FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

現場監督としての苦悩 (-_-;)

苦悩

苦悩。

これはまあ・・・・・・仕事をする上で色々とあるわけですが 


それが こと「現場監督」として、っていう意味であれば

一番つらいのって、やっぱりお客様と「何か」の間に入らねばならない

いわゆる「板挟み」でしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・それが一番つらいです 



その何かが職人さんであったとすれば

お客様からは

○○のように工事してほしい、



でも職人さんは

○○でなければできないという。



それは工事のやり方であったりもしますし、

双方の希望日程が合わないっていう場合も同様です。


間に入って 双方の言い分をまとめて

うまくまとまればいいんですけど、えてして人生はそんな甘くありません 

そういう時ほどツライっていうか・・・・


まして一方の急な要望で 直前にそう変更しなきゃならない、ていう場合は

もう出家したくなるほどのストレスを負いますね・・・・・



お客様は神様ですし、実際に作業を請け負ってくれる職人さんは・・・・宝です 



神と宝のどっちを優先するか、て もうどないせーて感じな訳で、

まして お互い悪気やいじわるで食い違いがでる訳ではありませんしね。


その矛盾を無理やり解決するのも僕ら現場監督の宿命といってもいいかも知れません。



ツライ事はツライです 


結局、自分が身を削れば済むっていう問題ではないですからね。

もし自分が2日間徹夜すれば、その問題が解決jするってんなら

もう 喜んで 2連続でもオールさせてもらいますよ 


結局、自分が云々ではなくて、相手に負担を強いる話なんですよね。



職人さんにスケジュールを

直前になって無理やり変更してもらう、っていうお願いをする時も



うむ。

確かに当初はそうだったな・・・・・・




そう俺も約束をした。





しかしながら・・・・・・・・・・・・・・・・・




そこをなんとか 







が定型句で もう筋も理屈も通らない・・・・・・・

我ながら無茶苦茶言っていると思いますよ 



言いたかないですよ、こっちだって。

急な変更をしたのは俺じゃなくて、お客様だったりする訳ですから・・・・・・




でも







でも、お客様を恨むんじゃないよ 






恨むなら俺を恨め 





そして時に、急な変更におこたえできなかった時には・・・・・・お客さん!






悪いのは職人さんではないのです。

彼らは月給制ではなく、その日 その日のスケジュールで動いている人たちで

なかなか急な予定変更にはこたえられぬです・・・・・・





私を






この私めを・・・・・・・・










能無し野郎と蔑んでください 








いや~、

書いてて悲しくなってきますね 






現場監督、つくづくドMでなければ、務まりませんよ・・・・・・






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

女性が職人を志す

女性

「開設61年を迎えた東京都塗装高等技術専門校(東京都渋谷区)に
女性の入校が増えている。
現在、2017年入校者33人のうち、7人が女性。
この割合は開設以来最大値であり、18年に関しても5、6人が女性となる予定だ。」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・素晴らしい 


自分も知らなかったんですが、この塗装高等技術専門校っていうのは

新卒の「学生さん」ってわけではなく

現在すでに塗装業に従事している人間・・・・・

キャリアがまだ浅いフレッシュマンたちが更なる技術向上を志して

積算から実務までを学べる学校らしいですね。




そこに女性の入学数が増えているかあ・・・・





以前にもふれましたが、自分の個人的な意見としては

建設業、リフォーム業、特に内装の仕上げ工事っていうのは

ある意味 女性に向いているよなあ、って思う事があります。


男がそうじゃなくて、女性の全てがそうだ、っていう訳ではないでしょうが

基本的に女性は手先が器用だと思いますし、感性も繊細ですよね。

綺麗好きでもありますし、それは仕上がりへのこだわりばかりでなく

現場や道具の整理整頓っていう事につながる職人として大切な部分。


それに何といってもお住まいに関わる仕事ですから

主婦目線というか、女性独自の視点をもてるっていうのは

僕ら男にはない大きな武器ですよね。

お客様たる主婦の皆様に対して、女性であるっていうことは

それだけで営業的な安心感をもたせることもできると思います。



一方・・・・・・・



内装の仕上げ工事。

それが塗装であれ、クロスであれ、なんですけど

体力勝負な側面があることは否めず、

そうなってくると女性ではちょっと・・・・・・・・と思う事も事実です。



僕ら元請会社の人間からすれば 下請けの塗装職人さんに何を求めるか・・・・



丁寧な仕事はもちろんですが、やっぱり同時に施工スピードを求めます。

それがひいては増えた人件費としてコストが お客様にも跳ね返る訳で

正直、男性なら3日で終わらせられる㎡数を

女性では4日かかります、っていうんじゃ商売としては成り立ちません。


それが一日分のちがいであれば さほどではありませんが

何千㎡っていう大規模な現場の場合は10日の人件費プラスとなれば

何十万っていう単位でコストに影響がでてきます。




なので





残念ながら・・・・・・













女が職人やるなんて 無理なんだよ 



っていうのが 正直 従来の業界の考え方であったでしょうね 



自分も正直 その意見には一部 賛成です。



でも誤解をしてほしくはないんですが、

それは男性の土俵に女性がまともに上がれば、っていう話であって

前述した通り逆もまたしかりなんです。

僕らでは逆立ちしても持てない色々な武器を女性は元来持っている訳です。




男性が持つ武器、女性が持つ武器、お互いが長所を活かしあって

お互いが短所を補い合って業界を構成していければ最高ですよね。



まあ、でも3Kは3Kな仕事ですから。



ロングヘアーじゃ粉塵で髪の毛ばっさばさになりますし、

言葉遣いが荒い人間も多いです。

衛生環境という意味では

筆舌に尽くしがたいほどに最悪な現場もあります 



そういう面では

言葉正しいかわかりませんが「女を捨てる」面も必要になるかも知れません。

やっぱり歴史的にみても男主体の考え方、環境になってしまっているのが

今の建設現場ですからね。



そういう意味でも こういうニュースは本当に嬉しいですね。


閉塞して男所帯なこの業界に 風穴をあけて

徐々にでも女性が従事しやすい環境、前述した男性・女性のメリットを活かせる

うまい「棲み分け」ができるよな考え方が業界に浸透していけば

それは本当に素晴らしい事だと思います。






頑張れ、ガテン女子 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

普請道楽って知ってます?

普請道楽

先日、テレビを観ていましたら・・・・・

芸能人の

樹木希林さんのご自宅を紹介する番組がやっていました。



都内に・・・・・ぶっちゃけ渋谷区のようですが

樹木さん自身が その設計やデザインにも参加されたという

とても素敵なお住まいでした。


さすが個性派女優さんといいますか

アンティークがベースにはなっていましたが

樹木さんの独特のこだわりが細かいデイテールまで行き届いた

ちょっと他では見られないようなお住まいでしたねえ・・・・

樹木

↑ は そんなお住まいの一部分ですけど

コンクリート(石目)打ちっぱなしの壁にアンティーク調のウッド家具。

奥のキッチンはメタル調という・・・・・・写ってないですけど照明もアンティークっぽいですかね。

この一枚だけみても すごくごだわりあるお住まいだというのがわかります。




樹木さん自身がご友人からもらったというステンドグラスを建具にはめこんであったり。

ショップで購入された彫刻をドアにしてみたり・・・・・・・

樹木さん自身がすごく建築に造詣が深いんでしょうね。

過去にもらった映画の受賞トロフィーを

ことごとくスタンド照明に改造しているっていう話は笑いました 





そんな樹木さんが番組で仰っていたんですけど

自分は「普請道楽」だって・・・・・・・


私、こんな商売していながら はじめて聞いたんですよ この言葉。






「普請道楽」






道楽は まあ道楽っちゅーか趣味なのはわかるんですけど

普請って元々は仏教用語らしく

現代では転じて幅広い意味で「建築」を指す言葉なんですね。




新築やリフォームを何回も繰り返すような・・・・

自宅を自分好みにどんどん改装して

その都度、人を招いて悦にはいる、っていうか・・・・・

僕らリフォーム業者からすると なんて神なご趣味であろうかって思いますね 





素晴らしい人たちです 





昔はそんな豪傑がたくさんいらっしゃったらしいですね・・・・・

このご時世 なかなか趣味でリフォームを繰り返すってなお客様もいらっしゃいませんが

僕らが日々行っている「建築」っていうものが

風雅な趣味になりえるっていうのが・・・・・その・・・・・・・

なんというか ちょっと嬉しかったですね。




リフォームっていうのは ある人には単なる修理にすぎませんし

ある人には集客を見込むツールになり

ある人には趣味となる・・・・・・・・




面白いものですね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

平成30年度 公共工事設計労務賃単価 発表!

労務単価1

ふむ 

またこの季節がやってきましたか・・・・



過去記事でも、例年この時期にとりあげていますが

本年 平成30年度「公共工事設計労務賃単価」・・・・・・・

ま ひらたくいうと国や自治体が発注する道路工事なんかの いわゆる公共工事 


この競争入札には各大手ゼネコンさんなどが こぞって参加をする訳なんですが

昨年1年間の入札結果の平均値・・・・

特に作業に従事する職人さんへ支払う一日当たりの賃金を

地域別・職種別に細かく統計をとったものですかね。


東京都の塗装屋さんには一日いくら、北海道の水道屋さんにはいくら・・・・・

昨年1年間で実施された全国の公共工事の

こうした統計を毎年この時期 国交省が発表するんです。



あくまでも「公共工事」においての統計ですから、

僕らのような民間の工事 いわゆる「町場」の単価と直結はしないんですけど

町場の単価もこの公共工事単価には引っ張られる面ありますからね。


今年の動向を占う意味では 大変 重宝する情報であるのです 




んで、今年の傾向は・・・・・・・と 




昨年と比べて





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふむ 





東京都の賃金は・・・・・・・・

ゆるやかな上昇傾向ってとこでしょうか。





従来、あんまりこの労務単価って気にした事なくて

チェックしだしたのは ここ数年ってとこなんですが

概ね傾向は この数年ずっと変わりません。



ゆるやかな上昇傾向・・・・・・ではあるんですが

東京エリアの塗装屋さんでいえば 

結果的にこの数年で1日あたりの賃金は2千円ちかく上がっていますね。



東京に関していえば やっぱりオリンピックをあと2年後に控えていますし

実際 僕らも昨年からずっと忙しい・・・・・ような気がします。

まわりの同業他社さんも軒並みバタバタとしている印象はありますかね。


ありがたい事ではあるんですけど

逆のぶり返しも怖いというか、オリンピック特需のあとの冷え込みっていうのは

もう既定路線みたいなもののようですし、

そこを睨んで今からどう動けるか、っていうのが命運をわけるんでしょうね。



だから何をしておこう、っていうのも特にないんですけどね・・・・・



まあ、無駄遣いせずに・・・・・






一生懸命やるくらいですかね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

挨拶だけで乗り切れる ( `ー´)ノ

挨拶

いや、しかし・・・・・・・。



私も はや齢40オーバー 



最近は寄る年波を感じるといいますか、

望むと望まざるとも自分はもう「大人」なんだなあ、と感じる出来事が増えました。


自分に子供が出来たことも大きいんですけど

なんだか最近

以前にもちょっと触れましたけど うちの下請けの職人さんたちが

自分の息子さんだったり、

新たに入った新弟子さんだったりを連れてくることが多いんです。




いいんですけどね・・・・・・






いいんですけど

そんなフレッシュボーイたち 







私より一回り・・・・・・・

時には二回りも年下だったりする訳なんですよね 





昨日、うちの大工さんが連れてきた息子さんなんて

まだ17才とかでして、下手すりゃ自分の息子世代ですよ 




結婚の遅かった自分は まだ娘が4才ですけど

45歳の自分に17歳の息子は まあ全然ありえた話ですよね。




今の仕事自体、自分にとっては家業で 

始めた時から今までずっと親父・兄貴たちっていうラインナップで

やってきましたらから 

どこかでいつまでも自分が一番年下っていう意識があるんですよけどねえ・・・・・





いよいよ そんな事いってる場合じゃない年齢になったようですね 





まあ、しかし。


そんなフレッシュボーイたちと現場で会うと・・・・・・

これも時代なのかも知れませんけど ちょっと「元気」がない印象はありますかね。



和気あいあいの学生気分から、

いきなり右も左もわからん馬鹿野郎、べらんめいな建築現場にデビューですから

萎縮しちゃう気持ちも まあわからんでもないんですが・・・・・



昔っから この業界

「見て盗め」精神が基本で あんまり手取り足取り優しく教えてもくれませんしね・・・・・。




おとなしくなっちゃう君たちの気持は・・・・・・・オジサンはとってもよくわかるよ 

自分もそうでしたしね。



でもまあ、まだ仕事が何にもわからないのはしょうがないんですから。

そこは勉強させてもらっている、っていう気持で

若者らしく挨拶や返事は元気よくしてれば あとは時間が解決をしてくれます。

どんなに怒鳴られても・・・・・・・・

どんなに腹が立とうとも・・・・・・・・・





辞めちゃいけないよ 






君が理不尽に感じるその気持ち・・・・・オジサンはよくわかっているから 



考え方なんですけどね。


どんな業界でも苦労はあると思いますが

サラリーマンさんの世界とちがって

最低限 人間関係の悩みっていうのは少ないですよ、職人さんの世界は。



技術なり現場のノウハウ「だけ」を覚えればいいんです。

それまではデカい声で挨拶と返事 

あとはもう・・・・・・




思いっきりミスしなさい、失敗をしなさい。





それが何よりの経験になるし、あとの事は何も心配するな 





君の親父に責任をとらせるから 







たったこれだけの理屈なんですけどね・・・・・・



自分も覚えあるからわかるんですけど、

なかなか若い時分には理解ができないですよね。



未熟な自分をもどかし感じたり、それが悔しくて また素直になれなかったり・・・・・




わかる、わかる 





褒めて伸びるタイプの子もいるとは思うんですけど、

この業界、なかなかねえ・・・・・





昨日の自分と同年代の大工さんにも

あんまり息子さんを叱るばかりだと 萎縮しちゃって伸びないぞ、って言ったんです。



そしたら 





それはわかっていますよ、矢野さん。




アメとムチが必要で、俺もあいつの事を褒めてやることもあります。

99叱ったら・・・・・・・う~ん・・・・・・・・・









1は褒めてますね 







いや、それってさ・・・・・・・・・







ほとんどムチでめった打ちだから 









負けるな・・・・・







頑張れ、次世代ボーイたち !






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。