株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

一人娘 千晴さん 成長日記 16

とんこつ

これは・・・・・・

千晴さんの成長を支える最強のコラボ

とんこつラーメンWithバニラですね 



あ これ 別にお子様セットじゃなくて

はじめアイスを頬張っていた千晴が

私のとんこつを強奪にかかった結果 生まれた奇跡のコラボでして。



こうなると私のどんぶりには ほぼスープと・・・・

きくらげしか残りません 



そんなに食べるなら お前もとんこつ頼めばいいやん 




そう思いますよね?




この世界観がわからないんですが

とにかく彼女は私から強奪したラーメンが食べたいらしく

彼女用にオーダーをする とんこつには一切 箸をつけないんです 



とにかく何だか私を困らせる事が大好きのようで

食欲がない時でも 私に食われる位なら食べるようで

そんな時は逆利用で よく私が千晴のご飯を横取りするフリをしています (=^・・^=)



うちでは本当に父性と母性が逆転しているのかも知れませんね・・・・




うちの奥さんは 躾にけっこう厳しいタイプなもんで

暴れん坊の千晴さん・・・・・・しょっちゅう奥さんにシバかれてます 

その度に泣きながら私の元に走ってきてヨシヨシっていうのが

基本パターンなもんで

多分、完全に父親と母親が逆転してしまっているというか・・・・



最近では はっきりと




お母ちゃんは怖い 







お父ちゃんは・・・・・・





・じぇんじぇん怖くない 




まあ、わかっていはいましたけど・・・・・・・

こう面と向かって言われると

けっこうショックなもんですよ。





・・・・・・・・・・・・知ってました? 




うちの3人家族のヒエラルキーは複雑ですね。

千晴にとっては 多分 

奥さん → 千晴 → 私 なんでしょうし


奥さんはやっぱり 

私 → 奥さん → 千晴 なんでしょう。


私は・・・・・・

千晴 → 私 → 奥さん って感じですかね 




奥さんから父権の必要性を説かれることもあるんですけど、

自分はこのままだっていいんじゃないかなあ、って思うんです。

母性にあふれた父親がいても・・・・・・・父性ある母親でもいいじゃないですか 





とりあえず2つ揃ってるんですから 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

→ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

さすが麻布十番・・・・( ̄▽ ̄)

銭湯

ここ最近。

何故か我が家に・・・・・・銭湯ブームが巻き起こっております 



一人娘 千晴さんのトイレトレーニングが順調でオムツいらずになった事も

あるんですが、そもそも うちの奥様が風呂好きというか

溶岩浴だの岩盤浴だの、せっせと家計に穴をあけるんで

まあ、いい加減にしろ、と 


銭湯なら安いですし、まあ たまの息抜きにもいいのかあ・・・・・・て。



見知らぬ人とご一緒の大浴場じゃ、千晴さんが怖がるか、とも思ったんですが

意外とエンジョイしているようでして・・・・・


何より風呂上がりの牛乳を楽しみにしていますね ( ̄▽ ̄)。




そんな、こんなで ここ最近 よく銭湯に行くんです。

自分が子供の頃には近所にも銭湯がたくさんあったんですけどね。

松の湯、小山湯、十番温泉・・・・・・みんな無くなってしまい

今は近所っていうと、南麻布の「竹の湯」さんくらいですか。

こちらはサウナ併設の優れもので、居心地いいんですよね・・・ 




でも、 さすがお土地柄といいますか

わが地元 麻布十番。





男湯にいらっしゃるお客さんも非常にバラエティに富んでいます。

なかなか他の銭湯ではお目にかかれない珍客ぞろいといいますか・・・・



先日も意気揚々、私が真っ裸で浴場の扉をあけた、と想像してください。




まず眼前に飛び込んできたのが・・・・・・










銭湯1

僧侶(集団) 



写真はネットで拾ったイメージ図なんですけど、本当にこんな感じでした (-_-;)

袈裟も着てらっしゃらない全裸のお坊さんが5,6人 横一列に鎮座していまして

みな、おもむろに・・・・・・・








無言で頭をT字で剃っておられました 


いや、まあいいんですけど・・・・




麻布十番はお寺が多いですからね。

高僧、っていうよりは多分 お寺で修行中の若いお坊さんなんでしょう。

いつも決まった時間にいらっしゃるようで、夜の自由時間か何かなのかなあ・・・・・

人が剃刀で頭を剃ってるの、なかなか生で見れませんよ 




そんな坊さんビューも なかなかのものがありましたが

ちなみに昨日、行った時は・・・・・・・








わお 

銭湯2

外国人の皆様(ナイスバディ) 





このへん大使館も多いですからね・・・・・

白人さん、黒人さんの総勢 昨日は8人位の団体さんでした。

いや、写真とちがってパンツも履いてない状態であって

何というか・・・・・・・





まあ・・・・・・・・







サイズは敵わないな、と 




そんな どうでもいい脳内日米決戦をしていた私なんですが

その外国人さんの中で一人、気になった方がいまして・・・・・



私 湯船につかりながら 

みなさんのナイスバディをガン見で堪能していたんですけど

全身にタトウ―をいれてる白人さんがいたんですよ。




ほ、ほ~ 

観音様かなにかの和彫りで、よほど日本が好きな方なのかなあ・・・・・て。







その方が後ろを向いた時に 

お尻にも何かタトウ―・・・・・・文字らしきものが見えたんですよ。

左のお尻に・・・・・・・え~と・・・・・・・・



湯煙でよく見えないけど




カタカナの・・・・・・・「ケ」





右のお尻に・・・・・・・・・・・・まさかとは思うけど・・・・・・









「ツ」 










ケ ツ 







う~む・・・・・・



わかってやってらっしゃるのか、彫師さんにやられちまったのか知りませんが

あれは写真撮りたかったですね 

待ち受け画面にしても惜しくない価値あるヒップでした・・・・・




ありがとう、ア・メ~リカ 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

一人娘 千晴さん 成長日記 15

千晴23

我が家の一人娘 千晴さん。



4月からの保育園にも徐々に馴染み・・・・・・・・

ちらほらと

お友達もできているようです 



私はといえば ここ最近、夜仕事も含め平日が忙がしく・・・・・

週末はそれ以上の忙しさで家族サービスに勤しんでいます 




疲れます 






しかし、まあ 




↑ の写真は東京ドームのムーミンカフェに行った時の模様。

そっちのけで特大パンケーキに夢中の千晴さんでした 




こちらは・・・・

千晴19

もはや行きつけと化している 東京タワーのララミー牧場カフェにて。

新鮮な牛乳で喉を潤した後、ソフトクリームで仕上げるのが基本の千晴さん。




よく食べるんですよ、これがまた・・・・・





3歳にして すでに食べる量は うちの奥様を凌駕する事もあります 








お次は まあ将来が楽しみな一枚なんですけど

創造社の事務所にて。



あの千晴さん・・・・・・

千晴22

それ絵本じゃなくて

TOTOのカタログだから 

そんなもん見て面白いんですか・・・・・・






しかし





可愛さ反面、最近は第1次反抗期の真っ最中ですね。

この時期、ママが好きすぎるあまり 父親をないがしろにするという・・・・・

通称「パパイヤ期」にきっちりと突入をしております (-_-;)




お父ちゃん・・・・・・・






あっち行って!






一人でお留守番して!






あげくには

お着替えをさせている私に向かって






こっち見ないで!







いや、それ無理だから 








聞けば、けっこう世のお父さん 同じ目にあっているらしいですね。

ある日 いきなりこれだったから こっちもビックリというか・・・・








俺、何かした? Σ( ̄□ ̄|||)






って感じでしたよ 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

3歳児 虐待死の事件に思う事


記事

3歳の女の子・・・・・・

同じ年の娘を持つ者として この事件は本当に・・・・・

本当に痛ましくて

読むのさえ嫌になってしまう程の記事でした。



まだ裁判で係争中との事で

全てが確定した訳ではないのかも知れませんが

まだ自分では抵抗もできない3歳の・・・・

それも女の子が虐待に近い扱いを受け、その短い生涯を終えた。

それだけは 動かない事実なのであろうと思います。




どんなに怖かったか、どんなに悲しかったか・・・・・





最後まで生きたかったであろう、その子の気持ちを察するに

本当にもう加害者への怒りと 

また大人の勝手な都合で これからの人生を奪われた、

その生涯を終えねばならなかった

彼女の人生をたまらなく不憫に思います。




自分も3歳の娘を育てています。



非難覚悟でいうならば、今回の加害者の気持ち・・・・・

わからないではないんです。

0歳児の時は24時間つきっきりです、1歳児の時は自我が出てくる分

もっと大変です。

2歳児になれば行動範囲もひろがってきて目が離せませんし、

3歳は俗に言うイヤイヤ期。

出来もしない事を自分でやる、の1点張りで

イライラさせられることもあります、

少し反抗にも似た態度をとられてムカッとする事もあるでしょう。



自分も経験したから それはわかるつもりです。



でも何でしょうね・・・・・・



自分が思ったのは、結局それは大人基準の考えなんですよ。

大人のルール、基準で考えれば

3歳児の動きって言うのは効率も悪いですし、同じミスを何度も繰り返します。

自分の言葉に責任も持っていないし、謝罪もまともにはできないでしょう。


これが会社だったら、変な話 とっくにクビですよ。


そう思ってしまえばイライラもするし、手を上げてしまいたくなる気持ちも芽生えます。



でも、こんなカッコ悪い事ないですよね。

こちらの価値観だけを押し付けて、相手を非難する、なんていうのは。

相手には相手の価値観、時間軸っていうものがあるんですし、

ましてや自分の責任で生まれた命じゃないですか・・・・



大人の価値観と3歳児の価値観ってどっちが正しいのか?





そんな事考える自体がナンセンスですし、子供は何も悪気があって

わがままをする訳じゃjありません。

彼らなりのメッセージ発信なだけで

それを認められない、大きな心で思いやりを持てない、なんていうのは

どんだけ器が小さいんだよ、ってそう思われたって仕方がないと思います。



だから自分は例えイライラさせられようとも虐待なんかする気にもなりません。



逆の・・・・・・

逆の立場になって考えてみろ、って言ってやりたいです。


加害者さん、あなたはそんなに完璧な人間なんですか?

もしあなたに落ち度があったら、自分が社会から虐待にも似た扱いを受けるのは

しょうがない、って思うんですか?

自分も落ち度ある人間のくせに、どうしてその分別もつかない子供だけに

命を奪う程のつらい思いをさせたんですか?

あなたも同じ目にあったら、社会に対して それを理不尽だと思わないんですか・・・・・




別にカッコつけた道徳論を語るつもりもありませんし

語れるほど自分は立派な人間じゃありません。



そこなんですよ・・・・


自分は落ち度ある人間だと思いますし

でもそんな自分を思いやりをもって接してくれる家族や友人を

心からありがたいと思っています。



自分がされて嬉しかった事を ただやっているだけなんです。

理想や道徳論なんかじゃない・・・・・・

たったそれだけでいいと思うんです。



今回の加害者は

周囲から そうした思いやりを受けて育っていなかった人なのかも知れません。

それがどんなに尊いものかわからない人だったのかも知れません。

だから・・・・・・

自分の子供にそうやって接することができなかった人なのかも知れません。

本来、誰よりも愛情に飢えている人であったのかも知れません。


でも、だったら どうして・・・・・


尚の事 自分が何よりしてほしかった事 

無限の愛を どうして自分の子に注げてやれなかったんだろう、と思います。






被害にあわれた3歳の女の子・・・・またご遺族の方々。

末尾になりますが謹んでご冥福をお祈り申し上げます。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

タイタニック記念日

碑文谷1

皆様・・・・・・・・

GWいかがお過ごしでしたでしょうか? 




我が家といえば

私も奥様も東京生まれの東京育ちなもんで

帰省する田舎もなく・・・・・・




3歳になった一人娘の千晴さんと3人

公園めぐり三昧の日々でした (=^・・^=)





井の頭公園でモルモットと もふもふしたり・・・・・・

色々でしたがハイライトは私の実家近く 目黒区碑文谷公園でのボート乗り 

碑文谷公園にもワンちゃん、猫ちゃん、ポニー等とのふれあい広場があり

ボートの後はそんな動物とのコミュニケーションをする計画をたて

楽しい家族3人の時間を過ごしました 






・・・・・・・・・・過ごすはずでした 








いや、ボートには3人で乗ったのですが

やっぱり何でも自分でやりたがる年頃の千晴さん。


もうオールで漕ぐのを ちーちゃんがやりたい、やりたいでして 

ま これもいい経験かと任せてみたんですがねえ・・・・・







15分かけて1mも進まないんですよ 







これ 千晴 





にゅ?





お前、そのペースで漕いでたら あっという間に終了時間になっちゃうでしょ 

お父ちゃんと・・・・・・・代わりなさい。





・・・・・・・自分で。






あん?





ちーちゃん、自分でやるの 






で、親バカ丸出しで 任せていたんですが 

そっから30分かけて進んだのが・・・・・5mくらいでしたかね 






・・・・・・・・・オール貸せ 





いにゃにゃ 






貸せっつってんだろ・・・・・・・・貸しなさい!




と、オールを奪うべく千晴を捕獲しようとする私







いにゃにゃにゃにゃあ~ 




もはや己のアイデンティティかのごとく オールを守る千晴 







・・・・・・・・・などと、まあアホ丸出しの攻防を

船上で千晴と延々と繰り広げていたんですけど



あれ?









お?






おお?








おおおおおおおお・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おお?

碑文谷3







その後









碑文谷4

ち~ん 








ちなみに実話です 





いや、もうシャレになりませんでしたよ・・・・・





うちの奥さんにいたっては

私と千晴の攻防に背を向ける形で座っていたので

まったく状況を把握していないまま 気づいたら水中という悲劇だったらしく

この後 千晴と私が 

ババちびる程に 怒られたのは言うまでもありません 





不幸中の幸いというか

千晴には乗船前にライフジャケットを着用させていたので

とりあえずは大丈夫だったんです。

あとは とにかく足のつく深さだったのがラッキーでした・・・・・





奥さんと千晴はすぐに傍にいた他のボートに救出されたんですが

けっこう周囲が大騒ぎになりまして・・・・・



そのボードに定員オーバーであぶれた私は

周囲のギャラリーに見守られながら

転覆ボートを引っ張りつつ 水中歩行で乗り場を目指すという・・・・・


いやもう 

この10年で1番の生き恥をかかせてもらった気がします 




うちの奥さん、私ともに携帯電話は水没するわ

全身びしょぬれでタクシーには乗れないわで・・・・・・

もちろん その後の ふれあい広場は無理むりになりました 





命が助かったのはよかったんですけど

ここの池ってもう

碑文谷2

鯉やカメさん満載の自然豊かな大自然。




急いで家に帰ってシャワーを浴びました 





とにかくもう・・・・・・





ひどい目にあいました 






しばらく財布がカメ臭かったです 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。