大群(女の子バージョン) 





ペンキだ~。

ねえ、ねえ。 おじさん!




(・・・・・・おじさん 


ん~?




私にも塗らせて~ 


え~、いいの? じゃあ私も~ 




(・・・・・・・・・いいと言ってません 




ぺ、ペンキでお洋服よごれちゃうから、今はちょっと無理かな・・・

今度、よごれてもいいお洋服の時ならいいよ。

はい、じゃあね・・・・






と、写真でご紹介できるのはここまでなんですが

他にも外人さんにイジられるわ、犬に吠えられるわ・・・・・

亡くなったご主人が塗装屋であったという、おばあちゃんには、

30分ばかし思い出を語ってもらいました 



なかなか目にすることもない建築工事というものには、みなさん興味深々ですね。

特に小さいお子さんには・・・・・まあ図工の延長みたいにみえるんでしょうかね。






どうですか 

人気者なんですよ 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リビングルームを明るくしたい (^_^)/ その2

元麻布1

さて、前回の続き。



ショップラインのレールの取付。





現在の蛍光灯ダウンライトをLEDのダウンライトへと交換を行います。





まずは養生。

元麻布3

石膏ボードにビスをうったり、穴をあけたりの際には粉が落ちますので

ここは徹底的に 






ショップライン レールの一本目。

元麻布4

今回の計画としては、長方形のリビングの4辺それぞれにレールを取付け、

リビングすみずみまで光が届くようにプランしています。





ここで、なんとなく 









ズームアップ 

元麻布5

目立たぬよう壁内部に通した電線を、ショップラインのレールに接続していきます。







そしてダウンライトの交換

ダウンライト1

あいかわらず電気工事は兄貴の独壇場なので・・・・

私はお客様が退屈せぬようにトーク担当です 






こちら

ダウンライト2

今回使用するLEDのダウンライトです。

LEDもずいぶん一般的に使われるようにはなってきましたが・・・・・・高いですね 

まあ少ない電力でより明るく、ですからランニングコストを考えればお得ではあるんです。







さて、お客様とのトークも一段落した私は・・・

ダウンライト3

キッチンの手元灯を交換です。

まあビス止めしただけですが・・・・



これで一通りの工事は完了。

レールに取り付けたスポットライト、そしてLEDダウンライトよ・・・・

貴様らの力・・・・・・今こそ



見せてやれい!






スイッチオン!

ダウンライト4


おや~?

なんか、それほど明るくなっていないような気が・・・・・・











ちっちっちっち 


だてに明るさを調整できる調光スイッチをつけたわけではありません  






調光・・・・・・・・・・全開!









おお 

ダウンライト5




そしてキッチン

ダウンライト6

恐ろしい程の明るさです・・・・・つーか、これは・・・・う~む




やりすぎたか・・・・

まだレールにはスポットライトを2台しかつけてないんですが 





とも思いましたが、お客様のご評価は







ぐっと 




お子さんの事を考えれば、これでもまだ明るさがたりない・・・


という事で


スポットライト3台をさらに追加ご注文の運びとなりました。


追加分のお届けに伺った際には

今回のお仕事をご評価いただけたのか、食洗機交換のご相談もいただいたんです。


本当にありがとうございます 


これからも何かありましたら またよろしくお願いします。






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リビングルームを明るくしたい (^_^)/

元麻布1

先日「ホームページをみて」というお客様からお問い合わせをいただきました。

ありがとうございます。 


まだ小さなお子様がいるマンションのお住まい。

リビングが夜になると照明が薄暗く、お子様の目にも悪いということで・・・・・ 


一言でいうと 


照明のパワーアップのご相談ですね (^_^)/









パワーアップと一口にいいましたが 



1、より明るい照明器具に「交換」するか




2、あるいは、照明器具数の「増設」をおこなうか 




3、明るくしたいエリアをに照明器具を移動して集中照射させる「移設」をするのか



やり方は様々ですので、現地にてお客様とのお打ち合わせをいただきました。


それはいいんですが

元麻布の・・・・・・・・・・・・・ここ?



おお 

恐ろしい程の高級マンションや・・・・。




さて、現場のリビングは・・・・

元麻布2

広! 





・・・・・・・・のわりに確かに照明が少ないですね 

やや薄暗い感じの・・・・・・本来、高級感を演出した感じのお部屋なんですね。






お話では、お子様は2人いらっしゃって このリビングでのお勉強タイムが毎日の恒例 

ただ、座る場所は毎日の気分によって変わるらしいんです 

お子さんがどこに座っても明るいようにか・・・・




う~ん



ズバリここ!、と明るくしたいエリアの限定ができない以上は「移設」はブ~です。


それに


そもそも照明器具の絶対数が少ないので「交換」だけでは追っつきません




いこ=る 




照明の数を増やす「増設」をメインに

補助的に今の照明器具を「交換」も実施するW攻撃がベター。

照射の位置を簡単に変更できるといえば、おなじみのショップラインがよろしいですね。



寸法の計測、ショップラインの取付本数と位置。

現在のライトはLED照明に交換することでさらなる照度を狙う方向にて

お客様とお打ち合わせいただきました。



それにしても、つくづくインテリアのデザインというのは難しいですね。

今回のお部屋も間接照明をメインにあしらい、やや薄暗い感じの照明は

「高級感」というテーマにおいては、すごくいいデザインなんです。

でも、お子様の目には悪い、と 


今回のお客様。

ご結婚間もないころにご購入をされたマンションとのことで

照明もそうですが、壁は布の高級クロスだわ、扉は高級木材の一枚板でできてるわ。

新婚当初は何の問題もなかったようなのですが・・・・・


2年目にお子様が誕生 


で、現在5歳と3歳の息子さん。




皮肉にもお子様の成長とともに、その高級インテリアが逆にネックになっているようなんです。


というのも



お子さんが惜しげもなく高級インテリアを破壊するらしいんです 


まあ、遊びたいさかりですからねえ・・・・




今回のようにお子様がお生まれになった後の事、逆にお子さんが大きくなった時の事。

ご高齢のご家族との同居をなされる時の事・・・・・

どんなお客様でもライフスタイルは変わっていくものなんです。



そういった将来の全ての変化を見越して物件をご購入するなりも無理がありますからね。

リフォーム工事の本来の意義って、そういうところにあるのかも知れません。



創造社の・・・・


「ライフスタイルの変化にあわせた様々なご提案をいたします」


このキャッチフレーズは伊達じゃありません。




と、さりげなく営業してしまいましたが・・・・・・



次号 工事編です





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

永遠の師匠です

大工

今回は大工さん・・・

というか創造社では「ハイパー職人」と呼ばれる川本さんのご紹介。




ちなみに 

うちの兄貴も電気・ガス・大工工事と一通りの事を自分でやってしまいますし、

店舗の1件や2件は目を離すと、私を必要ともせず一人で完成させてしまします 

そんな兄貴ですが、今はまだ「スーパー」止まりで「ハイパー」には至っておらず

兄貴にとっても川本さんはまさに永遠の師匠というべき存在です。




川本さん 

何がハイパーかといえば・・・・・・・う~ん・・・・なんというか・・・







不可能が無いことです 






業界の仕事全般にわたって知識も豊富ですし、一戸建てなんぞほぼ一人で完成させます 

自分で書いた図面にそって、自分で作業し、自分手配の職人さんを自分が管理します  

それでいて、仕事が異常に早いというか・・・・

通常3日の仕事が川本さんの場合は、ほぼ1日で終了します 

見てると、もう材木をプラモデルのごときスピードで組み立てます






スタミナも半端じゃありません 

早朝、深夜、休日は「休み」という文字は山本さんの辞書にはありません 

工期がない時などはそんな山本さんの応援はありがたいのですが、

逆に手伝いに呼び出される時は、いつも深夜です 




まあ弱点といえば・・・・・・子供さんに弱いことですかね

ご結婚が遅かったせいもあり、授かった娘さん2人を溺愛しています。

現場に小さかった娘さんを連れてきた時はビビりましたね 

よく相手をさせられました・・・・なつかしい 



そんな娘さんも大学生になったとか。

時のたつのは早いですね。



本当にうちの兄貴が今のスタイルを身につけたのは、川本さんの影響が大であったのだと

思います。

正式な師匠ー弟子っていう関係ではないんです。

川本さんもいちいち、手とり足とり教えてくれるような人ではありませんが、

僕らにとってはその背中をず~っと追いかけている・・・・いつか超えたい存在なんです。





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

心が傷つく時

頑張るぞ

創造社の・・・・・経営者のはしくれとなって早十数年。

日々の仕事をこなす事と同時に

心の持ちようというものも非常に重要であった気がします。



ミスをしてしまった時、チャンスを逃して悔しい思いをする事もありましたし

その度に傷つく「心」というものに関して考える事も多かったのだと思います。



以前なにかの本で読んで印象的だった話があります。

主人公は一流大学をでて、大手広告代理店に就職した若者。

入社してすぐに、自分で営業して仕事をとってこい! との上司の指示 

一週間、足を棒のようにして頑張ったんですが仕事は一件もとれません。

翌日・・・・・




彼は自らの命を絶ってしまいました。





ここに一つの結果としてあるのは、その年の・・彼と同期で入社して同じ指示を

うけた新入社員は彼を含めて9人いたんです。

誰も仕事なんか一件もとれません・・・・・・でも自殺したのは彼だけだったんです。

なぜ彼だけが悲劇的な選択をしてしまったのか。

他の8人になく、彼だけが陥ってしまったその心理状態はどういうものであったのか。





その本では3つのキーワードを示していました。



一つは「内向的」であったこと。

新入社員で、まして入社から日が浅い彼がそもそも仕事なんてとれるはずないんです。

広告不況といわれる現在の中で、そんな指示をだす上司にも会社にも問題はあったでしょう。

でも彼だけが「上司」にも「会社」にも「景気」にも問題はなく、

「自分」に全ての問題があるのだと考えてしまったという事が悲劇であったのだと・・・。



2つめには「永続的」と考えたこと。

入社から日も浅い新入社員であった彼・・・・たしかに今結果はだせなかったかも知れません。

彼は結果がだせない自分を、なぜ「今だけ」と思えなかったのか。

先輩たちだって新入社員の頃はそうであったかもしれない。

なぜこの苦しみが永遠に続くと考えてしまったのか・・・



3つめには「限定的」と捉えなかったこと。

今回、彼が出せなかった結果ってなんだったのでしょう。

それは・・・・たがが「仕事」であったんです。


人間はには様々な価値があり色々な顔をもっています


「男」しての自分


愛する恋人からみた「彼氏」としての自分



ご両親からみた「立派な息子」という自分。


彼だけがたかが「仕事」の・・・・もっといえば「仕事」の一部でしかなかった

今回の結果を悔み、自分の全ての価値観を否定されたような心理になってしまった。




「男」としてダメな人間だ・・・・

「彼氏」として情けない・・・・

「息子」として期待にもこたえられない・・・・




自分のほんの一部・・・・「仕事」での限定された面を否定されたにすぎなかったのに・・・







彼の他の8人とちがう考え方・・・・・それはほんの気の持ちようであったのかも

知れません。

逆にいえば心が傷つくメカニズムってそんなもんなのかな・・・・・

って思いました 


それ以降・・・・・・・・・・・私はめったなことでは傷つきません 



※ ちなみにこの例え話はフィクションです





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

和室を洋風に・・・

大西1

先日、「ホームページを見て」

というお客さまからのお問い合わせをいただきました。



ホームページ・・・・・ネット経由でのお問い合わせという意味では、

やはり比較的、年齢の若い20~40歳代のお客様が多いという傾向がありますね。



そんな中、今回お問い合わせいただいたのは70歳代のお客様 

本当にありがたい事です 

お仕事自体は大規模なものではありませんが、地元の幅広い年齢層のお客さまからの

お問い合わせをいただけるのは やっぱり嬉しいですね。 



孫娘さんのために、和室の一室を洋風なテイストにリフォームしたいというご計画。

親戚に大工さんはいらっしゃるらしいのですが、内装の業者さんの手配ができず

今回のご縁をいただけました。





まずは

従来、木目の和風天井を解体し、石膏ボードの貼り込み。

ホワイトの石目調の壁紙で仕上げます。

大西3





収納も襖で和風チックではあるのですが、壁面に用いるクロスと同じ品番を貼り

大西2

極力、襖の和を主張させず壁の一部にみえるようなコーディネート。

本来ですと、洋風なクロゼットに交換するなどがオーソドックスですが、

今回は極力予算をかけぬのもテーマです 



まずはここまで

大西4





ここでワンポイント 

和室の特徴として内壁に構造の柱がみえるような造りを

真壁

真壁仕様といいます。




対して一般的に洋室の内壁は 構造の柱を壁の中にかくしたフラットな仕上げ

大壁

これを大壁仕様と言います。



なのでオーソドックスに和室 → 洋室へのリフォームを考える際には

真壁から大壁への改装を行うのですが、今回は内装屋さんに徹してあとは親戚の

大工さんにお仕事を引き渡しました。



床はフローリングに張り替えるものの、壁に関しては大壁にリフォームする程の

ご予算は考えてらっしゃらないという事でありましたので、

あえて柱を「見せる」ようなデザインのご提案だけさせてもらいました。




高校生の孫娘さんでいらっしゃるとの事で、家具なども新規に買い替えなさるなら

そうしたインテリアの色調とあわせて柱を塗装するのも面白いですよ、と 

あえてポップに赤で柱をペイントしてもいいですし、あとオシャレにスポット照明なんかを

コーディネートしてもずいぶん雰囲気は変わります。



逆に、無理に洋風にするというより置き敷きの琉球畳なんかをもってきて・・・・・

青山完成6

「オシャレな和室」っていう方向もいいと思います。

窓廻りの演出でもずいぶんテイストは変わりますよね。


そういった方向なら大壁にリフォームするほどのご予算もかかりませんし、よろしければ

親戚の大工さんとそういったご相談もされてみてください。


と、できる限りのアドバイスだけさせていただきました。


お客様も、もう一度 孫娘さんも交えてご検討をしてみるとおっしゃっていましたね。






とりあえず出番は終了 



今回はありがとうございました。 






後日、お聞きしたところによると、フローリングは中止となり

現場は「オシャレな和室」となって完成したとか・・・・しないとか 


また何かありましたら、よろしくお願いします 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

東麻布 出庫警報 新設工事 その2

出庫警報2

さて、前回お送りした通り まともに出庫警報のセンサーがつけられない以上

創造社お得意のミラクルを考えねばなりません 


こういう時って・・・・・何の場合でもそうでしょうが、固定観念にこだわっていては

斬新なアイデアはでません。


今回の件は当初、うちの社長が担当をしており 現場下見のあとに事務所で

社長が・・・・・・・・・困った顔全開で座っていたんです 







「ど、どうしたの?」 と私。





「いや、出庫警報が・・・・・・でさ、センサーがつけられないんだよ 






「ふ~ん、手動じゃだめなの?」





「センサーが2つ必要・・・・・あん?・・・なんだ手動て? 

 出庫警報ってのは普通、自動でナンボだろ 





「そりゃそうだけど、できないものはできないんだし・・・

 リモコン式のサイレン使って、テナントさん全員にリモコン配ったらいいんじゃない?」




まあ、まともな発想ではないかもしれません 


ただ、リモコンはそれこそ10台でも20台でも周波数をあわせれば用意できますし

テナントさんの車にリモコン積みっぱなしにしてもらって、出庫の際にポチっと。

30秒位でサイレンがストップするようにタイマーをセットすれば、

ほぼ自動みたいなもんだろ、という・・・・・・

素人とプロの中間といわれる私ならではの発想です 



このアイデア、意外な事に 





即採用 





というわけで

出庫警報8

駐車場内の柱にあるコンセントから電源をとり・・・・





む? ちょうどいい 

出庫警報9

そこにあったシャッターボックスの中に線を通し、外部まで。

極力、配線は目立たぬ方がいいですからね。




高さは・・・・・これ位でいいですよね?

出庫警報10

外壁にアンカーで固定します。





おっと

出庫警報11

受信機のセットも忘れてはいけません 




よし



てすと    

出庫警報12

駐車場の一番奥から・・・・・・ポチっとな








成功 

出庫警報13

音量マックスでしたので、歩行者のみなさんビビっていましたね 




音色は数十種類からチョイス可能。

出庫警報14

はじめモーツァルトだったんですが、警報とは思えぬリラックスな空気が流れるため

却下でした 




オーナー様にもご確認いただき、合計10台のリモコンをお渡ししました。

リモコンの有効範囲は20mありますので感度にも問題なく・・・・






ぐっと 




ありがとうございます 




ご好評をいただき、ついでに今度、駐車場に倉庫を新設する御見積もりを

させていただくことになりました。


新たなご縁がまたひとつ・・・


嬉しいですね 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 東麻布 出庫警報 新設工事

出庫警報4

先日、「ホームページを見て」と,いうお客さまからのお問い合わせをいただきました。

ありがとうございます 


現場は創造社より徒歩5分。

東麻布のオフィスビルのオーナー様からのご相談です。


内容は、電話では伝えずらく、とにかく一度現場をみてからの

打ち合わせをされたいとの事で、さっそくお時間をいただきました。






ほお・・・・

出庫警報1

築年数はそれほど新しくないですが、きれいなビルです。

麻布でこれほど台数が入る駐車場もなかなか・・・・・10台は入りそうです 





が 



問題はその駐車場にありました 






わかりますでしょうか?

1階が全て駐車場なのですが、車が道路にでるには、歩道を突っ切らねばなりません。







こちら駐車場内部からのショット

出庫警報2

歩行者が通りまくりです 



と、いうわけで 





おわ 

出庫警報3

いつ人身事故がおきても不思議でありません




なので、ご相談はいわゆる出庫警報を新たに設けたいというもの。




「出庫警報」 

車が駐車場から出てくる時にサイレンとかブザーで出庫を知らせるアレです。


しかし・・・・・・・・・・・・それは困った 




過去に出庫警報を新設した経験はあるのですが・・・・・・その・・

いや、出庫警報の理屈自体は単純なんです。 

車がセンサーを通過するとセンサーと連動されたサイレンが感知して鳴る、と。

それだけの事です。





ただ、想像してみて下さい。

単純に一つのセンサーで物体の通過を感知するのであれば、

人間でも・・・・・それこそ猫が通ってもサイレンが作動してしまいます。


一般的にはそれを防ぐために、2m間隔くらいでセンサーを2つ設置するんです。

どんな車でも全長2mはありますので、出庫する際、すなわち2mの物体が

2つのセンサーに同時に感知された時のみサイレンが作動する理屈です。

体長2mの猫ちゃんは、そうそう日本には歩いていませんので・・・・・




今回の現場でいえば

出庫警報5




こんな風に

出庫警報6

テープの×部分にセンサーを2つ設けて、車が通った時に

2つのセンサーが同時に感知するようにして、サイレンを作動させるのがベスト 













ただいまテナントさんが満員御礼につき・・・・・・





このように

出庫警報7

駐車場びっしりに車が停められています 



何もないセンサーの前を、物体が横切るからこそ感知するのであって

常にセンサーの前に車が停まっていてはセンサーが意味をなしません・・・・








ふ~む


テナントさんとの契約がありますので、無駄でしょうが・・・


まあ一応。








オーナーさん 

お願い

このへんに車停めないで・・・







却下 




でしょうね 





さて、悩むか・・・・



っていってもこうなりゃ手は一つしかありません。


次号 工事編です





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

鉄骨 溶接工事 初級編

ケンジントン1

先日、「ホームページを見て」というお客さまからお問い合わせをいただきました。



現場は東麻布。

歩いて5分くらいの現場です。

というか私の生まれ故郷の商店街・・・・・・懐かしい 





お問い合わせいただいたのは、空調設備の入れ替えにともなう溶接工事。

エアコン交換にあたり室外機も同時に交換する予定が・・・

室外機が設置された架台の鉄骨が邪魔で室外機がひっぱりだせない、と 




ここはいっちょ、ぶった切って下さい、というお客さまからのリクエストです。






よろこんで 




では、さっそく

ケンジントン2

炎もまぶしく、電動サンダ―による切断。








へい

ケンジントン3
 
いっちょうあがり! 


この後、無事に空調屋さんによる室外機の交換が行われて、工事完了 




ありがとうございました~ 









って、そうはいきません。




この切除した鉄骨

ケンジントン4

架台を支える柱の意味もある骨なので、復旧しないと架台が・・・・・




普通に崩壊します 





よって、一度、創造社作業所に持ち帰り

ケンジントン5

このような接続金物を溶接でくっつけました




相手の架台にドリルで穴をあけ・・・・

ケンジントン6





ボルトで接続します

ケンジントン7




お客様にもご確認いただき、無事ミッション完了 



今度はボルトでの接続ですので、将来また室外機の交換をおこなう際にも

すぐに骨をはずす事もできます。

こういった外部の制作物って、将来のメンテナンスの事を全然 想定していない場合が

多いんです。

こうしておけば次回同様の工事があった時には簡単にいきますからね。




今回の工事。

まあ、鉄骨工事、溶接工事としては初級編くらいの仕事ではありましたけど

たしかにお客さまからすれば、こういう工事ってどこに依頼したらいいかは

悩むところですよね。

実際、今回のお客さまも困り果てた上での創造社発見であったとおっしゃっていました。




通常、鉄骨屋さんっていうと材料を売ってるところですし、港区に溶接屋さんって

現在はあんまりいないみたいなんです。 

昔はたくさんいらっしゃったんですけどねえ・・・・・




ちょっと時代の変化を感じた・・・そんなセンチメンタルな秋の一日でありました







アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。









Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 ライブラリーのご紹介

図書館

創造社 

まあ、業務内容に関しては芸風が広いというか・・・・やれることは自社でやる 

というのもポリシーの一つです。







このポリシー。

現実にやりますと色々な面で大変です。




まず道具が大量に増えて、収拾がつかないのは以前ご紹介した通りですが

同じようにカタログの山に、事務所が侵食されるデメリットがあります 


ざ~っとご案内いたしますと・・・・・





まずは

図書館3

クロス・床材の・・・・・内装関係のカタログですね。

各メーカーさんの最新版をそろえていますので実際はこの3倍あります 





つづいて

図書館4

電気関係のカタログです。

照明器具もそうなんですが、工事に使うスイッチやケーブル等の電材カタログも






さらに

図書館2

これは・・・・・窓廻り商品コーナーですね。

カーテン、ブラインド、ロールスクリーンなどなど。現物がくっついたカタログが多く

かさばります 



つづきまして

図書館8

メラミンのパネル材、石膏ボードなどの建材カタログです




とどめに

図書館9

なんというか、資料集ですね。

店舗の内装デザインの完成例や照明デザインの紹介例など

プランニングの参考になる資料を集めています。





図書館6

収まりきらないカタログは、通行人の皆様へのアピールもかねてサッシの前に。

あんま意味ないみたいですけど 



この業界のカタログはたいがい2年に1回位の頻度で最新版と入れ替わります。

なので、どんどん増えたり捨てたりの繰り返しですね。

捨てるにあたっては、本当にもったいない感もあるのですが、

お客様に古いカタログでご案内するわけにもいきませんし、現存しない品番なんかを

見積もっちゃったら最悪です 



今はたいていのメーカーさんもWEBカタログがあります。

でも、やっぱり画面上でみるのと現物みるのでは印象もちがいますからね。



創造社のオフィスでは事務スペースの1/5くらいはカタログ置きのスペースに

あてています。

なので、時を忘れてカタログを読みふけるお客様も少なくありません 


あまり選択肢を増やして、お客様を悩ませるのも考えものなんですが

1時間でも2時間でもご納得いただくまで・・・・・


創造社ライブラリーはいつでも悩めるお客様をお待ちしております 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

トイレの流れが悪いんです (~_~;)

ポンプ1

先日、ホームページよりお問い合わせいただいたお客様 

一戸建のお住まいで、3階のトイレの流れが悪くなってしまい、お困りとの事。

お伺いして状況を確認すると・・・・・・・ほお・・・珍しい 

マンションなどでは多かったですが、戸建てのお宅ではあまり見かけぬ

加圧ポンプの故障が原因とわかりました。





加圧ポンプ 

ポンプ2

わかりますでしょうか?

右側のグレーの水道管から水が供給され、左の3階へとつづく給水管との間に

設置されたポンプでした。 もう撤去しちゃいましたけど 

右と左の中間で水圧をパワーアップして上まで水を押し上げるのが役割です。




ここでワンポイント 

20年ほど前までは水道管の水圧もあまり強くなく、

上層階まで水を押し上げるには、こういった加圧ポンプの存在も珍しくはありませんでした。






現在ですと水道の圧力自体が以前よりパワーアップされており、ポンプを介さずとも

上層階への供給が可能です。



よって今回もポンプを買いかえる必要はなく、撤去のしたうえで、

左右の配管同士をジョイントします 




ジョイントに用いるのはフレキ菅

ポンプ4

その名の通り障害物などをよけて、フレキシブルに曲げて使える部材です。



このように

ポンプ6

コンセントをよけるために、ぐにゃっと 



ジョイントのあとは保温作業

ポンプ5

結露などの原因にもなりますので、ここは入念に 





ジョイントも保温も終わり、通水試験。

ポンプ3

届け、3階まで 








ぐっど 





3階のトイレでの確認も問題なく、無事トラブル解決です。

お客様にもご好評をいただけました。


ありがとうございました 







アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

植木のお手入れ・・・できます? (~_~;)

植木1

これは、ほとんど番外編ですね。


以前からお住まいのメンテナンスなどで、お取引いただいているお客様宅。

出入りの植木屋さんがご高齢のため、廃業してしまい、それ以来お困りであったようで

創造社さんでお手入れできません? と 


さすがの僕らも植木に関しては素人ですので、近所のお付き合いのある植木屋さんを

ご紹介させていただく事となりました。



ご紹介した手前もありますので、初回の今回だけは現場監督?させてもらってきました 




隣地のお宅にはみでた植木の剪定作業

植木2

たしかに・・・・はみだしまくってますね 





お願いします 

植木3





しかし・・・・・・・

お名前はちょっと伏せますが、ここのお宅 




その名を聞けば、知らぬ物はいない程の・・・・・・





とある大女優さんのご自宅です。




それにしても・・・・・






ホントに港区か? ここ 

植木5

もはや森の中の一軒家状態なんですよね・・・・・・・一体、何坪あるんだろう・・





とジェラしっている間にも、もくもくと頑張る植木屋さん





はい

植木4

すっきり 



実はこの部分だけでなく、他に2ヶ所 隣地はみだし状態を剪定してきました。



お客様にもご確認いただき、見晴らしがよくなったとご好評をいただきました。



しかし、植木の現場に立ち会ったのは初めての経験でした。

高いとこ登ったり、切った植木の片付とか・・・




なんの商売でも大変です。










アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

信頼できる業者さん まとめ その1

見破る

僕らが普段おこなうリフォーム工事という仕事。

やはり、それなりの費用はかかりますし、まして工事後もお住まいになられる身の

お客様からすればなんといっても「信頼できる」業者さんにお仕事を依頼したい事は

当然のお気持ちであると思います。





一方、ネットを含めてこれだけの情報が氾濫するなかで

どういうポイントをチェックする事がよい業者さんと巡り合う事につながるのか?

このブログでも過去いくつかの記事で


「信頼できる業者さんとは?」 


というテーマをとりあげてまいりましたが、ちょっとまとめてみようと思います。







1、地元中心のお仕事を長年にわたって継続してらっしゃる業者さん。

これは何のご商売でも一緒であるとは思いますが、地域というコミュニティーの中で

長年にわたって実績を積まれていらっしゃるのは、信頼ある証であると思います。

リフォームというものは引き渡しの出来栄えと共に、その後の耐久性や

メンテナンスに対する誠意というものも問われます。

地域という限られたエリアにおいて 

10年以上の実績があるのは、そのいずれにおいても

いい加減なお仕事はされていない業者さんであると思います。

地域外には届かない口コミも・・・・・・・

地元においては絶対に悪評となって広まるものなんです。 







2、建築業許可を取得してらっしゃる業者さんである事。

以前の記事でもふれましたが、公共工事や高額な建築工事を行わないのであれば

建築業許可って取得する必要がないんです。

取得には費用もかかりますし、毎年ごとに決算書類の提出の義務もあり、

許可更新にはまた別途の費用が定期的にかかります。

また、専任の技術者が常駐している事も許可取得の条件でありますので、

この点もチェックポイントの一つであると思います。






、「リフォーム会社」と一括りにせず、どういう特色ある業者さんかを見極める


これは「適材適所」という言葉であるかも知れませんが、例えばトイレのリフォームを

ご検討されている場合。

それなりの㎡数がある高級マンションなどで、大理石や海外製の設備をご要望の場合は

そういったデザイン力に特化した会社さんにご相談される事は

間違いでないとは思います。

その際は、デザイン料などの出費もやむを得ないものであるといえるでしょう。




逆に単純に便器を交換して壁のクロスと床を張り替えたい程度の工事でしたら

なにもデザイン力に特化した会社さんである必要はありません。

当然、デザイン料というコストも必要ではありません。




極端な経験でいえば、お住まいのリビングの壁紙交換の御見積もりをゼネコンさんに

依頼されていたお客様が以前にいらっしゃいました 

ゼネコンさんでも、もちろん見積もりはしていただけますが、適材適所と考えた場合は

ちょっとそぐわない例です。

逆にビル一棟の新築工事を内装屋さんに依頼するのもミスマッチな話ですよね。




「ゼネコンさん」、「設計事務所さん」、「工務店さん」、「リフォーム会社さん」。

「個人の職人さん」まで選択肢は様々なのですが、今 お客様が検討されている工事に

一番適当である業者さんを見極める事もリフォーム成功のカギですね。




4、会社所在地が1Fである業者さんであること


これは、まあ設計事務所さんなんかは別の話ですが・・・・・・

よく自社施工を謳う業者さんの事務所がマンションの3Fだったりする事があります 

適材適所を考えて、作業をメインにお願いしたいと考えた場合は、1Fに

所在する会社さんをお勧めします。

3Fにあろうともエレベーターで廃材を運搬したり、マンションの中で材料を加工したりも

不可能ではないとは思いますが・・・・・ちょっと「?」な印象は経験上ありますね。

作業は下請け任せのブローカーさん的な会社さんも多いです。





これからもこのテーマはつきつめていきたいと思います。





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 大使館 屋上 塗装工事

大使館 塗装2

前回お送りした 大使館 シート防水工事 

総勢7名がかかりでの、押せ押せ工事だったわけですが

その端っこで・・・・地道に塗装屋さんが活躍していました。


メインは防水工事でしたから、邪魔だ、どけ  という扱いでしたね 






邪魔にならぬよう、まずは塔屋の屋根から

大使館 塗装1

真夏の盛りの9月。 上からの直射日光と屋根からの反射の・・・・・




まさにダブルヒート  





頑張れ、政明君 





けっこう錆が目立ちましたので、錆止めの下塗りと仕上げの2回塗りです

大使館 塗装3

仕上げには遮熱効果のある塗料で仕上げます。

ただ暑くて、塗ったそばから どんどん塗料が乾いていくんですよ 





そして






給水塔のハシゴなんかも

大使館 塗装4

こういった、外部の鉄部の塗装 

見た目の問題もありますが、錆などからの腐食を防ぐ意味でも

定期的なメンテナンスが大事ですね。

長持ちさせる事で、結果的には費用を抑える事にもつながります。



さて、お客様にもご確認いただき、今回のメンテナンスも完了です 




今回は防水屋さんが終わったら、あっち行け 

ほれ、こっち塗れ。でしたので政明君にも苦労かけました。




これにて港区 大使館シリーズはひとまず終わりですね。

さしたるクレームもなかったどころか、ご好評すぎて防水と塗装が追加になりました 


とりあえず御見積をさせていただきましたが・・・・・・・




できれば涼しい季節にやりたい 





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 大使館 屋上シート防水工事 完成&後日談

シート防水2

シート貼りの後、仕上げの防水塗料を全面に 

正確には笠木のコーキング、ゴミおろし、脱気筒の取付と続きましたが・・・・


ちょっと油断して他の現場に顔をだしている間に現場は完了。




ふっふっふっふ 










しっかりと写真撮り忘れました 




やれやれ・・・・・・・まあ、この時点で兄貴に監督を交代してもらっていたので

大きな問題もなく無事にお客様に現場引き渡しは完了であったようです。




今回このブログ上のシリーズはパート6までひっぱりましたが、

まさか6日で終わったわけではありません 



ご紹介してきたのは3棟を実施したうちの1棟で、ここまで2週間かかりましたので

3棟終わるのに1カ月ちょっとかかりました。

1棟めが面積も広く、また天気に祟られましたので一番長くかかりましたね・・・・。



普段、この大使館を担当しているのは兄貴であるのは前述しましたが、

今回はじめて自分で担当してみて(途中までですが )、

つくづく特殊なお客様に分類されるのだなあ、という印象をもちました。



ご存知の通り、大使館の敷地内は外国扱いでので、まず消費税をもらえません。

僕らの方で特別な申請をして消費税免除の手続きをせねばなりません。



それと、これはある意味ありがたいのですが・・・・

日本でありながら、外国ですから・・・・・あまり日本の景気と関係がないんです。

本国の景気次第なので、予算のお心づもり等が非常に予測しづらい。 

あの国の経済状態までは知りませんしね・・・




まあ、でも大袈裟にいえば、日本の建築業者代表みたいなもんですからね 


これからも、恥ずかしい仕事はできません 






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。

  
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 大使館 屋上シート防水工事 その5

シート1

さ~て、この防水シリーズも佳境です。


そう・・・・・・・・・シート防水の真骨頂 




シート貼りの開始です 

下地のシート、上張りのシートの2重重ねでしっかりと防水をしていきます。





つっても、まあ・・・・

シート2

ひたすら貼っていくだけなんですが 




一枚め 

シート4

シート同士の継ぎ目にはていねいに防水のコーキング処理を施します。





では




シート貼り込みアゲイン 

シート5

一枚目の黒につづいてグレーの2枚目を貼り込んでいきます




1枚目も同様ですが、この防水シート。

シート6

このようにシール状になっており、その接着力は半端じゃありません 

人力ではがすのは不可能なレベルです。




そして 



しっかりと空気をぬいて押さえます

シート7




ふん!
シート8

しっかりと体重をかけて 





おっと

シート9

継ぎ目のコーキングは入念に 





そして

シート10

シート2枚目の完成です 


夕暮れとともに・・・・・・






アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 大使館 屋上シート防水工事 その4

防水8

さて、前回をもって下準備は完了 

いよいよ防水工事の工程にはいります。




まずは

防水シーラ

シーラ処理。

下地の表面をおさえる意味と、次に貼るシートの接着性を高める大事な工程です。




このように室外機の下などにも

防水シーラ2

油断なく塗っていきます。





がんばって~ 

防水シーラ4



この間の私は・・・・・・

防水ごみ

山と積まれたゴミを地上に降ろしていました 

これはこれで大変なんです・・・・・・。




今回の工事。


実は相見積のライバルが他に・・・・・・・・・・・・・2社  



ここに某ゼネコンさんをも打ち負かした創造社の奇跡な見積もりの一端があらわれていますね。


創造社ではこのような場合.........





「社員の苦労はコストに反映されない」



という



素晴らしい伝統があります。




そんな泣き言をよそに・・・・

防水シーラ処理

シーラ処理の完了です 



今回の防水工事。

9月に行っていた工事ですが、とにかく天気には祟られました。

台風が連打できた時期と重なりましたので、雨での中断が4日 

工程のリミットは決まっていましたので、ここからはもうマッハのスピードで

いかねばなりません。




そしてまた私の土日が仕事に費やされていくのでありました 







アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします。