FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

塗装工事 ~クラック部の補修~

プール塗装1

これはコロナ禍真っ最中の・・・・・・

たしか5月中旬くらいに行った工事ですね。


屋外プールのプールサイド塗装です。





何カ所かこのような

プール塗装2

クラック(ひび)が生じていました。






ここから先の工程は

お住まいの外壁などでも同じなのですが

プール塗装3

まず現在のクラック部に沿って

電動のカッターで切り込みをいれていきます。




やり方によってUカットともVカットとも呼ばれるのですが

プール塗装6

要はクラック内部に充填をする補修材が

しっかりと中まで浸透するように入口を広げてあげる意味合いがあります。





補修材の充填

プール塗装4

専用のガンを用いて

内部まで充分に充填を行います。

写真は専用の2液エポキシ樹脂の補修材です。




あとは下塗 → 中塗り → 仕上げ塗り、と

プール塗装5

塗装を仕上げて完成。

この工程も外壁塗装と全く同じ流れです。





プールサイドとお住まいの外壁。




一見、全然関連のない場所同士ですけど

このように塗装工事の工程としては、まあほぼ同様といっていいですね。

厳密には使う塗料は異なりますし、外壁なら高さがある分

仮設足場が必要ですとか

外壁なら凹凸のパターンをつけて塗るだとか、

厳密には違いはありますけど

ノウハウとしてはほぼ一緒です。




基本を知るから応用がきく 





これは・・・・・・









人生と一緒ですなあ ( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーサイト



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

床鳴りとの闘い ( `ー´)ノ

床鳴り6

「床鳴り」。





・・・・・・・これって一般的にはどこまでポピュラーな言葉ですかね。






知ってます?








いや、よく築の古い家なんかを歩くと・・・・・

っていうかイメージとしてはホラー映画の洋館って

必ず歩くと



ギィ~





ギギィ~・・・・



って床が鳴るじゃないですが、あれです、アレ。





あのホラーな雰囲気盛り上げる、あれ 





あれをまあ「床鳴り」っていうんですけど

あんまり日常で使わない言葉ではありますよね。






今回はそんな床鳴り修理のお話。

映画で見る分にはいいですけど、お住まいの方にとっては

耳障りなもので、日中は生活音でまぎれるんですが

深夜などに



ギギィ~ 




って

けっこう うるさいもんですよね。



しかし床鳴りっていうのは厄介なものでして

原因は1つでなく いくつも考えられますし

床の下でおこっている現象ですから目視もできません 



一番多いので「実鳴り」ってやつで

これはフローリングが湿気などで乾燥・収縮して

床鳴り7

隣同士の板のジョイント部(実)がこすれあって

音をだしている状態です。



これはまだいいほうで

床鳴り8

これなら こすれあっている部分に市販の補修材など

滑りをよくする事で解消することがあります。

ジョイント部にカッターで切れ目をいれていくのもアリです。




厄介なのは原因がその更に下にある場合で

こうなると

床鳴り1

床を一部開口して、修理という事になります。

今回は古い木造住宅のお宅で、フローリングでもありませんでしたので

原因は床下にあるのはすぐ予測できました。





床下といっても

切り取って覗いてみれば

床鳴り2

骨組みの木材にヒビがあって「きしんで」音が出ているパターン。







これは

床鳴り3

木材を固定している釘の頭が浮いてきている状態で

これが踏まれることで釘と木がこすれあっているのが原因。

いわゆる「釘鳴り」です。





さらに

床鳴り4

構造となるメインの骨組みと床をささえる骨組みとの間にすき間が生じ、

この部分を踏むことで床が上下しておこる床鳴り。

いわゆる・・・・・・・


これはあんまり通称がありません 

「骨鳴り」とでもいいいますかね。





そんなこんなで

木造住宅2階建ての床部分すべての床鳴りを調査、修理してまわり

売ったビスの数 実に1000本を超える大補修になりました。

これでも床を全部解体して骨組みごとやり直す、よりは

工期も予算も圧縮はできます。




一般的なマンションなら

8割がたの原因ははじめに書いた「実鳴り」ですから

意外と市販の補修材でも効果を発揮してくれます。



慣れると・・・・・

なんとなく鳴っている音で原因がわかるんです。

木同士がこすれあっている音か、釘と木材か、下の深い方からの音か・・・・





あんまりないご依頼でしたが無事に完了。

ぶっちゃけ100%は直せませんでしたが80~90%は床鳴りは解消しました。

100を目指すなら解体しかない、やれるだけは頑張ります、っていう

前提での仕事でしたので お客様にもご確認いただき

ご満足をいただけました。





見えない敵との戦いでしたから・・・・・





疲れました ( ̄▽ ̄)





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします。


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

エクステリア工事 ~フェンス交換下見の巻~

メッシュ1

おお・・・・・・・

見事に支柱がひん曲がってますね 



品川区は五反田にある商業施設のお客様からご一報。



駐車場のフェンスに車がぶつかってね・・・・・・・・




との連絡をいたたき、やってきましたが

これはなかなかのもんですね 





修理は不可能レベルです 




まあ既製品のフェンスですから

全体を取り換えるまでもなく

破損部分の1部交換でいいと思われます。

メッシュ2

支柱をコンクリで埋め込むタイプで・・・・・・



ふむふむ。




いや、ていうか

そもそも

メッシュ4

メーカーと品番書いてあるし 

これなら破損部分の部材さえ取り寄せれば

楽勝と思っていたんですが・・・・・






いや、なんだか

こういったエクステリア製品にありがちなんですけど

↑ の 180441なる番号 





これ、製品番号でなく

製造年月日番号らしいんですよ 



前も同じ事あったんですけど

要はこの番号でわかるのは○○年の製造というのみで

どの、何という商品である、っていう特定ができないんです。





まあメーカーは三協アルミさんで間違いはないですから

さっそく取り寄せました

メッシュ5

三協アルミさん フェンス商品のカタログを。

これ・・・・・・・ですね。






このメッシュのトップ部分に特徴のあるメッシュは

メッシュ3

そんな種類はないようでして




間違いないですね

メッシュ6

部材も支柱ごと、メッシュごとのバラでとれるみたいですし

これで何とか目途はつきました。




最近はメーカーさんに写真をメールすると

商品の特定を返信してくれたりする事もありまして

便利になりましたねえ 





昔だと商品の特定にはカタログに頼るしかなくて・・・・

でも、そもそもどこのメーカーかわからなければ

カタログも用意しようがないわけで。




運よくメーカーの特定ができても

またカタログの書き方がマニアックというか。

すごくわかりづらかったりして

この商品、全然わかんねー、とかよくありました 





変な話ですけど

このカタログの読み方っていうのも

プロの一つのスキルな感じがします。

一般のお客様がみても

ちょっとわかりづらい書き方してあるんですよねえ・・・・




さて、これで御見積の計算にはいります。




また工事実施のさいは改めてご紹介できると思います




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 コーキング工事

コーキング1

先日、私 自らやってきました

コーキング工事の模様です。





と、その前に 






そもそも「コーキング」とは何なのか? 





簡単にいえば

AとBの間に・・・・・・・隙間があったとしましょう。




そのまま隙間があいたままだと

水などが その隙間から侵入してしまいますので

その間を防水性のある充填剤(コーキング)で

塞ぐこと・・・・・・・・ですかね。




シール工事、シーリング工事、っていう

言い方もするんですけど

一般的にどちらの呼び方もされています。




今回はバスルームの床を貼り替えたので

コーキング2

こうしたバスタブと床との隙間






コーキング3






床と便器の隙間

コーキング4







コーキング5






床を清掃などする時に

水が浸入すると、せっかく貼り替えた床の

ハガレの原因にもなりますので

こうしたコーキング工事は必須です。





外壁のサイディングの隙間、

キッチンの流しとカウンターの隙間などなど。




建築現場ではよく登場する

コーキング工事です。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

品川区 トイレ壁紙工事

トイレクロス1

先週の土曜日ですが

品川区は五反田にある大型のオフィスビル。



今年から新規のお取引をいただいている

ビルオーナー会社様からのご依頼で

トイレ内のクロス(壁紙)を貼り替えてきました 






一見キレイなんですけど

よく見ると・・・・・

トイレクロス2

あちこちに痛みが 






まあ

トイレクロス3

補修で直せなくもないレベルだったんですが

テナント様もお使いになるトイレという事で

今回は壁の全面貼り替えに。






クロス工事っていうのは

単に㎡数だけでは語れないというか

トイレクロス4

特にこういったトイレなんかだと

個室で入り組んだ間取りで、作業性が悪く

実際の㎡数以上に手間・日数がかかる場合があります。






今回は下地もあまりよろしくない予感がありましたし、

工事はテナント様がお休みになられている

土曜日一日という限定でしたので

トイレクロス5

㎡数的には4~50㎡でしたけど

朝から2人がかりで工事をしました。






入り組んだ間取りで、下地も悪い50㎡・・・・・・






これは非常に微妙な設定というか

2人で来るほどの条件ではないいんですが

1人で余裕で終わる程ではないという・・・・・・




現場監督としては困った数字です 





結局2人で行って

お昼過ぎには終わってしまいました。






あまり残業になるのもお客様にご迷惑ですし・・・・・・







これでいいのだ 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします