株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

エアコンは塗装できますか?

問い合わせ

先日、ブログ経由でお問い合わせいただいた件。

↑ 写真でわかりますかね・・・・・

エアコンの いわゆる「前面パネル」と「ルーバー(羽)」が黄色くなっています。

サイド部の白と比べると明らかに変色がみられますね。


ヤニなどであれば清掃でおとせるのですが

紫外線などの影響で このような変色がおこることも ままあり

そうなるとクリーニングではどうしようもないですね・・・・・・


今回のお客様も賃貸物件で貸し出しているお部屋ということで

このままでは見た目の印象も悪く、なんとか改善を、というお問い合わせでした。


当初は塗装ができないか? という事でして

塗れない事はないんですけど・・・・・

やっぱりエアコンですし、表面の寒暖差といいますか

温度変化に弱いんですよ、ペンキって。


それにルーバーは常に可動する部分ですし

そういった振動にさらされる場所にも塗装は適していません。

振動で塗膜がはがれていってしまうんです・・・・・・



じゃあ、ダイノックシートか?

このブログでもよく登場するダイノックであれば

貼る事自体は可能ですし、寒暖差にも影響はありません。

ただ・・・・・・



細かく入り組んでいる機械ですし、仕事としてはかなり細かい作業というか

面積の割には手間がかかりすぎてしまうんですよ。

僕らでもやっぱり・・・・・

4万円前後は御見積もりしたくなっちゃうでしょうね。

エアコン新品で買い替えたって、まあ10万前後とかですから

ちょっとコスパとして説得力ないですよね・・・・。




原則、シート貼りでお話はさせていただいていたんですけど

念のため・・・・

自分も経験ないんですが、この前面パネルとルーバーの部品交換が

できないかをメーカーさんに聞いてみたんです。




今回のエアコン

問い合わせ1

製造が2004年のもので、メーカーさんって

原則 交換部品のストックは10年間なんです。

2017年現在、無理かなあ・・・・・って思ったんですけど

まず関西のメーカさんの本社に問い合わせて、、

東京支店をご紹介いただいて、八王子支店まで辿って行ったら

足立の支店に奇跡的に在庫があるのが確認できたんです。

値段も5,6千円で交換自体はパカッとはずしてグリッとするだけ。

それならお客様自身でも対応可能ですし

メーカーさんのご連絡先をお伝えして、今回の一件は完了でした。




お金にもならない件にお手数かけていただいて、と感謝のメールも頂戴しましし、

まあ、めでたし めでたし・・・・・ですね。



今度、そのお客様から別物件のリフォーム工事のお引き合いをいただけたんです。

損して、得取れ・・・・・か。




こんなご縁も大切にしていきたいですね。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。







関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お前の母ちゃん・・・・・

待ちぼうけ

本日 6月21日の・・・・・・・・現在時刻 午前9時34分 

梅雨らしく、朝から降りしきる雨が・・・・・・・・・身と心を冷やします。











9時に現場前で待ち合わせたはずの下請業者さんが来ません 






まったく朝も早よから雨の中、待ってるというのに・・・・





とりあえず業者さんのオフィスに電話.







プルルルルル、がちゃっ。







え? まだ行ってませんか・・・・




来てねえな 





本人と電話つながらないもんで・・・・・

すみまえん、もう少しだけお待ちいただけますか?





しょうがないなあ・・・・・

まあ、お客様が待ってるとかの現場じゃないけど

・・・・・・とにかく待ってるから。

寒いから早くしてね 







と、電話を切ったのが9時15分過ぎでしたか。

電話口の担当者さん、まあ要は現場に人員を手配する係の男で

付き合いも もう・・・・・20年位になります。

けっこうボケが炸裂するんですよね、この男が・・・・・。





やれ、やれと。





今が9時の15分・・・・・・・







20分・・・・・・・





・・・・30分・・・・・・・・








40分 










これは・・・・・・










温和な僕でも怒るよ、しまいにゃ 









もう1度 あの男に電話したるか・・・・・・・・・・ん?








おお 



そういや 今日来る職人さん、前に電話番号聞いてたな・・・・・

え~っと・・・・・・あった、あった。

あんなボケを仲介するより、直接かけた方が早い・・・・・な。




で、電話かけまして・・・・・・





ガチャッ








おお、山田さん?






・・・・・・・・・・・・・・・あれ、矢野さん?






矢野さんじゃないよ・・・・・・・今どこなの?

もう30分は過ぎてるしさあ、

あとどれ位で着く?








・・・・・・・・・・・聞いてませんよ










は?

よく聞こえないんだけど・・・・・・・何が聞いてないって?










今日、矢野さんの現場があること自体、聞いてません (;^ω^)








そっかあ・・・・







じゃあ、しょうがないね
 

















そうはいくか 








まったく・・・・・

聞いてみりゃ、完全に例のボケ担当者の手配ミスで

職人さんへの指示書も何も渡してなかったんですって・・・・・





即 鬼電をいれまして

しょうがないから9時あらため本日の12時から仕切りなおしで

もう1度待ち合わせをする事に。





さすがに2時間も雨の中 待ってられませんので

一度、私も創造社オフィスに戻り、このブログを執筆している、と・・・・・・・







まったくもう・・・・





おい、担当の小林○○(39歳)!








お前なあ・・・・・・




前から言おうと思ってたんタが・・・・・






お前の









お前の奥さんさあ・・・・・・・











お前がいう程 美人じゃねえからな 









冗談です 








いきなり、ブログでこのネタ晒す私も私だけど

今後は気をつけてくださいよ 







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ブラック企業が公表された?

ブラック企業

厚生労働省が以前から、

たしか平成27年から続けている 「労働基準関係法令違反に係る公表事案」。

いわゆる「ブラック企業」の公表を今年度も行いました。



公表リストはこちら



まあ、出るわ出るわで、今年度は全国で300社以上の社名を公表 

今後、1年間 厚労省のサイトに実名が晒されるらしいです。

もし自分だったらと思うと・・・・・






恐ろしいですね 






今回 社名を晒された企業が じゃあもう倒産の一途を辿るのか?

、っていえば

社名を変えたり 子会社にシフトしたりの 手を変え品を変え、で

なかなかそうはならないのが実情でしょう。

イタチごっこかも知れませんが、いつかゼロになるまで・・・・・

厚労省さんには ぜひこれからも地道ながら

続けていってほしい取り組みではあります 






しかし、まあ

今回の公表を読んで、何が凹んだかって

全ブラック企業300社のうち・・・・・・・・





100社近くが僕ら建設業らしいんですよ 





30%以上っていう数値らしいですから、

ブラック企業の3社に1社は建設業っていう話ですよ 


多いなあ・・・・・・





「ブラック企業」っていうのは ネット上でのスラングで

明確に定義がある訳でもないらしいですが

要は冒頭に述べた 労働関係法令に違反している企業・・・・・・

その中でも再三の是正勧告にも従わず、送検となった悪質企業っていうのが

今回の300社っていう話で

送検をうまく免れた、っていうのを含めれば 

その数は今回の3倍、4倍は平気であるんでしょう。





確かにね・・・・・・




建設業は多いと思います。

基本、体育会系のどんぶり勘定体質が根強いですし

それが工期の差し迫った現場であった日には

もう根性論が物事を決める基準になったりしてますからね 


自分だって若いころは

2日や3日 まともに寝ないで現場を仕上げる事なんてザラでしたし

そんな時の残業時間なんて、月300時間くらいあったんじゃないですかね 



まあ、自分らの場合は好きでやっていた、ってのがありますし

それに文句をいう人間もいませんでしたからね。

現場を間に合わせられなくなる位なら 

自ら好んで残業するドMぞろいというか・・・・



僕らみたいな自営業は 誰かに強制される、っていうんじゃなく

やっぱり自己責任ですから、

その結果 体調を崩すのも本人のペース調整次第であって

その点がサラリーマンさんとは決定的にちがうところです。



死ぬ程忙しい月があっても、

翌月はその分 家で寝るのも自由な訳であって

ペース配分、コンディション調整、全部ひっくるめて自己管理になる訳です。



だから宮仕えで、自分の意志だけではその調整がままならないような

ブラック企業に勤めるっていうのは 本当につらい事だと思います。

僕らみたいな連中は、その中でも「自由」があるわけですけど

もし それすら無いような環境で仕事をしろ、と言われたら・・・・・






今 創造社の社長が それを僕らに強制するならば・・・・








どうしよう 









とりあえず

グーで殴るか、パーにするか、は悩むでしょうね 






ま どっちにしろ殴ります 





それはさておき、

先月、厚労省が同時に発表した有効求人倍率は1.48倍とか 

これはバブル期にも匹敵する数字で、

なかなか仕事も見つけられなかった時代から

どんどん就職者有利の「売り手市場」になってきています。



今後、わが建設業界も あんまり胡坐をかいていると

優秀な人材が他に流れて行ってしまうは必然ですし

業界全体のイメージアップの為にも

いわゆる「ブラック企業」が1社でも減っていってくれれば・・・・・





本当に業界全体で向かい合わねばならない現状であると思います。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

さすが麻布十番・・・・( ̄▽ ̄)

銭湯

ここ最近。

何故か我が家に・・・・・・銭湯ブームが巻き起こっております 



一人娘 千晴さんのトイレトレーニングが順調でオムツいらずになった事も

あるんですが、そもそも うちの奥様が風呂好きというか

溶岩浴だの岩盤浴だの、せっせと家計に穴をあけるんで

まあ、いい加減にしろ、と 


銭湯なら安いですし、まあ たまの息抜きにもいいのかあ・・・・・・て。



見知らぬ人とご一緒の大浴場じゃ、千晴さんが怖がるか、とも思ったんですが

意外とエンジョイしているようでして・・・・・


何より風呂上がりの牛乳を楽しみにしていますね ( ̄▽ ̄)。




そんな、こんなで ここ最近 よく銭湯に行くんです。

自分が子供の頃には近所にも銭湯がたくさんあったんですけどね。

松の湯、小山湯、十番温泉・・・・・・みんな無くなってしまい

今は近所っていうと、南麻布の「竹の湯」さんくらいですか。

こちらはサウナ併設の優れもので、居心地いいんですよね・・・ 




でも、 さすがお土地柄といいますか

わが地元 麻布十番。





男湯にいらっしゃるお客さんも非常にバラエティに富んでいます。

なかなか他の銭湯ではお目にかかれない珍客ぞろいといいますか・・・・



先日も意気揚々、私が真っ裸で浴場の扉をあけた、と想像してください。




まず眼前に飛び込んできたのが・・・・・・










銭湯1

僧侶(集団) 



写真はネットで拾ったイメージ図なんですけど、本当にこんな感じでした (-_-;)

袈裟も着てらっしゃらない全裸のお坊さんが5,6人 横一列に鎮座していまして

みな、おもむろに・・・・・・・








無言で頭をT字で剃っておられました 


いや、まあいいんですけど・・・・




麻布十番はお寺が多いですからね。

高僧、っていうよりは多分 お寺で修行中の若いお坊さんなんでしょう。

いつも決まった時間にいらっしゃるようで、夜の自由時間か何かなのかなあ・・・・・

人が剃刀で頭を剃ってるの、なかなか生で見れませんよ 




そんな坊さんビューも なかなかのものがありましたが

ちなみに昨日、行った時は・・・・・・・








わお 

銭湯2

外国人の皆様(ナイスバディ) 





このへん大使館も多いですからね・・・・・

白人さん、黒人さんの総勢 昨日は8人位の団体さんでした。

いや、写真とちがってパンツも履いてない状態であって

何というか・・・・・・・





まあ・・・・・・・・







サイズは敵わないな、と 




そんな どうでもいい脳内日米決戦をしていた私なんですが

その外国人さんの中で一人、気になった方がいまして・・・・・



私 湯船につかりながら 

みなさんのナイスバディをガン見で堪能していたんですけど

全身にタトウ―をいれてる白人さんがいたんですよ。




ほ、ほ~ 

観音様かなにかの和彫りで、よほど日本が好きな方なのかなあ・・・・・て。







その方が後ろを向いた時に 

お尻にも何かタトウ―・・・・・・文字らしきものが見えたんですよ。

左のお尻に・・・・・・・え~と・・・・・・・・



湯煙でよく見えないけど




カタカナの・・・・・・・「ケ」





右のお尻に・・・・・・・・・・・・まさかとは思うけど・・・・・・









「ツ」 










ケ ツ 







う~む・・・・・・



わかってやってらっしゃるのか、彫師さんにやられちまったのか知りませんが

あれは写真撮りたかったですね 

待ち受け画面にしても惜しくない価値あるヒップでした・・・・・




ありがとう、ア・メ~リカ 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

見積書の読み解き方 ~「経費」とは~

経費1

リフォーム工事をご検討されるお客様 


業者からでてきた御見積書の内容を きちんと理解をされているのか。

裏を返せば、


納得いくまで内容の説明をしてくれる業者であるのか。


まずこの点が、業者選定には基本中の基本になってくると思います 




僕らリフォーム業者が提出する見積書というのは

おおまかにいえば

1、材料代

2、人件費


そして


3、経費。



っていう3大要素から成り立っているのが、まず原則です。



それが塗装工事であれば、

どこのメーカーの何という材料を何缶使います、

定価はいくらで何パーセント引きで仕入れます。


これが材料費 




日中作業の通常人件費として、何人×何日を予定しています。



ざっくりですが、これが人件費です。




と、ここまでは まあ理解もスムーズかと思うんですが

ややこしいのが、「経費」ってやつの存在だと思います。




ややこしいというか、

このへんは もう建築業界のお家芸みたいなトコあるんですが

僕らでも聞いた事ないようなネーミングの経費が

年々生まれたりしますからね 





例えば・・・・・




「足場損料」。






これの意味ってわかります? 




僕も正確な理解はしていないんですが、よく聞くのが

要は脚立なり単管足場の上にのって作業をする事に対しての経費っていうか・・・・・

まあ危険手当的な意味もあるし、それだけの用意をする事に対しての経費ですかね。






似たノリのもので





「道具損料」




う~ん 

何といったらいいか、道具って・・・・・

それが例えばノコギリを使う作業であった場合って、当たり前なんですが

使った分だけ刃が減る、っていうか劣化するじゃないですか。

電動工具ならバッテリーの寿命が消耗しますよね。

その減った分は経費として請求させてね、って感じですか。




非常にせこいっちゃ、せこいです。 




でも、結局そこに尽きるんですよね・・・・・・




確かに刃は減る訳ですから、その分を請求するのは正当っちゃ正当ですし




いちいちそんなもんまで よく数えて請求するね、アンタ 




って言われればその通りですし・・・・・

結局は建築業界の「経費」って

請求するも、しないも 各々の業者さん次第なんですよ。





ちなみに

経費

こちら わが創造社の御見積書なんですが

経費はもう文字通りの「経費」っていう一文字で計上をしています。

大体、総額の5%位をお願いすることが多いです。




さすがに仕事をする上で、材料費と人件費のみでは

どこの会社さんも成り立たないでしょう。



御見積もりをするにも紙が必要ですし、

現場まで通うにはガソリン代なり電車代が必要です。

先ほど述べた「損料」っていう考え方も、事実無根な訳ではありませんし

材料を高層階まで持っていくのに「運搬入費」っていう経費をいただくのも

やむを得ない事でしょう。



ただ、そのへんを いちいちつらつらと挙げてもしょうがない、っちゅーか

その内容、絶対にお客さんは興味ないと思うんですよ 



それなら いさぎよく「経費」っていう一文字で

僕らの経験則として総額の5%はご負担いただいています

って明記した方が いいんじゃないかなあ、って・・・・。


もちろん「経費」って何なんですか?


ってご質問をいただいた時にはご説明をいたします。


でも、いちいち個別に挙げていくと、

どうしても総額としては高いものになっていきますし、

大体、「損料」に根拠もクソもありません 



んなもん、業者さんの胸先三寸みたいなところはありますし、

3千円っちゃ3千円でしょうし、1万と言えば1万でしょう。



そんな経費の一つ、一つを挙げて、

大した根拠も明示できないものであれば

一律何パーセントって方がかえって親切なんじゃないかなあ、って・・・・







僕らは思うんですけどね 











駄目ですかね 







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。