FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

退職代行サービスとは?

退職

いやいや、時代といいますか 



最近、勤め先を退職する手続きを

本人に代わって代行してくれるというサービス、

その名も「退職代行サービス」が人気らしいです・・・・・。




20~30代からの依頼が激増中とのTVニュースがやっていましたが

この10連休で5月病に拍車がかかった感じなんですかね 



しかし退職代行かあ・・・・・


かくいう私も以前サラリーマンをやっていましたから

退職するのに色々とエネルギーを費やすのはわかりますし

その煩わしさを少々の費用で代行してもらえるなら・・・・・・



っていう気持は まあ、わからないでもありません 





じゃあこのサービスを自分が利用するか、っていえば しないでしょうし

代行される勤め先側もいい気はしませんよね、そりゃ 




自分も経験者ですから、その煩わしさというか

退職にはエネルギーが必要だ、というのは本当にわかるんです。

上司、先輩、同僚にまず話をして同意を得ねばなりませんし、

引継ぎの資料だって作らねばなりませんよね。


自分が退職する事で、そのしわ寄せを受ける誰がが出てくるかも知りませんし

それに社会保険だ、なんだのペーパー手続きもなかなかの面倒くささでした・・・。



その煩わしさを考えると、思わず退職を躊躇してしまう程でしたよね。



でも、何というか、今思えばそれはとってもいい経験でしたし

後ろ足で砂かけて辞めるのは簡単ですけど

円満に退社するっていうのは、根回しであったり調整であったり

それに勇気と・・・・・・・・・・・若干、話を盛れるセンスも必要です 



僕個人でいえば今でも以前の会社の人とお付き合いがありますし

思い立ってから3か月くらいかかった退職でしたけど

本当にその3か月間はいい経験になったと思っています。




それを煩わしさ、と呼んでしまえばそれまでですけど・・・・・・・





自分のケジメくらい自分で、っていう理屈もあるでしょう。



自分はそこまで体育会系な事じゃなくて

いい経験になるから、自分でやってみるのもいいんじゃない? 


ってとこですかね。



スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

新元号 発表

午前11時半発表。


今日は現場でも

みな中継に釘付けでした。



しかし……

「令和」ですか。


まだ変換が追い付かず

「例話」てでますね💧



自分もこれで昭和、平成と

生きてきまして

令和の……




その次は見れるのでしょうかねえ😔
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

本当の進化か、どうか?

進化

先週の水・木曜日は深夜の仕事でした。

おかげで

すっかりと体が夜間戦闘モードになってしまい・・・・・






昼は眠くて、夜寝られないという状態を

週末ずっと ひきずっていましたね (=_=)



ま 週末だし たまの夜更かしもいいか、と

テレビで深夜放送を見ていたんですけど

NHKでやっていた番組が面白かったです。



精神科医からみた現代社会、ってなテーマで

3人の世代のちがう精神科医さんが、各々の立場で

インターネット社会への変遷や人同士のコミュニケーションの変化。


それが人間のメンタルにどういった影響を及ぼしているのか、という

見解を視聴者を交えて議論するというものでした。



ユングだ、フロイドだと難しい単語もでていましたけど

自分が聞いていて一番面白かったのは

「ハリネズミのジレンマ」、というやつでしたね。



その比喩自体は聞いたことがありました。



体からトゲトゲが出ているハリネズミはお互いに寄り添えない・・・・

無理に寄り添えばお互いのトゲでお互いを傷つけあってしまう。

進化2

転じて、他人同士が

お互いにあまりに本音で心を開いて近づけば

お互いを傷つけあってしまうという比喩ですよね。





もともとはドイツの哲学者さんが

「冷たい冬のある日、ヤマアラシの一群が、
お互いの体温で凍えることを防ぐために、ピッタリとくっつきあいました。
けれども、お互いの針のような毛があたって痛く、また離れます。
それを繰り返しているうちに、
ヤマアラシたちは適当な距離を見つけていきました。」


という実話なのかは知りませんが

心理学的に他人とのコミュニケーションの

距離感をあらわしたものらしいです。




近づいちゃいけない、でも近づきたい・・・・・




その人の役に立ちたい、でも迷惑をかけたくない・・・・




恋愛シーンでもよくある心理で

「ハリネズミのジレンマ」っていうのは

たしかに言い得て妙のうまい比喩です。




その番組の精神科医さんが言っていたのは

そのジレンマを現代社会で解消してくれているのが

SNSである、と。




匿名性があり、複数のアカウントを使い分ければ

それこそ自分じゃない自分にもなれるわけで

お互いをトゲで傷つけあわない適度な距離をおいた

コミュニケーションを可能にしているのがSNSなんだ、と。



それを希薄で薄っぺらいコミュニケーションだ、という意見も

あるでしょうが、

実際 これだけSNSというものが盛んになってきたという事自体は

今の人間がそれを望んでいた、という証拠であるし

これは他人同士のコミュニケーションの「進化」といえるものかも知れない。




なるほど 

まあ、そうですかね・・・・・・・




でも一方で、そういった匿名性の高いコミュニケーションが

昨今ニュースを騒がせる

「心の闇」につながっているのもまた事実ですよね。


出会い系サイト、バカッターと呼ばれる他人の迷惑を顧みない行為、

自殺サイトだ、闇サイトだ、というものが

犯罪の温床と化しているのも周知の事実です。



それが人間が望んだコミュニケーションの新しい「進化」であるのか・・・



いや人間は本来、もっと密着性が高く

透明性のある繋がりを求める寂しがり屋の生き物なんじゃないのか・・・


どちらが人間のもつ本来の「本能」であるのだろう、っていうのが

番組の最大のテーマでした。



コスパ、効率化っていう価値観が全盛の世であると思います。



それは確かに便利で面倒くさくない、っていうのは確かです。

でも もしそれが人間の本来の性質に逆らうものであるなら・・・・・

案外、非効率な中にこそ幸福を感じるのが人間であるとすれば

「進化」だと信じている今の社会は

むしろ本来の本能に逆らう「退化」であるのかも知れないというのが

番組の精神科医さんのお言葉でした。



本当は

もっと暖かくて本音でぶつかり合えるようなコミュニケーションをしたい、

でもそれで人間関係を悪くするなら・・・・・・・したくない。



まさに前述のハリネズミの例え通り

他人とのコミュニケーションの距離感を測りかねているのが

現代の人間なのかも知れませんね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

〇〇年前の今日という日 その1

工事中

雨ですねえ・・・・・

寒空の雨ですから 氷雨ってやつですかね。




さて




今日も元気に某マンションの内装工事をしており

朝からカーペットの貼り替えをしています。



ルーティンというか、ありがたくも長年お取引をいただいている

お客様のマンションでして

塗装、クロス、カーペットを基本にマンション全体100戸近い部屋を

こっちが終わったらあっち、あっちが終わったから、こっち~・・・と。

ぐるぐるともう・・・・・20年位まわっています 



20年は長いですよね・・・・・・



本当にありがたいことです 





しかし、考えてみるとルーティンといえば

このブログを執筆し始めて はや・・・・・・・7年くらい?

基本的に休日以外の毎日更新を心がけてやってきましたが

我ながらよく続いているもんです 


昨年はちょっと更新頻度少なかったんですけど・・・




毎日更新のブログですから、まあ日記みたいなもんですよね。







ふと思ったんですけど、

〇〇年前の今日って何やっていたんだろう?・・・・て。




本日は


2019年 2月6日。


2012年 2月6日の記事って・・・・・・・


これか

7年前の今日の記事




ああ・・・・・・

普段、使っている自転車と原チャリのご紹介かあ・・・・



すごくどうでもいい気がしますね 



リフォームをご検討しているお客様に

直接的にはどうでもいい記事だとは思うんですけど、

ま 人となりを知っていただく意味・・・・でかな。






でも懐かしいですね 




もう7年前ですから、さすがに現在

この自転車も原チャリもありません。

両方、新しいのに替えてしまったんですが・・・・・

でも買い替えたのは 今年にはいってですね、両方とも。



7年前の記事の時点で もうボロボロみたいに書いていましたから

まあ よく乗り倒したもんです 



今は原チャリ、自転車ともに2代目が頑張ってくれています。



しかし

こうして過去をリアルに振り返れるのもブログの醍醐味かも知れませんね。

また7年後、こうして振り返った時には

自転車が3代目になっているのでしょうか・・・・






はてさて、どうなっているやら 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

南青山に児童相談所?

反対

少し前、けっこうニュースでやっていましたね。



港区は南青山に・・・・・

正式には「こども家庭総合支援センター」という施設を新たに設け

そのワンフロアに児童相談所を開設する、と。

その開設の是非を巡って周辺住民はもちろん

港区民全体を巻き込んだ

熱い論争が・・・・・・・・







巻き起こっている、と 






創造社も港区にあるわけで、この議論に関しては・・・・・・






う~ん・・・・





全くもって知りませんでした 




ニュースで知った、というか

いや、なんか南青山の方にでっかい施設が建つ、

ていうのは知っていましたけど

児童相談所の是非を巡るう議論がある、っていうのは知りませんでしたね。





詳しい経緯はニュースにゆずるとして、

要は


1、南青山っていうブランドイメージを損ねるのでは?



2、なんで わざわざ南青山につくらくてはならぬ?




ってあたりなんでしょうけど

2に関して、田町あたりにつくればいいじゃん、っていう意見が

あったのには・・・・・・・、それは田町に失礼だとは思いました 


創造社もどっちかといえば田町寄りです (# ゚Д゚)



あくまで自分個人の意見ですけど・・・・・・

いや自分個人っていうか

港区に生まれた時から住んでいる人はみなそうだと思うんですけど・・・・・



港区・・・・・・のブランドイメージ?





それがなんぼのもんじゃい、って感じですね 




だって南青山なんて自分が子供の頃なんか

渋谷と六本木の通過ポイントくらいの扱いだったと思ってましたし

別にそれがどうこうじゃないですが、




南青山よ・・・・・・


いつの間にそんなに偉くなったんだ、という感じですね 



ちなみに以前、うちの親戚が洋食屋やっていました。




たしかに今は高級ブランドショップが立ち並ぶエリアでしょうし

そこにお住まいの方々もハイソなんでしょう。



でも自分のような生粋の港区っ子って

そもそも港区自体をあまりハイソと思っていませんし

知らぬ間に勝手にはハイソ化して いい迷惑とすら思っています 


生粋の港区民なんて

少なくとも私の友達は貧乏人ばかりですけどね・・・・・・・

本当にむしろ後から付け加えられたハイソイメージな気がしますけどね。


貧乏な私らにいい迷惑です。

住みづらいし 




自分も児童相談所っていうものに特別深い知識がある訳ではないですけど

少なくとも未来を担う世代を支援していく施設なんでしょう。



それをどうしてハイソと呼ばれる層が支持できないか・・・・・

未来の日本のために、力があるなら貸してあげて欲しいというか、

それこそセレブリティの「品位」ってやつなんじゃないんですかねえ・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします