fc2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

銭湯のあった風景

銭湯1

今 自分がよく行く銭湯っていうと・・・・・

まず この南麻布の「竹の湯」ですね。

創業・・・・・

自分が小学校の時分から行ってたような気がしましたから

もう30年以上は間違いと思います。


自分も10年位前にずいぶんと久しぶりに伺ったんですが

子供のころの記憶とはかなり違っていた気がします。

大体、サウナなんか無かったような気がしていたんですが・・・・・

いや、あったのかな 

記憶にはないんですよね。



竹の湯の特徴。

場所柄、とにかく外国人のお客さんが多いです。

人間としてとか・・・・・

まあ色々な意味で目でその大きさを競い合うことが可能です 

月一くらいで今ではお邪魔する常連であります。





そう、港区っていうか

この麻布十番、三田近辺って意外と銭湯があったんですよ。



自分の実家はその昔、2世帯同居で

お風呂はお爺ちゃん、お祖母ちゃんらが優先して使うっていう暗黙の掟があり

なので子供の頃、よく銭湯には通っていたんです。

あの頃は家風呂のない、なんだかそれがコンプレックスでしたけど

今考えると贅沢なもんですよね。





今の東麻布商店街の一番奥にある「まいばすけっと」。

銭湯4

あそこは その昔「松の湯」っていう銭湯でした。

閉業されたのがもう30年も前かも知れないので

さすがにネットでも画像ありませんでしたが、

実家から一番近くで、最もお世話になった銭湯でしたね。

今や知っている人の方が少ないのかも知れません。


思い出っていうと 今やコンプライアンス的にアウトなんでしょうけど

脱衣場が男と女で もちろん分かれていたんですが

扉一枚でつながっていたんですよ。

なので子供とかが勢いよく行き来すると・・・・・・・・・







わ~お 






な、古き良き銭湯であった思い出があります 







あとは これも 既に閉業されていて

もはや伝説に近い銭湯ですが有名でしたから画像ありました。

「麻布十番温泉」です

銭湯2

うわ~・・・・・・懐かしいですね。

そうそう、こんな感じでした。

黒湯の温泉で、2階が宴会場になっているんですよね。

今は亡き志村けんさんがよくいらっしゃっていたと聞いています。


今あれば、もう一度行ってみたかったですね。

温泉の湯上りにそのまま座敷でビール・・・・・

これが地元で出来るなんて最高でしたね。

あの頃は子供でしたから・・・・。







こちらも有名ですけど

小山湯さん

銭湯3

もう15年も前に閉業してしまったのですが、今でも建物は残っています。

たしか大正時代の建築で ほぼそのままの形で現存しており

ここだけは自分が子供の頃の風景と同じです。

いつまでも・・・・・・変わらないですね。


残念ながらあと数年で再開発事業のエリア内ですので

取り壊されてしまうようなのですが、いやいや・・・・・・

本当に変わらないです。

↑ 写真の左に・・・・・・階段があるのわかります?

これ そのまま敷地の裏の高台に抜けている通路なんですけど

その階段からは小山湯2階の窓があり・・・・・・






わ~お 





な景観があったとか、なかったとか・・・・・

それは想像にお任せします 




いや、真面目な話 そんな噂があったっていうだけで

実際に行った奴がいるっていうは聞いたことありませんでした。

デマ、だと思いますがね・・・・・






今でも現存する銭湯も多いです。

白金の「三越湯」さんとか、青山の「清水湯」さんとか。



単にお風呂、というよりは

リラックススペースとして 案外 今でもファンは多いみたいですよ。




関連記事
スポンサーサイト



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム製品 価格改定の影響 (>_<)

値上げ

今般、この4~5月から始まる 各メーカーさんの一斉値上げラッシュ。

上げ幅は製品によってまちまちですけど・・・・・



少なくとも10%。



製品によっては20%以上の値上げを断行するメーカーさんもあるようです 



原油価格の高騰、先行き不透明なウクライナ情勢。

とどめにコロナ禍による影響、と まあやむを得ないところがあるのは

わかりますし、今までも5%前後の値上げっていうのはちょこちょこありましたが。

しかし今回の上げ幅はなかなか・・・・・




内装材大手のサ〇ゲツさんにいたっては

昨年8月に値上げ改定のお知らせがあったばかり。

からの今回4月スタートの値上げ・・・・・

要はこの半年で2回、上げ幅もトータルで下手すりゃ40%以上っていう

価格改定に踏み切っている状況です。




40%はなかなかですよね・・・・・

100万円だったものが・・・・・140万円になっているわけですから 



もちろん最大手のサ〇ゲツさんが そんな状況ですから

各内装材メーカーさんもそれに倣う形での一斉の値上げを行っており

本当にもう自分が仕事をはじめた20年以上前と比較したら

あの頃の単価がもう厭世の感すら覚えてしまうくらいです。



従来の小幅な値上げ位でしたら、僕らもあまり意に介さなかったんですが

さすがに今回は各お取引にお願いして 材料代引き上げの要請を

させていただきました。



さすがに40%を全部自社でかぶるのは無理っていうか

企業努力で頑張れるとこは頑張るとして、

全部のご負担をお願いしないまでも、若干のご負担を

お客様にお願いする形になったのは・・・・・・正直今回が初めてです。



けっこう業界に激震が走っています。




今までが過当競争で安くしすぎていた、これを適正に戻してこそ

健全な建築業界の未来があるのだ、と。

何とか皆様のお客様にそれを納得してもらって 

この価格改定に理解を賜りたい、と。




そう述べていた某メーカー社長さんの談もありましたが

まあ・・・・・・・・う~ん 


それはそうかも知れないけどね・・・・・






値上げだけでなく、今はコロナ禍で半導体関連の商品の

商品確保が難しいです。

家電やウオシュレットなど入荷数か月待ち、なんていうものも

あるくらいで もう値上げ以前に商品がご用意できずに

工事が成立しない、っていう状況があります。



いつまでこんな状況が続くのか・・・・・




と、いってもメーカーさんの動向っていうのは

僕らが気にしてどうなるものでもありませんし

自分らは自分らのやれる事をやるしかない、ですよね。



自社努力でお客様へのご負担を極力減らし、

仕入れルートの工夫で迅速な商品確保を心掛ける。

それしかないです。



そんなコロナ禍にさらに追い打ちをかける

今回の価格改定ですが、さて これがお客様の購買意欲に

どれだけ水をぶっかける結果になるのか・・・・



まずは注意深く動向を注視していきたいと思います。











Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

カーナビの限界・・・(´・ω・`)

ナビ2

このブログを書いている私こと・・・矢野ですが 



その代名詞の一つに原付きバイクをこよなく愛用している、という点があります。

年齢バレバレですが、原付バイクの単独免許を取得したのが・・・・・・16才?

なので かれこれもう30年近くもライダーしている計算になるんですねえ  (´・ω・`)



お問い合わせいただいて、お会いしていただいたお客様は当然知っておられますが

まずはともあれ、私って原付バイクで登場します。

アポをとると、よくお客様が



「電車でいらっしゃいます?」





「あ いいえ」






「お車ですか?」






「・・・・・・いいえ」








「・・・・・・・・・・・・・・。」





という気まずい空気になることが多々ございます。

お前、歩いてくる気か おい・・・・・・みたいな 




自分もあんまり原チャリとは言わない、というか

何といいましょうか・・・・・・・

いや、なんかビジネスの場において原チャリって、その・・・

いいのかなあ・・・・・みたいな?



別に法を犯しているわけはありませんが

いい年したおっさんがピザ屋のお兄さん的なイメージっていうのも

アレですし、まああんまりいませんよね、原チャリで登場するビジネスマンって。

東京ガスさんとか そんな場合もありますけど・・・・・。




まあ原チャリだと 都内ならやっぱり小回りもききますし、

車で駐車場のご用意が難しいといった場合は

お客様に駐車料金をご負担いただく形になるのも避けられますしね。

あ 工事のご契約をいただいてからの話ですけど。

下見の場合は僕らで負担しますけど、これが日数が長丁場の工事となると

どうしても・・・・・・・すみません。




そんな訳で原チャリライフを送る私なんですが

困ること、といいますか、まあ特に馴染みのお客様ではなくて

ネット経由でお問い合わせいただく新規のお客様が多くなってくると

見知らぬ土地を目指して時間通りに到着しなければならない、っていうのが

けっこう増えてきます。

生まれも育ちも港区な私ですが、

港区内でも意外と知らない場所って多いんですよね・・・。




以前は事前に地図で場所調べておいて、時間に余裕をもって出発・・・・。

っていう事をしていたんですが

カーナビゲーション、特に無料のグーグルマップさんが登場してからは

本当にずいぶんと助けられています。

到着予想時間、混雑状況まで無料でナビしてくれるってんですから

いやいや、方向音痴の私には本当にいい時代になったものです (=^・・^=)


昔、カーナビって何十万もしましたもんね。



それはいいんですが

そんなグーグルマップ様にも・・・・・・ちょっと弱点があるというか。



ナビ1

上の移動手段を選択(車・電車・徒歩・タクシー・自転車)した上で

ナビ開始ってなる訳なんですけど、

そう、お気づきの通り その選択に「原チャリ」がないんです。




基本的には「車」を選択するんですけど

それだと高速道路とか専用道路に連れていかれてしまうので


ナビ3


こうした条件オプションをつけることで、

高速などの有料道路を回避はできるんで、それで使っているんですけど

これでも落とし穴なのが、有料道路ではないけど

原チャリは走ってはいけないところってのがありまして。



例えばレインボーブリッジであったり、立体の交差路であったり

お車しか運転されない方だとわからないかも知れませんが

都内ってけっこうその手の場所があるんです。



気持ちよくナビの通りに直進して、何度か地獄を見たことがあります 



トラック、トレーラーがビュンビュン走っている1車線のトンネル内とか

なんか他に原チャリ走ってないなあ、とは思いましたけど

それが10km続くとかマジで死ねます (=^・・^=)

先日も大黒ふ頭のその手のトンネルに突入して半べそで走った・・・・か

走ってないかは想像にお任せします 




いや、まあもちろんトンネルの入り口には

原チャリ進入禁止の標識があったんでしょうけど

ナビはこっち行けって出てるし、見知らぬ土地だとノーマークになりがちです。



一度入っちゃったら もう後戻りできませんしね。




便利なんです。






便利なんですよ、グーグルマップ。







無料で使っといて文句いえる筋合いでもないんですが・・・・・・




グーグル様!!







一つ そこだけ善処していただけると、非常~に助かります 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

横浜市 外構塗装工事

外構塗装1

こちら神奈川県は横浜市。

金沢区富澤にお住いのお客様より外構廻りの塗装のご依頼でした。



外構・・・・・・まあ要するに家の内ではない外回りの部分、という意味ですが

今回はこの玄関擁壁の塀と屋上床面の防水塗装工事に伺ってきました。



基本、吹きっさらしの外回りですので排気ガスの汚れや埃など。

そういった長年の汚れが付着したままでは新たな塗装が密着しませんので

まずは高圧洗浄機で下地を綺麗に洗浄します。

こちら業務用高圧洗浄機。

外構塗装2

最近はケルヒャーとか、ご家庭用の洗浄機とかありまして

あういうのも高性能になりましたね・・・・・

ただ、この業務用になるとエンジンで圧をかけるタイプですので






やはり破壊力では

外構塗装5

一枚上手です 




マジで間違って人に当てたら

外構塗装4

激痛モンでは済まない威力ですからね・・・・。




こちらのお住まい。

もう10年近くも前に外壁の塗装をやらせていただいたお客様でしたが

まだ大丈夫そうな感じです。

外構塗装6

こうして手で触ってみて、

白い粉がふいているようだと(チョーキング現象といいます)

そろそろ再度の外壁塗装の時期なんですが、大丈夫そうですね。







ビフォー

外構塗装1







アフター

外構塗装7


すみません、屋上の防水塗装は肝心の写真を撮るの忘れまして 

ご紹介ができないのですが無事に完了しました。



今回は梅雨の時期前に心配な部分だけ先行して

行った塗装工事でしたが

梅雨明けに他の部分の色々なメンテナンスにまたお伺いをする予定です。




またその時の模様をご紹介したいと思います。










Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

スライド門扉の交換

門扉1

駐車場の入り口などによく用いられるエクステリア用品。

「スライド門扉」の交換の様子です。



国産メーカー品のしっかりしたモノなんですけど

門扉2






まあ・・・・・

門扉3

車にぶつけられたら




どんなもんでも

門扉4

まあ こうなりますわな 





隣接の金網フェンスごと

門扉5

ひん曲がってます (-_-;)





さて、さて。






エクステリア工事 


いや・・・







スライド門扉の交換工事 



っていうと

言葉の響きは大層なんですけど

こうした出来合いのエクステリア製品の工事っていうのは

実はそんなに敷居は高くありません。




まずは破損した門扉を撤去。

地面に埋め込まれた柱を斫って取り出します。

門扉6

これが地面を造成舗装した時に埋め込まれたものなら

斫るのも大変ですけど、後付けのものですからね・・・・・





それほど撤去は手間ではありません

門扉7






掘った穴に新しい新品の柱をセットします。

門扉8

穴に見えてる赤い糸わかりますかね・・・・

これは道糸といって、基準位置からピンと糸を貼ることで

正確な取付位置をだす道具です。

今時だとレーザーの光線でその代わりをなす電動工具もあるんですけど

自分が駆け出しのころは みんなこれでしたね・・・・・・





さて、正確な位置に柱をセットしたら

門扉9

コンクリートを流し込んで固定します。

速乾性のものを使用しましたから、

乾くのに・・・・・2時間くらいでしたかね。






この大元の柱が決まってしまえば

門扉10

あとは、これに車輪付きの蛇腹フェンスを取り付けるのみ。







隣接のフェンスも交換し・・・・・

門扉11

完成です。





はじめに言ったように敷居が高くないっていうのは

今回にしたって実質やっているのは

柱を交換してガチャっと新品のゲートを取り付けているだけなんです。

そういう意味では一から設計して計測して、仮組して、塗装して・・・

っていう手順を踏むわけではありませんので

まあお気軽といえばお気軽なリフォーム工事になりますよね。




さすがにお客様自らのDIYでコンクリート斫ったり、埋めたりは大変でしょうけど

僕ら業者側からしても、まあ今のメーカーさんのエクステリア製品はよくできていますから、

そんな大変な工事っていう部類ではありません。




スライド門扉、フェンス、ゲート・・・・・

お住まいのエクステリア工事も お気軽にご相談ください。