FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

Happy Birthday!!・・・・私 ( ̄▽ ̄)

誕生日

本日、1月14日は・・・・・・・

さりげなく私 矢野の誕生日でございます 




思えば 




自分の誕生日に胸ときめかなくなった・・・・・・




つーか、どうでもよくなったのは

いったい何歳位からだったんでしょうね 




まあ40数回も祝ってりゃ、飽きてもきますし

子供の頃や若い頃はそりゃあねえ・・・・・・





誕生日といえば

なんというか

明るい未来への階段をまた一つ上った? みたいな。







それが今や

老いへのカウントダウンとしか思えない状態ですよ 






まあ次に迎える50代。


気力・体力ゲージがマックスになる・・・・・

逆にいえば それを維持できる最後の年代で

あるのかも知れませんね。




いい50代の10年を過ごせるよう

まだ数年ある40代を全力で走ってみたいと思います。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
スポンサーサイト



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「プロ」という定義

プロ

何の分野でも「プロ」としてやっている人はいるわけですが

厳密にいえば・・・・・・・

その定義って難しいのかも知れません。



それを生業として飯を食っているのがプロともいえるでしょうし、

人より秀でた技なり知識があるのをプロと呼ぶのかも知れません 

あるいは両方ですかね。



先日、業界紙に

現在のホームセンターのこれほどの台頭や

それに伴うDIYの流行。

こうしたムーブメントをうけて この建築業界のお施主さん(お客様)に

意識の変化がおこりつつあるという記事を見ました。




それまで いってみればブラックボックスであった建築業界の

作業・材料っていうものが お客様自身がDIYなどで

それに触れることにより おこる意識の変化という意味だと思いますが

おそらく大別して



「なんだ、これならそんなに難しくないじゃん 









「これは大変だ・・・・・これをうまくこなせるプロはやっぱりすごいな 





のどちらか、ということですかね。





もちろん後者のほうが望ましくはありますけど

ある意味 前者のご意見ももっともであると思います。





とんでもない事を言うようですけど・・・・・・・

ぶっちゃけ僕らのやっている仕事、特に作業jっていうのは

それほど難しい事ではないのかも知れません。



塗装屋さんだ、クロス(壁紙)屋さんだ、っていうのは

1年間もみっちりやれば とりあえず一人前、なんて

いう言い方もあります。



もちろんそれは基本的な部分の把握であって

それから様々な現場で応用を踏んでこそ

真の意味での1人前なんですけどね。

そんな言い方があるのは事実です。



だから前述の「なんだ、こんなもんか 

っていう印象をもたれる方がいるのは理解ができます。




たった1年で とりあえずは習得できる技術・・・・・・・




そういってしまえば価値の低いもののようにも捉えられますけど

逆にいえば1年ですよ。

どんなDIY好きのお客様でも本業のお勤めを投げ出して

1年間みっちり修行するなんて、それはちょっと現実的でないと思います。



1年間みっちりでなくとも、5年間もせっせとDIYでの経験を積めば

あるいはプロの職人さんと仕上がりのレベルはともかく

同じ仕事自体を再現することは可能かも知れません。



でも5年間ですよ。



プロっていうもう一つの定義には

そうしたお客様にかかる「時間」を売っている、

僕らがその時間的なコストを金銭的なコストにして売っている。



そういう人間も「プロ」の定義の一つではないかと思っています。



自分で そこそこやれるようになるまで5年間をかけるのか、

その時間とよりクオリティの高い仕上がりを

プロに金銭で依頼をするのか・・・・・・




それは個人個人でお考えもちがうでしょうから

お客様の意識の変化といっても一律ではないでしょう。


それにそもそもDIYと僕らの仕事は比較するものでもないというか、

苦痛を感じながらやるのはDIYじゃないと思いますし

あくまで楽しんでやるのが本道でしょう。


損得勘定でやるものではないですよね。



だからDIYの台頭によって お客様の意識に変化が・・・・・・・・

っていう記事にはちょっと違和感がありました。


草野球を熱心に楽しまれている方こそ、

その匠たるプロ野球が好きなんじゃないですかね。





例え ちがうかな 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

板挟みが・・・・仕事です( ̄▽ ̄)

板挟み

板挟み 

っていうと何か聞こえが悪いですけど




現場監督というのは・・・・・・

特に自分のように営業を兼ねた現場監督っていうのは

つくづく板に挟まる事が多いです 



お客様と職人さんの間。


職人さんと職人さんの間。


他の業者さんと現場をご一緒する時には

あちらのスケジュールとこちらの都合の・・・・・・

いやいや、つくづく挟まってますねえ ( ̄▽ ̄)






書いてるだけで悲しくなってきます 





それが仕事といえばそれまでなんですけど

板挟みっていうのは、人間関係の狭間ですから

時につらい事もあります・・・・・・





当たり前にすすめば何という事もない話なんですけど

昨日した約束を守ってもらえないとか、

頼んだ伝言が余裕で伝わっていないとか・・・・・






リアルタイムに今日そんな事がありました 






自分もどちらかといえば悩むタイプなんで

こうなったのは自分のせいでもあるのか、

繰り返さないために今後どうしていけばいいのか・・・・・



そんなことも考えますけど、

メールで頼んだ伝言が伝わっていないとか、

これはもはや人智ではどうしようもない気もしますしね 




計測してもらった㎡数が違ってて材料が足りないとか、

念まで押した約束を守ってもらえないとか・・・・・・・






この業界アバウトというか、どんぶり気質が根強いですから

けっこうあるんですよ。




自分はどちらかというと理詰めなタイプなんですが

どう考えても分はないのに

逆ギレの勢いだけで押してくる監督さんとか

もう嫌になっちゃいますよ 



でも建築現場ではあれはあれで一つの完成されたスタイルですね。

現場では勢いのある方の理屈が通るっていう

一般社会では ありえない現象がままおこるのです 



嫌にもなっちゃいますけど

自分がそんな勢いだけに押されて たじろいていたんじゃ

お客様や創造社を信頼してついてきてくれている下請けさんたちに

・・・・・・・・・・・・・・・・・合わす顔もありません 





他社の監督さんとか、色々なタイプがいますけど

逆にいえば色々なタイプがいて当たり前の話。



タイプAにはこう、たいぷBにはこう・・・・・・っていう

どんなタイプともうまくやれる人間でありたい。

目的はお互い無事に現場を終わらせて

お客様のご満足をいただく事ですから。






だから、今日のイライラは

ビールを飲んで 奥さんに愚痴って 忘れたいと思います 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

退職代行サービスとは?

退職

いやいや、時代といいますか 



最近、勤め先を退職する手続きを

本人に代わって代行してくれるというサービス、

その名も「退職代行サービス」が人気らしいです・・・・・。




20~30代からの依頼が激増中とのTVニュースがやっていましたが

この10連休で5月病に拍車がかかった感じなんですかね 



しかし退職代行かあ・・・・・


かくいう私も以前サラリーマンをやっていましたから

退職するのに色々とエネルギーを費やすのはわかりますし

その煩わしさを少々の費用で代行してもらえるなら・・・・・・



っていう気持は まあ、わからないでもありません 





じゃあこのサービスを自分が利用するか、っていえば しないでしょうし

代行される勤め先側もいい気はしませんよね、そりゃ 




自分も経験者ですから、その煩わしさというか

退職にはエネルギーが必要だ、というのは本当にわかるんです。

上司、先輩、同僚にまず話をして同意を得ねばなりませんし、

引継ぎの資料だって作らねばなりませんよね。


自分が退職する事で、そのしわ寄せを受ける誰がが出てくるかも知りませんし

それに社会保険だ、なんだのペーパー手続きもなかなかの面倒くささでした・・・。



その煩わしさを考えると、思わず退職を躊躇してしまう程でしたよね。



でも、何というか、今思えばそれはとってもいい経験でしたし

後ろ足で砂かけて辞めるのは簡単ですけど

円満に退社するっていうのは、根回しであったり調整であったり

それに勇気と・・・・・・・・・・・若干、話を盛れるセンスも必要です 



僕個人でいえば今でも以前の会社の人とお付き合いがありますし

思い立ってから3か月くらいかかった退職でしたけど

本当にその3か月間はいい経験になったと思っています。




それを煩わしさ、と呼んでしまえばそれまでですけど・・・・・・・





自分のケジメくらい自分で、っていう理屈もあるでしょう。



自分はそこまで体育会系な事じゃなくて

いい経験になるから、自分でやってみるのもいいんじゃない? 


ってとこですかね。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

新元号 発表

午前11時半発表。


今日は現場でも

みな中継に釘付けでした。



しかし……

「令和」ですか。


まだ変換が追い付かず

「例話」てでますね💧



自分もこれで昭和、平成と

生きてきまして

令和の……




その次は見れるのでしょうかねえ😔