FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

意外とお問い合わせが多いです

ステイホーム

コロナ騒ぎもはや・・・・・・

半年くらいになりますかね 


どう思うかっていわれたら








色々とありますけど・・・・・










いつまでやっとんねん 





っていうのが正直なところですかねえ・・・・。

ご高齢者や重症化する場合もあるんですから、あまり

不謹慎な事も言えませんけど

それにしても こんなに長引くとは・・・・・・ですよね。




3月くらいから僕らの回りもガヤガヤしてきましたけど

あんまり4,5月と全然変わらなくて

6月に緊急宣言だ、なんだの時はさすがに仕事にも影響ありました 






ありました、ありました。







うん、うん 








レベル的には・・・・・・・





まあ







転職を考えましたね 




でも7、8月とあんまり変わらないというか・・・・・





むしろこのブログ経由のお問い合わせは以前より多い感じがします。





ありがとうございます  (=^・^=) /







この1週間だけでも、マンションのリフォームのご相談が

立て続けに4件ほどあり、ありがたい限りです・・・・・







ぶっちゃけこんな最中ですから、

あんまりバイ菌を家に招くようなリフォーム工事なんて

今はみなさん やりたがらないんだろなあ・・・・・・ぐす 




と思っていたんですが

けっこう みなさん、あまりそこは気にされないのかなあ、と (-_-;)





いや、バイ菌なんて持ってませんけどね 



やっぱりお家にいる時間が長いから目につくっていうか

お住まいで過ごす時間が長い分

今まで手付かずだった修理やリフォームをこの機会に 

というお気持ちのお客様が多いような気がします。




あとは気分転換っていう意味合いもあるのかも知れませんね。


ステイホーム・・・・・・・かあ。




僕らのリフォームという仕事が そんなお家で過ごす時間を

楽しく出来るんなら 嬉しいもんです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
スポンサーサイト



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

アフターコロナで売れ筋商品

偉そう

アフターコロナ・・・・・・・

と、いっても本日の感染者数、東京だけで107人 ( ̄▽ ̄)




この現状を「アフター」と呼んでいいかは微妙ですが

コロナ禍が変えた世間一般の意識が

わがリフォーム業界にもじわじわと影響を及ぼしているようです。



もう数か月も外出自粛、ステイホームっていう過ごし方をしてると

嫌でもまあお住まいの事に目が向くというか・・・・・・

先日、業界紙に取り上げられていた最近のリフォームの傾向、

売れ筋商品っていうお話を今回したいと思います。




「なるほどなあ・・・・」って感じでした ( ̄▽ ̄)




1つめは

今、ペット関連の商品ってすごく売り上げを伸ばしているらしいですね。

なるほど、お家にいる時間が長いと、ペット君に目が向く、と・・・


ペット関連のリフォームって、これは昔からあって

ひっかき傷に強い・消臭効果のある壁紙への貼り替えですとか、

ツルツルすべって危ない床への防滑リフォームですとか、まあ色々と。



なるほど、これからこういうリフォーム需要が高まるのかも知れませんね 




でも何かせつなかったのが、需要が伸びているのって

けっこうネコちゃん関連らしいんですよ。

ネコちゃんは基本、ずっとステイホームしてますからねえ・・・・





今は散歩が必要なワンちゃんへの関心が薄れているとか 






2つめは

これは聞いてなるほど、っていうか至極わかりやすい需要なんですが

表面に特殊な抗菌加工を施した床材なんかが売れているらしいです。


フローリングの表面に光触媒塗装を施してある商品。

太陽光や照明の光があたることで表面に付着したウイルスなどを

不活性化させる活性酵素を発生させる優れもの 



実際、インフルやノロウイルスにはその効果が実証されているとか。

さすがにコロナ実験はまだなんでしょうが、一定の効果はありそうですよね。


こんな商品って、実は昔からあったんですけど

やっぱり通常に商品に比べて値が張りますし

抗菌効果なんてはっきり目に見える訳でもないですからね・・・・

従来そんなに人気商品ってわけではありませんでした。



こんなご時世の中で、改めて注目を集めているっていう感じです。





あとはリフォーム製品っていうかわからないですけど

配送の人との接触をさけるための宅配ボックスや

みなさん買い物を自粛して、食材をストックするための

キッチン収納を設けるリフォームなどが

いまトレンドのようです。




なるほど 





先程もいったように

どれもこれも従来あったリフォームで、特別目新しいものでは

ないんですけど、特需がおきている、っていう印象ですね。





ご興味のある方はぜひご検討をしてみてください。





お気軽にお問い合わせください。 



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ご一報の前には確認を ( ̄▽ ̄)

走る

コロナ禍もとりあえず

緊急事態宣言にアラートに。

夜のお店も含めた休業要請も・・・・・・・・全面解除 ( ̄▽ ̄)/


完全に元にもどったって感じもしませんけど、

まあ、これから徐々に日常を取り戻せるといいですねえ・・・・・。





正確に今回のコロナ騒動もいつから、ってわからないんですが

結局、3月~5月ってあんまり仕事的には影響を感じませんでした。

けっこうネットからのお問い合わせもありましたし、

みなさん在宅の機会が増えたことで、

今まで気づかなかったお住まいやオフィスの

不具合が目に付くようになったのかなあ・・・・・・てな印象でした。



在宅のお客様に呼ばれる回数も多かったんですけど

なんというか不発も多かったというか

まあ初歩的なところでいうと・・・・・・・


ダントツで過去ありがちだったのが電気工事に関してですね。




天井の照明が点かなくなってお困りという・・・・・・

これは複数の地雷を含んだ、非常に危険なお問い合わせです 


お伺いしてみたら ありゃりゃ・・・・って事も多いので

事前に確認はするようにしているんですが


初級編としては、単なる球切れですね。

呼ばれた後でこれだった場合は・・・・・けっこう悲しいです。




中級編としてはブレーカーが下がったまんまってやつですね。

これもパチンとブレーカーを上げて ではさようなら、ですから

まあお金はいただけませんよね。



上級編・・・・・・というか意外とみなさん見落としがちなのが





こちら

点灯管

点灯管、いわゆるグロー球が球切れしているっていうパターンです。

メインの管は交換したんだ、っていうお客様でも意外と見落としがちなんです。

メインが点く前のきっかけとなるのがこのグロー球で、

こちらがまず点灯しない事にはメインが点きません。



もちろん本当に電気系統なり器具自体のトラブルって事もありますが

まずご確認いただきたいポイントですね。





いや、いいんですよ 






何といってもお客様は神様ですから。




ただ、引き上げる際の私の背中に・・・・・

若干の哀愁が滲んでしまうのは

これはもうしょうがない事です 




はは・・・・・・

ご一報の前にはぜひご確認を (^▽^;)
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

コロナ禍における現状その2

ウイルス

東京都の緊急事態宣言も・・・・・・・

5月26日でしたっけ?


解除されて はや1週間が過ぎようというところです 



前回の記事でもふれたように

今回のコロナ禍。

わが創造社も無関係、っていう訳ではありませんでしたが

思ったより影響はでなかった、でていない、というのが

現状ですね。



ただまあ、世間一般としては

やはりお昼にお店などに入ると

やっぱりラーメン屋であれ、蕎麦屋であれ

客は少ないですね・・・・・・・




外出自粛の精神的な後遺症とでもいうのか

大丈夫と言われても飲食店などへの

入店に2の足を踏んでいるのが現状だと思います。



ただでさえ席数を減らして距離をとれ、ってな指導の上に

そもそもの客足が減っているのでは飲食稼業の経営者さんは

みなご苦労をされていると思います 



でもこういう時にこそ



建設業界は頼りになりますよ 




作業着を着たおっさんたちをみてください。




一切、ラーメン屋へのインを躊躇していません 





さすがに僕らも自粛期間中はみんなコンビニ弁当とかでしたけど

宣言明けからは もうみんなズルズル ラーメンすすっていますね。




それを良しとするか自重せえ、というかは賛否両論だと思いますけど

飲食店のランチタイムと建設業界は 

これで案外切っても切れぬ関係なとこもありますし

少しでも助けになれば、っていう気持もあります。





ただ単にラーメンが食べたいだけ、ってのも正直あるんでしょうが

これで建設業界全体に昼食は外食禁止ってな

風潮が強まったら 本当に飲食業界は大変だと思います。

実際、港区周辺でも閉店に追い込まれたお店が

ぼちぼち でてきています・・・・。



アフターコロナ、ウイズコロナ・・・・・・

呼び方は様々ですけど

各企業さんの対策や

テレビCMなどでの啓蒙をみていると

本当にコロナと共存していく世の中にになりつつありますよね。



そんな中で

創造社は元気にやっています 




そろそろこのブログも通常モードに戻して

また工事の紹介などを再開していこうと思います。



アクセスありがとうざいます、

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者ランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

コロナ禍における現状

ウイルス

このブログの更新も前回が・・・・・

3月9日でしたか。



いやいや 












よく怠けましたね 





言い訳がましいんですが、

皆様もご承知のように 




新型コロナウイルス流行にともなう、

いわゆるコロナ禍に もちろんわが創造社も

影響がない訳ではありませんでした。


ちょうど前回記事の3月初旬ごろから

今後もしかすると大流行の可能性もあるから

今は着工せずに様子をみよう・・・・・・

っていう現場が1,2でてきていましたね。



ただ・・・・・・・

正直言って5月も終わろうかという現在ですが

思ったよりの影響はでていない、っていうのが現状です。





う~ん 




一時期はメイドイン中国由来の便器ですとか洗面化粧台とか、

なぜか水回りの設備機器が入荷できない、って時期がありました。

でもこれも今はちょっと通常より時間はいただきますが

入荷は可能のようです。




4月には かのスーパーゼネコンでおわします清水建設が

現場での感染発生にともない、全国の現場を全て休止。

他のゼネコンさんもそれに追従する方針を打ち出したときなんかは

これは本当にエライことになったと思いました。





すわ一大事 






でも みんな今は普通~~にやってますよね、

ゼネコンさんも 

実質2週間位とかだったんじゃないですかね、現場が止まったのって。



実感としてはそんな感じで

ゼネコンさんのストップかかったあたりの時期には

一瞬だけ暇な時期がありましたけど

周囲の同業さんを見渡しても あんまり影響ってなかったんじゃないですかねえ・・・・




一時期は自主休業っていうか、僕ら創造社として何ができるのだろう、と

考えもしたのですが、僕ら建設業。

都の休業要請の対象業種でもありませんし、

テレワークはちょっと・・・・・・業種的に不可能といいますか。





現場中央に置いたモニターごしに職人さんらに指示・・・・・・だすとか?






そんな状態でえらそうな口きいたらもう・・・・・・








絶対にモニターの死角からモノが飛んできますね 





もともと通勤は原チャリで電車には乗らないし、

昼はお弁当で飲食店にもいきません。



もちろん対象業種でなかろうと自主休業をする会社さんも

いたのかも知れませんが、なかなかそれも難しい判断ですよね。

お客様ありきの商売ですからね・・・・・。




だからせめて、やれること。

今は僕らも現場集合の時点で作業員全員に手指、衣服の消毒と

検温を行ってから入場をするようにしています。




これは正直、工期に余裕がある時にだけですが

極力、複数の業種がいっぺんに現場にはいらぬよう

1日1業種のみの作業工程を心がけています。

その程度のことしかできない、

でもこれが精いっぱい、ところで何とかやらせてもらっています。




今は創造社 そんな感じです。



どうなることやら展開も読めませんでしたが

意外と皆様 在宅が増えたせいか 

業界全体としてご自宅の修繕依頼も多いようです。



今後、テレワークの普及が本格的にすすむなど

このコロナ禍のあと

いわゆるアフターコロナの世界がどうなっていくのか・・・・・




きっと僕ら建設業も変化を強いられていくのだと思います。

この5月末で緊急事態宣言が東京で解除になるとか、ならないとか・・・


まだまだ情勢から目が離せませんね。