FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

プロ向け資材販売の高速化 ( `ー´)ノ

カインズ

ホームセンター大手のカインズ(埼玉県本庄市)は、
プロ向け資材、工具販売に力を入れる。
昨年12月にオンラインショップ「55-DASHプロ」をスタート。
現在、毎日問い合わせが殺到している。







ほほ~ 

まあ、今時のホームセンターならどこでもやっているサービスですが・・・



ふむ 


このサービスはサイトで購入予約した商品を、
指定の2店舗で受け取るというサービス。予約は24時間可能。
受注から55分以内に店舗で商品を取り置き、
引き渡し準備ができ次第ユーザーに連絡
基本的には55分以内で、届く場合もそうでない場合もSMSか電話で連絡する。




ほほ~ 




それはすごい 




サイトを見させてもらいましたが、

かなり細かいマニアックな部分まで・・・・

それこそ電動ドライバーの先っぽに着ける部品とか

プロ向けの工具、資材を一通り・・・・・




トータル5万点も揃えてらっしゃる、と 





それを事前の予約さえしておけば55分以内に用意?

24時間予約オーケー?

これは僕らプロでもびっくり仰天ありがとうございます、てな感じの

サービスですね・・・・。




しかし時代も変わったもんです。

昔は現場で資材や工具が不足したら、近隣の金物屋さんを探すか

近くで仕事している仲間に頼んで回してもらう、とか

色々やってきましたけど・・・・


下っ端の私はグーグルマップもない時代に

電話ボックスの電話帳頼りに近所の金物屋を探し回ったもんです 

あれがもう・・・・



電話帳だと情報少なすぎて、

行ってみないとお目当ての在庫があるかわからないんですよ。

よく無駄足踏んで、現場の職人さんに怒鳴られたなあ・・・・



それに金物屋さんってえてして土日休みだったたりするんで

週末の現場だと もうどうしようもないんですよ。



その点、ホームセンターは土日もやっていますし、

朝も早く、夜も大体8時、9時まではやっていますしね。


昔はホームセンターっていうと

あくまで日曜大工用品っていう感じで

僕らプロ向けの感じじゃなかったんですが、5万点の品揃えかあ・・・・



いやはや時代も変わったもんです・・・・・本当に。




惜しむらくは本サービス。

現在は埼玉とかを中心に展開する店舗さんのみのようなんですが

この流れはいずれ東京のホームセンターにも波及するでしょう。



そうなれば僕らも楽できるのは本音ですけど

お客様にもご迷惑かけずに済みますし、

これは今後の展開、というか 広がりに大いに期待したいニュースですね。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

僕らは子供のヒーロー? (=^・・^=)

企画展

本日のランチ。

今日はお弁当のない私はコンビニで・・・・・・・おや? 




ポップサーカス山梨公演に思わず見入る私の視界に入る文字 





企画展・・・・・・・・「工事中」?





ほお・・・・・





何それ 






思わずググってしまいましたが、なるほど・・・・・

工事現場などで使われるブルドーザーやクレーンなんかの

いわゆる工事重機の展覧会なんですね。


いわく

「本展では、最新のブルドーザなどの実機(全10機)、
大型クレーンの運転席や解体現場で活躍する油圧ショベルのパーツなど、
迫力ある重機を間近に観察しながら、工事現場の世界を体感いただけます。
重機のオールスターが大集合し
小さなお子さまから大人までが楽しめる展示構成となっています。」




ほお~



楽しいですかね、これ? 




僕らはゼネコンさんの現場などに行けば

そこに当たり前にある重機ですけど

たしかに小さな男の子とか、パパの男心をくすぐるものは

あるかも知れませんね。



いってみれば・・・・・・まあ巨大ロボットみたいなもんですしね。




ママは絶対に興味ないと思いますが 




まあ 男のロマン的要素が工事重機にはあるかも知れません 





それにしても わざわざ展示会っていうのがすごいですね。

僕らも業者向けの販売促進会みたいなイベントは経験ありますけど

一般のお客様向けにねえ・・・・・




そういえば

ジューキーズ

子育て世代にはお馴染み

「おかあさんといっしょ」で こんな歌もやっていますしね・・・・





子供から見れば重機は憧れかあ・・・・・




ちょっとだけ 今日から仕事頑張れそうなファイトが湧いてきました 


重機は運転しませんけど 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

クロス工事 パテ処理中 ( `ー´)ノ

パテ処理

本日の業務は・・・・・・

絶賛 内装工事中です (=^・・^=)



今日は とあるマンションのリビング天井のクロス(壁紙)を貼り換え。

本格的には明日からなんですけど、なかなか工期がタイトな現場なので

今日、先行して下地だけでも・・・・という段取りで伺っています。



2人がかりで下地のパテ処理を・・・・・・



って職人さんがパテをやっているのを横目に

ふと考えてみると 




つくづく「パテ処理」っていうのは ある意味 究極の技術ですね 


パテ処理っていうのは簡単にいえば不陸(凹凸)を直す処理なんですが

これが奥が深いというか・・・・・

いや習得に100年かかるとか、そんな意味での究極ではないですよ 





お料理でいうところの卵料理じゃないですけど、

下地のパテ処理っていうのは 全ての内装工事の基本なんです。

今日のようにクロス屋さんもやりますし、塗装屋さんもパテをやります。

ダイノックなどのシート屋さんでも必須の技術ですし

内装仕上げの世界では 俗に




「下地7割 仕上げ3割」  




なんて格言がある位ですからね。



きれいな下地をつくっておく事こそ大事で

仕上げ材を貼るなり、塗るっていうのは2次的なものにすぎない。

そんな意味もあるんでしょう。



まず1回目にいれる下地のパテがあり、仕上げの上パテがあり・・・・

修理工場さんで車の凹みをなおすときはかた~いポリパテを

何層にも塗り重ねて処理をします。

振動に強い耐震パテもあれば、水溶性のもの、溶剤系のもの。

無臭のものもあれば、鼻がひん曲がるほどのパテもありますし。


現場の状況、工期に応じてそれらを使い分ける訳で

自分も一通り覚えるのに、5年位かかった気がします 





たががパテ、されどパテ、ですね。



仕上げ材の下に隠れて見えなくなってしまう「パテ処理」ですが

この出来栄えが完成度を左右するって話で

どんな材料でも下地がボコボコでは綺麗にあがりません。



究極・・・・・



ともいえるスキルなのかも知れません。

ちなみに私は下手くそです  (;^ω^)


アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

金銭トラブル発生 ('◇')ゞ

にらみあい

このブログを開設しようと思った時。


正直、それほど反響なんてないとは思っていましたが

心のどこかで・・・・・・・



それを期待していた自分がいたのも事実です 

これほどのお問い合わせをいただけるようになった、っていうのは

本当に予想外でしたけど・・・・



でもとらぬ狸のなんとやら、ではないですが

もし今後 ブログ経由のお客様とお仕事をする事になれば 



そんな仕事が仮に今後増えていくとなれば・・・・



まだやってもいませんでしたけど、当初一番心配していたのは

正直、金銭的なトラブルの不安でした。



大規模になれば何百万、ウン千万っていう金額になるのが

僕らの扱うリフォームという仕事。


従来、固定のお得意様メインで仕事をしていた創造社にとって

ブログ経由で・・・・・・

それこそ初対面のお客様とそうした金銭の授受をする、っていうのは

相当リスキーなんじゃないか、って思いました 



なので、ぶっちゃけブログ経由のお客様と 

いきなり何百万っていう工事はできないと思っていましたし、

実際 初期の頃は

数千円、数万円単位のお問い合わせばかりでしたしね。



はじめて大きな単位でもお取引となったのは・・・・・・

ブログ開設2年目くらいであったかも知れません。


今も六本木で営業されている某店舗さんなんですが

ご商売を始めるにあたっての電気工事のみを、っていうのが

お話のスタートだったんです。

ブログ経由からお問い合わせをいただいて、お会いして

現場をみさせていただいて・・・・・

打ち合わせをさせていただく中で、色々とお話をしたんですが

実は本当はもっとやりたい工事があるんだ、っていう事だったんです。


一度、別のリフォーム会社さんに見積もってもらった金額が折り合わず

ご予算の関係もあるし、

やむをえず電気工事のみの簡単なお店にしよう、と。


本当はどういったご要望があったんでしょう?

もしよろしければカタログありますから、

いつでも事務所に遊びにきてください、なんて話をさせていただく中で

何度もお会いするようになり、結果的に電気工事のみの予定が

数百万単位の店舗工事になった、という経緯でした。




さすがにその段階では

もう金銭トラブルの心配はしていなかったいうか・・・

かなり ぶっちゃけ話ができる位のお付き合いになっていましたから 



その時の経験が大きいですかね・・・



結局、数百万単位の仕事って事になれば

お仕事はじめる前に何度もお会いしますから。

その熱意もご事情もそれなりにお話をする事になりますし

それでわかるというか・・・・




でも僕らがお客様に対して思う事は 

まんまお客様が僕らに思う事ですもんね。



はじめて会う僕らがどういう業者かわからない。

大金を託すに足る相手かどうか わからない・・・・・


当然、疑問も不安もあるはずですよね。



実際会って、お話をして・・・・・・

お互い それでしか判断はできないのだと思います。



大して付き合いがなければ

お客様が僕らを不安に思うのはしょうがないですよ。




でも僕らだって 同じくらい怖いんですよ 




腹をわって話せば それがわかりあえる。

そう思えた時から、不思議なものでブログ経由のお客様の中から

規模が大きい工事のご依頼が増えていったような気がします。



それが良かったのか、どうなのか

ブログ経由でお仕事をさせていただいたお客様と 




少なくとも今まで・・・・・・






金銭トラブルって一回もありません 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします







Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム会社の営業ノルマ

営業ノルマ

昨日の記事でも触れたのですが 

わが創造社 

いわゆる世間一般のリフォーム会社とはちょっと違います・・・



逆にいうと

僕らはそういう会社との付き合いが あまりない 


ひらたくいうと世間一般でいうところのリフォーム会社ってやつ、

要は同業他社さんの事を あんまりよく知らないんですよね・・・・



もちろん仲間で付き合いのある同業他社さんはたくさんいますけど

いわゆる

強引な営業、営業っていう典型的なリフォーム会社ってやつを知らないんです。


ぼくら創造社は先代が興した鉄工所が そのルーツであるのは

以前にも触れましたが、そのせいか創造社っていうのは

悪く言えば旧態依然で、

根本にある基本理念というか・・・・・・

職人魂といってもいいポリシーが創業当時から変わっていないというか・・・






あのね 


仕事っていうのは~



こちらからお願いするもんじゃないの 



よい結果を残していればね・・・・




それをわかってくださるお客様わ~ ♪
















自然と増えるんでい、てやんでえ 







・・・・・・・・・・・・・・・・・・。















べらんめえ 






平成も終わろうというこのご時世に・・・・・

もはや世界遺産なみにレアな このような価値観が

今でも創造社に

脈々と受け継がれています 



さすがに齢70の現社長から僕らに世代交代する中で

このブログの開設しかり 

少し積極的に世にアピールしよう っていう変化はあるんですけど、

でもまあ やっぱり基本的に町工場から身を興した先代、

僕の祖父からの考え方ってあんまり変わっていないのが正直なところです。



しかし、

とはいっても時代の流れには抗えないのが世の常であります 

研究、勉強という意味で 

世間一般でいう いわゆるリフォーム会社さんが

普段 どういう営業活動をされているのか、っていうのは興味がありましたよね。



なので

そいういう会社の現場をやった事のある職人さんや

そういう会社に勤めてらっしゃる営業マンの方から実際に話を

聞かせてもらう事があるんです。






が・・・・・・・・








端的に言いますと・・・・・・







これは







自分には無理 





この一言に尽きます 






基本的にどこのリフォーム会社さんの営業にも

ノルマはあるみたいですし

住宅営業であれば年4棟の新築物件をとってこい・・・・・とか。



リフォームでも

月の売り上げ300~400万くらいのノルマが

営業マン一人に課せられるらしいですね。

ひどいところになると月500万とか・・・・・



年間6千万のリフォーム工事を

一人で絶対にとってこい、って話ですよ? 







僕にいわせれば、そんなもん人間業じゃないですね 




まあ実際その中で生き残っていく営業マンもいるんでしょうから

不可能ではないんでしょうけど

やり方も訪問営業がメインらしいですから、すごいですよね・・・・・




どうやれば いきなり訪ねて

家一軒売るなんて離れ業ができるんでしょうね 



でも

一日に下手すると50軒くらいピンポ~ンするらしいですから

一か月で1000~2000軒、年間換算で・・・・・・・

それだけ数うちゃ そのうち当たるっていう精神なんでしょうが。



いや、すごいですね・・・・



訪問営業っていうスタイルに賛否はあると思いますけど

単純にそのメンタル力というか、労力って点に関しては

素直に脱帽です。


たいがいの営業マンは固定の基本給+自分が成約させた工事の

3~5%くらいを歩合でもらえるらしいですから

前述のように仮に6千万のノルマをこなせば

固定給にプラスして

およそ300万のインセンティブが給料に加算される計算です。

年収が一千万近くになる営業マンもいるらしいですから

その点は 転職したい程に とっても羨ましいですねえ・・・・・






しませんけど 






と、いうか同じリフォーム会社っていうくくりで

同じ「営業」を担当している自分ですけど

絶対につとまらないですよ・・・・・・・そんなもん。

1年で辞める自信がありますね 


実際、大手のリフォーム会社さんであっても

年中 営業マンの求人をだしているとことがありますし

離職率も5年つとめられたら スーパーマンっていう状態らしいので

どんどん人が辞めては募集して、辞めては募集して・・・・・

それで生き残った人間だけを優遇するという、

世にも恐ろしいシステムらしいですね・・・・。




賛否はあるんでしょうが・・・・



違法な事をしている訳ではないですし、

それで結果をだせて生き残れる人間がいる、っていうなら

いわゆる世のリフォーム会社の営業システムっていうものが

存在していても自分個人としてはかまわないと思っています。



でもそこに弊害が生まれているのであれば、それは問題でしょう。



ノルマ達成を焦るために、無理な工期で工事を行ったり

高齢者の方を狙って不必要なリフォーム工事を押し付けたり・・・・

業界全体の信頼問題にも直結するようなニュースを

相変わらず耳にしますよね。



根本的には リフォームっていう仕事は

そういう営業システムでなければ

利益があがらない、っていう点に原因があるのかも知れません。

一般のお客さまで一生のうち リフォームを経験することって

そんなには 機会がないはずですし、いいとこ1,2回でしょう。

その少ないパイを多くのリフォーム業者が取り合っている、っていうのが

今の縮図でしょうから、これは難しい問題かも知れません。



このネット全盛の世ですから

これからは訪問営業などに頼らずとも、情報が収集できる時代です。

従来は情報がないからこそ、不安にもなり 

そこにつけこまれるっていう点も大きかったと思います。

なので

ある予測では

今後は訪問営業っていうシステム自体が成りたたくなるっていう説もあります。





もしそうなったら・・・・・




世が変われば・・・・・・








私も年収1000万ちかくになる日がくるのでしょうか 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします